FC2ブログ

びいどろ時舟 【あとがき】 

長らくお読みいただき、ありがとうございました。
時代物は読みませんと、おっしゃる方も周囲にいらっしゃいますので内心どうかな~・・・と、どきどきでした。
「セマノの疵」として書かれている、過去に関わった王子の名前は、ルイ・シャルル(即位後ルイ17世)という実在の人物です。

ルイ・シャルル←資料として見つけた写真の中で、一番可愛いと思ったもの。もっと子供っぽいのもありますが、精いっぱいよそ行きの王族らしく見せている顔が、これからの運命を思うと泣けてしまいます。・・・(ノд-。)


当時は写真がありませんでしたから、油絵と焼き絵という精巧な絵が残されています。
残された少年は細い蜂蜜色の金髪に、美しい大きな青い瞳です。彼は囚われのまま、残酷な処遇を受けました。
「パンがなければ、お菓子を食べればいいいじゃないの。」とのたまった、ロココの貴婦人、最後」にはオーストリアの淫売とまで言われた悲劇の王妃、マリーアントワネットの愛する幼い王太子です。
一説には、愛人ハンス・アクセル・フォン・フェルゼンと言うベルばらでおなじみの彼の子どもと言う、まことしやかなエピソードも多々有ります。
王太子に科せられた運命を嘆き、荒れたフェルゼン伯は暴徒に殺害されてしまいました。

実際、監禁中に余りに酷い処遇に抗議したお医者様が一人だけ居て、ルイ・シャルルの為にまともな食事を用意したり薬を与えたりしました。王子の解剖後なぜか暗殺されてしまっています。←此花、ここに食いついた~^^vおかげで、脳内でぼんやりとセマノの輪郭が出来上がりました。
いつか、どこかで使えないかしらと思っていたのですが、このルイに関してはさすがのいじめっ子疑惑渦中の此花も、躊躇するほど酷いお話なので、さらりとかすめるだけに致しました。
涙したエピソードは、一つや二つではないです。

本当は、そちらの話も書きたかったですが、残酷な話になってしまいますので自粛です。もう少し、広角的な目で物語を構成できるようになったら、いつかはセマノと王太子の話を書きたいです。

コメントをくださった方もお気づきのようなんですが、時舟を使うとどこの時代のお話でもどんと来いじゃないかと気が付きました。でも、今脳内にあるのは、平安時代なのでドン引きの高波に襲われそうです。花魁SFに続く、源平SF…(〃▽〃)。

次は、現代ものの短編を一つ書きたいと思います。
ありがとうございました。きゅんきゅん~(*⌒▽⌒*)♪




柏手もポチもありがとうございます。
励みになりますので、応援よろしくお願いします。
コメント、感想等もお待ちしております。       此花咲耶


時船バナー

 




関連記事

5 Comments

此花咲耶  

美月さま

> こんにちは。
> 今頃、読み終わっています。遅いです。でも、ハッピーエンドでよかった。

こんにちは~(*⌒▽⌒*)♪
お読みいただきありがとうございます。

> でも、新さんより、セマノと鏡はくっつくか、と思っておりました。
> 船から落ちてしまって、新さんだぁ、とわかるシーンで、うるるっときてしまいました。
> あいかわらず、やさしい物語の世界。

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。うれしいです~、
結局、作者がどっちとくっつければいいかわからなくなって、川の字で 寝てしまった鏡でした。3pを思いつかなかったあんぽんたんです。(〃▽〃)
優しい物語っておっしゃってくださってありがとうございました。そこを目指しているので、くるくるしてしまいます~(*⌒▽⌒*)♪

> まったくこのお話とは関係ないですが、BL童話のほうも、全部、読んでしまいました。
> なんか、はまってしまって、何回も読み返してみたりして……おもしろい……。

こちらの方も、お読みいただいたんですね、うれしいです。
インスピレーションをいただいて、書いています。どんどん元ネタどこやね~んになっています。(〃▽〃)

> ルイ・シャルルは、ブルボン王朝?最後の王でしたっけ?フランス革命の露と消えた……。

はい。アントワネットの息子です。初めて知ったとき、号泣しました。一番の犠牲者だったと思います。
本当に不幸な少年でした。

> 脳内源平合戦の物語も、楽しみにしております。
> 私の脳内は、今、義経になる直前の義経です(遮那王ね)

素敵ですね~、いろいろ妄想が広がって大変です。いつかは書いてみたい素材です。

> 脳内の妄想を、びいどろ時舟の中にあるような、ログで、外に流して、そのまま、文章にできたら、どんなにいいか、とか、これ、読みながら、思ってしまいました。素敵な物語世界をありがとうございました。

もし、そんなことができたら素敵ですね。でも周囲に駄々漏れは、お互い危険かも…です。
こちらこそ身に余る感想ありがとうございました。感想コメントとてもうれしかったです。ありがとうございました。美月さまも頑張ってくださいね。(*⌒▽⌒*)♪

2011/08/27 (Sat) 22:35 | REPLY |   

美月  

今頃読了

こんにちは。
今頃、読み終わっています。遅いです。でも、ハッピーエンドでよかった。

でも、新さんより、セマノと鏡はくっつくか、と思っておりました。
船から落ちてしまって、新さんだぁ、とわかるシーンで、うるるっときてしまいました。
あいかわらず、やさしい物語の世界。

まったくこのお話とは関係ないですが、BL童話のほうも、全部、読んでしまいました。
なんか、はまってしまって、何回も読み返してみたりして……おもしろい……。

ルイ・シャルルは、ブルボン王朝?最後の王でしたっけ?フランス革命の露と消えた……。

脳内源平合戦の物語も、楽しみにしております。
私の脳内は、今、義経になる直前の義経です(遮那王ね)
脳内の妄想を、びいどろ時舟の中にあるような、ログで、外に流して、
そのまま、文章にできたら、どんなにいいか、とか、これ、読みながら、
思ってしまいました。素敵な物語世界をありがとうございました。

2011/08/27 (Sat) 16:52 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

拍手コメント様

何とか終わりました。
ハピエンだと思っていただけたらうれしいです。
フランダースのハピエンと名付けてくださった方がいます。

何か、すごく納得しました。(*⌒▽⌒*)♪
コメントありがとうございました~!

2011/08/17 (Wed) 21:58 | REPLY |   

此花咲耶  

鍵付きコメント様

お読みいただきありがとうございました。自分の好みだけで突っ走っているので、時々不安になります。
BLアダルトなのに、やっとキス出来ただけで終わりました。アダルトカテからお越しくださった方に、ごめんなさいです。
番外編で、あっと驚く濃厚エチ場面を・・・・■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ←できない約束をした人にぱんち~(〃▽〃)
>
おお~、ベルばら大好き派ですか?ご一緒です~♪可愛いルイ・シャルルも少しだけ出ていました。戴冠式もできていないとか、民衆に向かって「お父さまを許して!」と叫んだとか・・・可哀想なルイ17世に関しては図書館のお姉さんに頼んで、関係本を遠くの市からお取り寄せしていただきました。いまや、図書館は此花のデータベースになっています。残っている話を拾うだけでも、ルイ・シャルルはとてもいい子だったみたいで、うずうずします。

> 悲惨だけれど惹かれます。

ヽ(゚∀゚)人(゚∀゚)ノおお~、そんな気がしていました。そして、そこに少しだけ救いがあればと思っています。
救いのある番外編書きたいです。
お読みいただいて幸せでした。コメントありがとうございました。うれしかったです。(*⌒▽⌒*)♪

2011/08/17 (Wed) 08:46 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/08/17 (Wed) 07:32 | REPLY |   

Leave a comment