FC2ブログ

びいどろ時舟 31 

父親が出島に着任してからと言うもの、忘八女将は人が変わったように優しくなってしまって、鏡は少し混乱していた。

今朝も山ほど風呂用の薪を割った後、そっと顔色を覗いながら、父に逢う時間を貰ってもいいかと訪ねた所、二つ返事で快諾する。

「一時ばかりですぐに、帰りますけん。」

「いいよ、いいよ。父親に会うのに遠慮なんざしなくていいから、いっといで。」
「あい。ありがとぉ・・・。」

思いがけない言葉に、これまで散々理不尽な目に遭わされてきた鏡の目が、驚きで丸くなる・・・。実際は裏で父が手を尽くしてくれていたのだが、鏡はそのことを知らなかった。

これも天神様のご利益なのかしらと、少し考えてみて、そう思った自分にくすりと笑った。
男衆に格上げになった鏡は、髪結いの新さんにも用があったのだが、今までと違って、表の仕事が多くなると、裏方衆には中々逢えないでいた。
夕方時分になると、新さんは古い歌を歌いながら道具箱を提げて、水月楼の抱え太夫衆の髪を結いにやってくる。粋な着流しで、腕も性分も良く、太夫衆に引っ張りだこだった。
だが、どこに住んでいるか豆腐売りの棒手振りに聞いてみても、不思議と誰も知っているものはない。
唐人屋敷に住んでいるんじゃないかとか、平戸から通ってくるらしいとか、姉さん達は色々不確かな噂をしているが、どれも本当とは思えない。
鏡には、一つだけ腑に落ちないことが有り、それを確かめたかった。

父のところへ行く前、ふいにそうだと思いつき、坂ノ下の天神様の裏に行ってみた。
人気の無い身代わり天神のお堂の向こう、昼でも薄暗い樹木の影に、見覚えのある横顔がある。
やっぱり、思ったとおりだったと、鏡は内心確信を得た。

「新さん。」

「お・・・っと!?」

一瞬、どきりとしたような顔を向けて、すぐに笑顔になった。

「こんな所まで、お使いかい?鏡坊。」

「新さんに、用があるっとよ。」

「どうしたんだえ?そろそろ、髪でも結うかい?」

「まだ、結うほど伸びんもん・・・。」

後頭で括った髪は、まだ短くてぱらぱらと落ちてきて、髷を結うには短すぎた。
くわいの芽のように「くわい髷」に縛ってはみたが、唐人の子どものようにしか見えず、結局、元通り禿のように下ろすしかなかった。

「新さんに、一つ聞きたかことが、あるっと。」

新は、辺りの石の上に腰掛けて動揺を抑え、鏡の顔をまじまじと眺めた。

「聞きたいこと?」

「あのね。かぴたんさんの顔が、違うっとよ。」

新は一瞬しまった・・・と、言う表情を浮かべ、鏡はつと側によると、耳元に囁いた。

「誰にも、言わんけん。ほんとのことば言うてくれんね・・・新さんは、天神様のお使いばいね?」

「天神様の使い・・・?あっしが?何故、そんな風に?」

どこをどうすれば、そんな話になるのか不思議だったが、とりあえず話を聞くことにした。

「お父(と)しゃまと、かぴたんさんに呼ばれて会うたとよ。金色の綺麗か髪は同じやっとけど、あしに優しゅうしてくれたかぴたんさんとは、目の色が違うもん。青い海の色やったと。」

異国人に、唐人と朝鮮人と日本人の区別がつかないように、鏡に区別がつくはずがないと思い、そのままにしておいたのがまずかった。
そういえば、セマノと阿蘭陀商館長とでは、見た目の年齢も激しく違う・・・。

「身代わり天神様は、あしを助けてくれたんやろう?」

「そうだな。だったら、どうする?」

鏡の目が真剣だった。首から細い紐に通した、指輪を引っ張り出した。

「こいをねぇ、天神様に渡してくれんね・・?こん、いびがね(指輪)は、死んでしもうた異人さんの家の人が、お礼にってくれたとよ。姉しゃまが、こいはあしの物にしときんしゃいって。」

天神様に助けてもらったお礼をしたいのだと、鏡は一生懸命に言う。

「うんと考えて、気が付いたとよ。天神様は、あしの胸の痛かのも直してくれたったいね?
帰ってから、なんも苦しゅうなかもん。」

どこまで覚えているか分からなかったが、異世界の記憶をぼんやり持っているようだった。

「でも、これは鏡坊が持っているほうが、良いんじゃないか?これは、すごく高価なものだよ。」

金子に換えれば、ある程度まとまったものになるだろう。
武器商人の身内が届けた指輪は、古い細工物で、どこかの王侯貴族の持ち物のように、豪奢に手が込んでいた。




柏手もポチもありがとうございます。
励みになりますので、応援よろしくお願いします。
コメント、感想等もお待ちしております。       此花咲耶



時船バナー

 

関連記事

1 Comments

此花咲耶  

コメントありがとうございました。
何とか書いています。
書きたいものを、好きなように書ける幸せもあると思っています。
がんばります。(〃ー〃)

2011/08/08 (Mon) 20:26 | REPLY |   

Leave a comment