FC2ブログ

びいどろ時舟 24 

白い建物の林立する未来世界で、鏡は何も知らず眠っていた。
そっと優しく髪に触れると、ふと気が付いて顔を上げた。鏡の丸い目が、じっとセマノを捉えていた。
見上げるセマノの顔に張り付いた微笑が、どこか悲しげに見えて鏡は不思議そうに問う。

「かぴたんさん・・・?どっか、痛かの?」

「なんでもないよ。それよりね、鏡はずうっとカピタンの側に居たい?ぼくの側に、居たいと思う・・・?」

鏡がセマノに返事をする前に、シンが割って入った。

「さあ、千歳花魁が心配しているといけない。遅くなる前に水月楼へ帰ろう、鏡坊。」

手を取って立たせた。

「歩けるかい?」

そんな風にこれまで心配してもらったことのない鏡は、どこか困ったような曖昧な表情で頷いた。

「ん。なんでんなか・・・。」
セマノとシンのどこかちぐはぐな態度に、顔色を覗うように代わる代わる見つめ黙りこくってしまった。自分が原因で、まだ仲直り出来ていないと思っていた。

「さあ、鏡。・・・ちょっと、ちくっとするけど、我慢できるかな?」

「なんばすっと・・・?」

「いい子だから、じっとしておいで。」

襟元をくつろげて、指先が細い鎖骨の真ん中の窪みを探る。

「セマノッ!止めろ!鏡から手を放せ!」

大きな怒声に、反射的に鏡が身をすくめて縮み上がった。

「止めるのは、君の方だ。大きな声を出すな。」

鏡は怯えて、気色ばんで対峙する二人からそっとはなれた。部屋の隅にある「びいどろのかめ」に気が付き近づいた。ほんの少しの隙間から、黒い髪が見えている。
又、誰かがこれに乗って、自分の様にかぴたんの元へ逃げてきたのかもしれないと思った。
ころ・・・と不安定な形が傾いて中身がこぼれた。

「あっ・・・!吉しゃんっ・・・!?」

「吉しゃーーんっ・・・!」

叫びのような声に気付いた、セマノとシンが一目で状況を理解し、「びいどろのかめ」に縋りつく鏡を引き剥がした。鏡に知られてはならなかった。

「あぁ、吉しゃんっ、なして、なしてっ・・・?」

見るなと、シンが手を引っ張るが、鏡は吉に取り縋った。

「かぴたんさん、新さん。吉しゃんは、死んでそうれん(葬式)ばしたとよ。なして、ここにおるとね?」

哀れな遺体は、ほんの少し土で汚れていたが、別れた時の粗末な夏の袷のままだった。青ざめて土気色をした吉の遺体は、ひどくよそよそしく見えた。

「ああ・・・吉しゃん、白か着物も着せてもらえんで。可哀想に・・・」

自分のためには泣かないが、弛緩した吉の冷たい遺体を抱きしめて、声を上げた。硬直が解けて吉の身体が流れた。

「吉しゃん、助けれんでごめんね、ごめんねぇ。一人でさびしゅうて、あしを追って来たとね。」

止まらぬ涙が、固い床に転がり、吸われず溜まってゆく。ただ一人の理解者を失ったとき涙は凍りついていたが、今は不思議と泣けた。
あの日。
使い古しの、粗末な棺桶に放り込まれた吉が、寺に運ばれてゆくとき、鏡は何も言えずに見送ったぱんと瞠ったように大きな目に、最後の姿を焼き付けて涙も零さず別れを告げたはずだった。

抱き合って眠ると少しは寒さもしのげ、本当の野良犬の子どものように丸くなって、お腹をすかせた子犬達は寄り添って生きてきたのだ。
見送ったはずの吉が、自分を追ってびいどろのかめに入ったと、信じてしまった鏡にどんな言葉も通用しなかった。
困り果てたセマノが言葉を探していた時、その手から注射器を取り上げたシンが、鏡の鎖骨の上辺りに見当をつけてとんと打ち込んだ。

「新・・・さん・・・?」

傷ついた細胞に抗生物質が一気に流れて行き、一瞬のうちにぼうっと視界が霞むと、意識を失う鏡の手が空をかいた。

「吉しゃ・・・吉しゃあぁんっ・・・!どこにも、いかんでぇ!」

胸の痛くなる涙に、二人は思わず声をなくして、固唾を飲んだ。
だが処置を急がないと、だらりと筋肉の緩んだ小さな遺体は、思ったよりも痛みが早かった。

「さあ、鏡坊。これから、吉坊をお墓に入れてやるからね?」

意識を失った鏡が、床に倒れる前に抱き取ったシンが言う。

「セマノ。これでいいか?こうしたかったんだろう?」

「馬鹿な・・・何故、君が・・・こんなこと・・・」

唖然としたセマノの腕に、吉を手渡した。

「すべきことは沢山ある。早く写し取らないと崩れて行くぞ。記憶の方は、事によると、もう遅いかもしれないな。急いだ方が良い。」

「わかった。すぐに凍結しよう。鏡を頼む。」

データベースに有る、吉の情報は数少ないが、遺体となった吉から得る情報は多い。
瞬時に数ミリごとに切断された、肉体の情報が上がってくる。
標本複製の作業は、素早く行使された。





(´・ω・`) 鏡:「こいから、どうなると・・・?」

(`・ω・´)シン:「ちっさいことは気にするな!」

Σ( ̄口 ̄*)セマノ:「…歴史変わったらどうしよう~・・・」←小心者

柏手もポチもありがとうございます。
励みになりますので、応援よろしくお願いします。
コメント、感想等もお待ちしております。       此花咲耶



時船バナー

 
関連記事

0 Comments

Leave a comment