FC2ブログ

小説・蜻蛉(とんぼ)の記・4 

事切れる前、お袖の方は、息子貴久の乳母であったお福に言い含めた。


「わたくしは、心の臓の病がおきました。」


「後は・・・後は・・・」


命の尽きようとする、女主人に


「若様には、この福と大輔が付いております。」


そう言うのがやっとだった。



冷たい骸となって、お袖の方は屋敷に帰ってきた。


蒼白の顔でお福が心の臓の病でと告げると、貴久は激昂した。


「母上は、健康であったはず。何故だ、お福。」


「何があった?」


語らぬ乳母に、不信が募る。



にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
関連記事

0 Comments

Leave a comment