FC2ブログ

星月夜の少年人形 33 

母はきっぱりと言い切った。

「優月の人生ですもの。優月がいいなら、お母さんには何の異存もないわ。」

父も頷いた。

「少し遠くなるが、華桜陰高校なら自宅から通えない距離ではないな。それに、正直言うと優月がいないと塔矢が毎日ぐずって困るんだよ。帰ってくれると助かる。」

くす…と優月は、塔矢を見やった。

「そうなの?塔矢はお兄ちゃんになったから、美紘の面倒も見て頑張ってるんだよね?」

塔矢は真っ赤になってそっぽを向いている。どうやら、聞き分けのなかった自覚がある様だ。優月はよいしょと塔矢を抱き上げた。きっと、生まれたばかりの赤ん坊に両親は振り回されて、塔矢のことはきっと二の次になっているのだろうと、想像がつく。
寂しかった塔矢の気持ちをはかった。

「ねぇ、塔矢はお母さんのお弁当と、ぼくのお弁当どっちが好き?」

首に巻きついた塔矢が耳元で「兄ちゃん。」と、正直にささやいた。

「おうちに帰ったらね、塔矢のお弁当は兄ちゃんが作るからね、約束する。」

「ほんと・・・?ぴかちゅうの・・・?」

きゃあっ・・・と、塔矢は声を上げた。老人は、どこか寂しそうな顔で娘の家族の会話を聞いていた。

「ここで、共に暮らすのかと思ったが・・・そうか、おまえは帰るのか。」

申し訳ありませんと、榊原が深々と頭を下げた。寂しい老人と、社長と二人が暮らす広い屋敷に、優月が共に暮らすと榊原が告げたのを、老人は密かに心待ちにしていたらしい。

「まあ、誘拐事件は大抵、犯人が逮捕されて終わると、決まっているからな。榊原の思惑通りにはいかないこともあるだろう。たまには、顔を出しなさい。」

「週二日、語学の勉強をこちらでしてはいかがですか?」

「いいんですか?少し、わかり始めた所だったから嬉しいです。出来れば、このまま続けたいなって思ってたから。」

「では週末、木曜と金曜日、先生にこちらに来ていただくようにお願いしておきます。」

はい、と、返事した優月の顔は明るかった。
優成の会社のことも、もう安心だった。何もかも、これで大丈夫だと、胸をなでおろした。
だが、たった一つだけ、あのマンションでの少年たちのことが片付いていなかった。
「星月夜」という名の売春組織の「少年人形」桃李と、紘一郎と名乗った二人は、必ず電話をしてくると優月に告げた。
抜き損ねた棘のように、チクリと胸が痛んだ。






(´・ω・`) すまぬ~・・・時間がなくて短めになってしまいました。後、一話か二話くらいで終わるはずです。

拍手もポチもありがとうございます。
励みになりますので、応援よろしくお願いします。
コメント、感想等もお待ちしております。       此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ


 
関連記事

2 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

> そ・そうだった! 忘れてましたよ~!
> 「星月夜」の桃李と 紘一郎を! (´д`;)

(*´・ω・)(・ω・`*)忘れないでくれるかな~、ね~
>
> すっかり ハッピー気分で 浮かれてました♪(●´ω`●)ゞエヘヘ

ハピエン主義ですから!(`・ω・´) ←ほんとか~・・・

> いいとこでの 優成の登場も 楽しみにしてま~す♪
> 壁|ω`゜)チラッ ≡ヾ(*゜、ω゜*)ノ゚+. 只今参上♪...byebye☆

どうすれば王道になるのか、思案中です。ぼろ雑巾禁止令が出ています。コメントありがとうございました。
うれしかったです、(*⌒▽⌒*)♪

2011/06/14 (Tue) 01:56 | REPLY |   

けいったん  

そ・そうだった! 忘れてましたよ~!
「星月夜」の桃李と 紘一郎を! (´д`;)

すっかり ハッピー気分で 浮かれてました♪(●´ω`●)ゞエヘヘ

いいとこでの 優成の登場も 楽しみにしてま~す♪
壁|ω`゜)チラッ ≡ヾ(*゜、ω゜*)ノ゚+. 只今参上♪...byebye☆

2011/06/13 (Mon) 16:48 | REPLY |   

Leave a comment