FC2ブログ

星月夜の少年人形 28 

優月は、戸惑っていた。
優生以外の男に、大人のキスをされた。
追い詰められて吐精した。
どこを触られても反応し感じ、ぶってしまった。

倒れ込んだ優月の頭上で・・・カシャと機械音が響く。
振り返れば、見せられた桃李か紘一郎の携帯に、固く目を閉じた自分の全身が写っていた。腹の上に吐き出したものが散っている扇情的な写真を見て、優月は焦った。

「や・・・やめて。こんな写真、撮らないで。消して、桃李くん。」

「何言ってんの。これから使うんだろ!」

肘で優月を押しのけて、桃李が保存しちゃったと片眉を上げて笑う。どこか、昨夜と雰囲気の違う少年の表情に、優月は凍りついた。

「使う・・・って、なに?どうするの?」

意外だと言う風に、部屋の住人二人は顔を見合わせた。

「そんな顔するなって。仕事に使うんだよ。優月は可愛い顔しているから、きっとすぐに良い買い手もすぐに付くさ。」

「買い手・・・って?」

恐ろしい言葉に、心臓が痛む。

「家に帰りたくないんだろう?・・・違うのか?」

帰りたくないのは仮住まいのホテルの部屋に・・・だ。逢いたくないのは、全てを見透かしたように冷たい顔をした榊原という男だ。

「大好きな優成さんに会えない理由があるんだろう?・・・違うのか?」

違わない。二人の言うとおりだった。
白濁に汚れた身体のまま、薄く涙を浮かべた優月は、ぼんやりと所在無げに二人を見上げていた。

「夕べ言ったこと、覚えてないかな・・・俺らは「星月夜」の「少年人形」なんだ。いい子にして、お金持ちの大人達に遊んでもらうのさ。」

「優月みたいに、汚れていない無垢な人形を欲しがる奴等ばっかりなんだ。こなれて来ると、桃李みたいに色々なことができるようになるけどね。優月は何もしないで転がってればいいよ。水揚げされた冷凍マグロみたいにね。」

優月の唇に、軽くちゅっと音を立てて桃李が小鳥のキスを落とした。
親切にしてもらったと思っていたが、優月の知らない世界に誘おうとする案内人に優月は怖じていた。きっと、この綺麗な人形たちの住む世界に踏み込んでしまったら、お日さまの当たる世界に住む優成の元へは帰ってくれなくなる。
優月の頬から、血の気が失せた。

「優月、これ見てみな。うまく撮れてるだろう。」

「何?あ、本当だ、優月、すごく可愛いじゃん。」

肩に桃李の腕がかかり、ぐいと押された。
紘一郎の操るパソコン画面に、優月と桃李、紘一郎の三人の姿が映し出されていた。
上手く正面に優月の肢体が入るように、幾度となくさり気なく体位が換えられていた。優月の中心に揺れる印は、喜んでいるように見える。

「優月のちっこい玉も棹も、ちゃんと見えるように膝を立てさせてる。うまいね、紘ちゃん・・・。」

優月は立っていられなかった。「いつの間に・・・こんな・・・」食い入るように見つめるパソコン画面の中に、自分が顏こそ薄くぼかされているものの、知り合いが見れば一目で優月とわかるのではないかと思う。薄赤く色を変えた筒身を振りたてて、音声の無い画面の中の少年は、ぜんまい仕掛けで踊る白い陶器の人形のように見える。
ぜんまいが動いている間、ゆらゆらと揺れ続けやがて緊張を解き、褥に沈んだ。

「なんだ、花村さん。こっちの画像はすべて削除しろってさ、つまんねぇの。」

優月の見ている前で、映像は削除されたらしい。

「こういうの流出させるのを、花村さんはすげぇ嫌うんだよ。流しちゃえば金になるのにね。」

「あの人、頭いいからね、ただの削除じゃ足が付くからって、決して履歴に残らない方法知ってるらしいよ。」

「へぇ・・・。さすがだね。」

優月は制服の入った紙袋を持たされて、帰宅を許された。ふわふわと雲の上を歩いているような気がする。
紘一郎が耳元に舌を差し入れささやいた。

「なぁ、深く考える事じゃないって。優月は今「学生」だろ。学生が「男娼」になるだけだぜ。つまらない学生なんてやめちまえよ。」

ふるふると優月は首を振った。

「・・・駄目。そんなこと・・・優成さんに顔向けできない・・・。」

「感じてたくせに。」

きつい視線で、桃李が優月を威嚇した。

「連絡するからな!」





ヾ(。`Д´。)ノ 優月:「こら~!!このはな、王道はどうした!ハピエンはどうした~~!」

(°∇°;)  此花:「あ…あの…もうちょっと頑張ってくれたら、たぶん・・・」

( *`ω´)  優月:「むぅ~・・こいつ~」

(`・ω・´) 此花:「信じて!」←嘘くせぇ…


拍手もポチもありがとうございます。
励みになりますので、応援よろしくお願いします。
コメント、感想等もお待ちしております。       此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ


 
 
関連記事

2 Comments

此花咲耶  

鍵付きコメント様

ψ(=ФωФ)ψうふふ・・・

ではなくてっ!
ご心配をかけないように、何とか優月は幸せにしてあげたいと思っています。

(*⌒▽⌒*)♪心配しないでね~~!
>
> ところで、花村さんってもしかして…、一回登場した人かしら?
>
おお~・・・(°∇°;) 覚えてた・・・?|)≡サッ!!
コメントありがとうございました。うれしかったです。(*⌒▽⌒*)♪←どきどき・・・

2011/06/08 (Wed) 15:02 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/06/08 (Wed) 09:20 | REPLY |   

Leave a comment