FC2ブログ

星月夜の少年人形 23 

しばらくの間、優月の住処となったシティホテルには、帰宅とほぼ同時に家庭教師が訪れ、日替わりで数時間ずつ語学の勉強を強いられた。
ついていけない学校の勉強がしたくても、そちらの方はなかなか時間が取れなかった。自分で何とかしろという事らしい。予習復習、単語の書き取りに追われ、寝る時すらCDを流しながら発音に慣れるように言われた。

優月は自分なりに、対策を立てて理解できるところまで遡り、判らないところは片っ端から潰してゆくことにした。進学校の授業は、ほとんど理解できている生徒の確認のための補足をしているだけのようで、教師も噛みくだいて教える気などは無いようだった。立場を知る優月は内心ひどく焦っていた。

「授業のための勉強時間をもう少し取りたいので、家庭教師の先生が来るのを一日だけ減らしてくれませんか?」

思い切って顧問弁護士に電話を掛けたら、秘書課につながった。秘書業務も兼任しているのだろうか。

「すみません。優月ですが榊原さんはいらっしゃいますか?」

「はい、榊原です。どういったご用件でしょう。会議の時間が迫っておりますので、用件は手短におっしゃってください。」

その段階で電話を切りたくなったが、今の状況を変えたかった。もう少しだけ、自由になる時間があれば、きっとなんとかできると自分でも思っていた。

「それは・・・授業についていけないとおっしゃっているのですか?」

どうしてこの人は、こういう棘のある物言いをするのだろう。優月は涙ぐみそうになった。

「・・・今、習っているところが判らないんじゃありません。ぼくの以前通っていた高校とレベルが違うので・・・空白が出来てしまうんです。」

「空白と言いますと?」

「習っていないところがあって・・・。どうしても理解できない・・・箇所があるんです。」

電話の向こうでふっと、冷ややかに笑われた気がした。自分に関わる全てが、貶められた気がする。結局、もう一度気持ちを奮い立たせて「もういいです、もう少し頑張ってみます。」と言うしかなかった。
顧問弁護士、榊原の電話を聞いていた土光財閥の会長が、背後から声を掛けた。

「どうだ。あれは、ものになりそうなのか?」

怜悧な顔を向けた榊原は、年老いた土光会長に自信を持って頷いた。

「とても利発な方です。ご自分のすべきこともよく理解なさっておいでです。今は、少し戸惑っておいでのようですが・・・。直ぐに慣れるでしょう。」

「そうか。お前がそういうのなら、間違いないだろう。」

老人の深い目の奥が、潤んでいるような気がする。雷帝とあだ名された男も、ずいぶんと年老いた・・・と、榊原は思う。最愛の娘に駆け落ち同然に家を出て行かれ、跡取り息子は病に倒れた。あれから急に老け込んだ気がする。
榊原は、退出するとき、背中越しに老人の深いため息を聞いた。

*******

神村の家では、両親が思案を廻らせていた。少なくとも優月は自分から望んで、土光の家へ行ったらしい。
身内である以上、相手を誘拐で訴えることはできないだろう。
羽藤優成も日参し、優月の様子を知りたがったが、日々は悪戯に過ぎてゆく。

「優月君はとても優しい子だから、会社のことも薄々感じとっていたのかもしれません。茨木が裏で画策しているのを見抜けなかったのは、僕の落ち度です。神村さん、本当に申し訳ない。」

「社長・・・。」

羽藤は神村が気の毒に思うほど、やつれていた。優月と最期にいた自分が、優月の真意を汲みとれなかったと、いつまでも自分を責めていた。
後から思えば悔んでも悔やみきれないほど、優月は素直に羽藤に気持ちを伝えていた。
その話を、全て両親に向かって出来るはずもなかったが、守れたはずだと思うとたまらなかった。
作り物の星を見上げた優月が、どんな気持ちで自分に偽りを告げたか。最後にマンションの下から笑顔で大きく手を振った優月の姿を思い出し、優成はきっぱりと神村に決意を告げた。

「必ず、優月君を連れて帰ります。優月君の居るべき場所は、ここなんですから。」

兄ちゃん・・・と、兄の手を求めて、小さな塔矢がぐずっていた。
優成の胸に、優月のいない喪失感が風となって吹いた。




拍手もポチもありがとうございます。
励みになりますので、応援よろしくお願いします。
コメント、感想等もお待ちしております。       此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ


 
 


関連記事

4 Comments

此花咲耶  

びびさま

> 弁護士さんは良い人?悪い人?
> Sではありそうだけど…

(*⌒▽⌒*)♪秘密~~~!

> 優月くん、頑張ってるね(T_T)

(´・ω・`) 「びびちん、頑張っているけど、くじけそうです・・・」

> 優成さん後悔でぐるぐるしてるけど、きっと此花さまが一通り優月くんイジメ終わったら会わせてくれると思うので、それまで男を磨いて待っててあげて下さいね(/ _ ; )

ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!いじめっ子疑惑晴れてない~~~~!←自業自得
>
> 続き楽しみにしてます(*^^*)

これから、ちょっぴりいじめます~ψ(=ФωФ)ψふふん~~~♪

コメントありがとうございました。うれしかったです。(*⌒▽⌒*)♪

2011/06/03 (Fri) 15:20 | REPLY |   

びび  

弁護士さんは良い人?悪い人?
Sではありそうだけど…

優月くん、頑張ってるね(T_T)
優成さん後悔でぐるぐるしてるけど、きっと此花さまが一通り優月くんイジメ終わったら会わせてくれると思うので、それまで男を磨いて待っててあげて下さいね(/ _ ; )

続き楽しみにしてます(*^^*)

2011/06/03 (Fri) 11:07 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

tukiyoさま

> 覚えてらっしゃらないと思いますが以前コメを数回させていただいた者です。

(`・ω・´)もちろん、覚えておりますともっ!此花が好きな時代物に、とても温かいコメントをくださいました。舞い上がって嬉しかったので、忘れたりはいたしません。まじで。

> 諸事情で最近はネットの時間があまり取れずご無沙汰しておりましたm(__)m

お忙しかったのですね、確かドライアイだとおっしゃっていたと思います。ご無理なさらないように、お気をつけください。

> 昨日まとめて「星月夜の少年人形」読ませていただきました。
> 此花さんが書かれるおチビちゃん(今回は塔矢くん)っていつも可愛いですよね~。

わわ~、まとめて一気読みしてくださったんですね。(*⌒▽⌒*)♪嬉しいです~!

> またぼつぼつ読んでないお話も読ませていただきますです。

ありがとうございます。ご意見などいただけましたら舞い上がります。

> それと某所で拝見しました此花さんの真のお姿の絵ww
> 爆笑してしまいました。イメージ通りでしたw

ね~・・・(´・ω・`) どこで見たのかわからないのですが、そっくりだったです。さすが絵師さん、イメージをつかむのがお上手です。
コメントありがとうございました。うれしかったです。(*⌒▽⌒*)♪

2011/06/03 (Fri) 01:58 | REPLY |   

tukiyo  

ご無沙汰しております

覚えてらっしゃらないと思いますが以前コメを数回させていただいた者です。
諸事情で最近はネットの時間があまり取れずご無沙汰しておりましたm(__)m
昨日まとめて「星月夜の少年人形」読ませていただきました。
此花さんが書かれるおチビちゃん(今回は塔矢くん)っていつも可愛いですよね~。
またぼつぼつ読んでないお話も読ませていただきますです。

それと某所で拝見しました此花さんの真のお姿の絵ww
爆笑してしまいました。イメージ通りでしたw

2011/06/02 (Thu) 22:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment