FC2ブログ

星月夜の少年人形 17 

余りに子供っぽい行動をする優成に、優月はとうとう吹き出してしまった。
その場で笑い転げる優月を、見守る優成の視線はとても優しい。

「そんなに、おかしいかなぁ・・・。」

「だって、羽藤さん・・・。優成さんったら大人のくせに、ぼくが塔矢にするようなことをするんだもの。」

優成は不満げに優月に告げた。

「塔矢くんの事、可愛くてたまらないって言ってたじゃないか。可愛いから抱き上げたり、おんぶしたりするんだろ?」

それはそうですけど、一緒にはなりませんよ・・・と、笑う優月の方がまだ優位に立っていた。
しょんぼりとした優成が、叱られた塔矢と同じ顔をしている気がする。

「優成さんのやることがあまりに、ぼくの持ってたイメージと違うから、ちょっと驚いた。」

「そう?どんなイメージ?」

「若いのに自信家で、仕事がすごく出来て挫折を知らない感じ・・・かなぁ。」

「とんでもない。毎日、挫折ばかり味わってるよ。優月君が飯を食おうって言ってくれなかったら、きっと飲み屋でくだ卷いていたと思うな。仕事のトラブルで、正直気持ちが折れかかっていたから助かった。」

思わず、「トラブル」と口にしてしまう。
優成はボディソープを泡立てると、立たせた優月を洗い始めた。耳の横から喉元、腕を手繰り脇腹へとスポンジが伸びる。
肩を掴まれ軽く向きを変えられると、背中を上下し始めた。

「ちょっとだけ、足開いて。」

「え・・?あっ・・・」

内腿を滑り昇ってくるスポンジを思わず、手で押さえた。

「優成さん。ぼく、自分で洗います。だめです、あの・・・だめです。」

狼狽する優月に、余裕の表情で眺める優成が悪戯っぽくささやいた。

「ね。・・・あそこ、おっきくなった?」

優月は聞くなり黙りこくって、もう一杯肩から湯を掛けると、さっさと湯船を後にしようとする。

「優月君?」慌てて、優成が後を追った。優月は入り口でバスローブを引っかけたまま座り込んでバスタオルに顔を埋めていた。
焦った優成が、ぐしゃぐしゃと濡れ髪をかき混ぜる。大人気なかったと、自分でも思う。
真摯に、「好きです」と告げた自分を子ども扱いされて、優月はきっと傷ついていると優成は思っていた。

「ごめん・・・。ごめんね。優月君、君をがっかりさせるつもりはなかったんだよ。あんまり反応が瑞々しかったんで、ついからかうようなことをしてしまった。悪かった。」

バスタオルに顔を埋めてしまった優月の顔を上げさせようと、優成は必死だった。こちらも、バスローブを引っかけたままの姿で脱衣場に座り込んでいた。

「優月君・・・?ねってば、怒ってる?」

ふと顔だけを横にして、見つめる優月の目が、くっと三日月になり優成は思わずほっとした。

「怒ってなんて・・・嬉しかっただけです。どうしていいか分からなくなっただけ・・・だってね、優成さんはお父さんの会社の社長さんで、憧れの人だったから。急に親しくなったでしょう?いいのかなって・・・。」

「いいのかなは、僕の台詞だよ。嬉しくて舞い上がってしまったのは、僕の方だよ。12歳も上ってね、結構、僕の年になるとシビアだからね。」

優月は今、16歳だ。優生は一回り上で、28歳になる。今は若いつもりでいるが、話も合わなくなるだろうしね…と、優成は経験上の話をした。

「例えばだけど、優月君が48歳くらいになってね、ある程度の役職にもついて、がんがん働き盛りの時、ぼくは定年を迎えるんだよ。ちょっと切ないね。」

「そんなこと、ぼくは考えないよ。」と優月が、真剣に向き直った。

「優成さんは、ぼくにとってすごく尊敬できる大人だよ。お父さんもね。年齢なんて、重ねるほど経験値が上がるってことでしょう?そう思ってるけど…違う?」

優成は優月の頭にバスタオルを乗せると、ぐしゃぐしゃと滴を取りバスローブごと抱きしめた。

「優月君、ありがとう。勇気が出たよ。」

「勇気・・・?」

「君にきちんと一緒に居てくださいって言う、勇気だよ。」

優成が手を伸ばした優月の風呂上りの肌に、髪から落ちた滴が転がり床に落ちた。





(´・ω・`) 遅くなりました。

優成と優月の時間は、ずいぶんゆっくりと流れているようです。
いよいよ・・・かな~。

拍手もポチもありがとうございます。
励みになりますので、応援よろしくお願いします。
コメント、感想等もお待ちしております。       此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ


 



関連記事

0 Comments

Leave a comment