FC2ブログ

星月夜の少年人形 12 

玄関で塔矢の弾んだ声がする。

「兄ちゃ~~ん!ただいま~~。」

「お帰り、塔矢。すぐご飯にする?」

「う~~ん。ママも一緒に、帰ってきた~~。」

「え、本当?」

トイレ以外絶対安静というを条件に、週末だけ一時帰宅してもいいと言われたそうだ。8か月になる母のお腹は大分ふくらみが目立つ。

「あ、ぼく・・・ベッド直してくる。」

「いいよ、それくらい・・・社長!?」

キッチンでカレーリゾットを間食した羽藤が神村に向かって手を上げた。

「神村さんの留守の間に、ご馳走になってました。いいなぁ、いつもこんなうまいもの食ってるんですか。時々でいいから、優月君貸してくれないかなぁ。」

神村は、こちらも手慣れた風に三人分のカレーリゾットをよそうと、リビングへと運んだ。ソファに移動して男二人が、語り合っていた。
優月は、父と母、塔矢と羽藤をキッチンからじっと見つめていた。大好きな人が集うこの幸福な光景を決して忘れないように、焼き付けておこうと思った。

*******

家から少し離れたところに、空き地がある。帰る羽藤を送って、優月は車のところまで来ていた。

「今日はご馳走さま、優月君。すごくおいしかった。」

お粗末さまでしたと、優月は笑った。夜風に花の香が混じる。
優月は思い切って口にした。

「あのね・・・、羽藤さん。」

「うん・・・?」

「ぼくね、ずっと言えなかったことがあるんだ。」
二人きりで羽藤と話をするのは、これできっと最後になる・・・と、優月は思っていた。もう、優月の選ぶ道は一本しかなく、決心を固めた頬は紅潮していた。怖いものは、何もない。

「自分でも、こんなのおかしいと知っているし、変だって思ったこともあるんだ。だけど・・・あのね・・・ぼく、羽藤さんの・・・こと・・・。あの・・・。」

伝えたかった言葉が喉元でせき止められたように出て来ない。羽藤は、ごくりと喉を鳴らしたきりうつむいてしまった優月の傍に寄った。何でも無いように、自然に優月の欲しかった言葉を口にした。

「俺はね、優月君のことが好きだよ。」

「え・・・?」

「たぶん君のご両親の結婚式で、周囲に気を使った君が一生懸命、挨拶をしてる姿を見た時だな。多感な時期に、思うところもあるだろうにと思ってね、以来、ずっと気になって君を見てきた。」

高く激しい心音が、羽藤に聞こえてしまうのではないかと思う。涙で滲んだ優月が羽藤を見上げると優しい顔がそこにあった。

「一回りも違うこんなおっさんが、君みたいに若くて綺麗な子に好きだとは言えなかったんだ。俺は、自惚れても良いんだろうか?」

「・・・お嫁さんにはなれないけど・・・。」

「そんなのは、呼び名だけだ。ああ、どうしよう・・・年甲斐もなく、すごくうれしいよ。」

「羽藤さん。ぼくも・・・。」

羽藤は大人しい優月の告白の不思議に気が付くべきだったと、後悔することになる。幸せな展開に少年のようにはしゃぐ羽藤に、優月は大胆に足を進めた。
とんと・・・羽藤の胸に頭を預けた優月が、光る瞳を上げた。
そっと柔らかな薔薇色の頬を、両手で包み込んだ羽藤の顔が優月に重なった。
唇に落ちる羽藤の愛情を感じながら、静かに優月は泣いていた。
やがて、思いつめた顔を上げると、優月は掠れた声でやっと口にした。

「羽藤さん。ね、今夜、一緒に居てもいいかな・・・?」

羽藤は腕の中に舞い降りた天使が逃げ出さないように、捕まえた腕に力を込めた。




拍手もポチもありがとうございます。
励みになりますので、応援よろしくお願いします。
コメント、感想等もお待ちしております。       此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ


 
   
関連記事

4 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

> もう びび様ったら 何を 羽藤に 頑張れって言ってるんですか~゚+。(〃ノωノ)。+゚
> ・・・って ナニ~❤でしょうけど・・・ヤ──(*ノзノ*)──ン!!

(*/∇\*) キャ~、此花もぴゅあだからわからない~。←アダルトに強制移動されたくせに・・・
>
> これから 優月に来るであろう苦難を乗り越える糧として 最後に いっぱい いっぱい幸せを~(T人T)

王道を目指しているので、きっとハッピーエンドです。がんばって乗り越えてほしいです。

> いい夢見せて 天国気分にさせて 今度は 地獄ですね?大魔王どの!
> お主も 悪よの~ニヤリ_φ(≖ω≖。)♪...byebye☆

いじめちゃだめって、言われてます。でも、きっと作品の構成上必要なので・・・(*/∇\*) キャ~
コメントありがとうございました。うれしかったです。(*⌒▽⌒*)♪

2011/05/23 (Mon) 21:18 | REPLY |   

此花咲耶  

びびさま

> ううぅ~。最後の幸せな食卓…(T_T)

しかも、残り物~(ノд-。)
>
> お母さんの大きいお腹とか見たら、健気な優月くんは相談なんか出来ないよね(/ _ ; )
>
きっと、余計に守ろうと思ってしまうんじゃないかと思います。

> 最後の思い出を求める、積極的な優月くんの真意に気づかない羽藤さん…。
> 舞い上がっちゃってますが、後の祭りと後悔する日は近い?

びびちん、ぐるぐる巻き、決定!(`・ω・´)

> でもちゃんとがんばってくれますよね?羽藤さん?
> これからの優月くんの試練を思うと辛いですo(^▽^)o

♪ψ(=ФωФ)ψびびちん、絵文字が間違っています。いや…正しいのか。
>
> 続き楽しみにしてます(*^_^*)

コメントありがとうございました。うれしかったです。(*⌒▽⌒*)♪

2011/05/23 (Mon) 21:14 | REPLY |   

けいったん  

もう びび様ったら 何を 羽藤に 頑張れって言ってるんですか~゚+。(〃ノωノ)。+゚
・・・って ナニ~❤でしょうけど・・・ヤ──(*ノзノ*)──ン!!

これから 優月に来るであろう苦難を乗り越える糧として 最後に いっぱい いっぱい幸せを~(T人T)

いい夢見せて 天国気分にさせて 今度は 地獄ですね?大魔王どの!
お主も 悪よの~ニヤリ_φ(≖ω≖。)♪...byebye☆

2011/05/23 (Mon) 15:46 | REPLY |   

びび  

ううぅ~。最後の幸せな食卓…(T_T)

お母さんの大きいお腹とか見たら、健気な優月くんは相談なんか出来ないよね(/ _ ; )

最後の思い出を求める、積極的な優月くんの真意に気づかない羽藤さん…。
舞い上がっちゃってますが、後の祭りと後悔する日は近い?

でもちゃんとがんばってくれますよね?羽藤さん?
これからの優月くんの試練を思うと辛いですo(^▽^)o

続き楽しみにしてます(*^_^*)

2011/05/23 (Mon) 09:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment