FC2ブログ

星月夜の少年人形 4 

風呂から上がった父は、ソファの上に丸くなって眠り込んでしまった優月を見た。
眠ってしまうと年齢よりも幼くなって、ひどく心許なく見える。
母親が入院してから、家事はこの子の肩にかかっている。気のせいではなく、少し痩(や)せたように思う。
父は、ソファからそっと優月を抱き上げ、寝室へと運んだ。疲れ切っているのだろう、身じろぎもしなかった。

3年前、父はパソコンスクールで出会った、優月の母、美晴と結婚することを決めた。
たった一人で子供を連れて暮らしていた美晴は、それまでずっとスナックで働いていたと寂しげに語った。

「お金を貯めて、何か資格を取りたかったの。そうしたら、給料が少しでも上がるでしょう?昼の仕事なら、子供に少しでも寂しい想いをさせずに済むから。」

「前向きだね。」

「そうよ。子供は親の背中を見て育つんですもの。わたしは父親の役もするの。」

化粧気のない顔で髪を一つにまとめ、真剣な眼差しで液晶画面に向かっていた。
優月が高学年になってからはきっぱりと水商売からは足を洗い、スーパーのレジ打ちに行っていたらしいが母子年金を加えても収入は12万円しかなかったそうだ。
懸命に生きる美晴に神村が好意を持つのに、さほど時間は要らなかった。
一緒に暮らさないかと持ちかけた時、美晴は驚いてしばらく言葉を発せなかった。
幸せになることを、とうに諦めていた表情だった。

「同情されるのは嫌です。一緒になったら、あなたに経済的に負担をかけるってわかっているのに・・・。」

そうじゃないんだと、神村は言葉を尽くした。同情ではなく、共に居たいからだと語った。

「美晴さん、もしそうとしか思えないのなら、それでもいいです。俺に甘えてくれませんか?同じ子連れ同士、家族になってください。どうか、よろしくお願いします。」

堰を切って溢れる涙を拭いながら、うんうんと頷く美晴と息子の優月はとても良く似ていた。
初めてお互いが子供を連れて食事をしたのを思い出す。子供たちはすぐに仲良くなって、互いの親はほっと胸をなでおろした。
トイレに立った時に、優月は神村を追いかけてきて、戸口のところで自分だけに聞こえるように小さな声で告げた。

「お母さんは、小父さんのことがとても好きなんです。お母さんをよろしくお願いします。」

「こちらこそ。君のお父さんにしてくれると嬉しいよ。仲良くしような。」

「はい。」

「塔矢は甘えん坊だから、きっと迷惑かけると思うけど大丈夫かな。」

「ぼく、一人っ子だから兄弟のできるのがすごくうれしいです。塔矢くんみたいに可愛い弟ができて、毎日何して遊ぼうって思ってしまう。」

優月の笑顔は心底嬉しそうで、神村は思わず愛おしいと思い、中学になったばかりの優月を抱き上げた。
「きゃあ~・・・」と、何とも言えない声を上げたのは、優月にはそんな経験がなかったからだ。父の顔を知らない優月は、思わず声を上げてしまったが、その表情は上気していて決して嫌がってはなかった。

そんなささやかな幸せを求めた家族に、別れが訪れようとしている。

月を隱す厚い雲のような大きな影が、優月と家族を飲み込もうとしていた。





ψ(=ФωФ)ψ← 此花大魔王 :命名 けいったんさま

やばす~、気に入ってしまった。こうなったら、いじめっ子上等だ~~!(*⌒▽⌒*)♪←違ってる~

拍手もポチもありがとうございます。
励みになりますので、応援よろしくお願いします。
コメント、感想等もお待ちしております。       此花咲耶


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ


 
   
関連記事

4 Comments

此花咲耶  

鍵付きコメントさま

(°∇°;) ・・・な、なんですとっ!

すぐに確認します。一体、何があったんだfc2!
大変なことなので、すぐにお問い合わせをいたしました。
色々お手間を取らせて申し訳なかったです~。。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。
うう~…なんという…でも、懲りないでね。(ノд-。)

2011/05/15 (Sun) 21:27 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/05/15 (Sun) 20:52 | REPLY |   

此花咲耶  

びびさま

> 此花大魔王!(◎_◎;)!
> さすがけいったん様~!な命名ですねψ(`∇´)ψ

♪ψ(=ФωФ)ψ←いじめちゃうぞ~~~

> 今日はとても静か…。

はい、エチへの道が果てしなく遠い感じになっています。大丈夫かな~~~

> 優月くん、お母さんと二人で苦労して来たのね~(/ _ ; )
> 本当に良い子だぁぁぁ( i _ i )
> 初めて父に守られ、守りたい可愛い弟もいる、こんな穏やかな普通の幸せをもっと味あわせてあげたいのに~(>_<)

(´;ω;`) かわいそうにね~ ・・・

> 大魔王さまはいったいどんな試練を優月くんに与えるのでしょうか?

切っと涙でお空の綺麗な星月夜が見えなくなる位…ぴ~・・・・して…ぴ~・・・【自主規制】です。

> 怒涛の受けたん苛めはそろそろかしら?o(^▽^)oワクワク♪

いじめたことないから、此花わかんない・・・(*⌒▽⌒*)♪
>
> 続き楽しみにしてます(*^_^*)

コメントありがとうございました。うれしかったです(*⌒▽⌒*)♪

2011/05/15 (Sun) 03:02 | REPLY |   

びび  

No title

此花大魔王!(◎_◎;)!
さすがけいったん様~!な命名ですねψ(`∇´)ψ

今日はとても静か…。
優月くん、お母さんと二人で苦労して来たのね~(/ _ ; )
本当に良い子だぁぁぁ( i _ i )
初めて父に守られ、守りたい可愛い弟もいる、こんな穏やかな普通の幸せをもっと味あわせてあげたいのに~(>_<)

大魔王さまはいったいどんな試練を優月くんに与えるのでしょうか?
怒涛の受けたん苛めはそろそろかしら?o(^▽^)oワクワク♪

続き楽しみにしてます(*^_^*)

2011/05/14 (Sat) 22:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment