FC2ブログ

杏樹と蘇芳 19 【最終話】 

BL KANCHORO・春企画参加作品 

【杏樹と蘇芳 19】



平安のころの話である。



元服も済ませ、凛々しい若武者となった蘇芳は、17歳になっている。
父との再会も果たし、後は杏樹を取り戻すことだけが悲願だった。

都から遠く離れた、杏樹の囚われている山椒大夫の里を目指していた。
胸にある金無垢の観音像に、杏樹は蘇芳の無事を願い、今の蘇芳は杏樹の息災を祈願していた。
あの酷い場所で、兄は無事でいるだろうか・・・と、不安の渦巻く道中だった。
老女を認めたのも観音さまのお導きだったかもしれない。
先を急ぐ馬上の蘇芳が、ふと道端でわらむしろに座って、鳥を追う老女に気が付いた。
盲いた老女の面影に、どこかで見た気がすると思い蘇芳は馬を降りた。
手元に胡弓のあるところを見ると、このあたりに多い瞽女(ごぜ)やもしれぬ。
気配を感じたのかどうか、老女は見えぬ目を向け、小さな声で鳥追いの歌を歌った。

「・・・杏樹こいしや、ほーらほい・・・蘇芳こいしや、ほーらほい・・・」

立ち尽くした蘇芳の頬をはらはらと涙がこぼれた。
恋い続けた、子を思う母の姿であった。

「母上・・・よくぞ、ご無事で・・・。」

膝に顔を埋める誰かに、母の皺だらけの細い手が伸びた。

「わしを、母上と呼ぶお前の名は・・・?」

「蘇芳でございます。」

いぶかしげに閉じた目を向ける母に、蘇芳は縋った。
「母上。引き離された折り、川の小舟から身を投げられたのを見て、よもや生きているとは思いもせず・・・これまでお探しできませんでした。」

「ご苦労をお掛けして、申し訳ございません。」

「蘇芳・・・?おお、蘇芳が・・・生きておったとは。ここに来ておくれ、ああ・・・顔が見たいのう。杏樹は、杏樹は・・・?」

苦労の年月が刻まれた、老いさらばえた細い手を握り蘇芳は固く誓った。

「これから、兄上をお迎えに参るのです。母上、どうぞ、そのままこちらをお向きになってください。」

霊験あらたかな観音像を静かにかざすと、母の盲いた眼から突然どっと涙があふれた。
そのままゆっくりと、閉じた目蓋を開ければ、母の目には幼き頃の面影を残した美丈夫が、絢爛とした戦ごしらえで、涙にくれる母の眼前に立っているのが見える。

「家中の者と、先にわが屋敷へお帰り下さい。必ず、兄上を伴って帰参致します。」


母は、ひたすら滂沱の涙にくれた。

*******

あれから、山椒大夫の里では次郎が采配を奮い、塩汲みと萱刈と息つく暇もなく重労働に喘ぐ奴婢の身分を無くしていた。
里に住むものは、働きに見合った賃金を得て、貧しくとも自分たちの為に生きられるようにと荘園を継いだ杏樹と次郎は、懸命に考えた。
荘園で働く者は、家族を持ち集落を作る。
明日の無い奴婢の身分から解放されて、皆、日々の労働を未来への活力にしていた。
里が豊かになれば、おのずと働く者も豊かになる。
村人の努力が実を結ぶように、新しく開墾した土地は開墾した者の持ち物となった。

その頃、山椒大夫はと言えば、僧籍へと身をやつし、今は懺悔の旅の空の下にある。
愚かな所業を悔い、半生の全てを掛けてわが子を手元にお返しくださった神仏に、祈りを捧げる日々を送っていた。もう二度と、浅ましい畜生道へと墮ちることはなかった。


杏樹は、かつて住んでいた父の所領がそうであったように里山の外れに、数えきれないほどの杏の木を植えていた。
漢方薬として広く鎮咳剤・去痰剤として多く用いられている、杏の種の中にある杏仁を取り出し出荷する。
種の仁を絞って精製する杏仁油は、都人の頭髪油としても使われ、木が育つ毎に、かつて鬼の住処と言われた貧しい山椒大夫の里は、見違えるほど豊かになってゆく。

一面のわら筵に、実から取り出した杏の種を並べて陰干する。
季節のそんな作業の終わりに、杏樹はほっと息をついた。
傍らで働く夫婦ものの傍には、小さな子供らが転げまわり、かつての杏樹と蘇芳のように笑い合っていた。
幸せな光景を見やりながら、「やっとここまで来ましたね、次郎さま。」と青年杏樹が次郎に嬉し気に告げる。
共に力を合わせて里を盛り立てながら、優しい次郎を自らの半身とも思い杏樹は慕って来た。
今は、少しは筋肉もついて華奢な少女の面影はないが、優美な姿は美童であったころよりも艶やかだった。
懐に抱きしめられて、成長した杏樹は優しい次郎の胸にゆっくりと頬を寄せた。

杏の花が薄紅色に咲き乱れていた。

まるで十二単の裳裾のように里山を覆い尽くす風景に、いつしか人々は山椒大夫の名を忘れ「杏樹の里」と美しい名を付けた。

舞い散る花弁の下に佇む杏樹に向かい、馬上の若武者が声を掛けた。

「兄上!」

「蘇芳・・・!」

一陣の風に、杏樹の頬が緩む。

ただ一つの、願い続けた光景であった。



                              杏樹と蘇芳 ―完―




(*⌒▽⌒*)♪杏樹:「蘇芳~~~、元気そうだ!」

(´;ω;`)蘇芳:「あ…兄上~!」

(`・ω・´)次郎:「・・・その鎧兜、脱いだらどうかな・・・?大げさじゃね?」

( *`ω´) 蘇芳:「結構です!ぷんっ!」


ヾ(。`Д´。)ノ蘇芳、心の声:「くそ~、あの次郎と兄上が仲良くなってるとは!」←蘇芳、烈しくブラコンだった~



長らくお読みいただき、ありがとうございました。
ポチも拍手も嬉しいです。励みになりますのでどうぞよろしくお願いします。
コメント、感想等もお待ちしております。       此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

 
   
関連記事

13 Comments

此花咲耶  

拍手コメントさま

お読みいただきありがとうございます。
おお~……泣いてくださったんですね。
蘇芳も杏樹も幸せになりました。うんと昔の白黒の日本映画のイメージです。
コメントありがとうございました。
嬉しかったです。(*⌒▽⌒*)♪

2012/06/14 (Thu) 21:46 | REPLY |   

此花咲耶  

鍵付きコメントmさま

きゃあ~、尊敬するmさま~(*⌒▽⌒*)♪

まじめなお話を書いていると、ついふざけたくなってしまいます。
息を抜いています。

根性がなくなって、くじけそうになったとき、書いてくださったうれしいお言葉思い出します。
以前におっしゃってくださった身に余ることば、もちろん覚えています(`・ω・´)
描きたいものを描きたいように書いて欲しいとおっしゃってくださってありがとうございます。
認めてくださって何よりの励みになります。

時折、煮詰まりかかったり、本人は相当がんばっていても痛い表現が多かったりで、おっしゃる通り結果はなかなか出ませんが、自分の中ではどうしても必要で削ることができませんでした。

これからも模索しながら、書いてゆこうと思います。
ちょっと頑張りすぎて、ストックがないのが嚴しいです。(ノд-。)

コメントありがとうございました。うれしかったです。(*⌒▽⌒*)♪

2011/05/10 (Tue) 02:20 | REPLY |   

此花咲耶  

鍵付きコメントaさま

きゃあ~(〃▽〃)

身に余るお褒めの言葉をかけていただき、ありがとうございます。(*⌒▽⌒*)♪

思いがけず面白かったよ~と、言っていただきました。
とてもうれしいです。
こちらこそ、日々圧倒されています。毎日、目から鱗の零れ落ちる日々です。
濃厚で甘い、目くるめくエチの表現に此花脳内沸騰しそうな毎日です。
引出し、いっぱいお持ちなのが羨ましいです。大人の男が書けないので、羨ましい筆力です!(`・ω・´)

引用したいけど、まだまだ自分ではそこまで表現できていないと思っています。
いっぱい譽めていただいてくるくるしてしまいました。
こちらこそ、お読みいただいて過分なお言葉ありがとうございました。

今度大きめのぞうさん、販売してください。(`・ω・´)

コメントありがとうございました。お忙しそうですけど、頑張ってくださいね。
あれやら、これやら、知らない世界が展開してゆくのを楽しみにしています~(*⌒▽⌒*)♪

2011/05/10 (Tue) 02:10 | REPLY |   

此花咲耶  

けいったんさま

> 新しい作品を 更新される度に 着々と【此花ワールド】を築き上げられてますね。
> すっごく素敵で~す・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:

お読みいただきありがとうございました。
褒めていただいて、うれしいです。(*⌒▽⌒*)♪
>
> これからも 此花さましか書けない作品で 読者を 摩訶不思議な世界へ誘惑してね~

「いじめっ子R」で頑張ります。
この次は、現代ものの予定です。コメントありがとうございました。うれしかったです(*⌒▽⌒*)♪

> ヤ──(*ノзノ*)──ン!!...ヘ(≧∀≦ヘ)オイデオイデ...byebye☆

2011/05/10 (Tue) 01:53 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/05/09 (Mon) 21:37 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/05/09 (Mon) 19:10 | REPLY |   

けいったん  

完結 お疲れ様でした(*´ノ∀`)おちかれサーン

新しい作品を 更新される度に 着々と【此花ワールド】を築き上げられてますね。
すっごく素敵で~す・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:

これからも 此花さましか書けない作品で 読者を 摩訶不思議な世界へ誘惑してね~
ヤ──(*ノзノ*)──ン!!...ヘ(≧∀≦ヘ)オイデオイデ...byebye☆

2011/05/09 (Mon) 17:09 | REPLY |   

此花咲耶  

びびさま

> 最後は久々のオープンコメで♪
> 完結おめでとう&お疲れ様でした(^-^)/

わ~い、ありがとうございます。(*⌒▽⌒*)♪完結しました~!
>
> 大好きな安寿と厨子王のお話しでしたが、哀しいままにせず、杏樹と蘇芳としてちゃんとハピエンにしてくれて嬉しかったです~( i _ i )

(`・ω・´) ハッピーエンド主義ですからっ!←堂々。

> 途中、此花さまお約束のいじめっ子ぶりを発揮されたときは、ひゃー!となりましたが♪( ´▽`)←(ん?こっちか?)

びびちん、顔が違ってます~~(〃▽〃)

> 山椒大夫も改心したし、健気な杏樹は優しい次郎さんと幸せに結ばれたし、立派になった蘇芳とも再会(/ _ ; )
> ハピエンで綺麗に終って、ほ~っとしました(*^_^*)

お読みいただきありがとうございます。良い子は幸せにしてあげたかったです。

> ブラコン蘇芳の今後もちよっと気になりますが…。

ヾ(。`Д´。)ノ蘇芳:「くそ~~~、なんで兄上があんなやつと~~」←まだいってるみたいです。

> 完結おめでとうございます( ^ ^ )/□

コメントありがとうございました。うれしかったです。
「いじめっこR」新しい言葉が出来ました~(*⌒▽⌒*)♪

2011/05/09 (Mon) 08:08 | REPLY |   

びび  

ハピエンだ~♪( ´▽`)

最後は久々のオープンコメで♪
完結おめでとう&お疲れ様でした(^-^)/

大好きな安寿と厨子王のお話しでしたが、哀しいままにせず、杏樹と蘇芳としてちゃんとハピエンにしてくれて嬉しかったです~( i _ i )

途中、此花さまお約束のいじめっ子ぶりを発揮されたときは、ひゃー!となりましたが♪( ´▽`)←(ん?こっちか?)

山椒大夫も改心したし、健気な杏樹は優しい次郎さんと幸せに結ばれたし、立派になった蘇芳とも再会(/ _ ; )
ハピエンで綺麗に終って、ほ~っとしました(*^_^*)

ブラコン蘇芳の今後もちよっと気になりますが…。
完結おめでとうございます( ^ ^ )/□

2011/05/09 (Mon) 06:15 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

塾長さま~♪

> いや~此花さんのお話は、お預けが多いのだけど(笑)

(*⌒▽⌒*)♪いや~、エチの方法がまるで分からなかったんですが、勉強しましたよ~、男塾で!

> 今回はズバッといきましたね~!

いきました~。(`・ω・´)

> 次郎さんともハピエでよかったです!
> 逆に弟さん、こんだけ勢いづいて乗り込んだのに、
> なんじゃこの幸せ感は~(笑)って帰りはまた違う意味で涙してそうな(笑)

たぶん弟は、兄上を取られた気がしているはずなので、帰り道はぐれているはずです。
ヾ(。`Д´。)ノ「くそ~~~、次郎のやつ~、兄上を返せ~~!!」

> でもお母さんも生きていたし、よかったよかった~!

ここは原作通りになりました。

> 春企画おしまいか~。
> うちもあと少しです。
> また参加してくださいね。

はい、又参加しさせてください。
夕霧さんが黒田てんてと、幸せになるのを見守りたいです。
此花も、あんな風に時間をかけて愛おしい表現を書きたいのですが・・・無理っ!

コメントありがとうございました。うれしかったです。(*⌒▽⌒*)♪



2011/05/09 (Mon) 01:37 | REPLY |   

此花咲耶  

千菊丸さま

> 咲耶さま、こんばんは。
> 「杏樹と蘇芳」、完結おめでとうございます。

ありがとうございます。思ってたよりも少し長くなってしまいました。(*⌒▽⌒*)♪

> 蘇芳と杏樹、再会できてよかったですね。

原作だと安寿は、足の腱を切られ湖に身を投げて亡くなってしまうのですが、あまりにかわいそうなので思いっきりハッピーエンドになりました。
コメントありがとうございました。うれしかったです。(*⌒▽⌒*)♪

2011/05/09 (Mon) 01:30 | REPLY |   

Rink  

大団円おめでとうございます!

いや~此花さんのお話は、お預けが多いのだけど(笑)
今回はズバッといきましたね~!
次郎さんともハピエでよかったです!
逆に弟さん、こんだけ勢いづいて乗り込んだのに、
なんじゃこの幸せ感は~(笑)って帰りはまた違う意味で涙してそうな(笑)
でもお母さんも生きていたし、よかったよかった~!
春企画おしまいか~。
うちもあと少しです。
また参加してくださいね。

2011/05/09 (Mon) 00:53 | REPLY |   

千菊丸  

完結おめでとうございます。

咲耶さま、こんばんは。
「杏樹と蘇芳」、完結おめでとうございます。
蘇芳と杏樹、再会できてよかったですね。

2011/05/08 (Sun) 21:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment