FC2ブログ

金銀童話・王の金糸雀 【あとがきと、補足など・・・】 

長らくお読みいただき、ありがとうございました。
相も変わらず、BLには程遠いような内容です。
一応努力はしたのですが、まともなエチは最後の最後に、ただ一度しか出てきませんでした。(´・ω・`)

しかも主人公も、まともな男性とはいいがたく、去勢されてしまったことで、医学的にもかなり男性らしさは削られてしまいました。
泣いてばかりいるのは、そのためです。(`・ω・´)←書いといて。

実際、作中で王様が語っていますが、カストラートは髭も生えなかったらしいです。
カストラートに関しては、此花は、多少興味もありましたので過去に少しは本も読み、知識としては持っていたつもりでしたが、補足がかなり必要になりました。
手術法等、もう一度調べなおしました。
久しぶリに、調べるために真面目に読書しました。(`・ω・´)がんばった~!

天使の声を持つカストラートは、16世紀から19世紀まで続いた、時代の仇花のような存在でも有りました。
現在では人道的な見地から禁止され、残念ながら現実には一人の正しいカストラートも存在しません。
バロック時代、教皇の考えにより、女性は教会で沈黙を守るよう義務付けられました。
そのため宗教劇に必要な女性パートを演じるために、男性のソプラノが必要になったのです。
しかし変声するボーイソプラノの命は短く、役柄に制限があったり声量は子どものため決定的に乏しかったのです。
こうして、カトリック教会が人工的に去勢した男性ソプラノを認め、変声前の声をそのまま持った男性が必要とされたのです。
一度彼等の歌を耳にしてしまった者は、魅力に取り付かれたように求めずには居られなくなるのでした。
ご婦人方はこの禁断の声を聞くなり、パタパタと倒れたそうですから、その場で聞いてみたかったです。
そして、ぱたっ・・・と倒れてみたりね。

記録によると、7歳~11歳までの、毎年4000人以上もの少年が去勢されたと残っています。
彼等の全てが成功者になれるわけでもなく、雑な手術によって命を落とした者は数知れず、粗悪な手術によってせっかく手に入れた声を失う者も多かったのです。
繊細な声帯は、風邪による僅かな体調不良によっても失われることもあり、音楽学院では若いカストラートの卵の為に、温かい毛織の下着を用意したほどです。

歴史上最後のカストラート歌手は、20世紀になって死去したアレッサンドロ・モレスキと言う人です。
彼の音源は、奇跡的に残され今もユーチューブなどで聞くことが出来ます。
此花もCDを持っていますが、劣悪な録音環境と最盛期をとうに終えていたこともあって、聞いた者が失神し、想像を絶する天上の声と言うには程遠いと思いました。

恐らくオペラ全盛期の、カストラートの美声とは比較にならないと思います。
現在、その声を再現する試みが行われていますが、どれほどすぐれたカウンターテナーであり、ソプラニスタであっても、男性である以上カストラートの天使の領域の再現は不可能なのではないでしょうか。
フィリップ・ジャルスキ―さんの「あるカストラートの物語」というCDには、超絶技法の歌唱法を使った曲が入っています。
美しいです。

後、此花は、この時代の自動人形にも心惹かれています。(*⌒▽⌒*)♪好き~
人形に関しては色々なお話が書けそうです。
自動人形、カストラート、異端、を三題話のように使い、王さま、王子さまと、好きな単語が並んで、書いているのはとても楽しかったです。

あなたの胸に金糸雀の思いはきちんと届いたでしょうか。
長らくのお付き合い、ありがとうございました。

では、又、新作でお目にかかります。
あなたが、大好きです。 




出演を終えて、一言ずつどうぞ。

(`・ω・´)王さま:「あくまでも、ハピエンと言い張ってるらしいな、あいつ。」

(*⌒▽⌒*)♪金糸雀:「わたくし、ハピエンだと思ってます~。大好きな王さまと結ばれましたから。」

( *`ω´) お妃さま:「こういう展開は想像しなかったわ。まあ、わたくしたちはそういう関係ではなかったのだけど・・・」

(〃ー〃)司令官:「わたしが、初めての男だな。金糸雀。役得だった。」

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。金糸雀:「司令官さま、ひどい~~~、せっかく忘れかけたのに~。」

(`・ω・´)王さま:「そんなことは関係ない。余の金糸雀。すばらしい身体だった。」

(*/∇\*) 金糸雀: 「きゃあ~・・・」





                            
ランキングに参加しております。応援していただけたら嬉しいです。此花咲耶

<br />にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村




関連記事

4 Comments

此花咲耶  

鍵付きコメントbさま

何とかハピエンの一つの形と認めていただき、ほっとしました。
悲しくても、読後感がよかったら救われた気持ちになります。
結ばれたのは最後の最期で、ここまでが果てしなく長かったです。
がんばったけど、濃厚エチは表現が難しくて遥か彼方です。

「フランダースの犬」的ハピエンですか?ヽ(゚∀゚)ノほんとにそうです~!
昔、BGMのイントロですでに泣けていました。

> とても辛いことが多かったネロですが、最後には念願のルーベンスも見れてパトラッシュと共に天国へ…

本当にそうです。泣きながら、よかったね~、ネロと涙を拭いたのでした。

> 王様との崇高な精神の結びつきを感じられる、とても美しいお話だったと思います。

ありがとうございます。余りに嬉しかったのでコメント引用させていただきました。
崇高な結びつき…う、うれしいです(ノд-。)…エチ、たった一回なのにそんな風に言っていただいて。
この次こそ、がんばります。

最近、いじめっ子だと皆様に言われます。
自分でもちょっぴり自覚。(*/∇\*) キャ~、ごめんね、金糸雀。

下調べは大変でした。図書館にもあったのですが、結局何冊かは購入してしまいました。
ジェラール・コルビオ監督の「カストラート」を探し回って結局なかったので諦めていたのですが、VHFのレンタル落ちをネットで見つけた今、舞い上がっています。
dvdは中古で48000で諦めていたのです。
dvdに焼き直さないと見れないのですが、あきらめていたからすごくうれしいのです。
きゃあ~(*⌒▽⌒*)♪きっと、完結のご褒美だと思います。

コメントありがとうございました。
お読みいただいて、嬉しかったです(*⌒▽⌒*)♪

2011/04/18 (Mon) 01:17 | REPLY |   

此花咲耶  

鍵付きコメントa様

(*/∇\*) キャ~!
思いっきり身に余るお言葉、ありがとうございます。
なかなか、BLの世界はむつかしくて、此花は毎回壁にぶち当たって打ちのめされています。
いつか、aさまのように誰の目にも確かな脱皮の時を迎えられたらと思うのですが、思うようには行きません。

此花が遠くの星・・・?Σ( ̄口 ̄*)それは、きっとめくるめくBLから離れた遠くの星です。(ノд-。)
思わず爆笑の一行。

> どんどん悲しい目に遭わされるカナリアを読んでいるのが楽しいって…私は「どS」になってしまったのでしょうか?

いや~ん、今更そんなことをおっしゃる。 (*ノ▽ノ)キャ~ッ、知ってますよ~、どSさんじゃないですか。
こちらこそ、いつも切なく美しい世界をどきどきしながら覗かせていただいています。
簡潔に的確に表現できるのが羨ましいです。
うんと重いお話を、お読みいただきありがとうございました。
嬉しかったです。(*⌒▽⌒*)♪

2011/04/18 (Mon) 01:02 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/17 (Sun) 18:45 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/04/17 (Sun) 00:40 | REPLY |   

Leave a comment