FC2ブログ

おとうと・15 【最終話】と【あとがき】 

それから詩鶴は、長い時間雨の中を彷徨った。
そして迷走の果てに、明け方近く、ポケットの中の祖母の住所に気が付いたのだ。
それは、すべて天音の思惑通りだった。
祖母は詩鶴が、今は亡き娘と瓜二つなのと、近々あなたの孫がお伺いすることになるという、匿名の電話がかかって来た通りになったのを驚いていた。

裸足の孫を家に上げると、心づくしの食事を用意し、温かい風呂を沸かした。
冷え切った詩鶴は、祖母の家にやっと自分の居場所を見つけ咽んだのだ。
まだ自分の居場所があったことに、詩鶴はほろほろと泣いた。

それから後の詩鶴の話は、天音だけが知っていた。
少しずつ生気を取り戻し、詩鶴は祖母の家で色々なことを学ぶ。
天気のいい日には、庭で洗濯物を干し、二人で仲良く玄関先の草取りをする姿を遠くから自分の代わりに友人に見てもらった。
頑なに目を背け続ける天音に、友人は首をかしげた。

「面倒くさい奴だな。どうせなら、もっと優しくしてやればいいのに。あの子だってそれを望んでいるだろうに。」
「息子として、僕は母をとても愛しているんだ。母があいつを許せない以上、どんなに愛おしいと思っても、詩鶴を憎むしかないんだよ。」
「父の浅はかな行いを、僕は憎む。…父さえ、あんなことをしなければ、優しい従弟兄のお兄ちゃんで居られたのに・・・もう、元には戻れない。」

天音はそれでも確かに詩鶴を愛していた。
今となってはその感情を認めるわけにはいかないけれど、遠くから見守る愛もあるのだと思って自分を納得させていた。

詩鶴の父、聡が手放せず、そばに置いた遺骨を、そっと盜んだのも天音だった。
精神の均衡を失いつつある父と、それでも直、父を愛している不器用な母に手出しをさせてはならなかった。
詩鶴の祖母が亡くなり慟哭の詩鶴がカッターナイフを握り締めて、祖母の墓前で呆然としていたと知った時、天音は迷わず母親と同じ場所に詩鶴の母を眠らせてやろうと思った。
それが、初恋の美しい人に託された詩鶴にとって最良の道だと思ったから・・・。

同じ樹木葬の桜の下で、津田亜由美と出会ったのは、奇跡のような出来事だった。
いつも悲しい目をして自分を見やるしかできなかった詩鶴が、少しずつ芽吹くように自分を取り戻していった。
初めて会ったとき、詩鶴の傍に控える少年に意地悪をしたのは、確かめたかったからかもしれない。

天音は、鴨川総合病院へ詩鶴が研修医として入ると聞いてから、いつかすべてを返してやろうと考えていた。
自分は両親と三人、どんなことをしてでもやってゆける。
だが、詩鶴は全てを放棄し、一人の医師として父の病院と関わることだけを望んだ。

「天音さん。」

短く髪を切り、長身の美しい青年となった詩鶴が、希望通り小児科医として、鴨川総合病院へ勤務するのも間もなくだ。

「ああ、詩鶴、今日からなのか?」
「ええ。よろしくお願いします。そして、これまでありがとうございました。」
「これまで・・・?なんだ?」

天音が廻らせた視線の向こうで、今は少女には見えない細い青年が微笑んでいた。

「知ってたよ。いつも、天音さんが僕を守っていてくれていたこと。」
「僕は子供で、天音さんの事酷い人だと何度も思ったけれど、たくさん考えたらいつか気が付いたんだ。」
「何を?」
「天音さんのしたことは、全部、僕のためだったって。」
「詩鶴・・・。」

詩鶴の大きな瞳が、しばしばと瞬くとどっと溢れるモノがあった。
腕を伸ばしたら、どんと胸に飛び込んできた。
天音の白衣を掴んで、詩鶴が泣いたのはいつだっただろう。
あの日、天音の差し伸ばそうとする手を振り切って逃げた少年は、今や全てを理解していた。

「こ…これまで、気が付かなくてごめんなさい。僕だけが・・・悲劇の主人公で、一人不幸だと思ってた。」
「お父さんもお母さんも、おばあさんも、天音さんのおかげで、みんな一緒に桜の木の下で眠ってる。」
「優しくしてもらっていたのに、何も気が付かなくて・・・ごめんなさい。」
「いいんだ、詩鶴。僕は…もう、すべて・・・その言葉で報われてしまったよ。」

思わず溢れかかったのを我慢したら、声が裏返りそうになった。

「僕の胸でこんな風に泣き崩れていたら、おまえの思い込みの烈しい弁慶が、やきもちを妬くぞ。」
「医者にはなれなかったが、結局あいつも本物の弁慶のように、ここまでお前を追って来たんだな。」
「うん。柾くんがずっと支えてくれる。天音さんは・・・?大丈夫?大切な人はちゃんといる?」
「何を言うんだか…子供のくせに。」

理学療法士として、共に研修に入る青年が遠くで小さく頭を下げた。
うふ・・・と目を細め、一陣の風にあおられた花弁が、ふわりと詩鶴を包んだ。

『ありがとう・・・天音さん・・・』

花の中に居るのは、長い薄いドレスを着た少女のような儚い人だった。
涙を浮かべ、この子は、生まれる前からずっとあなたが大好きだったのよ・・・と天音に語った。

天音が花の精だと思った詩津は、細くけぶる明るい髪を、静かにかき上げてこちらに視線を向けると静かに微笑んだ。

なぜか悲しそうだった表情は、今は穏やかに満ち足りた微笑みに変わっている。・
・・・じっと、天音を見つめていた。
魅入られるように、天音は視線を外せなかったが、今は掛ける言葉を間違えたりはしなかった。

「・・・おいで、詩鶴。病院の職員に紹介する。」

春から次期病院長となる天音が、若桜のような青年を、そこにいる人たちに紹介した。

「こちら。研修後、この病院で勤務医となる津田詩鶴くん、小児科医です。」

「僕の「おとうと」です。」


・・・満開の桜の季節だった。


*****************************
【あとがき】

すごく、救いのないお話になってしまって、どうしようかと思いました。
早く終わらせたくて、ほとんど粗筋を追っていたような気がします。

祖母を亡くした詩鶴が、行き場を失くしてさ迷っていた頃のお話は「新しいパパができました」に書いてあります。
このころはまだ、天音のことをひどい人だと思っていました。
出来れば、両方お読みいただければ嬉しいです。

ここまで、長らくお読みいただきありがとうございました。
最後の最後に、やっと救いがあったんだよ~と、書けた気がします。
詩鶴の父も「おとうと」でした。
二つの「おとうと」のお話を、もう少し上手く絡めて書ければよかったのですが、重いテーマに此花ではまだまだ力量不足だと思いました。
この次、頑張ります!(`・ω・´)←ほんとかっ!

(*⌒▽⌒*)♪ 詩鶴:「これから、お医者さまになるため、がんばります!柾くんも、一緒~!」

(`・ω・´) 柾:「おれが、ずっと守ってやる!」←テンパりチェリーボーイ

ランキングに参加しております。
応援していただけたら嬉しいです。此花

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

>
関連記事

6 Comments

此花咲耶  

鍵付きコメントさま

たった一度の過ちで、全てが台無しになってしまった天音さんでした。
本当はこんないい人でした~(*/∇\*) キャ~!

暗い話を書いていると、此花もどんどん気持ちが荒んできて半分投げそうでした。
最後まで書いて、やっと支持していただけたような気がしています。
早くネタばらししたかったです。


> 今後は良いお兄さんとして、テンパりチェリー君にイヤミでも炸裂させる小姑として、どこかのパパみたいに邪魔しちゃってくださいψ(`∇´)ψ

思わず、吹き出してしまいました。
小姑の活躍するBL小説・・・おかしいです~(*⌒▽⌒*)♪

先程も地震のニュースで、どんどん場所が北から降りてくるようでどきどきしています。
一番大切なのは「命」、それだけはいつも変わりません。
大変な中、気休めですがほんの少しでも楽しんでいただけたらいいなぁと思います。

お江戸の電力を節電するのはいいけど、本丸が立ち行かなくなったら、経済はどうなるんでしょうね。
中央がしっかりしてこその、経済だと思うので出来る限り電気はとめない方向で頑張ってほしいです。
関係者の方たちも、必死で頑張っています。
被災したみなさまにお見舞い申し上げます。頑張れ、東北!

此花の拙い作品で、少しでも元気になってください。
節電と募金と更新、がんばります~(*⌒▽⌒*)♪

2011/03/16 (Wed) 01:41 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/03/15 (Tue) 22:33 | REPLY |   

此花咲耶  

Re: 良かったよ^^

> お得意の一気読みしました。
> ちょうど、昨日までの分まとめて読んでありました。

おお~、お久しぶりの小春ちん、大人読みしていただきありがとうございます(*/∇\*) キャ~、うれしい!
>
> 天音さんのお話を書きたいって知ってたのと、「新しいパパ・・・」もちゃんと記憶にあるので、よけいに感激でした。
>
> 天音さんの愛情表現は、とても奥が深く詩鶴君がちゃんと理解と感謝出来て、報われて本当に良かったv-238

なかなか暗いお話で、途中でちょっと煮詰まりそうでした。
最後は決まっていたので、全速力でした。

> 良いお話ありがとうねv-221
>
(*/∇\*) キャ~、褒められてしまいました~!ありがとうございます!

> ・・・・・此花ちんの気配りに愛を感じた小春です・・・・・
(`・ω・´)愛してますからっ!←おい~

コメントありがとうございました。うれしかったです。(*⌒▽⌒*)♪

2011/03/15 (Tue) 00:48 | REPLY |   

小春  

良かったよ^^

お得意の一気読みしました。
ちょうど、昨日までの分まとめて読んでありました。

天音さんのお話を書きたいって知ってたのと、「新しいパパ・・・」もちゃんと記憶にあるので、よけいに感激でした。

天音さんの愛情表現は、とても奥が深く詩鶴君がちゃんと理解と感謝出来て、報われて本当に良かったv-238
良いお話ありがとうねv-221


・・・・・此花ちんの気配りに愛を感じた小春です・・・・・

2011/03/14 (Mon) 23:46 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

鍵付きコメントkさま

長らくお読みいただきありがとうございました。

此花の背後では、連日悲しいニュースが流れ、胸の痛くなることばかりです。
お友達の中に、宮城県の人がいて先程やっと話ができました。

電話口でこちらのほうが泣いてしまい、彼女は笑っていました。
作品をアップするのが正しい行為なのか、もしかすると不謹慎なのかと思ったりもしましたが、ほんの少しでも気休めになればと思っております。
此花もストックに逃げてしまいそうです。
お仲間がいるので続いているのかもしれません。少しでも慰めになっているのなら、こんなに嬉しいことはありません。

生きてさえいれば過ぎてゆくことは過去になります。
悲しいことは多くて、どうしようもないことも多くて、此花もこんなに無力ですけど少しでもできることはないかしらと思います。
少しの節電と、少しの寄付をするつもりです。
後、気休めになるように、読んでくださる方がいらっしゃるから、ささやかに更新します。
(*⌒▽⌒*)♪がんばる~!

素敵な作品と、言ってくださってありがとうございます!
愛してくださってとてもうれしいです。
大変なことも多いですけど、いいことを考えて日々を暮します。
悲しい人たちに、心を向ける優しい方には辛いですね。
それでもそういう気持ちは、大切だと思います。感受性を大切になさってください。
優しいメッセージありがとうございました。うれしかったです。

2011/03/14 (Mon) 23:02 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/03/14 (Mon) 21:53 | REPLY |   

Leave a comment