FC2ブログ

深い森の奥の魔導師・26 【最終話】 

カーディナルの手のひらにぽうっと点るエルの残した魔法を、トモは祈るような面持ちで、じっと見つめていた。
ふわふわと柔かい光の玉が揺れながらジェードの上で留まると、ぱんと弾けて光の粒子が全身を包む。
息を詰めて見守る中でエルの祈りは細かな粒子となり、踊るように静かに傷を修復し、やがて最後の光が消える時ジェードは古い肌を脱ぎ捨て新しい姿を手に入れた。

***********************

まるでさなぎが羽化するように、焼けただれて色の変わった表皮が裂けて新しいジェードが生まれてくるのを魔導師達は見つめていた。
焼けて縮んだ黒い皮膚が、ぱりぱりと乾ききって足元に落ち、風に舞った。
ぶんと頭を振れば、金色の髪が流れ、青い細かな鱗が光を弾く。
異質な美しい生き物への畏怖と憧憬に、皆、かける言葉を失っていた。
トモの愛した青い翡翠のジェードは、息をのむほど美しい人型へと変態を遂げていた。

人型の青い竜はどこか頼りなかった幼生を棄て、ついに試練を経て大人の青竜となったのだ。ジェードは使命を果たし、誇らしげにトモの前に立った。
人型のジェードは、トモよりも頭一つ半分くらい背が高い。
じっと見つめられたら、トモの胸の奥で心臓が跳ねた。

「トモ。帰ってきたよ。」
「ジェ・・・ド、うんっ。」

嬉しくて、何とか言葉を発しようとしたが、トモは感激のあまり使い魔の名前すら口には出せなかった。
輝く姿が眩くて、トモは耳まで熱くなる気がしていた。
こみ上げるように喉元から想いが溢れ、声にならないままトモはジェードの足元にしゃがみ込んでしまった。

「トモ。」
「うっ・・・うっ・・・ジェードが帰ってきてくれて…本当に、よか・・・った。」
「炎に包まれたとき、俺も燃えた気がした・・・。」

感極まって涙にくれるトモの背中をやさしく撫でると、そっと手を取り、美しい成竜が最初に出会った森の奥へと曳いた。
激しい戦いが終わり、火に焼かれた魔導師の世界も、穏やかな世界へと移ろうとしている。
戦いが終わった今、多くの使い魔達が進化を遂げ、そこかしこに互いに愛を確かめ合う使い魔と魔導師の寄り添う姿があった。

辺りを見回したトモは、短時間のうちに魔導師の世界が修復されていくのを感じた。
魔界獣たちに踏み荒らされた大地には、浄めのためのユニコーンの遺灰が撒かれ、すでに植物が芽吹き始めていた。
ユニコーンは純潔を愛する神獣だった。
汚れた大地が、空気が・・・瞬く間に清められてゆくのを、魔導師達は肌に触れる大気に感じた。
物語の「初め」へと、世界は回帰する。

ユニコーンの最大の武器となる、緩やかな螺旋を描いた角は、じつはあらゆるこの世の毒を浄化することができる。
瘴気に満ちた濁った湖に、水を飲みに来た一角獣が角を浸しただけで水は清浄となった。
古代竜カーディナルは、魔界に落ちかけたキュラを連れてユニコーンの泉へと入った。
純潔の泉に誘い、忘却の呪文をかけてやるつもりだった。

「ここへ、お座りキュラ。ひどい目にもあっただろうが、すべて過去のことだ。」
「カーディナル。忘却呪文でしたら必要ありません。俺は忘れてはいけないと思うから。」
「キュラ・・・、それでは、思い出すたび辛くなるよ。」

良いんです・・・と、キュラは決意を込めた瞳をカーディナルへと向けた。

「魔導師になれないものは、記憶を抜かれ人間界に捨て子として送られることは、魔導師の世界の掟です。俺は、使い魔を選ぶのに失敗してしまって、魔界に取り込まれかけました。」
「大魔導師オメガにお願いして、人間の世界に送ってもらいます。」
「・・・逞しくなった。」

カーディナルは赤い宝石のような瞳を煌めかせて、キュラに優しい視線を送った。

「トモは、君が居なくなったらずいぶんと悲しむだろう。ジェードも、命をかけて助けた君が魔導師でなくなったらどう思うだろう。」

ごきゅとキュラの喉が鳴り、我慢しきれなくなって声が震えた。

「使い魔ができなかったものは・・・仕方ありません・・・それが、古来からの決め事・・・ひくっ・・・俺が、いけなかった・・・んだ・・・。」
「わたしの名を呼ぶ者になるかい?」

思いがけない申し出にキュラの膝はがくと揺れ、思わずカーディナルに縋ってしまった。

「キュラ。わたしはエルを失って、胸に風穴があいたようように虚しいんだ。風穴を埋める欠片となって、この先定命の尽きるまで、わたしの名を呼ぶ魔導師になるか?」

キュラは夢見心地で、憧れの古代竜の胸に抱かれるとうれし涙に咽んだ。

「嬉しい・・・、ありがとう・・・カーディナル・・・本当に俺でいいの・・・?」
「わたしの中に眠るエルが、喜んでいる。」
「きっと、君にふさわしい魔導師になるよ。俺、がんばるから。」
「大魔導師エルの後継者として、この先はトモと共に決して世界が歪まないように、平らな心と目を持つように。さあ、わたしの名を呼んで御覽。」

キュラは高らかに、新しい使い魔の名を呼んだ。

≪Meus ancient extraho , rutilus jewel(わたしのエンシェントドラゴン・レッドカーディナル)

魔導師の卵キュラは、数十年後にオメガの後継者となり、大魔導師キュラと呼ばれるようになる。

************************

初めての出会いは、苦しむジェードの茨の棘(とげ)を拔いてやったことだった。

知らずに結んだ絆が、いつしか深くなりかけがえのない物になった。

「行こう。大切な誓いを交わそう。古来からの作法に乗っ取って、君に永遠をちかう。」
「ジェード・・・、君は本当に俺の青い竜?何だか、急に大人になってしまって俺はずっと鼓動が速いままだ。」

トモはジェードの水かきのついて腕を取ると、きゅっと自分の胸に押し当てた。

「ああ。トモ・・・わたしもそうだ。新しい姿をちゃんと見て。」

トモはそっと手を伸ばし、誓い合った者以外決して触ることを許されない、ジェードの禁断の逆鱗に触れた。
そこに触れていいのは、身体をつないだ相手だけだった。

トモの柔らかな場所に、そっとジェードは身体を沈めた。
ジェードの身体を覆う粘液が、腿を伝うのを感じる。
トモは力を抜いてふっと息を吐き、ジェードの青い翡翠の瞳の虹彩が満足げに細くなった。
一瞬ジェードの身体がくっと強張り、トモは内部が温かく満たされてゆくのを感じていた。
意識が七色の彩雲の向こうに飛翔する。
今はない優雅な魔導師の言葉が、水平線で木魂した。

≪とうとう比翼の鳥になれたね・・・一つの顔に、一つの翼をもつ雌雄の鳥は常に二体で飛ぶんだ。欠けることなく永遠に・・・≫

トモはジェードの腕に巻き込まれ、厚い胸に頭を預けた。

「ドラゴンの体温って、魔導師よりも高いんだね。」
「ほかのドラゴンは、知らない。」

「ずっとジェードだけだ。この瞳は俺の青い竜の持つ翡翠だ。」
「俺の名を呼んで。古代から伝わる契約の名を。」

トモは万感の思いを込めて、愛する竜の名を呼んだ。

≪Meus ancient extraho , puteulanus jade(わたしのエンシェントドラゴン青い翡翠)≫

≪Acsi vita runs sicco , diligo persevere forever(命はつきても永遠に愛は続く)≫




             深い森の奥の魔導師 ―完―

****************************

m111157改 

。・゚゚ '゜(*/▽\*) '゜゚゚・。トモ:「ジェード!見ちゃやだ・・・」

!(`・ω・´)カーディナル:「やっと、体つないだ。」

(´;ω;`) トモ:「うん、これからもずっと一緒だね・・・。」


※携帯からは、両方とも一番下にスクロールして「PC向けのページ」を押して「決定」で完了になるそうです。
よろしくお願いします。(〃ー〃)今頃~・・・

なんだか、「朝ちゅん」っぽい感じです。←昨日、習った新しい単語。「朝ちゅん」は、がっかりと同意語みたいです。ファンタジーだもん。(*⌒▽⌒*)♪

ランキングに参加しております。
応援していただけたら嬉しいです。此花

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ





関連記事

11 Comments

此花咲耶  

nichikaさま

そうなのです。このお話は、確かお祝いssとして一話を書いたのでした。
思いがけず、続きを読みたいとおっしゃって下さる方がいらっしゃって、調子こいて書きました。
ハピエンで読後感のいいものをと、心がけました。
このころ、天使や悪魔の本をいっぱい読んだのですが……忘れたかも……(´・ω・`)
だめっこだなぁ……。
コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

2013/01/30 (Wed) 19:56 | REPLY |   

此花咲耶  

塾長さま

> 無事にハッピーエンドでよかったですね。

はい、此花の作品は、基本すべてハッピーエンドです。
先に落としどころを探しました。

> 私には書けないジャンルだけに書いちゃうところが凄いと思いましたよ。
> ファンタジーこそ想像力を必要とするものと思う。

あっ、塾長が此花を褒めてくださってる!(*⌒▽⌒*)♪わ~い・・身体目当てですか?v-217
こちらこそいろいろ、教わることが多いです。
目から、鱗がザクザクしています。

> 時代物だって、現代ものだって実際にあるものだから
> 何とでもなるけど。
> このファンタジーってやつは良くするも、作者次第だから。
> 時代や背景も自分で作れる分、
> ほんと大変だったと思う!
> 凄いですお疲れ様でした。
> 次回作も楽しみにしています。

お読みいただき、ありがとうございました。書きたいお話がいっぱいです。
こないだ和希くんが偉いことになっていてびっくりしました。
アダルトです、塾長さま。(*⌒▽⌒*)♪鼻血です~

2011/02/19 (Sat) 18:01 | REPLY |   

此花咲耶  

サフランさま

> 此花様、見事な着地点!
> お見事~!!

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。わ~ん、サフランままんに、褒めてもらえた~。
嬉しいです~!
>
> トモと青竜ジェード。キュラと赤竜カーディナル。
> 二組の絆の誕生!!

二人してこれからオメガとエルのように一対の大魔導師になるのです。
オメガとエルの名前の由来をご存知の方には、大爆笑のネーミングでした。(*⌒▽⌒*)♪
>
> 意外でした~。魔導士が受けタン、使い魔が攻め様だったとは!?
>
> えっ!?じゃあ、オメガも!?

ユニコーンって、馬によく似た姿をきっと想像されての¡?だと思うのですが、此花の魔導師の世界では使い魔は皆人型に変態します。
なので、銀色の長い髪で青い瞳のユニコーンです。
出会いの場面書いたときに、お話が広がりかけて疊みました。
勿論、かなりの美形だと思います。(*⌒▽⌒*)♪でも、きっと馬なみ~!

> さておき、お疲れ様でした♪
> 次回は何かしら♪楽しみにお待ち致します。

ありがとうございます。
待っててくださるんですね。
だったら、此花、お休みしないでがんばります~(*⌒▽⌒*)♪

2011/02/19 (Sat) 13:19 | REPLY |   

此花咲耶  

びびさま

> 歌舞伎の演目は多分それです、それです!漢字がいっぱいでムズイ…。友人はご覧になられましたか、笑える演出ですって?気になる。

何かね、パンフにBLとは…という説明文があったという話でしたよ。
詳しく聞いたわけではないのですが。←猫被って暮らしてるので。(*⌒▽⌒*)♪
>
> 最終話までお疲れ様でしたm(_ _)m
> 判っていても、ハピエでホッとしました。
> ユニコーンの遺灰で世界が再生する様子が、清々しくキラキラなイメージで素敵でしたo(^▽^)oうぅーーーん、ファンタジー♡

きっと、此花の拙い作品を譽めてくださる方の、想像力こそ素らしいのです。
読み手さまの想像力に助けられています。
いつかはシンプルで読みやすい、状況描写を書く筆力を身につけたいです。
>
> キュラ!まさかの大物使い魔と契約!
> 一時はRシーン要員を一手に引き受け、カッスカスにされて辛かっただろうに、自分の未熟さを素直に反省できる潔さ!
> オバさん感動です。最優秀助演魔導師賞を差し上げたいです。
> (さっきまで、日本アカ○ミー賞授賞式見てた…。三浦○平くん、岡田将○くん他、各世代のイケメンに眼福♡妻○木くんにもらい泣き(/ _ ; ))

(`・ω・´)キュラ:「最優秀助演魔導師賞ありがとうございます。素らしいこの賞にふさわしい魔導師になるべくがんばります!」
最終回、必死こいてたからテレビついていたけど、あまり中身が見れていません。(´・ω・`)
>
> ジェードも再生して変態したらイケメン度倍増して、トモのハ
> ニカミがまたかわゆ~い(*^o^*)
>
(*ノノ)キャ-!トモ:「だって、びびちん…ジェード、すごくかっこよくなってるんだよ~」

此花挿絵で挫折しましたが、下書きあるのでいつか・・・(*⌒▽⌒*)♪←すでに怪しい笑顔。

> 魔界獣や魔導など、ファンタジーならではのご苦労があったとは思いますが、最後まで楽しませてもらえてありがとうございましたm(_ _)mお疲れ様でした♪( ´▽`)

初めて書いたのでどうなるかと思いました。
最後までお読みいただき本当にありがとうございました。
コメントに背中を押していただきました。うれしかったです(*⌒▽⌒*)♪

2011/02/19 (Sat) 13:09 | REPLY |   

此花咲耶  

けいったんさま

> 大スペクタルな作品で 読んでいて 圧倒されました!
> ワクワク・ドキドキしながら ずっと楽しく 読ませて貰いました♪

本当はお祝いssで、一話限りのはずでしたのに、大丈夫と言っていただいてここまで続きました。
ファンタジーの世界は、書き始めると設定を考えるのが楽しくなって困りました。
格調高いオメガの台詞、ありがとうございました。
(*⌒▽⌒*)♪油断すると、いつもパクリ~←ろくなやつじゃね~・・・
>
> 本当に 素敵な作品を ありがとう御座いました。
> ゚+。゚感謝★☆(´∀`人)☆★感激゚。+゚...byebye☆

お読みいただいて、こちらこそ本当にありがとうございました。
次は和風のファンタジーの予定です。
お世話になりました。(*⌒▽⌒*)♪

2011/02/19 (Sat) 12:59 | REPLY |   

此花咲耶  

ねむりこひめさま

> お疲れ様でした!
>
ありがとうございました。

> 最終回、ハピエで安心しました!
> 魔道師界の風景が目に見えるようで……素晴らしかったです!

最後までお付き合いくださってありがとうございました。
いただいたコメント、本当にうれしかったです。ねむちんのところへも、行かなくては!(`・ω・´)

> トモちゃん、ジェードとずっと仲良くしてね。
> そしてキュラ、辛い経験を乗り越えて、立派な魔道師になってくださいね。
>
'`ィ (゚д゚)/これから、一生懸命努力してカーディナルにふさわしい魔導師になります!

> 素敵なお話をありがとうございました。
> 次回作も楽しみにまっていまーす!

ありがとうございました。
ファンタジーを書いた脳みそが残っていますので、今度は和風のファンタジーを書こうと思います。
朝ちゅん禁止令が出ているので、がんばります(*⌒▽⌒*)♪えへへ・・・

2011/02/19 (Sat) 12:54 | REPLY |   

Rink  

完結おめでとうございます

無事にハッピーエンドでよかったですね。
私には書けないジャンルだけに書いちゃうところが凄いと思いましたよ。
ファンタジーこそ想像力を必要とするものと思う。
時代物だって、現代ものだって実際にあるものだから
何とでもなるけど。
このファンタジーってやつは良くするも、作者次第だから。
時代や背景も自分で作れる分、
ほんと大変だったと思う!
凄いですお疲れ様でした。
次回作も楽しみにしています。

2011/02/19 (Sat) 10:24 | REPLY |   

サフラン  

青と赤

此花様、見事な着地点!
お見事~!!

トモと青竜ジェード。キュラと赤竜カーディナル。
二組の絆の誕生!!

意外でした~。魔導士が受けタン、使い魔が攻め様だったとは!?

えっ!?じゃあ、オメガも!?

さておき、お疲れ様でした♪
次回は何かしら♪楽しみにお待ち致します。

2011/02/19 (Sat) 08:46 | EDIT | REPLY |   

びび  

おめでとうございます(*^_^*)

歌舞伎の演目は多分それです、それです!漢字がいっぱいでムズイ…。友人はご覧になられましたか、笑える演出ですって?気になる。

最終話までお疲れ様でしたm(_ _)m
判っていても、ハピエでホッとしました。
ユニコーンの遺灰で世界が再生する様子が、清々しくキラキラなイメージで素敵でしたo(^▽^)oうぅーーーん、ファンタジー♡

キュラ!まさかの大物使い魔と契約!
一時はRシーン要員を一手に引き受け、カッスカスにされて辛かっただろうに、自分の未熟さを素直に反省できる潔さ!
オバさん感動です。最優秀助演魔導師賞を差し上げたいです。
(さっきまで、日本アカ○ミー賞授賞式見てた…。三浦○平くん、岡田将○くん他、各世代のイケメンに眼福♡妻○木くんにもらい泣き(/ _ ; ))

ジェードも再生して変態したらイケメン度倍増して、トモのハ
ニカミがまたかわゆ~い(*^o^*)

魔界獣や魔導など、ファンタジーならではのご苦労があったとは思いますが、最後まで楽しませてもらえてありがとうございましたm(_ _)mお疲れ様でした♪( ´▽`)

2011/02/19 (Sat) 00:18 | EDIT | REPLY |   

けいったん  

お疲れ様でした m(uωu`*m)

大スペクタルな作品で 読んでいて 圧倒されました!
ワクワク・ドキドキしながら ずっと楽しく 読ませて貰いました♪

本当に 素敵な作品を ありがとう御座いました。
゚+。゚感謝★☆(´∀`人)☆★感激゚。+゚...byebye☆


2011/02/18 (Fri) 23:26 | REPLY |   

ねむりこひめ  

No title

お疲れ様でした!

最終回、ハピエで安心しました!
魔道師界の風景が目に見えるようで……素晴らしかったです!
トモちゃん、ジェードとずっと仲良くしてね。
そしてキュラ、辛い経験を乗り越えて、立派な魔道師になってくださいね。

素敵なお話をありがとうございました。
次回作も楽しみにまっていまーす!

2011/02/18 (Fri) 22:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment