FC2ブログ

夢の欠片(かけら)・「あとがき」と「おまけ絵」 

長らくお読みいただき、ありがとうございました。

最終話に関しては、あまりに拙くて何度も修正をしましたが、いまだに納得いかない状態です。
(´・ω・`)・・・ がんばったけど。

長く続いてきました作品の中で、奏が作中で時折父親のことを思い出して涙ぐみます。
どこにも入れることができなかったのですが、たった一つ父親に愛された記憶があります。
成長しても耳に残る、父親の声。
奏が颯の声フェチになった理由を、入れられなかったエピソードとして書いてあります。
ssなので後で上げておきます。

お読みいただければ嬉しいです。

此花、自分が綺麗な人が好きなので散々、奏も美貌の男という設定にしてしまいました。

お絵かきしてみたのですが、どこか違うような気がします。
うっかり28歳と書いてしまったので、老けてます。明治ですし・・・おっさん?

(´;ω;`) 奏:「老け・・・てる・・・?」

ヾ(。`Д´。)ノ白雪:「こら~!此花!僕の奏さまに向かってなんという失礼なことを!」

(〃ー〃)征四郎:「今日も綺麗だ、奏さん・・・」

(*/∇\*) 奏:「征四郎くん・・・」

(*⌒▽⌒*)白雪:「正直者です!」


如月奏の、写真描きますって豪語したのですが、思わぬ時間を食いまして今頃になってしまいました。

新奏2



違うバージョンもあります。(大きさだけじゃん・・・)

新奏



********************************
【おまけ】

外務卿の招きに応じて、英国公使の晩餐に顔を出した奏に懷かしい友人が声を掛けた。

(*⌒▽⌒*)ウィリー:「奏!」

(°∇°;) 奏:「(げっ・・・)あぁ!ウィリー、懐かしいですね。」

(*⌒▽⌒*)ウィリー:「会いたかった。」


(`・ω・´)奏:「お久しぶりです。おや、少し印象が違ったような・・・」

(*/∇\*) ウィリー:「猛勉強のおかげで瘠せたんだ。君に逢いたくて、やっとのことで公使館に入った。」

(〃ー〃)奏:「僕に・・・?それは、どうも。」

(*⌒▽⌒*)ウィリー:「君は本当に変わらないな。美貌の奏、今も独り身か?」

奏はそれには返事をせず、片手を上げて壁際に佇む青年を呼んだ。

(〃▽〃)奏:「征四郎くん。こちらは、留学先で色々な意味でお世話になったウィリーです。

君もこれから、英国公使とは親しくお付き合いをせねばなりませんから、ご挨拶をしておいた方が良いですね。」

(`・ω・´)征四郎:「初めまして。英国でのご友人の方ですか?湖上征四郎といいます。」

(*⌒▽⌒*)ウィリー:「湖上?あの素晴らしい侍の身内か?そういえば、あの男にとてもよく似ているな。」

(`・ω・´)征四郎:「おそらく、それは兄上です。ミスター。」

赤毛の大男、ウィリーは気が付いた。
征四郎は半身を自分に向けて、ごく自然に、何か有ったとき奏をかばう体勢を取っていた。
身を呈して警護をするには、背は高いが線の細く見える青年だった。

(´・ω・`) ウィリー:「ああ、そう言うことか・・・。」

落胆を滲ませて、ウィリーは肩を落とした。

(´;ω;`)ウィリー: 「いつかまた、懷かしい英国での話をしよう、奏。・・・君も、征四郎。」

(〃ー〃)ノ(`・ω・´)征四郎:「はい!では、失礼いたします。」


ヾ(。`Д´。)ノウィリー:「誰も愛さないって言ったくせに~~!!くそぉ~~~~!!いつか、もう一度襲ってやる~~!!」

長らくお読みいただきありがとうございました。

拍手もポチもありがとうございます。
ランキングに参加していますので、ひと手間よろしくお願いします。此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ








関連記事

8 Comments

此花咲耶  

小春さま

> 幸せそうな奏君と征四郎君は微笑ましくってほっとします。
> ウイリーね、あははっ、懐かしいな~~~
> 大事に至らなかったけれど、怖かったからね・・・

思わず「げっ!」といってしまった奏です。
征四郎は雰囲気を読んで、護りに入ってます。可哀想なウイリー・・・(´;ω;`)

> 肖像画、描いてくれたのね♪⌒ヽ(*゚ω゚)ノ ヤッターッ
> 私はもう少し幼い感じに見えるのかな?って勝手に想像してたけれど、素敵だΣd(゚∀゚)ィヵ酢!!←お酒のつまみみたいだね^^

明治時代は20代だと、もう相当大人のようです。
・・・というか、本当はもう少し幼く書くはずだったのに、腕がなかったんだよぉ~~~゚・。(。/□\。)。
え・・・と。写りが悪かったんです!←写真家のせいにした~(*⌒▽⌒*)♪
>
> 2枚とも感じが全然違って良いじゃない!
>
> お持ち帰りしましたよ(個人で楽しみます)
> 《おまけ》の楽しみも格別です。

ありがとうございました。
喜んでいただけて何よりです。
>
> 会話編のあとがきも楽しいし、ありがとう、おつかれさま。
>
> じっとしていられない此花ちんは、お休みもしないで、途切れなくアップでしょうけれど
> お疲れ様でした~♪゚*。(b・∀・b)。*♪

いっぱい書きたいんですけどね~
一日が40時間くらいあればいいのに。
バレンタインのお話、書こうと思います。
(☄ฺ◣д◢)☄ฺワシャー ←ジェード、怒ってるみたいです・・・

コメントありがとうございました。うれしかったです(*⌒▽⌒*)♪

2011/02/12 (Sat) 19:47 | REPLY |   

小春  

奏君と征四郎君❤

幸せそうな奏君と征四郎君は微笑ましくってほっとします。
ウイリーね、あははっ、懐かしいな~~~
大事に至らなかったけれど、怖かったからね・・・

肖像画、描いてくれたのね♪⌒ヽ(*゚ω゚)ノ ヤッターッ
私はもう少し幼い感じに見えるのかな?って勝手に想像してたけれど、素敵だΣd(゚∀゚)ィヵ酢!!←お酒のつまみみたいだね^^

2枚とも感じが全然違って良いじゃない!

お持ち帰りしましたよ(個人で楽しみます)
《おまけ》の楽しみも格別です。

会話編のあとがきも楽しいし、ありがとう、おつかれさま。

じっとしていられない此花ちんは、お休みもしないで、途切れなくアップでしょうけれど
お疲れ様でした~♪゚*。(b・∀・b)。*♪

2011/02/12 (Sat) 11:48 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

Rink さま

> 赤毛のウィリーがお痩せになって再登場!
> しかーーし、すでに征四郎の姿が・・・

苦労して勉強してがんばって逢いに来たら、彼氏できてた~(*⌒▽⌒*)♪
人生って残酷。(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

> せっかく痩せて大使にまでなったのにね・・・
> 残念だったねウィリー。
> でも幸せな奏ちんもいいもんです!
> めでたしめでたしだね!お疲れ様でした。
> Rも素敵でした!雰囲気がいいっていいことですよー

もう少し、微細に描ければよかったのですが、難しかったです。
普段の三倍くらい時間がかかりました。
最後の最後に逃亡してしまいました。(*/□\*)
塾長様に、褒めていただいてほっとしました。
書ける、塾長って本当にすごいと思います。雰囲気が良かったですか~…嬉しいです。

コメントありがとうございました。(*⌒▽⌒*)♪

2011/02/10 (Thu) 23:53 | REPLY |   

Rink  

おまけ面白かった!

赤毛のウィリーがお痩せになって再登場!
しかーーし、すでに征四郎の姿が・・・
せっかく痩せて大使にまでなったのにね・・・
残念だったねウィリー。
でも幸せな奏ちんもいいもんです!
めでたしめでたしだね!お疲れ様でした。
Rも素敵でした!雰囲気がいいっていいことですよー

2011/02/10 (Thu) 20:09 | REPLY |   

此花咲耶  

びびさま

> (最終話とあとがき、二つまとめた感想になります。)
> やっと、やっと、奏が幸せをつかみましたね(/ _ ; )
>
はい。ありがとうございます。やっと幸せになりました。

> 番外編でもパラレルでも何でも良いから、ぜひとも奏に今世での幸せをお願い~~m(_ _)m
> と、此花様に願ったことが思いの外早く叶えられて、すっごく嬉しいです。・°°・(>_<)・°°・。
>
此花も主人公を気に入ってくださって、とてもうれしかったです。
長く一緒にいた人物でした。
違う形を見つけられて、パラレルもこういうのはいいかもしれません。自分で二次を書くとは思いませんでした。(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

> えちシーンも此花様らしくてステキでしたよ。
> 最後のごにょごにょ(語りにしたとこ)も、別に期待外れとかもっとヤレーとかも思わず、叙情的で良かったです(*^o^*)
>
きゃあ・・・(*⌒▽⌒*)♪おっけぇでしたか?良かったです~、最後には何書いてるかわからなくなって思わず逃亡癖が出てしまいそうでした。(`・ω・´)がんばった!!

> 奏の身体の傷にも怯まず、欲望を押しつけるのを堪えて慈しんだ愛撫を与えた征四郎くん!エライぞ~、筆下ろしを済ませておいてホントに良かったね~!
> 愛される幸せな交わりに戸惑う奏に萌え~♪でした。

8つも年上で、結構修羅場も潛っているのに、意外にうぶなところ全開でした。これはきっと、作者のテクの影響かも・・・です。(〃ー〃)
>
> 年下ワンコ攻めは好物の一つ(*^_^*)
> まだ頼りなくて愛玩犬かもしれないけど、そのうち逞しくなって、公私共に奏に寄り添う立派な番犬になれるように精進してね、征四郎~(^_-)-☆
>
> 写真、見れた~♡
> 時間が無いなか頑張っていただきありがとうございました♡
> 袖のフリルが華族っぽい(←あくまでもイメージ)~。
> 憂い顏のおすましーと思いましたが、うっうっ、記憶に間違いが無ければこの写真はKatieちゃんとの別れの時の…(/ _ ; )
>
そうです。何枚も撮ったはずなのに、写りがよくなくて貸してもらえませんでした。(´・ω・`) 嘘です~、頑張ったのですが、時間がなくて一枚しか描けませんでした。ごめんね、びびちん。
あくまでも、写真写りが悪いのであって、奏はもっと美人の(はず)です!(°∇°;) 汗・・・

> ホントにステキな物語、堪能させていただきました。
> トモくんの活躍も、新しいだれかも楽しみにしてますね(*^o^*)
> おつかれさまでした~ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

長らくお読みいただき、本当にありがとうございました。
途中で進行に疲れて、エチに時間を盜られ根性尽きました。これからもがんばります。
(*⌒▽⌒*)♪ジェード、お腹パンパンでほったらかし~・・・ぐ~でぱんちっ!

2011/02/10 (Thu) 18:30 | REPLY |   

びび  

ありがとうございました(*^_^*)

(最終話とあとがき、二つまとめた感想になります。)

やっと、やっと、奏が幸せをつかみましたね(/ _ ; )

番外編でもパラレルでも何でも良いから、ぜひとも奏に今世での幸せをお願い~~m(_ _)m
と、此花様に願ったことが思いの外早く叶えられて、すっごく嬉しいです。・°°・(>_<)・°°・。

えちシーンも此花様らしくてステキでしたよ。
最後のごにょごにょ(語りにしたとこ)も、別に期待外れとかもっとヤレーとかも思わず、叙情的で良かったです(*^o^*)

奏の身体の傷にも怯まず、欲望を押しつけるのを堪えて慈しんだ愛撫を与えた征四郎くん!エライぞ~、筆下ろしを済ませておいてホントに良かったね~!
愛される幸せな交わりに戸惑う奏に萌え~♪でした。

年下ワンコ攻めは好物の一つ(*^_^*)
まだ頼りなくて愛玩犬かもしれないけど、そのうち逞しくなって、公私共に奏に寄り添う立派な番犬になれるように精進してね、征四郎~(^_-)-☆

写真、見れた~♡
時間が無いなか頑張っていただきありがとうございました♡
袖のフリルが華族っぽい(←あくまでもイメージ)~。
憂い顏のおすましーと思いましたが、うっうっ、記憶に間違いが無ければこの写真はKatieちゃんとの別れの時の…(/ _ ; )

ホントにステキな物語、堪能させていただきました。
トモくんの活躍も、新しいだれかも楽しみにしてますね(*^o^*)
おつかれさまでした~ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

2011/02/10 (Thu) 16:57 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

サフランさま

> 薄幸の人、奏の幸福編。
> 本編とは違った雰囲気で、二度美味しい!

お絵かきで台無しになったらどうしようと、どきどきしました。
おかわりしていただいて、ありがとうございます~(*⌒▽⌒*)♪
>
> 此花様はかねてより、大変力量のある方。
> 直○賞作家と紹介されても、直ぐに納得致しますよ!
> いろいろ謙遜されているのはご本人の美徳であって、筆力が抜群です。
>
Σ( ̄口 ̄*)・・・・サフランままん…そんなお褒めの言葉いただいた日には、此花上空でくるくるした挙句、大気圏突入してしまいそうです。(〃ー〃)…身体目当てですか・・・?もう~・・・

> いつか、「先生」とお呼びする時が来るような気がします。
> 奏のセピア色の肖像写真画。
> ウィリーの笑えるエピソード♪
> そして、素晴らしい物語!
>
> 僭越ではございますが、ファンの1人として、感謝状を差し上げたいと思います。
>
ありがとうございます。こちらこそ山ほどのお礼を言いたいです。
おかげで赤毛のウィリーも出演できました。
あのままだと、かわいそうだと思っていましたらもっとかわいそうに…トンビに、油あげ持って行かれてしまいました。(´・ω・`) 美形キャラじゃなかったばっかりに・・・・。←書いといて。

> これからも、お身体に気をつけて、色々な作品を作り出して下さいね♪楽しみにお待ち致します。

長いお話にお付き合いくださってありがとうございました。
書きなれないエチに苦労しましたが、そのうちエロマスターの称号を手に入れたいです。
来年の夏には、初心者マークが取れるはずです。(*⌒▽⌒*)♪

コメントありがとうございました。いっぱい譽めていただいてうれしかったです。
褒めて伸びる子です。Σ( ̄口 ̄*)…横・・・。

2011/02/10 (Thu) 16:48 | REPLY |   

サフラン  

感謝状♪

薄幸の人、奏の幸福編。
本編とは違った雰囲気で、二度美味しい!

此花様はかねてより、大変力量のある方。
直○賞作家と紹介されても、直ぐに納得致しますよ!
いろいろ謙遜されているのはご本人の美徳であって、筆力が抜群です。

いつか、「先生」とお呼びする時が来るような気がします。

奏のセピア色の肖像写真画。
ウィリーの笑えるエピソード♪
そして、素晴らしい物語!

僭越ではございますが、ファンの1人として、感謝状を差し上げたいと思います。

ありがとうございます!
これからも、お身体に気をつけて、色々な作品を作り出して下さいね♪楽しみにお待ち致します。

2011/02/10 (Thu) 14:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment