FC2ブログ

夢の欠片(かけら)・7 


「奏太郎――――っ!!」

義姉の悲鳴を、どこか遠くで聞いた。

******************************

湖上颯の一粒種「奏太郎」は、颯が家族を残して英国に遊学しているときに故国で生まれた。
誕生の電信を受け取った颯の喜びようは相当なもので、奏も普段の規律正しい生活の中で、ただ一度だけスコッチで祝杯を挙げた。

男子の出生に喜んだ颯は、命名に悩むことはなかった。

「如月の一字をもらいたい。」

自分の血を一代限りでお終いにするという奏に、颯なりに考えての申し出だったのだろう。

「ご自分の名前を付けるのならともかく・・・。」

と、渋る奏に、颯は大書した文字を見せた。
その場で、何も言わなかった奏は、自室にこもって密かに涙した。

命名・湖上 奏太郎
父・湖上 颯
母・湖上 聡子

これから先も、家族を持たないと決心した奏の名前が、そこにあった。

颯が帰国したとき、すでに奏太郎は一歳二か月になっていて、よちよちと歩き始めたところだった。
あれから月日は流れ、早くも奏太郎は二歳になっている。
父親に似て、身体も大きく丈夫な子供だった。

征四郎が流星号に鞭を当て、自宅前の生け垣の傍で手綱を緩めたとき、鶏を追って奏太郎が走り出た。
義姉の悲鳴は、奏太郎が流星号の蹄に掛けられたと思ったものだ。

「どおっっ!!」

慌てて手綱を引き締めるより前に、流星号が反応した。
全速力で駆けてきた馬から落馬した場合、骨折で済めば運がいい。
打ち所が悪ければ、落命しても仕方がなかった。
流星号は利口な馬で、軍馬としての調教を受けていたが普段は温厚で従順な性質(たち)だった。
征四郎と同じ年に生まれ、共に育ってきた二代目流星号は、征四郎を背から振り落としたことは一度もない。
大怪我、もしくは絶命を覚悟した馬上の征四郎は流星号の首がしなり、ありえない方向に傾いたのを見た。

流星号は征四郎の落馬を全身で阻止し、どっと転倒する前に首を立てた。
征四郎は地面に叩きつけられる瞬間、流星号が長い首で自分を背に押し戻すのを感じた。
子供のころから知っている、優しい愛馬の目だった。

今生で二度と会うことの叶わない流星号が、前脚を骨折し薬殺されたのを、征四郎は気を失ったまま運ばれた病院で聞いた。
自分が感情のまま鞭を当て続けた流星号が、自分を守って消えた。
滂沱の涙にくれる征四郎に、かける言葉を誰も持たなかった。

流星号のいなくなった厩舎で、征四郎は長い間残された鞍を撫でていた。
虚ろな瞳は力なく、何も映していなかった。

「僕が・・・殺した・・・。」




(´・ω・`)奏:「征四郎君・・・」

(´/ω;`)奏:「ごめんね、流星号・・・」

(´・ω・`)颯:「何があったんだ、征四郎。」

(´;ω;`) 征四郎:「ぼくのせいで、流星号が・・・」

傷心の征四郎はどうなるのでしょう・・・?
っていうか、此花エチはいつ?

(*ノωノ)…もうちょっと待ってね。

お読みいただきありがとうございます。
拍手もポチもありがとうございます。
ランキングに参加していますので、よろしくお願いします。此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ



関連記事

8 Comments

此花咲耶  

サフランさま

> 颯が自分の息子に奏の名前を一字つけて奏太郎とした時、奏は嬉し泣きをしたのね。
>
はい。密かに泣いたみたいです。颯は世界から自分の血を抹殺してしまいたい奏のことをよく知っていますが、きっと何かの形で残したかったのです。
ノンケのくせにたらしです。←えらい言いよう・・・(*⌒▽⌒*)

> 夫と中高が一緒の夫の親友で、私達の結婚披露宴にも出席したK。
> もう結婚しないのかと思う頃にひょっこり見合い結婚したが、妻の子宮に異常があり妊娠出来ませんでした。
> 夫婦で優雅にテニスをしたりして過ごされたりしてたのに、ウチに息子と年が離れて娘が出来たと知った途端に、ナント米国で日本ではまだ許可されていない生殖技術を使って、娘より一つ年下の双子の女の子が生まれました。
> で、その双子の名前…。私と娘の名前にソックリ!!
> さすがに夫も気付いていて、ちょっと嫌だなと思ったらしい。
>
∑( ̄□ ̄;)…なんとっ!琥珀の君じゃない、新しい登場人物がサフランままんのストーリーに っ!

> Kはなんかあると夫に電話してくる。
> この間もパソコンの調子が悪いと電話して来て、夫はすぐにすっ飛んで直してやりました!!そんなの業者を呼べば良いのにさ、素人の夫を呼ばなくても!
> おフランスの文学を翻訳出版されている研究者で、夫とは畑違い。

畑違いに見えるものは、憧憬をこめて眺めるのかもしれませんね。(*⌒∇⌒*)♪

> 男の友情って女と違って深いと聞いているけれど、限り無く愛に近い気がします。

(つ∀`*)っ))⌒そりゃあ、もう。そのほうがお話として、聞かせていただいても美味しいですもの・・・
コメントありがとうございました。うれしかったです(*⌒∇⌒*)♪

2011/02/06 (Sun) 17:26 | REPLY |   

此花咲耶  

びびさま

> 儚くなったのは流星号でした…。賢くて良い馬でしたね。同じ年の征四郎くんの悲しみは…(/ _ ; )
>
立ち直るのに、もう少しかかると思います。

> 私もやられました。特に動物好きだとは思わないんですが、ドキュメンタリーなんかでお利口さんで健気な盲導犬やし役犬の最期なんか見ると、号泣してしまいます。流星号の健気な死は予想外の為もあり、自分でも笑えるぐらい(?)泣けました。
>
泣いてくださったんですね。ありがとうございます。
(´/ω;`)征四郎:「びびちん、ありがとう…涙が止まらないです…」

> 家族がお風呂に入ってる間にコッソリと携帯で読んでたから、出てきた彼らにビックリされて不振がられてしまったよ~(>人<;)
>
きゃあ。それは大変です~(´・ω・`)

> あとは市場最大とやらの睦みあいを楽しみにしてます。奏は慰めてくれるのかな?
> 期待値上がってますよ~(^_-)-☆

そこへ行くまでを、もう少し書きたいのでもう少し待っててね。
普通の小説からこっちに来たせいか、そこに行くまで時間かかりすぎです。
・・・(´/ω;`)がんばる~・・・
あんまり、期待しないで待っててね。(*⌒∇⌒*)♪

コメントありがとうございました。うれしかったです(*⌒∇⌒*)♪

2011/02/06 (Sun) 17:18 | REPLY |   

此花咲耶  

小春さま

> 期待してもいいのぉ?
> 超期待!

∑( ̄□ ̄;)…き、期待されてる~ !

> 流星号は御主人を守って天国へ・・・・・・
> 征四郎くん、大ショック(涙)

自分のせいなので、ショックは大きいです。

> 奏が慰めてくれるのかしら?

そうなればいいと、思います。
誰もが幸せになりますように。
もう少しかかりますけど、待っててね。

コメントありがとうございました。うれしかったです(*⌒∇⌒*)♪

2011/02/06 (Sun) 17:11 | REPLY |   

サフラン  

Re:

颯が自分の息子に奏の名前を一字つけて奏太郎とした時、奏は嬉し泣きをしたのね。

夫と中高が一緒の夫の親友で、私達の結婚披露宴にも出席したK。
もう結婚しないのかと思う頃にひょっこり見合い結婚したが、妻の子宮に異常があり妊娠出来ませんでした。
夫婦で優雅にテニスをしたりして過ごされたりしてたのに、ウチに息子と年が離れて娘が出来たと知った途端に、ナント米国で日本ではまだ許可されていない生殖技術を使って、娘より一つ年下の双子の女の子が生まれました。

で、その双子の名前…。私と娘の名前にソックリ!!
さすがに夫も気付いていて、ちょっと嫌だなと思ったらしい。

Kはなんかあると夫に電話してくる。
この間もパソコンの調子が悪いと電話して来て、夫はすぐにすっ飛んで直してやりました!!そんなの業者を呼べば良いのにさ、素人の夫を呼ばなくても!
おフランスの文学を翻訳出版されている研究者で、夫とは畑違い。
男の友情って女と違って深いと聞いているけれど、限り無く愛に近い気がします。

2011/02/06 (Sun) 08:47 | EDIT | REPLY |   

びび  

流星号、偉かった( i _ i )

儚くなったのは流星号でした…。賢くて良い馬でしたね。同じ年の征四郎くんの悲しみは…(/ _ ; )

私もやられました。特に動物好きだとは思わないんですが、ドキュメンタリーなんかでお利口さんで健気な盲導犬やし役犬の最期なんか見ると、号泣してしまいます。流星号の健気な死は予想外の為もあり、自分でも笑えるぐらい(?)泣けました。

家族がお風呂に入ってる間にコッソリと携帯で読んでたから、出てきた彼らにビックリされて不振がられてしまったよ~(>人<;)

あとは市場最大とやらの睦みあいを楽しみにしてます。奏は慰めてくれるのかな?
期待値上がってますよ~(^_-)-☆

2011/02/06 (Sun) 08:12 | EDIT | REPLY |   

小春  

睦みあうの?

期待してもいいのぉ?
超期待!

流星号は御主人を守って天国へ・・・・・・
征四郎くん、大ショック(涙)
奏が慰めてくれるのかしら?

2011/02/06 (Sun) 07:00 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

Rinkさま

> そっちだったか・・・流星号・・・
> 賢い賢すぎ・・・だから避けただけならまだしも主人の命まで助けて・・・偉かったね・・・

馬はとても賢くて、主人と認めないとなかなか言うことを聞かないという話をきいたことがあります。
生まれた年が同じ流星号、自分で書いてて哀しくなってしまいました。

> 昔、単勝で買ってた馬がそのレースで骨折してその場で処分されたのをおもいだした・・・辛かった・・・(かなり前の話)

それは辛いですね。骨折した馬は、たいてい殺処分です。可哀そうだからと生かしても、結局早く死んでしまいます。辛いね・・・

> でも奏一郎ちゃんは無事だったんだ、人の命に代えられないですこの場合は・・・
> 流星号にお子がいることを祈る・・・

∑( ̄□ ̄;)そこまで、考えてなかったです。・・・でも、だったらいいなぁ・・・

> は!そうだった・・・いつになったら睦合うの?(笑)
>
気が付かれてしまった。え~と、もうすぐです。
ここまで引っ張ってきましたがこれから此花市場120パーセントのエチに、もうすぐ突入…って、また自分でハードル上げるのやめなさいって!
ヾ(。`Д´。)ノ彡☆「できない約束、すんなや~!」←心の声

> 私ようやくR終わったよ・・・いや終わらせた(笑)

すごかった・・・濃いかった…此花、鼻血噴きました。
いつかは書いてみたいです。!(`・ω・´)←さっき書くって言っといて。

コメントありがとうございました。うれしかったです(*⌒∇⌒*)♪

2011/02/06 (Sun) 03:22 | REPLY |   

Rink  

wo---

そっちだったか・・・流星号・・・
賢い賢すぎ・・・だから避けただけならまだしも主人の命まで助けて・・・偉かったね・・・
昔、単勝で買ってた馬がそのレースで骨折してその場で処分されたのをおもいだした・・・辛かった・・・(かなり前の話)
でも奏一郎ちゃんは無事だったんだ、人の命に代えられないですこの場合は・・・
流星号にお子がいることを祈る・・・

は!そうだった・・・いつになったら睦合うの?(笑)

私ようやくR終わったよ・・・いや終わらせた(笑)

2011/02/06 (Sun) 00:36 | REPLY |   

Leave a comment