FC2ブログ

Resident of the miniature garden<箱庭の居住者> 

初めてこの場所に連れてこられたとき、ぼくは足を踏み込むなり周囲に圧倒された。

そこにいるのは、息をのむほど端整な人達ばかりだった。
それぞれが美しい一輪花となり、華やかに個性を持って咲き誇っている、そんな気がした。
彼らが佇む空間は、まるで天使が造った完璧な箱庭のように見えた。

ぼくは跳ね上がった心臓の音が、周囲に聞こえるのではないかと心配しながら、周りを見渡し胸をきゅっと押さえた。

広い部屋の中には英国風アンティークの家具が配置され、いまどき珍しい大きな手巻きの置時計がゆっくりと時を刻んでいる。

人々が、洒落た器に盛られた料理に手を伸ばすその所作すら、計算された動線のように美しい。
まるで光に包まれた午餐の風景を描いた一枚の絵画のようだと思った。
思わず、ほうっと…息をついた。

外から名を呼ばれると、そこから数人が消えてゆく。
柔らかな薔薇色の頬を持った青年が、小さく呟いた。

「ぼくが呼ばれるのは、今度はもう少し先かな。早く「あのかた」に呼んでいただきたいのだけれど・・・」
「あのかたって、誰ですか・・・?」

つい、言葉の端を捉えたぼくに向かって、天使の微笑みを持った青年が小声で告げた。
思わずうっとりと見とれてしまって、ぼくは言葉を天上の音楽のように聴いていた。

「新しい世界に通じる、秘密の扉の鍵は「あのかた」だけが持っているんだよ。」
「えっと・・・そういえば君は、新しい子かな?」

ずいと正面から覗き込まれて澄んだ瞳に驚き、ぼくは言葉を失ってこく・・・と、頷いた。

「そう・・・。君も、幸せになるために来たんだね。」

光に溶ける優しい微笑を浮かべた人が、そっと手を伸ばし僕の頬に触れた。
きっと僕は硬直したまま、耳まで真っ赤になっていたと思う。

ずっと眺めて居たかったけど、その人は背の高い誰かに声をかけられて、満ち足りた輝く笑顔を向けると思い人の腕を取った。
自然に影が重なるように、二人は抱き合い深い大人のキスをした。
絡む視線だけで、どれだけ相手を愛しているか分かるような、完結した世界。
ぼくも、いつかはあんな風に誰かと出会って恋をし、安らげる永遠(とこしえ)の愛を知りたいと思う。
胸の奥が痺れ、未知の感情が溢れるような気がした。

ふくいくと淹れたての珈琲の香りが、鼻腔をくすぐる・・・。

「これ、何杯目だっけ?」
「あ、二杯目です。」

「いつも、いい香りだね。」
「ありがとうございます。」

椅子をすすめてくれた人が、周囲と語り合いながら近づいてくる。
壁際の椅子に座る僕の膝に、そっとカップを乗せてくれた。

「あまり、苦いのは駄目でしょう?」
「あ、はい。」
「カフェ・ラテにしておいたよ。君はまだ・・・何も知らないんだね。」
「何を・・・?」

返事に困ったぼくの背後から、そっと誰かが小さく耳元にささやいた。

「ほら。「あのかた」が君に名前をくださるよ。行っておいで。」

漆黒の髪に、濡れた黒曜石の瞳の人はくすり・・・と笑う。
華奢だけど、凛とした強いまなざしの怜悧な美貌の人が、ぼくに呼ばれたことを告げた。
その向こうには、猛禽類の鋭さを持ってぼくを射るように見つめる人がいた。

「君も、うんと優しくしてもらいなさい。」
「ぼくたちのように・・・ね。」

その後、その人が交わす言葉は聞こえなかった。
彼もまた、二人だけの世界に行ってしまったから・・・

ぼくは、「あのかた」に逢える緊張に指を震わせて、重い扉をノックした。
空気に混じる薄い煙草のフレーバー・・・

「新しい子だね。待っていたよ。」

・・・ぼくは、その人の名前を知っていた。
おずおずと眼前に立ち、すべてを晒した。
ぱさりと、足元に衣擦れの音がする。

「ここに、おいで。」
「恥ずかしがらないで、僕にみんな見せて。」
「さあ・・・君をどうやって可愛がってあげようかな。」

視線がぼくの中心を熱くさせる。
耳元に僕の「名前」が告げられた。

これからぼくは、この人の意のままに生きてゆく。
アダムが楽園で神様に愛されたように、ぼくの肋骨からただ一人の愛する人を創ってください。

ぼくの震える薄い唇が、創造主の名を呼んだ。


「kikyouさん・・・」


桔梗





おこがましいと思いながら、ブログ開設一周年を迎えられた大好きな作家さんにあてて書きました。・・・今回も言い訳から入る、情けない此花。(だって、小心者だも~ん・・・(´・ω・`)どきどき・・・)
駄文でごめんなさい。でも、一生懸命書きました。

多くの方に愛される場所で、きっと新しい天使が生まれる時はこんな感じ…と思いながら書きました。
一人のファンとして、これからもたくさんの愛おしい天使に逢いたいです。
いつかは此花も多くの方に愛される、白い羽をもった天使のような少年を書きたいです。
気持だけ受け取っていただければと思って、そうっとアップします。

「kikyouさま、ブログ一周年おめでとうございます!」       此花


|ω・`) ご本人には…あとで言う~・・・

ヾ(。`Д´。)ノ彡「早、ご挨拶に行けやっ!あんぽんたんっ!」←誰・・・?
関連記事

13 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/02/07 (Mon) 14:00 | REPLY |   

此花咲耶  

びびさま

> 此花様のリコメを読んで、「もう一つの一輪花」読んで来ました(*^_^*)

きゃあ(*⌒∇⌒*)♪ありがとうがございますっ!
>
> でも、此花様のお宅のお話は既にコンプリート済みだと思い込んでいて、あんまり記憶に残ってない話かな?っと一瞬でも思ってしまったワタシに自分でぐーパンチしたくなりました~(>人<;)
>
> あの棚ごと未読でした。教えて下さりありがとうございましたm(_ _)m
> ホントに宝物ですね( i _ i )スバラシイ!

嬉しくてパソ前で、まじ泣きしました。
kikyouさまのお話に、超絶美麗なpioさまの挿絵、けいったんさまの胸の震える素敵な詩…もう、こんなうれしかったこと人生の中でも上位ランクです。
素敵でしょう?此花の一生モノの宝物です。

> 今更中身についてかたる必要もありませんね!
> ステキでした~。・°°・(>_<)・°°・。

や~ん、語ってください~!
此花のおうちのみぃくんの、成長が早すぎてkikyouさまが焦ったっておっしゃってました。
みぃくん、今やパパですもん・・・(*⌒∇⌒*)♪

コメントありがとうございました。うれしかったです(*⌒∇⌒*)♪

2011/02/06 (Sun) 17:39 | REPLY |   

びび  

此花様のリコメを読んで、「もう一つの一輪花」読んで来ました(*^_^*)

でも、此花様のお宅のお話は既にコンプリート済みだと思い込んでいて、あんまり記憶に残ってない話かな?っと一瞬でも思ってしまったワタシに自分でぐーパンチしたくなりました~(>人<;)

あの棚ごと未読でした。教えて下さりありがとうございましたm(_ _)m
ホントに宝物ですね( i _ i )スバラシイ!
今更中身についてかたる必要もありませんね!
ステキでした~。・°°・(>_<)・°°・。

2011/02/06 (Sun) 13:43 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

Re: ささっとw

> 少しぶりです。

ちょっとぶりです~(*⌒∇⌒*)♪

> お礼が・・・上がりましたの報告ですぐに来なかったojyouです(笑)
> 自分の3人の子だけで手一杯で(笑)
> またハードル自分で上げる様なコトするから大変な目にあっております。

ハードルはクリアしてこそ何ぼですので、どうぞがんばってくださいね。
きゃあ・・・どんどんお嬢さんがエロマスターに・・・(*ノωノ)
此花は、桜庭先生タイプが好きでっす!←ここに、書くな~~~!!

> 時間できて・・・読みに来ればwkikyouねぇー様の1周年でしたか・・・
> 何でここで知るんだアタシ。
> 一気読みしたくてスミマセンお伺いできませんのkikyouさん宅。
> でも。。。こっそり見に行かないとなぁ。
> 素敵なお話ありがとうw僕にお名前ついたのねwさすがねぇー様良いお名前です。
> では・・・短いですけど。読みましたの印にw

はい、ありがとうございます。
どの子も愛おしいです。

お読みいただき、ありがとうございます。
コメント嬉しかったです。(*⌒∇⌒*)♪

2011/02/05 (Sat) 19:38 | REPLY |   

お嬢  

ささっとw

少しぶりです。
お礼が・・・上がりましたの報告ですぐに来なかったojyouです(笑)
自分の3人の子だけで手一杯で(笑)
またハードル自分で上げる様なコトするから大変な目にあっております。
時間できて・・・読みに来ればwkikyouねぇー様の1周年でしたか・・・
何でここで知るんだアタシ。
一気読みしたくてスミマセンお伺いできませんのkikyouさん宅。
でも。。。こっそり見に行かないとなぁ。
素敵なお話ありがとうw僕にお名前ついたのねwさすがねぇー様良いお名前です。
では・・・短いですけど。読みましたの印にw

2011/02/05 (Sat) 15:02 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

kikyouさま

> 今回は本当にありがとうございます。
>
> もう凄い感激です。

喜んでくださって良かったです~(*⌒∇⌒*)♪

> あぁこの子は紫苑だ・・千尋だと思いながら読んできて
> 扉の向こうに居るのは誰だろう?と思ったら
> な・なんと!私でしたかっ!(笑)

はいっ!紫苑くんも千尋くんも大好きなので、イメージはすぐに脳内に結びます。
読んでくださった方が、思い起こしてくださったみたいなので、嬉しかったです。
・・・と、いうことは、きっとkikyouさんのイメージもあっているでしょうか。(*⌒∇⌒*)♪
>
> ジワジワとくるのは年のせいでしょうか?
>
> 昨日記念SSの大まかなプロット出来ました。
> 今回のお礼にここだけで告知です。
> 「秀人」「REN」が1周年企画作品のキャラ名です(●^o^●)

きゃあ。(〃^∇^)o彡☆「秀人」くんに「REN」くん。
わ~、どんなお話なんでしょう。わくわくです~!

> 今回は本当に私の為に時間を割いて下さってありがとうございました。
> これからも末永くお付き合い宜しくお願い致します!!

こちらこそいつも優しくしていただいて、ありがとうございます。
kikyouさんのファンに怒られたら、どうしようかと思っていました。
(*⌒∇⌒*)♪わ~い!おっけぇだった~!

コメントと、うれしいお知らせありがとうございました。うれしかったです(*⌒∇⌒*)♪

2011/02/04 (Fri) 22:24 | REPLY |   

kikyou  

僕の名前は「秀人」です。

今回は本当にありがとうございます。

もう凄い感激です。
あぁこの子は紫苑だ・・千尋だと思いながら読んできて
扉の向こうに居るのは誰だろう?と思ったら
な・なんと!私でしたかっ!(笑)

ジワジワとくるのは年のせいでしょうか?

昨日記念SSの大まかなプロット出来ました。
今回のお礼にここだけで告知です。
「秀人」「REN」が1周年企画作品のキャラ名です(●^o^●)

今回は本当に私の為に時間を割いて下さってありがとうございました。
これからも末永くお付き合い宜しくお願い致します!!

2011/02/04 (Fri) 21:25 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

びびさま

> 此花様~♡なんて綺麗な世界なんでしょうか。ウットリしました。
>
ありがとうございます。優しい綺麗な世界観が伝わっていれば大成功です。

> 初読で、「ふんふん、美形ばかりの箱庭ねぇ、どんな話かな?」と読み進めたら、なんと!私も大好きなKikyou様への捧げ物でした‼
>
びびちんのお名前、よく見かけます。此花も大好きな場所です。

> すぐさま、読み返したら「この子はもしや…?あ、このカフェラテを淹れたのは彼?」と、妄想が広がる広がるヾ(@⌒ー⌒@)ノ
>
あげた後で、∑( ̄□ ̄;)「あ、著作権とか・・・?」と、気が付いたあんぽんたんです。
素敵な子たちがいっぱいで、中でも此花の好きなのは千尋くんです。
以前にkikyouさまに、千尋くんご出演のssをいただきました。カテゴリー「いただきもの(宝物)」の中に、もう一つの一輪花というお話を書いてくださっています。もし、未読でしたらお読みくださいね。
此花、うれしくて舞い上がりの上、泣き伏しました。

> 新しい「ぼく」の名前もパートナーも、きっとステキなものとなるに違いない。と思わせる、ふんわりとした余韻のあるお話でした♪( ´▽`)
>
きっとね~(*⌒∇⌒*)♪いつもすごく楽しみです~。

> それにしても、此花様はいつの間にこんなのを?

実はいつかきっかけがあったらと思って、ずっと温めていました。書き始めたらあっという間でした。

> 連載二本もありーの、お絵描きもやりーの、睡眠はとってますか?
> 読む方は嬉しいですが、気を付けて頑張って下さいね。m(_ _)m

さすがにストックがないので、ちょっとやばす~・・・(´・ω・`)
睡眠時間がどんどんなくなってゆくので、困ります。一日がもっと長ければいいのにと思います。
書くのも好きなので、頑張ります!(*⌒∇⌒*)♪

コメントありがとうございます。うれしかったです(*⌒∇⌒*)♪

2011/02/04 (Fri) 20:56 | REPLY |   

此花咲耶  

けいったんさま

> それは これを読んだ読者全員の言葉ですぞッ!

(´/ω;`)・・・だって。・・・前は何にもわからなかったから、平気でど~んと送りつけてしまったけど段々すごい人だ~って思ったら言えなくなってしまいました。
でも、大好きなので気持ちだけでもお祝いしたいな~って思ったので、ここにこっそり上げてしまいました。
(*⌒∇⌒*)♪まっ、いいか~←微妙に前向き。

> 「つべこべ言わずに さっさっと行ってこいやぁーー!」・・・ポィッ(´゚д゚`)ノ ⌒ _| ̄|_○‷バタッ...
> 「コラァー 何しとんじゃぁー 走って行けーー!」・・・(メ`皿´)=◯)ε=ε=ε=┌(;´゚ェ゚)┘

けいったん(さま)におしりぺんぺん去れたので、そうっとご報告にゆきました。
えへへ・・・ありがとうございました。(*⌒∇⌒*)♪

2011/02/04 (Fri) 20:29 | REPLY |   

此花咲耶  

サフランさま

> 此花様もこの方のファンでいらっしゃるんですね。
>
はい。大好きです!観潮楼夏企画から参加させていただいた初めのころから、とても親切にしていただいてます。(*⌒∇⌒*)♪

> 私はコメントした事は無いですけど、『裏大奥』とか、とっても可愛い受けタンのイラストが印象的で、お話にも可愛い受けタンがいつも登場。
> 受けタンスキーな人々にはたまんない~(笑)。

噂によりますと、ご本人はかなり男前の方みたいです。意外ですね~

> ランキングトップ5常連のイメージなのに、まだ一周年!?
>
此花も驚きました。すごいですね!!(`・ω・´)すっげ~

> 此花様の受けタン達も可愛いでございますよ!!凛とした美しい受け様もいらっしゃいますしね←奏とか♪
> 受けタン達「あい!」

ありがとうございます。うれしいです(*⌒∇⌒*)♪
奏は自分でも好きな主人公です。
BL小説は夏から書き始めたひよこですが、がんばります。

どうしても時代物引きずってますけど、これからもよろしくお願いします。
コメントありがとうございました。うれしかったです(*⌒∇⌒*)♪

2011/02/04 (Fri) 20:21 | REPLY |   

びび  

す・て・き。な箱庭

此花様~♡なんて綺麗な世界なんでしょうか。ウットリしました。

初読で、「ふんふん、美形ばかりの箱庭ねぇ、どんな話かな?」と読み進めたら、なんと!私も大好きなKikyou様への捧げ物でした‼

すぐさま、読み返したら「この子はもしや…?あ、このカフェラテを淹れたのは彼?」と、妄想が広がる広がるヾ(@⌒ー⌒@)ノ

新しい「ぼく」の名前もパートナーも、きっとステキなものとなるに違いない。と思わせる、ふんわりとした余韻のあるお話でした♪( ´▽`)

それにしても、此花様はいつの間にこんなのを?
連載二本もありーの、お絵描きもやりーの、睡眠はとってますか?
読む方は嬉しいですが、気を付けて頑張って下さいね。m(_ _)m

2011/02/04 (Fri) 14:18 | EDIT | REPLY |   

けいったん  

「あんぽんたん!(`・ω・´)」...

それは これを読んだ読者全員の言葉ですぞッ!

「つべこべ言わずに さっさっと行ってこいやぁーー!」・・・ポィッ(´゚д゚`)ノ ⌒ _| ̄|_○‷バタッ...
「コラァー 何しとんじゃぁー 走って行けーー!」・・・(メ`皿´)=◯)ε=ε=ε=┌(;´゚ェ゚)┘

2011/02/04 (Fri) 13:33 | REPLY |   

サフラン  

Re:

此花様もこの方のファンでいらっしゃるんですね。

私はコメントした事は無いですけど、『裏大奥』とか、とっても可愛い受けタンのイラストが印象的で、お話にも可愛い受けタンがいつも登場。
受けタンスキーな人々にはたまんない~(笑)。
ランキングトップ5常連のイメージなのに、まだ一周年!?

此花様の受けタン達も可愛いでございますよ!!凛とした美しい受け様もいらっしゃいますしね←奏とか♪
受けタン達「あい!」

2011/02/04 (Fri) 13:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment