FC2ブログ

続・はつこい 如月奏の憂鬱・18【最終話】 

近に、帰国が迫っていた。

**************************

懷かしい友人たちに別れを告げ、来た時と同じように奏達は、故国に向かう大きな蒸気船に乗り込んだ。

「さようなら・・・。」
「さようなら、Katie(ケイティ)――!」

必死にハンケチを振る奏は、片羽の少女に小さな小鳥のキスを送り、目を潤ませて乗船した。
思いがけず甲板まで見送りに来た友人知人の多さに、留学生たちは目を丸くしている。
その中には、赤毛のウイリアムも居て奏は紳士的に対応した。

「君のことは生涯忘れない。美貌の奏、国に帰っても元気で。」
「ええ、あなたはとてもいい友人でしたよ、ウイリアム。あ、そうだ・・・これをお別れに差し上げます。」

奏は多くの写真の中から、自分一人が写ったものを一枚ウイリアムに渡した。

「あなたのおかげで、たくさんの宝物をいただきました。ありがとう。」
「あぁ、奏・・・!」

とうとう、赤毛の男は感激のあまり、傍目も気にせず声を上げて泣き出してしまった。
すっぽりと腕の中に奏を捕えて、抱きしめて放さない。
颯と白雪は、再びウイリアムが金的を食らい、甲板に沈むだろうと心配した。
だが、驚いたことに奏は信じられない忍耐と寛大さを持って、ウイリアムに抱擁を許した。

「放れがたいよ。君とはいろいろあったけれど・・・。」
「そうですね。楽しい日々でした。ありがとう、ウイリアム。」

乗船を促す汽笛に背を押され、ウイリアムは名残惜しそうに下船していった。
白い波頭を分けるようにして、船は故国に向けて出港した。

*************************

多くの留学生がそうであるように、帰国した彼らはすぐさま実務で政府に貢献することになる。
奏も初の国営銀行総裁と何度も話をし、安定した金融制度を作るべく、持ち帰ったたくさんの資料の翻訳さえも自分でこなした。

「奏さまは、働きすぎです。」

止める白雪の手を振り切って、自社を株式会社にしようと試み、全国に広がる鉄道網を、今以上に拡充するべく奮闘していた奏だった。

しかし、順風満帆な業績の伸びのその裏で、病魔は静かに確実に忍び寄る。

やがて仕事に忙殺される中、奏は父と同じ病を得、おびただしい吐血をした。
独逸帰りの清輝が勤務する、結核療養所に運び込まれた奏は案外平静だった。

「留学先で麻疹にかかったとき、きちんと養生しなかったのがいけなかったのだろうか。」
「う~ん・・・それもあるだろうが・・・」

清輝の見立てではおそらく奏は長年の保菌者で、病後、著しく抵抗力が落ちたせいで発病したのだろうということだった。
重い麻疹は、肺や気道を傷めるのだ。

時折、胸が苦しいことは無かったのかと聞かれ、そういえば・・・と言いかけて、控える白雪の顔が真っ青なのを認め、言葉を呑み込んだ。
白雪は、主人の健康管理もできないのは、自分のせいだとひどく責めていた。

他の伝染性のある細菌と比較しても、結核はその菌の繁殖が遅いと知られている。
突然の喀血に皆一様に驚くが、実際はゆっくりと病は進行し、何年もかけて体内で巣食った病変が広がるのだ。
奏の父も、発症してから養生に努め、数年も長らえた。

元々、貧血気味で色の白い奏は、自分のことに無頓着過ぎる余り、「死病」に気が付くのが遅れてしまったのだろうと清輝は眉根をひそめた。

「こんなになるまで、気が付かないなんて・・・」
「周囲も、怠慢だったな。」

白雪はその場に突っ伏してしまった。

「わ、わたくしの・・・せいですっ・・・お許しください、奏さま。」
「白雪・・・。」

さめざめと白雪は悲嘆にくれた。
見舞いに来た颯と清輝の会話を聞き、お前のせいじゃないと言っても、忠義な白雪はこぶしを握り締めずっと自分を責めていた。
その後、奏が止めても全ての仕事を休み、ひたすら献身的に付き従う姿があった。

思いがけず長い休暇をもらった病床の奏は、熱でだるい身体を持て余して、浅い息をつく。
白雪が世も無く悲しみに沈むのを見て、異国の娘に何も異常は無かっただろうかと問うのもはばかられた。
今の奏の心配事は、抱いて育てた娘に胸の病がうつっていないかどうか知るすべがないことだ。

医者の指摘した全身の倦怠感などは、実は留学以前から覚えがあった。

夕刻に出る微熱も、ひどい寝汗も、少しずつ酷くなる胸痛もずっと疲労のせいと思い込んでいた。
身体を二つに折り曲げてひどく咳き込む時、吐いた痰に血が混じり、やっと父と同じ肺病だと自覚したのだ。
帰国してからの数年、昼夜を問わず働いた結果がこれなのかと、鏡に映る目の下の酷い隈にため息がでる・・・

「白雪、そこの写真を・・・取ってくれないか。」

すぐ脇にある、小机の上の写真も取り上げるのに、骨が折れた。
異国の小さな少女が、仔猫と戯れる写真はつい最近英国から届いたものだ。

『親愛なる、わたしのおとうさまへ』


写真の裏に書き込まれた、覚えたばかりのたどたどしい文字は、奏を父と書いてあり密かに有頂天にさせた。
添えられた里親からの手紙は、異国から届く教育費への感謝と、血のつながらない娘の近況だった。

「あなたに頂いた、サイズの大きなドレスを引っ張り出して着ています。側にいる猫は、彼女が湖沼で鳴いていたのを拾ってきました。
kanaと、snowいう名前です。

あなたと共に写った写真は、彼女の一番の宝物です。
時間の許す限り、いつもながめています。

天使の絵本が大好きな彼女は、自分があなたの側に使わされたこどもだと、本気で信じています。
彼女はとても良い子で、あなたにいつか会えるのを楽しみにしています。」

奏は、届かぬ柔らかいキスを、何度も写真に送った。

「白・・・雪。これを彼女の誕生日に送ってくれ・・・」

奏は未来の分まで何枚も書かれた中から、一枚のカードを渡そうとして床に落としてしまった。

「すまない・・・白雪。僕がおまえに側にいてくれと言ったのに、約束を破ることになる・・・」

白雪は、こどもの頃の約束の反故を詫びる主人に、違和感を抱いた。

「何を、おっしゃってるんです。ぼくは、生涯あなたの小姓です。」
「だれが何とおっしゃっても、これからもずっと白雪は、奏さまのお側で働きます。」
「・・・お誓いしたんですから!」

白雪の頬を、ぱたぱたと涙がこぼれて止まらない。
奏はふっと、息をついた。

「僕は、子供のころから随分わがままで・・・おまえには苦労をかけたね。今になってやっと、愚かな自分を知った気がするよ。」

白雪は、ぐいと涙をぬぐった。

「奏さまは・・・その上、癇癪もちで凶暴でした。」
「・・・うん。白雪に怪我をさせて、颯にもずいぶん叱られた。」

奏は、素直に微笑んだ。
白雪はその背で何度、奏の嵐のような苛立ちを受け止めてくれたことだろう・・・

「華桜陰高校で出会った頃、清輝さまなど奏さまのことを裏ではこっそり、象牙細工の猪だと呼んでいらっしゃいましたよ。」
「象牙の猪ねぇ・・・知らないあだ名が、まだあったのか・・・」
「白雪は、お人形のように綺麗な奏さまから、初めてお側でお仕えするようにと言われたときの、うれしさを覚えておりますよ。」
「そ・・・う・・・?」
「ずいぶん前のことのような気がしますけど、最初にお会いした時は安本亀八の生き人形かと思いました。」

奏は気だるそうに、頭を倒した。

「・・う・・・ん・・・。」
「そうだ、熱が引いたら、清輝様に文句を言いに行きましょう・・・」
「奏さま?」


返事の代わりに、深い寝息が聞こえる。

「奏さま、お休みになられたんですか・・・?」

他愛もない話をしながら、奏は眠ってしまったようだ。
上下に小さく胸が動くのを見て、白雪はそっと静かに部屋を辞した・・・


奏は、幸福な夢を見ていた。


颯が、手招きをする

清輝が笑う

白雪と白菊が並び立つ

誰かの婚礼のようだ

白い繊細なドレスに身をつつんだ、花嫁は蜂蜜色の豊かな巻き毛・・・

懐かしい面差しに、思わずそっと手を伸ばし口許の「しるし」に触れた


「幸せに、おなり。誰よりも。」

「Katie (ケイティ)・・・」




まぎれもなく、幸福な人生だった。


                         


                





■過去作品ですが、BL観潮楼様・夏の企画「恋蛍」は、奏と颯の物語です。
二次小説として、二人は恋人同士の設定です。
もし宜しければ、お読みになってください。ものすごく拙いものですが、R-18…いやR-15くらいです。
ヾ(。`Д´。)ノ彡☆こら~、見栄はるな~!

********************************

本日、アップが遲くなりました。
ごめんなさい。

|ω・`) 白雪:「奏さま…お願いですからお休みになってください。」

(*⌒▽⌒*)(*⌒▽⌒*)←二人で写った写真

(´/ω;`) 奏:「・・・ひ・・くっ・・・」

|ω;`) 「奏さま、また写真をご覧になってる・・・。」


ここまでお読みいただき、本当にありがとうございました。
明治時代は、取っつきにくい素材だったと思います。
それでも感想を頂けて、本当にうれしかったです。
お読みいただいている方を感じることができて、日々幸せな気持ちになりました。
もう一つ、奏のお話がありますので載せたいと思います。


拍手もポチもありがとうございます。
ランキングに参加していますので、よろしくお願いします。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

関連記事

12 Comments

此花咲耶  

ねねさま

> このはなちん、こんばんわv
> 「続・はつこい 如月奏の憂鬱」連載完結お疲れさまでした。

ねねちんっ!ありがとうございました。
長く続いたお話も一応の完結です。
>
> 気位の高いおぼっちゃまだった奏。
> 彼の人生を変える沢山の出会いを通じて、大きく成長していく姿は圧巻でした。
>
ありがとうございます。一緒に作者も成長できればいうことなかったのに、此花はあんぽんたんのままです。
(*⌒∇⌒*)♪いまさら~!

> それだけに志半ばで倒れてしまった奏の生き方がとても悲しく感じられます。
> だけど…。
> 何事にも全力を尽くして、誠実に向かい合ってきた奏にとっては悔いのない人生だったんでしょうね。
>
一生懸命生きたのは確かです。諦めないで立ち向かった人生でした。

> 奏が慈しんでいたケイティの花嫁姿…。
> 私も見てみたい…。

ねねちん、描いて~~どさくさにお願いしてみる。
長いこと書いてなかったからリハビリが必要です。(´・ω・`)

> 本当に心の琴線に触れる素敵なお話でした。

そんな風に言ってくださって、此花舞い上がりです。
今頃大気圏突き抜けて、ヤマトに拾ってもらいます。
誰かの心に触れるお話を書きたいと思っています。そういってくださるのが何よりの励みになります。

> もう一つの奏のお話、楽しみにしています。

これから頑張ります。
ねねちんの素敵な絵も仕上がり楽しみにお待ちしています。(*⌒∇⌒*)♪わくわくっ!

こめんとありがとうございました。うれしかったです。(*⌒∇⌒*)♪

2011/01/30 (Sun) 03:33 | REPLY |   

此花咲耶  

千菊丸さま

千菊丸さま

> 奏、お父様の元へ・・。
> 何だか悲しいですが、最期は幸せだったって思いながら逝ったのなら、良かったかもしれません。

そんな風に思っていただけたら嬉しいです。
それにしても眠っている風に逃げたつもりだったのに、皆様しっかりと書き手以上に深く読んでくださって驚いてしまいます。

> それに、夢の中だけれどもケイティの花嫁姿が見れましたし・・。
> 最終回、お疲れさまでした。

ありがとうございました。(*⌒∇⌒*)♪
これから幸せな二次を書こうと思います。
パラレルワールドですね。たのしくなってきました。BLになるよう頑張ります。!(`・ω・´)

コメントありがとうございました。うれしかったです。(*⌒∇⌒*)♪

2011/01/30 (Sun) 03:24 | REPLY |   

ねね  

幸せであるように…

このはなちん、こんばんわv
「続・はつこい 如月奏の憂鬱」連載完結お疲れさまでした。

気位の高いおぼっちゃまだった奏。
彼の人生を変える沢山の出会いを通じて、大きく成長していく姿は圧巻でした。

それだけに志半ばで倒れてしまった奏の生き方がとても悲しく感じられます。
だけど…。
何事にも全力を尽くして、誠実に向かい合ってきた奏にとっては悔いのない人生だったんでしょうね。

奏が慈しんでいたケイティの花嫁姿…。
私も見てみたい…。
本当に心の琴線に触れる素敵なお話でした。

もう一つの奏のお話、楽しみにしています。

2011/01/29 (Sat) 22:54 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

鍵付きコメントさま

いきなりですけど、あまりに深く読み解いてくださっているので引用させてくださいね。

> 奏は選んで生まれてきた自分の人生を、その生の可能な限り豊かに生ききった…
>
そうです。決してあきらめることなく精一杯生きたと思って欲しかったのです。
いつ死んでもいいと思いながら生きてきた奏が、報われないながらも人を愛することを知り、許すことを知りました。
悲しんでくださってありがとうございます。
奏の普通の暮らし、これから少し設定を変えて書こうと思います。
愛してくださった方にお礼の代わりです> (ノд-。)いらんわ~ボケ~・・・は禁止です。
満ち足りた人生をもう一度、考えてみます。

天使のお話はルドルフシュタイナーの思想に基づいて運営される、シュタイナー教育系の幼稚園で、誕生日の子に贈られるお話が元・・・。
本当に素敵でした。脚色部分がきっとより素敵になっているのだろうと思います。

ロアルドダール・・・此花は007のそっちしか知らなくて、知識の偏りは自分でも爆笑するときがあります。
ジョニーデップが好きなので、あの映画はもちろん拝見しました。

大魔導師エルさまに宜しく言っておきます。
Л←ロシア字(大)…л←ロシア字(小)・・・・
(*⌒∇⌒*)♪HNがよく似た方によろしくおっしゃってください。
大魔導師オメガさまも宜しく言ってました。
ω←ギリシャ字オメガ「小」…もう笑うしか・・・

コメントありがとうございました。うれしかったです~(*⌒∇⌒*)♪

2011/01/29 (Sat) 20:30 | REPLY |   

千菊丸  

おおう~!

奏、お父様の元へ・・。
何だか悲しいですが、最期は幸せだったって思いながら逝ったのなら、良かったかもしれません。
それに、夢の中だけれどもケイティの花嫁姿が見れましたし・・。
最終回、お疲れさまでした。

2011/01/29 (Sat) 17:01 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/01/29 (Sat) 14:14 | REPLY |   

此花咲耶  

びびさま

> 番外でもなんでも、恋蛍みたいに奏を殺さないで幸せにしてやって下さい。とお願いしたのは昨日のこと…。
> まさか本編でも奏が死んでしまっていたなんて( i _ i )

(´・ω・`)びびちん、ごっごめんよ~
でも、ちゃんと幸せなお話書きます。
>
> でも奏を大切に思う人と沢山出逢えて、、、確かに幸福な人生だったのかな。
> 魔導師界風に言うと、第一の死?
> 今後は、みんなの心に、記憶に、色褪せることの無い美貌の奏が生き続けるでしょう。
>
わ~、なんて綺麗な表現でしょう。ありがとうございます。

> 此花様、最終回おつかれさまでした。

長らくお読みいただきありがとうございました。
感想いただけて、とてもうれしかったです。
自分の作品の登場人物そのままに、設定だけ少し変えて書きます。
奏に新しい恋人を作ろうと思います。(´・ω・`) エチまでいけるかなぁ・・・

感想ありがとうございました。うれしかったです(*⌒▽⌒*)♪

2011/01/29 (Sat) 13:45 | REPLY |   

此花咲耶  

小春さま

> 此花ちん
>
> 小春泣いています。

小春ちん・・・(´・ω・`) 泣かせちゃってごめんね。
でも、きっと納得の終わり方でしたね?

感想ありがとうございました。うれしかったです(*⌒▽⌒*)♪

2011/01/29 (Sat) 13:38 | REPLY |   

此花咲耶  

Rinkさま

Rinkさま

> ある意味、幸せだったのかな。
> 白雪がいつもそばにいてくれたし、
> 颯は結婚はしていても、奏の事をけして忘れたわけではなかったし。
> 血は繋がらなくてもケイティという愛娘には恵まれたしね。
> きっといい夢を見ていることと思います。

はい。指折り数えると幸せなことがいっぱいありました。
悲しい過去のある人のほうが、小さな幸せも深く感じられるそうなので、奏はきっと幸福に満ち足りていたと思います。

> 続初恋の最終回おめでとうございます。

ありがとうございます。
気が付くと終わっていて感じです。

> 好きな人と結ばれるばかりが人生じゃないよね・・・
> 想いを心に秘めて生きるのもまた人生さ!

実はそういうほうが好きです。
この言葉をハセくんに贈って上げたいです。

> 奏!頑張ったねと、きっとお父さん(実のではないほう・・・)は、褒めてくれるはず。

゚・。(。/□\。)。自分の話なのに、読み返してじんわりしました。
人は一人では生きてゆけない。
分かり合えるんだよ・・・と、後付で思います。
どこがBLやねーん・・・の、お叱りもなくここまで来ました。
又、男塾で勉強します。

こちらの世界(BL)に足を踏み入れて以来、パソ前で、時々奇声を発したり赤くなったりため息ついてたり・・・危ない感じです。
感想ありがとうございました。うれしかったです(*⌒▽⌒*)♪

2011/01/29 (Sat) 13:37 | REPLY |   

びび  

終わった…( i _ i )

番外でもなんでも、恋蛍みたいに奏を殺さないで幸せにしてやって下さい。とお願いしたのは昨日のこと…。
まさか本編でも奏が死んでしまっていたなんて( i _ i )

でも奏を大切に思う人と沢山出逢えて、、、確かに幸福な人生だったのかな。
魔導師界風に言うと、第一の死?
今後は、みんなの心に、記憶に、色褪せることの無い美貌の奏が生き続けるでしょう。

此花様、最終回おつかれさまでした。

2011/01/29 (Sat) 11:46 | EDIT | REPLY |   

小春  

うん、うん

此花ちん

小春泣いています。

2011/01/29 (Sat) 10:39 | EDIT | REPLY |   

Rink  

奏、幸せだった・・・

ある意味、幸せだったのかな。
白雪がいつもそばにいてくれたし、
颯は結婚はしていても、奏の事をけして忘れたわけではなかったし。
血は繋がらなくてもケイティという愛娘には恵まれたしね。
きっといい夢を見ていることと思います。
続初恋の最終回おめでとうございます。
好きな人と結ばれるばかりが人生じゃないよね・・・
想いを心に秘めて生きるのもまた人生さ!
奏!頑張ったねと、きっとお父さん(実のではないほう・・・)は、褒めてくれるはず。

2011/01/29 (Sat) 09:14 | REPLY |   

Leave a comment