FC2ブログ

続・はつこい 如月奏の憂鬱・17 

奏は寂しげにそう言うと、じっと写真に目を落とした。

*********************************

何も欲しいもののない奏は、仕事を生きがいにした後は、定命で朽ちるのだと常々言っていた。

だが、自分自身に執着しない姿勢は、少しずつ変わってきたようだ。

「Katie(ケイティ)さえ嫌じゃなければ、国許に帰ってもずっと支えてやりたいと思います。」
「あの凍える湿地に置き去りにされても、懸命に生きようとしたあの子に必要とされて僕は、生まれて初めてやっと役目を貰った気がしました。」

これまで生きてきて、生きる目的がなかったと語る奏に、白雪はしゅんと洟をすすった。
「別に、神仏に帰依したわけじゃ有りませんけど、以前のように今すぐ死んでも良いと思いません・・・」

砂地のような奏の乾いた心に、異国の赤ん坊が水を撒き、何かが変わった。

「僕でもなく、白雪でもなく、君を変えたのはあの子だったのか?」

残酷な思い人が問うた。
瞠った目が、一瞬で潤んだ。

「あなたは・・・未来永劫、僕が必要だなんて、おっしゃいません。」
縛めのような神に叛く支配から自由になった今も、誰かに必要とされたいと奏の心は飢えで軋んでいた。
その飢えを、どうやって凌げばいいのかさえ奏にはわからなかったのだ。
この地で、初めて答えを得た。

「まだ言葉も話せないあの子は、全身で僕を求めたんです。」

ぽろ…と、頬を滑る真珠の滴に、思わず颯は奏を引き寄せた。

「すまない・・・奏・・・。」

「そうやって、都合のいいときだけ父の声で名前を呼ぶのは卑怯です。」

長い時間をかけて、見つけた一つの答え。
奏は颯の胸にとんと手をつき、そっと離れ艶やかに微笑んだ。

「あなたは、何度生まれ変わっても、大切な友人です。」

奏は一冊の本を取り出した。

「・・・Dear kanade、親愛なる君に?」

「ご覧になってください。子供向けの絵本ですが、そこにすべてが有ります。」
「先日、教授夫人が僕に下さいました。」

颯は座りなおして、絵本をめくった。
 
****************************


~神さまとの約束~


「行きたいおうちは、きまりましたか?」

下界をながめるこどもに、天使が言いました

「あそこに、お金持ちの夫婦がいる」
「あの夫婦の子供に、生まれるかい?」
「きれいなおうちで、何不自由なく暮らせるよ」

「いいえ」

「では、貧しい夫婦の家に生まれるかい?」
「貧しくても、たくさんの愛をもらえるよ」
「小さな家で、楽しく笑って暮らせるよ」

「いいえ」

「では、君はどこに生まれたいの?」

こどもの指差す彼方には、空を仰ぐ悲しげな老人が一人たたずんでいました。

「あの人は、どうしてあんなに悲しそうなのでしょう」

「身よりも何もなく、たった一人で寂しいからだよ」
「大切な子どもを失って、なげいているのだ」

「あの悲しそうな老人の、お側に生まれたいです」

「老人はなにも持っていないし、すぐに死んでしまうよ」
「長い間、地上に残されて、きみは寂しく一人で過ごさなくてはならないよ」

**

顔を上げて、颯が問う。

「これは、君か?」
「まさか。僕ならちゃんとした家を選びます。・・・続きをどうぞ。」

**


「あの悲しそうな老人が、笑ってくれたらどんなにかうれしいでしょう」

天使はにっこりとわらいかけました

「望みは、かなえられた」

たった一人で、寂しく過ごしていた老人のお側に、可愛いこどもの姿がありました
老人はこどもと仲良くしていましたが、すぐに天に召されてしまい、こどもはひとりぼっちになりました

天使はしばらくして、ひとりになってしまった寂しいこどもの所へ、行くことにしました
光につつまれた天使は、もう一度生まれかわって、お金持ちの家にいきなさいとつげました

「生まれた人が、満ち足りて暮らせるのが神さまの願いですよ」

「ぼくは、さびしいおじいさんと暮らせて、しあわせでした」

こどもは、このまま地上に残るとつげました

「悲しそうな人が笑ってくれて、わたしはどんなにかうれしかったことでしょう」
「わたしを次の悲しい人の下へ、おつかわしください」

天使はにっこりとわらいかけました

「望みは、かなえられた」

天使は、大きなつばさを広げてお空に帰る前、おっしゃいました

「これから、多くの人に会うだろう」
「みんな、おまえのことを大好きになるよ」
「それは、地上におりてくる前にきめられたこと」
「ほら。神さまと約束した、証拠がここにある」

天使はこどもの鼻の下に、そっと手を触れました

「だれにも、ひみつだよ」

鼻の下の、小さなくぼみ

「これは、人間が神さまと交わした約束のしるし、神さまの指のあと」
「ずっと、おまえのお側にいるしるし」

「だれよりも、しあわせにおなり」
「kanade」



・・・ぱたり。

・・・と本を閉じた颯に向かって、奏が感想を求めた。

「この絵本の空白には、贈る人が名前を入れるんだそうです。だから婦人が、僕の名前を入れてくださいました。」

「本当に困ったときは、誰かが助けてくれるというのは、僕は経験済みですからね、この絵本を読んで泣けてしまいましたよ。」

濡れた黒い瞳を向けた友人を見つめ、颯はこの地へ強引に誘ったのは間違いではなかったと思った。

「神仏の救いを求めようとは思いませんけど、今は全ての出会いに、天の配剤もあるんじゃないかと思います。悲しいこともありましたけど、同じくらい嬉しいこともありました。」
「そうか。君がそう思うのなら、ぼくもそう思うよ。人生に、無駄なことなどないのだろうね。」

確かに一年間の留学は、官費留学生全てに大きな変革をもたらしていた。

「英国での日々は、君にとって有意義だったということか。明るくなった。」
「ええ。全ての出会いに感謝します。」

お誘いくださって、ありがとうございましたと、奏は頭を下げた。
勉学三昧で一年間送るはずが、思わぬ救いを手に入れて奏の憂鬱な日常は、終わりを告げた。

間近に、帰国が迫っていた。



********************************

前作「約束」をお読みになってくださった方へ。
一気にお読みいただき、本当にありがとうございました。
お読みいただきめっちゃうれしかったです~!(*⌒∇⌒*)♪


|ω・`) 白雪:「奏さま…また、ケイティの写真を見つめてる。」

(*⌒▽⌒*)(*⌒▽⌒*)←二人で写った写真

(´/ω;`) 奏:「・・・ひ・・くっ・・・」

|ω;`) 「奏さま・・・。」

イニシャルの入った絵本は、きっと奏の宝物です。

拍手もポチもありがとうございます。
ランキングに参加していますので、よろしくお願いします。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

関連記事

8 Comments

此花咲耶  

鍵付きコメントさま

奏は長い時間をかけて、やっと「愛」がなんなのかわかったみたいです。
求めれば、必ず返ってくるものと思っていたみたいです。
本当の愛は見返りを求めないもの。
ややこしい育ち方をしたので、答えを見つけるまでこんなに長いことかかりました。

とても素敵なもう一つのお話を教えてくださって、ありがとうございました。
できるなら、ここで来てくださる皆様に教えて差し上げたかったです。
雲の上から、みんな自分の行く家を見つけます。

> 「望まれる」だけでなく「望んでゆく」というのがとても素敵だと思いました。

本当にそう思います。

> これからの奏、どんなふうに変わっていくのでしょう。

σ(`・ω・´)奏:「はい。肺病で倒れている場合じゃないです。」


コメント、素敵な天使のお話ありがとうございました。
なんか、優しい内容のss読ませていただいた気分です。(*⌒∇⌒*)♪

2011/01/29 (Sat) 02:13 | REPLY |   

此花咲耶  

鍵付きコメントBさま

絵本のお話、気に入ってくださってありがとうございます。
好きだと言って頂けて、すごくうれしかったです。
色々なお話を雜ぜて出てきたような気がします。

子供は親を選んで生まれて來るという話ですが、きっと本当だろうと思えます。
此花も、昔色々ありまして自分の親を絶対赦せないと思っていた時期がありました。
でも、ある方に言われて、目から鱗がポロリと落ちました。

「今のあなたが、どうしても親を許せないのならそれは仕方がない。
だったら、どうしても許せなくて苦しんでいるあなたを許してあげようね。」

すごく軽くなりました。許すっていうのは他の誰でもない、自分を幸せにしてあげることだよといわれて、頑なだった自分の気持ちがふっと解れました。

********************

夏の企画の場所、貼っておきました。
もう一度、甘くて切ないお話書きます。
奏を好きになってくださって、ありがとうございました。
二次で幸せにしてあげようと思います。…やっぱり、相手は颯かなあ・・・。

コメントありがとうございました。うれしかったです(*⌒∇⌒*)♪

2011/01/29 (Sat) 01:57 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/01/28 (Fri) 15:32 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/01/28 (Fri) 11:38 | REPLY |   

此花咲耶  

塾長さま

> 私も常々人との出会いは必然なんだと思っています。
> 良しにつけ、あしきにつけ。その人に必要であり、自分にも必要だか出会ったんだなと。

成長するための出会いは確かにあります。気づきをいただくことが多いです。

> 此花さんとの出会いもそうなんだと思います~
> (^_-)

もちろんそう思います。お導きよろしくお願いします。
ペーペーに、優しくしてくださってありがとうございます。関わってくださる方が、皆様とてもいい方たちばかりなので、此花とてもうれしいです。

> え?違う?

違わないです~(*⌒▽⌒*)♪

> ケイティは天使がくれた贈り物なのか、それとも奏がそうなのか?
> とにかく、寂しい人がすこしでも心の底から笑ってくれたらいいですよね!

人はみんな、誰かへの贈り物です。
そう思うと、少しは優しくなれるはずなんですけど、男塾に入塾していささか≪いじめっ子≫になったみたいです。おかしいです・・・(´・ω・`)

コメントありがとうございました。うれしかったです。(*⌒∇⌒*)♪

2011/01/28 (Fri) 00:47 | REPLY |   

Rink  

Re:

私も常々人との出会いは必然なんだと思っています。
良しにつけ、あしきにつけ。その人に必要であり、自分にも必要だか出会ったんだなと。
此花さんとの出会いもそうなんだと思います~
(^_-)
え?違う?
ケイティは天使がくれた贈り物なのか、それとも奏がそうなのか?
とにかく、寂しい人がすこしでも心の底から笑ってくれたらいいですよね!

2011/01/27 (Thu) 23:19 | REPLY |   

此花咲耶  

小春さま

小春さま

> kanade君は本当に神さまと約束していたんだと思います。
> そして自分の使命を果たしながら日々を大切に生きているのでしょうね。
>
絵本を下さった方は、奏の過去のことなど知りません。
人は誰も生まれる前に、神様と約束をしてこの世にやってきます。
鼻の下のくぼみは、その約束の印です。どこかで聞いて覚えていた話を使いました。もう、どなたに聞いたかも忘れてしまいました。

> こころに響くお話です。
> ほんわり、じんわり。

ありがとうございます。ほっこりしてください。
コメントありがとうございました。うれしかったです。(*⌒∇⌒*)♪

2011/01/27 (Thu) 22:18 | REPLY |   

小春  

「神さまとの約束」

kanade君は本当に神さまと約束していたんだと思います。
そして自分の使命を果たしながら日々を大切に生きているのでしょうね。

こころに響くお話です。

ほんわり、じんわり。

2011/01/27 (Thu) 21:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment