FC2ブログ

深い森の奥の魔導師・12 

「わたしの・・・エンシェントドラゴン・レッドカーディナル。」

本当の名前を呼ばれて、赤い鱗が喜悦にぶるぶると鳴った。

*********************************

大魔導師オメガが、杯を持って床に臥す大魔導師エルの元を訪ねて来た。

「エル。体調はどうだ?わたしのユニコーンもすごく心配している。」
「・・・・すまないね。早く魔導師を育てなければならないのに。」

オメガの持参した装飾の入った金のゴブレットには、香りの高い薬酒が入っている。

「トモ、中身が気になるかい?」
「はい。これは神酒(ネクタル)ですか?とても良い香りがします。」
「まさか、これはユニコーンの角を削って酒に溶かしたものだよ。わたしのユニコーンが、エルのために大切な角の欠片をくれたんだ。」

ユニコーンの角には毒を浄化する効果があるのは、魔導師の世界でも広く知られている。
過去に人間界まで広がった噂は、中世ヨーロッパの時代、サイや海のイッカクの骨をユニコーンの角として万能薬として流行らせた。
人々は、流行り病の度に高い金を出して、こぞってユニコーンの角の神秘の力を手に入れようとした。
実際にはただの、骨の粉末でしかなかったのに。

「大魔導師オメガ。一つだけ聞きたいことがあるのです。」
「なんだ?」
「ユニコーンはとても気難しい神獣で、美しい乙女のささやきにしか耳を傾けないと聞きました。大魔導師オメガは、どのようにしてユニコーンを使い魔にされたのですか?」

それを聞くなり、大魔導師オメガは突然熟れた木の実のようになって、そっぽを向いてしまった。
くす…と、寝台の大魔導師エルがトモを呼び、指先を額に当てた。

「これは・・・?」

大魔導師エルが見せたのは、どうやら過去の映像のようだった。
清らかな湖水に、ユニコーンの群れが水を求めて集まっていた。
群れの中でひときわ輝くたてがみを持つ白い神獣に、手を差し伸べる儚く美しい少女がいる・・・
花冠を頭上に置き、細く高い声で一角獣を呼んだ。
今のトモよりも幼い魔導師の卵、オメガの面影を宿している・・・?

「それが、オメガだ。」
「ええ~~~~!?」

清らかな乙女にしか懐かないという純潔を愛する一角獣(ユニコーン)
優美な姿の大魔導師に、この上なく似合いの使い魔だった。

******************************

オメガとエルは、二人で一対の大魔導師と呼ばれている。
多くの魔導師達の中の双璧として、魔界と通じる二つの穴に結界を張り、魔物の侵入を防いできた。
エルの寿命が近くなった今、魔物を抑え込む力のある魔導師の育成が急がれた。
まるで選ばれたように、トモが使い魔ジェードを手に入れ、古代竜カーディナルはつきっきりで二人を教育していた。
まるで海綿が水分を吸い込むように、トモは多くの赤い魔法を手に入れた。

指先にともった小さな冷たい炎に向かって、ジェードとトモは心を一つにし念を込める。
地面を走る青白い稲妻は弱くなったエルの結界を二重に回り、補強した。

≪Lux lucis sursum via!「道を照らせ」≫

ジェードも眠りにつくまで、ずっとカーディナルに教えを請うていた。
竜にしか通じない言葉で会話するのは、トモには少しやるせなかったが今はたくさんの成すべきことがあった。

厳しい修行の中で、ふとトモはキュラのことを考える。
淫魔に囚われて、それでも最後まで自分を守ろうとしたキュラ。
何重にも結界を補強しながら、この向こうにキュラがいると思うと泣きそうになる。

「いつか、淫魔を討ち果たすような大魔導師となって、君を助けるからね。」
「待っててね、キュラ・・・」

半分眠りに堕ちながら、キュラを思う魔導師の卵を、青い竜がそっと抱き寄せた。

*******************************

(〃▽〃)トモ:「大魔導師オメガって、卵のときすごくかわいかったですね。」

(つ∀`*)っ))⌒☆オメガ:「卵の時?もう~~~!」

___φ(。_。*)メモメモ トモ:「いつでも、大魔導師は前向き・・・と。」

純潔の美しい乙女と見間違うほどの可愛らしさって、どうなんでしょうねぇ・・・

拍手もポチもありがとうございます。
ランキングに参加していますので、よろしくお願いします。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ






関連記事

4 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

けいったんさま

> 今 届いてないのに 気づいた!
> 最近私のPCは セキュリティが 頻繁で コメ送信中の時なんか 時々 こんな事があるんですよねー(T▽T)
>
あ、あんぽんたんだ~(*⌒∇⌒*)♪

> トモもジェードも 頑張ってる!
> 着々と 力をつけて この世界を 魔物から救ってね♪
> そして インキュバス様に 乗っ取られたキュラも!
>
何とか助けてあげなくては・・・

> 感想コメの あの文章を気に入ってくれたの? では パクって 何所かで 使って下さいd((o゚c_,゚o))オッケェ牧場♪byebye☆

そういう感じで、最期の呪文を唱えました。≪Acsi vita runs sicco , diligo persevere forever≫
命はつきても永遠に愛は続く・・・
ちょっと、悲しくなりました。

コメントありがとうございました。うれしかったです。(*⌒∇⌒*)♪



2011/01/27 (Thu) 01:47 | REPLY |   

けいったん  

コメがぁ~(ii▽ii)

今 届いてないのに 気づいた!
最近私のPCは セキュリティが 頻繁で コメ送信中の時なんか 時々 こんな事があるんですよねー(T▽T)

トモもジェードも 頑張ってる!
着々と 力をつけて この世界を 魔物から救ってね♪
そして インキュバス様に 乗っ取られたキュラも!

感想コメの あの文章を気に入ってくれたの? では パクって 何所かで 使って下さいd((o゚c_,゚o))オッケェ牧場♪byebye☆

2011/01/26 (Wed) 22:57 | REPLY |   

此花咲耶  

ねむりこひめさま

ねむりこひめさま

> にゃんと!オメガ様は乙女系ですか!


どうやら、若いころはものすご~~~くかわいい子だったみたいです。(*⌒∇⌒*)♪←描いてないので強気っ!

> それにしてもユニコーンの角を溶かしたお薬を飲んで、少しでもエル様が元気になってくださるのを、お祈りしています。
> ジェードも頑張っれ~~~~っ!
>
ほんの少しでも、寿命が持つようにみんな必死です。でも、もう寿命の300歳のおじいさんです。
Σ!(`・ω・´)時々、忘れそうに・・・

> それにしてもこのテンプレ、綺麗ですね^^←テンプレスキー
良かったです~(*⌒∇⌒*)♪
これから、戦いの場面とか書くので背景を暗くしようと思いました。

コメントありがとうございました。うれしかったです(*⌒∇⌒*)♪

2011/01/26 (Wed) 10:16 | REPLY |   

ねむりこひめ  

NoTitle

にゃんと!オメガ様は乙女系ですか!
それにしてもユニコーンの角を溶かしたお薬を飲んで、少しでもエル様が元気になってくださるのを、お祈りしています。
ジェードも頑張っれ~~~~っ!

それにしてもこのテンプレ、綺麗ですね^^←テンプレスキー

2011/01/26 (Wed) 10:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment