FC2ブログ

深い森の奥の魔導師・8 

「まだ、足りぬ。」

キュラの顔をした淫魔インキュバスが、扉の向こうのトモの気配に気が付いた。

*************************

トモが足を止めて、ふと高窓を見上げれば、魔導師の世界の空に二つの月が浮かぶ。
大魔導師オメガとエルの名を持つ、双月の一つは少しずつ欠けて今や、弓張り月ほどの大きさになっている。

この夜空から月が消える時、大魔導師エルの命も消える。

誰もが胸を痛めたがそれは誰にも抗えない、魔導師の世界の自然の理だった。
不世出の大魔導師の迫りくる「死」を思って、世界を重苦しい悲しみがじわじわと浸食し、覆っていた。

欠けてゆく月を眺めて、少し悲しい気持ちになったトモは、扉を叩きキュラを訪ねた。
自分の身に起きた、たくさんの話を聞いてほしかった。
大好きなキュラに、肩に止まる翡翠色のジェードに早く会わせたかった。

「キュラ・・・?いるの?」

待ち構える淫魔の懐に、何も知らないトモは入ってゆく。
一瞬、トモが息を呑んだ。

ぎっと、軋んだ扉の向こう、差し込む淡い月光を浴びて、キュラが惜しげもなく裸体をさらしているのが見えた。
元々インキュバスは、醜い姿をしているが誰かの視線に晒されるときは、この上もなく美しい姿に映り相手を誘惑する魔物なのだ。
薄い天蓋布を驚いたように巻きつけたキュラの寝台に、誰かが居るのにトモは気づいた。
胸に足を乗せられ、トトの使い魔の蝙蝠(こうもり)が小さく悲鳴を上げた。

「何?何をしているの。キュラ…明かりを点けてもいい?」

指先に力を込めて、呪文を唱えれば冷たい光が掌に灯る。

「トトッ!?」

寝台からずり落ちて、上半身を投げ出したようにしたトトが、とろけた視線を向けた。

「どうしたの!トト、大丈夫?・・・キュラ?キュラが・・・何かしたの・・・?」
「俺が?トトに何をするんだ?気持ちよくしてやっただけだ。なぁ、トト・・・?」

両腕で体を覆って、トトはこくと肯いた。

「さあ。用が済んだなら行ってしまえよ。俺の大切なトモがわざわざ訪ねてきたんだからな。」

トトが、名残惜しそうに上気した顔を向けると、キュラの虹彩が受け止めた月光を弾いた。

「早く、行けったら!」

キュラは何故かひどくうれしそうに、トモに近づくとささやいた。

「俺と、体つなぐ気になったんだな、トモ。満足させてやるから、早くこっち来いよ。」
「ま…待って!違うよ、キュラ。お、俺ね、使い魔にすごく良い名前を付けたんだ。だから、キュラに教えたくて来たの。」
「使い魔の名前だと?こいつのか?」

トモの肩に乗る、小さな火蜥蜴を指先でつまみあげると、キュラは窓下にそのままぽいと放り投げた。

「キュエ・・・ッ!」
「あーーーーっ!ジェードッ!」

必死に手を伸ばしたが、階下にジェードは木の葉のように、回りながら落ちてゆく。

「ばか、ばかっ!何をするんだ。ジェードはまだ子供なんだぞ。ひどい、キュラ!」
「大丈夫だって。真下は世界樹の苗床だ。・・・それにさ、使い魔も見聞を広める・・・っての?構内の探検くらいさせてやれよ。・・・な?大丈夫だって。」

キュラはこの上もない、優しい笑みを向けた。

「俺はいつだって、トモの味方だったろ?」
「う・・・ん。ジェード大丈夫・・・かな?」
「ばっかだな。火蜥蜴は利口だし、小さくても羽根があるだろ?」

心配性だなぁ・・・と、明るく笑ったキュラは、使い魔エリンに迎えに行って来いと告げた。

「あの、ごめんね、エリン。まだ、ジェードは子供で心配だから、迎えに行ってあげて。」

トモに比べたら、実はジェードの方が年は上だったのだが、なぜかトモはうんと子供だと思っていた。
ぽんと、寝台に腰掛けると、、キュラは長い髪をかき上げた。
髪を撫で上げただけで、あたりに甘い芳香が広がってゆく。

「君、髪の毛、前は赤褐色だったのに、いつから金色に・・・?目・・・も、変わってる・・・?」
「俺のこと、いつも見てた?トモ。」
「うん・・・。キュラだけが俺に優しくしてくれたもの。」
「俺が好き?」
「キュラのこと・・・あの・・・俺・・・」

キュラの長い腕が巻き付き、そっとトモの亜麻色の髪を梳いた。

「キュ・・・ラ?あのね、ジェードっていうのはね・・・宝石の名前、翡翠・・・んんーーーっ・・・」

・・・淫魔、インキュバスには、『押し倒すもの』という意味があるそうだ。

*****************************

淫魔は、相手の求める理想の姿で現れるのだそうです。
美しい理想の姿で、甘くささやかれたら・・・?
(*⌒∇⌒*)♪「どんと来いっ!」


拍手もポチもありがとうございます。
ランキングに参加していますので、よろしくお願いします。
バナー絵は、だまし絵のエッシャーのものです。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ




関連記事

10 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

けいったんさま

> こりゃぁ トトのように トモも しちゃいましょう(人д〃)ネッ★

(*≧∇≦)きゃあっ!連日のR付だと、此花鼻血吹きそうです。
・・・そんなテクがあるくらいなら、苦労はしない・・・゚・。(。/□\。)。

> あらゆる面で 【一皮剥けた】トモちんが 明日には お目見えでしょうか(〃▽〃)ポッ
>
一皮剥けた此花が、お届けします。(〃∇〃)

> インキュバス様、もし なんだったら 今晩は 私の お部屋に来て貰っても いいです。。。モジモジ(〃'д'σ【枕】ポッ...byebye☆

(`・ω・´) 「新しいぱんつはいて、待ってろよ、けいったん。うりうり~・・・」←俺様、インキュバスのはずなんですが、此花のレベルだと

(*⌒▽⌒*)♪「わ~い、けいったんのおうちに、お泊りだ~!」・・・かも。

コメントありがとうございました。嬉しかったです。

2011/01/22 (Sat) 18:49 | REPLY |   

けいったん  

期待に((o(´∀`)o))ワクワク~♪

こりゃぁ トトのように トモも しちゃいましょう(人д〃)ネッ★
あらゆる面で 【一皮剥けた】トモちんが 明日には お目見えでしょうか(〃▽〃)ポッ

インキュバス様、もし なんだったら 今晩は 私の お部屋に来て貰っても いいです。。。モジモジ(〃'д'σ【枕】ポッ...byebye☆

2011/01/22 (Sat) 18:34 | REPLY |   

此花咲耶  

小春さま

> いんまひとつください!
>
どうぞ~!(*⌒∇⌒*)♪
インキュバスのキュラがいいですか?それとも魅入られてしまった、トトがいいですか?

> 困っている人を手当たりしだい助けたら良いですか?

おお~!小春ちん、その手助けはいろいろな意味で物議だぞっ!
…困っている人って…誰っ?
|ω・`)←ちょっと、魅入られたらテクが身につくかも・・・と、思ってる。

コメントありがとうございました。。うれしかったです。(*⌒∇⌒*)♪

2011/01/22 (Sat) 14:55 | REPLY |   

此花咲耶  

びびさま

びびさま

> トモ~、ちょちょちょーいΣ(゚д゚lll)
> キュラやトト君のいつもと違う様子に気づかないのかー?

Σ!はっ(◎ω◎)・・・

> キュラくんなんか、髪も目も違うじゃないかーーー!
> トモくんは赤ずきんちゃんなのか?
>
どうして、キュラの髪の色は金色になったの?
どうして瞳の色も金色になったの?
それは、お前をおいしくいただくためだよっ!

(ノ▼o▼)ノ ~~~(/´θ`)/きゃあ~

> このままヤられちゃうの~?

(´・ω・`)やられちゃったら、お話が終わってしまいます。

> 危な~い♪( ´▽`) ワクワク(*^_^*)←ゴメン、トモ。

わくわくしてもらえるようにがんばります!(*⌒∇⌒*)♪コメントありがとうございました。

2011/01/22 (Sat) 14:48 | REPLY |   

小春  

ひとつくださいな~

いんまひとつください!

困っている人を手当たりしだい助けたら良いですか?

2011/01/22 (Sat) 13:38 | EDIT | REPLY |   

びび  

キャー!うふふ(*^_^*)

トモ~、ちょちょちょーいΣ(゚д゚lll)
キュラやトト君のいつもと違う様子に気づかないのかー?
キュラくんなんか、髪も目も違うじゃないかーーー!
トモくんは赤ずきんちゃんなのか?

このままヤられちゃうの~?

危な~い♪( ´▽`) ワクワク(*^_^*)←ゴメン、トモ。

2011/01/22 (Sat) 12:15 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

サフランさま

サフランさま

> 金髪碧眼でも、プラチナブロンドでグリーンアイでも、オッケーです(笑)。

さすがに、琥珀の君のままんは美形好きですねっ!此花も美しい人に弱いです。(〃^∇^〃)や~ん・・・

> インキュバスは、誘惑した獲物の精気を吸い取る悪魔だから、トモはピーンチ~!
> 精気を吸い取られたら、浦島太郎みたいなしわくちゃのじいさんになるのかな!?よく分かりませんけど、心配です。
>
そうなる方向は美しくないので、やつれながらも淫魔の使い魔に堕落してゆく方向にしました。
トトも当然、淫魔の手下に成り下がっています。←まだ、書けてない~(´・ω・`)

> トモの浦島太郎!?大変~!
> 「トモ、逃げて~。」

(つ∀`*)っ))⌒☆逃がしませんって・・・うふふ・・・

> と言いたいところだけど、なぜか皆様はトモがインキュバスに押し倒される場面を待っておられる気がします。ワクワク~(笑)。

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。がんばって押し倒しているんですけど、淫魔のくせにテクがない~・・・←何気に大問題。未熟なテクの淫魔でもいい?←聞くな~

コメントありがとうございました。わくわくしていただけるように、頑張ります。(*⌒∇⌒*)♪

2011/01/22 (Sat) 11:58 | REPLY |   

此花咲耶  

ねむりこひめさま

ねむりこひめさま

> 『押し倒すもの』はっふーんっ>大興奮
>
おお~、興奮して下さってありがとうございます。(*⌒∇⌒*)♪

> いかん、インキュバス様をついつい応援してしまいそうになる!
> 金髪~大好物です!

(*⌒∇⌒*)♪応援ありがとうございます、あ、しまったインキュバスのほうだった。
そんな嬉しいことおっしゃってくださったら、淫魔が、今夜ねむりこひめさまの天蓋を押し開き、美味しくいただきに参ります。ぱんつ脱いでお待ちください。

> はぁはぁ・・・・続きが楽しみでなりませんよ。>色々妄想している
> でもでも、トモ君、逃げてーっ!>興奮しすぎて、支離滅裂になっております
>
> そしてエル様の運命は?
> もうドキドキして、明日も、何度もここにきてしまいそうです。

アップできるように、がんばります!!(`・ω・´)
時々寝てたりするので、いけません。
コメントありがとうございました。うれしかったです。(〃^∇^〃)

2011/01/22 (Sat) 11:49 | REPLY |   

サフラン  

ブロンド好き

金髪碧眼でも、プラチナブロンドでグリーンアイでも、オッケーです(笑)。
インキュバスは、誘惑した獲物の精気を吸い取る悪魔だから、トモはピーンチ~!

精気を吸い取られたら、浦島太郎みたいなしわくちゃのじいさんになるのかな!?よく分かりませんけど、心配です。

トモの浦島太郎!?大変~!
「トモ、逃げて~。」

と言いたいところだけど、なぜか皆様はトモがインキュバスに押し倒される場面を待っておられる気がします。ワクワク~(笑)。

2011/01/22 (Sat) 07:08 | EDIT | REPLY |   

ねむりこひめ  

NoTitle

『押し倒すもの』はっふーんっ>大興奮

いかん、インキュバス様をついつい応援してしまいそうになる!
金髪~大好物です!
はぁはぁ・・・・続きが楽しみでなりませんよ。>色々妄想している
でもでも、トモ君、逃げてーっ!>興奮しすぎて、支離滅裂になっております

そしてエル様の運命は?
もうドキドキして、明日も、何度もここにきてしまいそうです。

2011/01/22 (Sat) 01:46 | REPLY |   

Leave a comment