FC2ブログ

深い森の奥の魔導師・3 

淫魔が、忍び寄っていた。

*********************

一方その頃、トモは大魔導師オメガに呼ばれ、使い魔となった人型の竜を同道していた。

魔導師の卵が使い魔を得た場合、報告の義務があった。

「サラマンドラ「火喰い」の中でも、この子はとりわけ血統の良い竜だね。」
「まだ、体が完成しきっていないうちは、無理はしないほうがいい。使い魔と身体をつなぐのは、君がもっと成長・・・どうしたね?」

トモはふるふると唇を震わせて、泣きそうになっていた。

まともな魔法と言えば、初級クラスの小さな子たちが使うようなものしかマスターしていない。
そんな自分に、ユニコーンと並ぶ高級精霊の竜の使い魔ができたなんて・・・。

記憶を奪われて、人間界に落とされることを思えば、使い魔ができたのは確かにうれしかったが、自分のことよりもこの美しい青い竜に気の毒な気がしたのだ。
何もできない自分には、悲しいほど釣り合わない気がしていた。

「お・・俺っ・・・。白魔法(幻術)も、赤魔法(火炎)も、青魔法(水流)も・・・みんなできないのに・・・ひっく・・・。」

大魔導師オメガはトモの肩をやさしく抱いた。

「君を選んだのは、ほかでもない彼だよ。ほら、竜が心配そうな顔をしている。」

トモの目に輪郭がにじんだ青い竜は、不安げにじっと様子を窺うように顔を覗き込んでいた。

「使い魔に名前を付けたら、契約は完了だよ。そうすれば、たとえ地の果てへでも、指笛ひとつで君の元へと馳せ参じるだろうね。」

トモ…と、大魔導師オメガはいつになく真剣な顔を向けた。

「大魔導師エルの使い魔が、竜なのを知っているかい?」
「あ、はい。もちろんです。大型の竜に乗って飛んでいるのを見たことがありますから。とても、大きな翼で空が見えなくなるくらいでした。」
「この子は魔導師エルの使い魔よりも、素晴らしい使徒となるだろう。君たちもいつか、比翼の鳥と呼ばれるようになればいいね。」

聞きなれない言葉を告げて、大魔導師オメガは相好を崩した。

「比翼の鳥というのはね、一つの顔に、一つの翼をもつ雌雄の鳥のことだよ。常に二体で飛ぶんだ。」

青い若い竜は、力強くうなずき主となったトモの肩を抱く。

トモは胸の奥から湧き上がる熱に、身震いした。
この竜が自ら、ほかでもない俺を選んだ。
使い魔に恥じない、立派な魔導師になろうと心のうちで強く誓った。


*********************************

「物語の設定」

魔導師と契約を結んだ使い魔は、必要に応じてヒト型に変身できます。

使い魔の種類によって、使える魔法の種類が決まる設定です。
トモの使い魔は火喰い竜ですので、赤魔法(火炎)を使えば炎を自在に扱えます。
友人キュラの使う魔法は、白魔法(幻術)ということになっています。こちらの使い魔は銀色の狐です。
こちらもヒト型に変身します。

設定考えるのが、楽しくなってしまいました。
自分だけのファンタジーの世界が広がります。

拍手もポチもありがとうございます。
ランキングに参加していますので、よろしくお願いします。  此花

バナーブログ村


関連記事

4 Comments

此花咲耶  

ねむりこひめさま

ねむりこひめさま

> サフラン様のコメントを読むまで気づきませんでした!
> そーか、あのオメガとエルちゃんはこんなに偉くなってたんだ!

気が付いた人だけ、笑ってくださればいいなぁと思いました。(*⌒∇⌒*)♪

> それにしても素敵なファンタジーにうっとりです♪

きゃあ。(〃▽〃)素敵なファンタジーにうっとりです…嬉しいです~、舞い上がってくるくるしてしまいます。

> 実は・・・・・私も魔導師物を何本か書いているのですが、設定も何もあったものじゃなくって・・・・・・「深い森の奥の魔導師」を読ませていただき、討ち死にしていたのです。へたり。

そんな、ご謙遜です。熱を吸い取るときドキドキしましたよ。(*⌒∇⌒*)♪
復活して!ねむりこひめさまっ!

> だって、世界観がキチーンとあって(此花さんだから当然と言えば当然ですが)すごく素敵なんですもの!
> 淫魔が出てくるんですね!>ワクテカ
> 続きもものすごーく楽しみにしています♪
> トモ君がんばれ~~~~!!!!!

!(`・ω・´)トモ:「がんばりますっ!」
淫魔が問題よ~…逃亡してしまいそうです。
すごく素敵なんですもの!・・・きゃああっ!。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。うれし泣きです~!

コメントありがとうございました。うれしかったです。(*⌒∇⌒*)♪

2011/01/18 (Tue) 03:30 | REPLY |   

ねむりこひめ  

NoTitle

サフラン様のコメントを読むまで気づきませんでした!
そーか、あのオメガとエルちゃんはこんなに偉くなってたんだ!
それにしても素敵なファンタジーにうっとりです♪
実は・・・・・私も魔導師物を何本か書いているのですが、設定も何もあったものじゃなくって・・・・・・「深い森の奥の魔導師」を読ませていただき、討ち死にしていたのです。へたり。
だって、世界観がキチーンとあって(此花さんだから当然と言えば当然ですが)すごく素敵なんですもの!
淫魔が出てくるんですね!>ワクテカ
続きもものすごーく楽しみにしています♪
トモ君がんばれ~~~~!!!!!

2011/01/18 (Tue) 00:58 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

サフランさま

サフランさま

> 大魔導士2人の名前がオメガとエル!(笑)。

あはは~(*⌒▽⌒*) ♪二人一組ですごい技を繰り出しそうです。

> さて、トモは使い魔となるサラマンドラをなんて名付けるんでしょう?
> まさか、ラプンツェル?
> アダムじゃないよね?(笑)。
> ヨシュアだったら、笑い死ぬ~(笑)。
>
(`・ω・´)サフランさまっ。 どんな名前がいい?←聞くな~
@Aさまのファンに、此花叱られててしまいます。

> ともあれ、此花ファンタジー、面白いです!
> 続きが楽しみです♪

淫魔が出てきます。設定はすごいのですが、何しろ書くのが此花なのでしょぼ~い淫魔になるかと思われます。(ΦωΦ)うふふ・・・書いては消し、書いては消し・・・

コメントありがとうございました。嬉しかったです♪(*⌒▽⌒*) ♪

2011/01/17 (Mon) 12:53 | REPLY |   

サフラン  

君の名は…

大魔導士2人の名前がオメガとエル!(笑)。
さて、トモは使い魔となるサラマンドラをなんて名付けるんでしょう?
まさか、ラプンツェル?
アダムじゃないよね?(笑)。
ヨシュアだったら、笑い死ぬ~(笑)。

ともあれ、此花ファンタジー、面白いです!
続きが楽しみです♪

2011/01/17 (Mon) 04:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment