FC2ブログ

続・はつこい 如月奏の憂鬱・4 

先刻、犠牲となって呻っていた赤毛の男が、濁った目で奏を見上げた。

「ひ・・・どいじゃないか。僕はただ友人として、親愛の情を表しただけなのに。」
「ふ・・・ん。」

冷ややかな視線が、ちらりと落された。

********************************

「僕は身体に触らないで下さいと、あなたに何度もお願いしたはずです。」

男は初めて机を並べた学友だった。
東洋からの珍しい留学生に興味を示し、必要以上に親しくなろうとしたのが彼の大きな失敗だった。
モンテスキュウ教授の言葉は、気の毒なほど的を得ていた。

べたべたと、背後から必要以上にあちこち触られて、とうとう奏の我慢の限界は、沸点に達してしまったのだ。

「でもね、奏さまにしては、よく辛抱されたほうですよ。」と、小姓の白雪は後日、颯に語った。

「重ねて言っておきます。いいですか?僕はあなたの国に勉学のためにきたのであって、あなたと親愛を深めるつもりはない。」

傍らの白雪が、言葉を足した。

「お相手を、間違えたようですね。・・・大丈夫ですか・・・?お気の毒に。」

赤毛の大男は、股間を押さえて、のろのろと立ち上がった。
颯に教わった、護身術は見事に役に立っていた。
白雪が、洋袴の埃を払ってやった。

「き、君は、友人を作る気もないのかっ・・・?」

「生憎ですが・・・学ぶべきことが多くあるというのに、それらを差し置いてまで、英国人の友人を欲しいとは思いません。」

「あなたが欲しいのは、友人ではなく愛人ではないのですか?僕のように、線が細くて女性のようにたおやかな方がお好みでしたら、他にもいるじゃありませんか。」

「たとえば、東の塔にはヨシュアという貴族の美しい安所(天使)がいると、聞きましたよ。蜂蜜色の柔らかい前髪を払う仕草が神々しいばかりだとか。そちらに伺えば、よろしいのです。」

この男には気の毒だったが、実際、奏の苛立ちももっともだった。
何しろ、奏は寝る時間も削って、必死で学んでいたのだ。

英国に上陸前、颯に苦言を呈されて以来、こうして孤高に学ぶ姿勢を見せることが、煩わしい干渉を避けると、奏は一途に思っていた。
その考えは確かに多少、楽観的過ぎると言わざるをえない…と、奏はのちに認識の甘さを知ることになる。

やがて、取り付くしまのない東洋のつややかな陶器の肌の人形は、かえって誰の手に落ちるかという下賤な賭けの対象になってしまう。
高級な磁器人形が一体誰の持ち物になるか、留学生には理解できない隠語が飛び交った。

自尊心の高い奏には、多少柔らかな対応が出来るようになったとはいえ、激高しないでいるには随分骨が折れた。
周囲が静かなのは、授業中だけだった。

その後、正当な英語しか理解できない留学生の周囲で、おおっぴらに飛び交う隠語は下劣な計画となり、奏に迫る危険を告げていた。

*********************************

べたべた触られて、奏切れました~ヾ(。`Д´。)ノ彡☆「触るな~~~!」
でも、きれいな人がそこにいたら、ちょっと触ってみたくなるよね。
この後、大丈夫かな。

拍手もポチもありがとうございます。
ランキングに参加していますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ


関連記事

12 Comments

此花咲耶  

小春さま

小春さま

> 目立っちまったぜ・・・・・余計に興味もたれてしもうた・・・・・。
>
普通にしているだけで、目立ってしまいます。

> そうね、隠語で本人の前で楽しそうに話すんだよね~
> あ~(あんぽんたんの)此花ちんが~どんなに危険な修羅場書くのかな?????
> Kissはクリアってことは、それはされちゃうのかな?
> ステップアップスル気かぁ?
>
逃亡しないようにがんばります。
・・・あ、逃亡させてあげないといけないのか。

> 石持って構えてる小春が見えますか?

おお~、奏を守ってくださるんですね。
> どんなの怖い目に合ってもパパに(じぁやないけど)習った護身術で逃げさせるのよ!

!(`・ω・´) 「奏:ご婦人に危ないことをさせるわけには参りませんから、お下がりください、小春さん。」

(´・ω・`) 「白雪:お願いですから、そんなやる気見せないでください。奏さま。」

コメントありがとうございました。うれしかったです♪

2011/01/15 (Sat) 20:03 | REPLY |   

小春  

お~ストックがないトコロマデ追いついた^^

目立っちまったぜ・・・・・余計に興味もたれてしもうた・・・・・。

そうね、隠語で本人の前で楽しそうに話すんだよね~

あ~(あんぽんたんの)此花ちんが~どんなに危険な修羅場書くのかな?????
Kissはクリアってことは、それはされちゃうのかな?
ステップアップスル気かぁ?

石持って構えてる小春が見えますか?
どんなの怖い目に合ってもパパに(じぁやないけど)習った護身術で逃げさせるのよ!

2011/01/15 (Sat) 19:27 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

Rinkさま

塾長さま

> ヨシュア・・・東の塔のヨシュア・・・
> ラプンツェル???(笑)

きゃあ。(〃▽〃) やっぱりばれてました~。ラプンツェルというニックネーム付けたいなと思ったのですがまだお伺いしていないのでやめました。
・・・なんで、知ってるんでしょう。不思議~|ω・`)

> 奏さま・・・お強いけど、油断はしないでね
> この先も危険がいっぱいそう・・・

本当は、すごく非力です。

(´・ω・`) 「奏:塾長さま、危険がいっぱいみたいです…不安~」

> 外国は怖いよーーー

どうしよう・・・
外交問題に発展しない程度に、もめます。(*⌒∇⌒*)♪←笑顔かよ~
コメントありがとうございました。うれしかったです。

2011/01/15 (Sat) 11:55 | REPLY |   

此花咲耶  

千菊丸 さま

千菊丸 さま

> 奏、イギリス人学生達によってレイープされてしまう!?

(〃▽〃)…あ、うっかり顔文字間違えました~
いつか、エチがスムーズに流れるようになったら・・・ですね~。
やっとキス場面が書けるようになったレベルなので、これからお勉強しますっ!!(`・ω・´)

> それにしてもヴィクトリア朝時代の英国では、当時の清国を領土にするまで権勢を誇っており、そのせいなのかどうかわかりませんが、イギリス人にとっては東洋人の留学生は珍しいし、美しいので手に入れたいのでしょうね。
>
ヴィクトリア朝時代、守備範囲ですか?此花は海外に疎いのでお勉強しなくては!
日本の留学生の中には、言葉が不自由ながらもずいぶん成績が良かったみたいです。でも中には役立たずのくせに華族というだけでまともに会話もできずに帰国したものもいたようです。
勤勉なのは、その当時から日本人の美徳です。

> 「美しい薔薇には棘がある」と申しますが、奏ではまさにその通りですね。
> その誰をも寄せ付けぬ孤高の冷たさが狩人達の心を熱くさせるという、なんとも逆効果なことになっていますが。
>
思わず手を伸ばしたら、棘でけがをした…という感じで行きたいと思っています。
黙っていれば相当の美人の設定です。そう見えたらうれしいです。(〃▽〃)

> 幕末に起きた「生麦事件」で日本は英国と少々揉めましたし、事件によってイギリス人による人種差別的偏見などがわかりましたから、そういった目線でイギリス人学生達は奏を見ているんだと思うのですが・・心配ですな。

今も水面下で歴然と差別はあるみたいです。
一昔前だったら、誘拐されてペルシャの王様への貢物になってそうです。
東洋人のきめ細かい肌は、羨望の的だったらしいです。

(´;ω;`) 「奏;ご心配ありがとうございます。でも、此花があんぽんたん~・・・」

コメントありがとうございます。がんばります。(*⌒∇⌒*)♪

2011/01/15 (Sat) 11:49 | REPLY |   

此花咲耶  

びびさま

びびさま

> 昨日コメントだせなかったので、二話分の感想です。

(〃▽〃)きゃあ。ありがとうございます!

> 颯の、兄か父の様な心配と同時に、奏の気性を慮って回りくどく護身術を教えるところ。奏もとりあえず付き合っちゃうところが微笑ましかったです。やはり颯(の声?) の威力は凄かった(*^_^*)
> あーー、なんで颯結婚しちゃったんだろう…。
>
ね~、颯ひどいですよね。こんなに好きなのに・・
・可哀そうだ~。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。←自分で、書いたくせに。

> とうとう奏の憂鬱が始まりましたね(>人<;)
> 英国は紳士の国じゃなかったのか?( *`ω´)
> って、ほんとに紳士ばかりじゃ話にならないけどねψ(`∇´)ψ
> 白雪さんだけじゃ頼りにならないし(ゴメンね)、ここら辺で男前の新キャラ登場して欲しい所ですね~。
>
赤毛の大男はいきなり、金的喰らってます。気の毒ですね~
ここら辺で男前の新キャラ…おお~、お話が広がりそうです。英国の人がいい?←聞くな~!
ψ(`∇´)ψ←これ、かわいいですね~


> お~、ヨシュア!お借りできたんですねo(^▽^)o
> お茶会の妄想が現実になるのか?
> キャァー(=´∀`)人(´∀`=)
>
@アドさまの、美しい王子さまです。
主人公食われないようにがんばります。!(`・ω・´)
・・・でも、うっとり~・・・(´∀`=)←所詮、美形好き此花。


> これから奏の憂鬱、どころか危機が増えそうですが、頑張ってね、奏‼

!(`・ω・´)「奏:護身術も習いましたので、精一杯がんばりますっ!」
コメントありがとうございました。うれしかったです♪

2011/01/15 (Sat) 11:29 | REPLY |   

此花咲耶  

サフランさま

サフランさま

> 早く寝たら、目が覚めました。
> まだ、夜中(笑)。
> もう一寝入りします~。
>
睡眠不足は、美容の大敵ですっ!!(`・ω・´)

> さて、奏の憂鬱が始まりましたね!
> 何でも賭けの対象にする英国人。
> ヨシュアも賭けの対象になってなけりゃいいけど…。アダムも郷里の別荘で気を揉んでいるかもね(笑)。
>
日常のすべてが賭けの対象になるらしいですね~、王室すら賭けの対象の英国ですから、綺麗なヨシュアくん(@アドさま)も水面下では密かに邪にみられているかも・・・です。(ΦωΦ)←此花、こら~

> そして、これから重要人物が登場する予感←そりゃ、登場しますって(笑)。

見たんですか?ね~ね~?・・・と、聞いてみる。(*⌒∇⌒*)♪

> (こっそりと)此花様、ファンタジーもオッケーですよ。『エルマーと 竜』を思い出しました~。懐かしかった(笑)。

わ~い、おっけぇですか?うれしいです。
褒めてもらったから、うれしくなってしまって続編書こうかなと思っています。(つ∀`*)っ))⌒☆もう~・・・って、すぐ浮かれポンチになってます。くるくる~←上空一直線。
コメントありがとうございました。うれしかったです♪(*⌒∇⌒*)♪

2011/01/15 (Sat) 11:18 | REPLY |   

Rink  

私もわかった・・・

ヨシュア・・・東の塔のヨシュア・・・
ラプンツェル???(笑)

奏さま・・・お強いけど、油断はしないでね
この先も危険がいっぱいそう・・・
外国は怖いよーーー

2011/01/15 (Sat) 11:12 | REPLY |   

千菊丸  

は、もしや・・

奏、イギリス人学生達によってレイープされてしまう!?
それにしてもヴィクトリア朝時代の英国では、当時の清国を領土にするまで権勢を誇っており、そのせいなのかどうかわかりませんが、イギリス人にとっては東洋人の留学生は珍しいし、美しいので手に入れたいのでしょうね。

「美しい薔薇には棘がある」と申しますが、奏ではまさにその通りですね。
その誰をも寄せ付けぬ孤高の冷たさが狩人達の心を熱くさせるという、なんとも逆効果なことになっていますが。

幕末に起きた「生麦事件」で日本は英国と少々揉めましたし、事件によってイギリス人による人種差別的偏見などがわかりましたから、そういった目線でイギリス人学生達は奏を見ているんだと思うのですが・・心配ですな。

2011/01/15 (Sat) 10:47 | EDIT | REPLY |   

びび  

奏、気をつけて!

昨日コメントだせなかったので、二話分の感想です。
颯の、兄か父の様な心配と同時に、奏の気性を慮って回りくどく護身術を教えるところ。奏もとりあえず付き合っちゃうところが微笑ましかったです。やはり颯(の声?) の威力は凄かった(*^_^*)
あーー、なんで颯結婚しちゃったんだろう…。

とうとう奏の憂鬱が始まりましたね(>人<;)
英国は紳士の国じゃなかったのか?( *`ω´)
って、ほんとに紳士ばかりじゃ話にならないけどねψ(`∇´)ψ
白雪さんだけじゃ頼りにならないし(ゴメンね)、ここら辺で男前の新キャラ登場して欲しい所ですね~。

お~、ヨシュア!お借りできたんですねo(^▽^)o
お茶会の妄想が現実になるのか?
キャァー(=´∀`)人(´∀`=)

これから奏の憂鬱、どころか危機が増えそうですが、頑張ってね、奏‼

2011/01/15 (Sat) 07:10 | EDIT | REPLY |   

サフラン  

奏の憂鬱

早く寝たら、目が覚めました。
まだ、夜中(笑)。
もう一寝入りします~。

さて、奏の憂鬱が始まりましたね!
何でも賭けの対象にする英国人。
ヨシュアも賭けの対象になってなけりゃいいけど…。アダムも郷里の別荘で気を揉んでいるかもね(笑)。

そして、これから重要人物が登場する予感←そりゃ、登場しますって(笑)。

(こっそりと)此花様、ファンタジーもオッケーですよ。『エルマーと 竜』を思い出しました~。懐かしかった(笑)。

2011/01/15 (Sat) 03:03 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

鍵付きコメントさま

鍵付きコメントさま

奏は頑張っていますが、忍び寄るいたずらの度が過ぎるイギリス人の生徒達にてこずりそうです…
> イギリス上流階級、日本とはいろいろ異なりますね。
奏は基本真面目な人ですので、頑張ります。

そして一部引用させてください。!(`・ω・´)

> だがしかしもう一つの驚きは、ヨシュア…!?
> ヨシュア――――――――!!

いや~ん、そうっと書いたのにばれてる~(*⌒∇⌒*)♪
あの美しい坊ちゃんを、お願いしてお借りいたしました。
筆力違うので、なかなか同席は難しいですけど、もう少しどこかで出演してくださったらうれしいです。
お茶会に呼んでほしいです~(〃^∇^)o彡☆

コメントありがとうございました。うれしかったです♪

2011/01/15 (Sat) 01:10 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/01/14 (Fri) 22:54 | REPLY |   

Leave a comment