FC2ブログ

続・はつこい 如月奏の憂鬱・3 

颯は、船中でずっと頭を抱えていた。

公家生まれの奏には、説明の仕様もなかった。
西洋の男色は、武家社会の衆道とも、奏の生きてきた公家の稚児とも話が違う。
うっかり例えようとすると、間違いなく奏の古傷をえぐることになる。

元々、奏が人になれない性分なのは知っていたから、向こうで護衛を雇うよう勧めるのはあきらめた。
だが、このままだと小姓の白雪は身の回りの世話ばかりか、襲い来る紅毛人からの護衛まで勤めねばならない。
白雪にも多くの仕事が有り、ずっと側に控えているわけには、いかないだろう。

官費留学の栄えある一員として、共に渡欧するまでは良かったが、各自学ぶものが違っているため、自分も終始同じ行動を取るわけには行かない。
颯の同郷であり、妻、聡子の兄でもある清輝などは少し落ち着いたら、細菌学を学ぶため独逸の医学所にゆくことになっていたし、奏と白雪は経済学を学ぶため、英吉利に一年間、逗留することになっていた。

勿論、白雪は政府の公費というわけにはいかなかったので、私費留学生として留学費用は如月財閥の経費で賄うことになっていた。

颯は、英国に降り立った後も、欧羅巴各地の建物を検分するため移動が多くなるはずだった。

「あ。そうだ。」

ふいに颯は思い立ち、強盗除けという名目で、妻の聡子でも扱えるような、簡単な護身術を船の中で教えた。
自尊心を傷つけぬように、物騒だから、少しは身を守る方法も覚えておくといいねと、奏の好きな彼の父に似た声を意識する。
奏は颯の声にこくりと肯いた。

「急所が簡単に効くのは、あごの先と、肝臓の真上のここ。後は、鳩尾に振り切った膝頭を叩き込む。背後からこう迫られたら、まずは思い切り肘鉄を入れて戦意を削ぐ。」
「・・・如月は、いざとなったら金的を使うしかないかな。それなら、確実だから。」
「よく、わかりました。自分の身くらい守れますから、心配しないで下さい。」

この教え子は、こうして忠実に急所を狙う明快な護身方法を取得した。
もっともそれは、婦女子の習うものだったが、それを言えばきっと不機嫌になるだろうから内緒にしておく。

こうして迎えた大学生活は、波乱万丈の日々だった。
奏の極上の社交上の微笑に惹かれたまでは良かったが、手を伸ばすものには容赦なく覚えたての護身術が役に立った。
どうやら、如月奏は優雅でたおやかな見かけに反して、中身は意外にそうでもないらしい・・・と、少しずつ周囲で噂になっていた。

実際、生まれ付きの性質は、どうみても従順な質ではない。
このしなやかな仔猫は、一見貴族の高価な愛玩動物のようでいて、中身はまるで手加減を知らない野生の豹並の粗暴さを持っていたのだ。

先刻、犠牲となって呻っていた赤毛の男が、血走った濁った目で奏を見上げた。

「ひ・・・どいじゃないか。僕はただ友人として、親愛の情を表しただけなのに。」
「ふ・・・ん。」

冷ややかな視線が、ちらりと落された。

**********************************

いきなり、船中での護身術が役に立っています。
留学生活はこの先、どうなりますやら・・・
きっと痛かったよね~・・・
(つ∀`*)っ))⌒☆や~ん・・・どこが痛いか、此花わかんない。

拍手もポチもありがとうございます。
ランキングに参加していますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ


関連記事

10 Comments

此花咲耶  

小春さま


小春さま

> 遅刻したので、良いことも!
>
> 次は?早く読みたいよ! の小春が連読してる^^

おお~。コメントいっぱいいただけてうれしいです。(*⌒∇⌒*)♪くるくる~~~
>
> ちぎっては投げ!!!
> アソコに決め技!!!
>
どんなに痛いか、想像だけなのですがおそらく油汗・・・だらだら~・・・・

> コメント拒否のコメント書いてみたい^^
>
(つ∀`*)っ))⌒☆もう~~~、小春ちん、何書く気~~?

> 綺麗で華奢なBoyに手荒なちょっかい掛けると
> オメガエルが使い物にならなくされちゃいます!
> 金や袋やタマタマが~~~~~
>
ωとЛがえらいことに・・・(〃▽〃)

> さて、かえって目立ち始めた奏の日常を覗くぞ!
> ・・・次へ・・・

はい。よろしくおねがいします。

2011/01/15 (Sat) 19:55 | REPLY |   

小春  

ひこまれてるよ~~~

遅刻したので、良いことも!

次は?早く読みたいよ! の小春が連読してる^^

ちぎっては投げ!!!

アソコに決め技!!!

コメント拒否のコメント書いてみたい^^

綺麗で華奢なBoyに手荒なちょっかい掛けると
オメガエルが使い物にならなくされちゃいます!
金や袋やタマタマが~~~~~

さて、かえって目立ち始めた奏の日常を覗くぞ!
・・・次へ・・・

2011/01/15 (Sat) 19:00 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

塾長さま

塾長さま

> 名前書く前に行っちゃった・・・

一人だけで達っちゃやです~・・・(ノд-。)一緒にイクって決めてたのに・・・くすん。

> さっきの弾かれるコメントは、
> もちろん塾長です・・・
> なんで?
> もう控えめなコメントだったのに・・・
> はねられたの?

だから、此花の純情可憐が・・・(つ∀`*)っ))⌒☆

> メールします!

!(`・ω・´)了解っす!

コメントありがとうございました。うれしかったです。(*⌒∇⌒*)♪

2011/01/14 (Fri) 21:04 | REPLY |   

此花咲耶  

塾長さま

> どうしよう、コメントが弾かれます。

理由は簡単でっす!!(`・ω・´)

> 性 よく が ぎらぎらしてる以外の
> スマートな紳士が現れないかな~?
> みたいな事を書いたんだけどギラがいけないのか?
> 性・・・がいけないのか???
> なんでーーー?

きっと、此花が純情可憐すぎて、エロいコメントはサイトが受け付けないのね。(*⌒∇⌒*)♪
塾長さま~、ごめんね。

2011/01/14 (Fri) 21:00 | REPLY |   

此花咲耶  

千菊丸 さま

千菊丸 さま

> ってカンジの第3話ですね。

奏がちぎっては投げ、してたらちょっと笑ってしまいます。
留学生活、波乱万丈です。(*⌒∇⌒*)♪

> 奏、言い寄ってくる男たちに容赦なく護身術を使いなさい!

金的~!(〃▽〃) 日本では華族さまで、ちやほやされてるのにね~。
色々受難です。颯は冷たいし。

> まぁ、見た目に騙される男たちがこれから痛い目に遭うのをニヤニヤしつつ見物いたしますね。

何とか、エチな方向に一回くらい持ってゆきたいのですが・・・|ω・`)
激しく不安です~

コメントありがとうございました。うれしかったです。(*⌒∇⌒*)♪

2011/01/14 (Fri) 20:57 | REPLY |   

此花咲耶  

サフランさま

サフランさま

> サルトルが高く評価していると知って、ジュネの『泥棒 日記』と『花の ノートルダム』を学生時代に、立て続けに読んだものです。
> 万華鏡を覗き込んだように、言葉が饒舌に溢れ出ていました。ノートルダムでは、とうがたった男娼の悲哀が、胸糞が悪くなる程描かれていましたね。
> 若い頃より今読む方が、哀惜すると思います~。

なんという詩的表現でしょう。万華鏡を覗き込んだように…パクリたいような素晴らしい表現だと思います。
『花の ノートルダム』・・・すでに記憶の底に沈んでいます。
文章を書く上で、自分のものになっていたら嬉しいですけど、怪しいものです。
読書家だ~、サフランさま。(〃▽〃)素敵、ラインナップ。

>
> 此花様は私よりお若いと思いますが、結構カブリますね、『モーリス』とか(笑)。高速道路を走っていたら、モーリスという名前のラブホの看板が目に飛び込んで来て、ビックリした事あります(笑)。
>
(つ∀`*)っ))⌒☆お若いなんてことはないです~。
ええ年こいておりますよ。

> モンテスキュウ教授の名前は、ひょっとして『法の精神』のフランスの思想家・法学者モンテスキュー(男爵)からですか?

違うんですよ~。
澁澤龍彦さんの本の中で見つけて、印象に残っていたのです。同性愛者で、投獄経験があった方だと記憶しています。

> さて、護身術を覚えた奏。
> しかし、「生兵法は怪我のモト」とも昔から言う。…ニタリ←案外、どSな私(笑)。

や~ん…深読みされてるかな~・・・
これ以上は、サフランちんっ、ぐるぐる巻きっ!!(`・ω・´)

コメントありがとうございました。うれしかったです。(*⌒∇⌒*)♪

2011/01/14 (Fri) 20:52 | REPLY |   

塾長  

わーーー行っちゃったコメ

名前書く前に行っちゃった・・・
さっきの弾かれるコメントは、
もちろん塾長です・・・
なんで?
もう控えめなコメントだったのに・・・
はねられたの?
メールします!

2011/01/14 (Fri) 19:57 | REPLY |   

-  

コメが弾かれる(えろだと・・・)

どうしよう、コメントが弾かれます。

性 よく が ぎらぎらしてる以外の
スマートな紳士が現れないかな~?

みたいな事を書いたんだけどギラがいけないのか?
性・・・がいけないのか???

なんでーーー?

2011/01/14 (Fri) 19:55 | REPLY |   

千菊丸  

波乱な留学生活、スタート!

ってカンジの第3話ですね。
奏、言い寄ってくる男たちに容赦なく護身術を使いなさい!
まぁ、見た目に騙される男たちがこれから痛い目に遭うのをニヤニヤしつつ見物いたしますね。

2011/01/14 (Fri) 12:54 | EDIT | REPLY |   

サフラン  

花の ノートルダム

サルトルが高く評価していると知って、ジュネの『泥棒 日記』と『花の ノートルダム』を学生時代に、立て続けに読んだものです。

万華鏡を覗き込んだように、言葉が饒舌に溢れ出ていました。ノートルダムでは、とうがたった男娼の悲哀が、胸糞が悪くなる程描かれていましたね。
若い頃より今読む方が、哀惜すると思います~。

此花様は私よりお若いと思いますが、結構カブリますね、『モーリス』とか(笑)。高速道路を走っていたら、モーリスという名前のラブホの看板が目に飛び込んで来て、ビックリした事あります(笑)。

モンテスキュウ教授の名前は、ひょっとして『法の精神』のフランスの思想家・法学者モンテスキュー(男爵)からですか?
さて、護身術を覚えた奏。
しかし、「生兵法は怪我のモト」とも昔から言う。…ニタリ←案外、どSな私(笑)。

2011/01/14 (Fri) 12:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment