FC2ブログ

流れ星に愛をこめて・おまけ 

BL KANCHORO・冬企画参加作品 

【流れ星に愛をこめて・おまけ】



うっすらですが、BL・Rー18つけさせていただきます
条件に満たない方、嫌悪を感じる方、閲覧をお控えください


手の甲に筋が浮くほどシーツを握りしめて、ぼくは硬直していた。
期待と不安に心臓が締め付けられるようで、きりきりと胸が痛かった。

「遠流・・・ぼ、ぼく・・・どうしたら、いい・・・?」

どうしていいか、まるでわからない。

「みく。そんなに固くならないで、力抜いて楽にしてて。」
「うっ・・・んっ。」
「だいじょうぶ、痛くしないからね。」
「んっ。」

あぁ・・・
とうとう、ここまで来てしまった。

「初めて」に力んで石になってしまったぼくの身体を、遠流が羽根で撫でるように軽く触れる。
遠流の優しい指が、何もない滑らかなぼくの下半身を、確かめるように滑ってゆく。
甘く掠れた自分の物じゃないような声が、切れ切れに小さく寝室に響いて、ぼくは発したその声に赤面した。
いたたまれないほどの羞恥に、涙が零れそうになる・・・

「あ・・・っ、あんっ・・・」

抑えようとしても、遠流の気持ちを知った今は、そっと指が触れた所から熱が生まれ、気持ちが解れ、咽喉からありえない艶めいた声が漏れてゆく。

ぼく、どうなってしまうんだろう・・・。

遠流の指先が行方を求めて探るように、最奥のいけない場所に近づくたび、ぼくのおなかは激しく波打って、ぞくりとうねって浮いた汗を光らせた。
耳朶に甘くとろけるぼくを呼ぶ遠流の声に、すっかり翻弄されてしまって身体中が柔らかく滴る濃厚な蜂蜜で覆われてしまうような気がする。

「話・・・して・・・声、聞かせ・・・てっ、遠流ぅ、あっ、あっ・・んっ!」

遠流の声をせがんでしがみ付くぼくの下肢を広げると、膝を折り、遠流は指を曲げてオメガエルを呼んだ。

「オメガエル・・・ほら。ここに、おいで。」

ベッドをぎしと音を立てて、遠流が身体を滑らせると枕元でじっといい子にしていた、ぼくの分身オメガエルが嬉しげにぴょんぴょんとやってくる。
ちっぽけなオメガエルを優しく手のひらに掬って、遠流は唇を寄せた。
オメガエルの丸い先ちょを、舌でくすぐり割ると、やわやわと全身に指を添わせた。
照れたオメガエルの肌色は直ぐに反応して、薄く紅を刷いたような悩ましい色になる。

「いい子だね。可愛い色に染まってる、オメガ、エル・・・みく。」
「今度、お星さまが流れたら、ちゃんとここに帰るんだよ。」

元の有るべき位置に下ろされて、こくとオメガエルはうなずき、遠流に軽く甘噛みされてひくりと震えて跳ねた。
遠流がぼくとオメガエルに交互にキスを落とし、オメガエルの先端を咥え舌を絡めると、オメガはとうとうヒクヒクと痙攣を始め、やがてぐったりと腹の上で弛緩した。

「達っちゃったの・・・?オメガ。」

ぼくが声をかけたら遠流は満足げに軽く頷いて、恍惚と余韻に浸っているオメガに嫉妬するほど優しい眼差しを落とした。

「初めてなのに出さずに達っちゃうなんて、すごいなオメガ。みくのここに帰ってきたら、きっとすごいぜ。」

オメガの乱れた反応は、遠流にもかなり刺激的だったらしい。
ぼくの分身に手を伸ばしながら、胸を這う遠流の雄はすっかり屹立して、ぼくの腹や腿に幾度となくぴしぴしと当たった。

「みくも、オメガみたいに感じて・・・ここ、感じる・・・?」
「う・・っん。」

ぐりぐりと胸を悪戯され、ぼくは息を詰めた。
首筋から滑り胸に下りた唇が、ささやかな尖りを育て摘みあげようとする。
かすかな明かりに、ぬらぬらと光っているのを認めた。

「ここ、好き?みく・・・」
「どうして欲しいか、言って。」
「や・・・んっ。」

ぼくの大好きな遠流の声に、薄い身体は身じろいでどうしようもない。
屹立する分身が、気持ちを伝える術なのにぼくが遠流に伝えるのは、たどたどしい言葉しかなかった。
思いを伝えきれないもどかしさに、思わず顔を覆って泣いた。

遠流・・。
さっきまでのオメガエルの、赤裸々な痴態は本当はみんなぼくのものだ。
遠流に愛されて、いびつなぼくは幸せだったけど、今は、オメガのように全身で伝える術を持たないのが悲しい。

オメガとエルは、言葉足らずの不器用なぼくの気持ちを、精一杯理解してそこにいた。
全身で遠流を求めて懸命に屹立していた。
語る身体の無いぼくのために、遠流に愛して欲しいと懸命に伝えるオメガエル・・・。

「好き、好き・・・遠流、ぼくも愛して・・・いっぱい愛して・・・」

首に巻きつけた腕をはずして、遠流の指が涙を掬う。
この上もなく優しい微笑を浮かべた恋人が、そっとオメガを手にとった。

「ほら。みくも一緒に愛して・・・俺の大切なオメガに、みくもキスして。エルが勃ってるだろ、よく見てやって。愛おしくて堪らないよ・・みく・・・。」

ぼくはおずおずとオメガに幼いキスを贈り、勃ち上がったエルは健気に力み、零すまいと頑張っているようだった。

「・・・エル。いいよ、達ってもいいよ。」

口付けを落としたら、エルは身悶えてふるふると小さく痙攣を繰り返した。

「我慢しなくていいよ、オメガエル。ほら、達って・・・。」

甘い遠流の声に促されてエルは反応し、とうとう小さく息を詰めるように、とろりと遠流の手のひらに吐精した。
泣きそうなオメガエルを愛し、崩れそうなぼくを引き寄せて、遠流はそっと大切に下肢に潜り込む。
長い時間をかけて、きつい絞りを広げてゆく。

「はっ・・・はぁ・・・何?そこ・・・何するの・・・遠流・・・」
「みくの、気持ちいいこと。俺が好き?みく。」
「あ・・・あぁ・・・遠流・・・す・・・」

エルの吐き零した少しの精と、準備されたとろみのある液体を遠流は指先に絡める。
ぷつりとぼくの狭い場所はひくついて、遠流の指先を飲み込んだ。

「う・・・んっ、す、すき・・・あっ・・・ああっん。」

淫らに溢れたぼくの嬌声に、遠流はばか・・・と呟いた。

「何にもないお人形さんのくせに、みくは、いっぱい感じてるんだ。ほら、俺の指がここに当てただけで、奥に呑まれて行く。」
「遠流・・・ああ、いやぁ遠流・・っ・・・」
「何か、俺、子ども相手にすごくいけないことしているみたいだ。みく、じっとしてて。」

くちゅ・・・と聞こえた淫猥な音に、思わず全身の産毛がそそけ立った。
まるで他人の身体のような気がしていた。
強くだきしめられたら、ふわりと緊張が解けてどこかに流れてゆく気がする。
オメガとエルがじっと見守る中で、初めてのぼくはゆるゆると解されて、遠流のうがつセクスの波に一気に攫われた。

大きな波になった遠流が、全身で小船になったぼくを蒼い水底へと抱え込んでゆく気がする。

「あっ・・・ああっ・・・どこかへいっちゃう。遠流・・・遠流、や、離さないで。」

切ない顔の遠流が、ふっと息を吐いてぼくの頬に触れた。

「どこへも行かないよ、みく・・・一緒にいる。」

押し寄せるぬるい波に、ひたひたと満たされてゆくぼくの下肢に、そっと巻きつくようにエルが触れた。
オメガの重みを腹に受け止めて、ぼくらは一つになってゆっくりと満ち足りてゆく。
ぼくの強張った足先が空をかくのと同時に、内側に熱く溢れた遠流を感じた。
ぼくと遠流の体で作られた、丸く充実した空間に満天の星が降り注ぐ。

一瞬、身体を固くした遠流が息をつき、そのままぼくの上に流星となって落下した。

「みく。可愛い、みく・・・オメガとエルと、ずっと一緒にいよう。もしも、いたずらな星が願いを聞き届けてくれなくても、俺はみくの全部が好きだよ。」

遠流はぼくの欲しい言葉を呪紋のように唱えた。

「丸ごと好きだよ。」
「言葉で言って欲しいなら、何度でも言うから。オメガとエルも、みくもみんな可愛い。」

「俺の・・・みく。」
「遠流・・・」

目じりを伝う溢れる涙を、温かいと感じた。
力尽きて倒れこんだ遠流を抱き締めて、ぼくは傍らのオメガエルに満足して微笑んだ。

いっぱい愛してもらえてよかったね・・・
頷くオメガエル・・・と、その隣のお友達・・・?

でっかいお友達が見てる。
初めて見た時よりも・・・ずいぶんと、おっきくなってる。
きっとぼく達の愛し合う姿を観て、興奮しちゃったんだ。

君を仲間はずれにしてごめんよ。・・・と、宥めるように、エルがエ〇ザイルの肩を抱いた。
今度は君を感じさせてあげるよ・・・ほら、こっちを向いて。
恥ずかしがらないで、ぼくがキスしてあげる・・・ちゅっ。

わ~~~!今のアテレコ、違うっ!

「ばかっ!エルッ、離れなさいっ!ふしだらな行動は許しませんっ!」

エルは離れたけど小さく「ちっ」と、うそぶいたような気がする・・・まさかね・・・・?

何の解決もしていない難題は、そこに山積していたけど、遠流はぼくの頭を抱え、重ねて深く口を吸った。
強く吸い上げられたぼくは、潤んだ目の中に何があっても動じない恋人の姿を認めた。
ぼくが、何よりも欲しかったもの。

ぼくだけを愛してくれる、遠流。
ぼくの全てを受け入れてくれる、恋人。

「とお・・・る・・」
「みく。流れ星にお願いしような。全てが元に戻りますように・・・って。」
「んっ。」

胸を這う遠流の頭を抱いた。
満たされた思いに、目じりから滂沱と溢れる温かい涙。

目の端に、楽しげにエ○ザイルの「チューチュートレイン」を踊る二人(?)が見える。
そういえばエ○ザイルって、何人だっけ・・・踊ってる姿が可愛い。
ちょっと、大勢で踊っている所、見てみたい気もするよね。
きっと、可愛い・・・あんっ。


遠くで、星が流れた。


*******************

BL・KANCHOROU冬企画参加作品です。
冬企画バナー

本編で使用させていただきました美麗イラストの版権はUEKI-YA!さまに属します。
無断転載、コピーはなりませぬので、ご注意ください。

この次、頑張りますと、毎回豪語しまくりのエチ場面・・・此花、うっすらがんばりました。
(*⌒▽⌒*)きゃあ♪ ←何・・・?このやりきった感・・・。
絶賛勉強中ですが、難しいです。我ながら、ぎこちなさに涙が出ます・・・(´・ω・`)あう~・・・

男塾でお勉強した「ドライ」を使ってみました。
オメガエルがドライで達くなんて、此花もちょっと驚きました。
迷子になって旅している短い間に、一体君に何があったんだ、オメガエル。
何気に経験値積んでいそうなオメガエルです。

「Л エルって、そういえば何だか勃ちっぱなしの感じね~。」

チャットでの会話に、確かに~。 
ギリシャ文字のイオタ(検索してね)も良い感じなのですが、ネーミング上こちらになりました。
もう一つの候補はこれです。⊂ (数学)真部分集合(含まれる)とかいてありました。
どういう意味?・・・ねぇ、どういう意味?

長らくお読みいただきありがとうございました。
自分でハードル上げて、必死こきましたが無力を実感しています。
通信教育の男塾さま、これからもよろしくご指導、ご鞭撻、ご厚誼のほどお願いいたします。


「この次、がんばります!」(`・ω・´)

拍手もポチもありがとうございます。
ランキングに参加していますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ


関連記事

17 Comments

此花咲耶  

nichika さま

笑っていただいて、よかったです。
実は密かに含みを持たせたまま、完結していません。どうなるんでしょうねぇ……(*/∇\*) キャ~
書きたいものを書いていると、何やら闇鍋のようです。
お読みいただき、ありがとうございました。コメント、うれしかったです。(*⌒▽⌒*)♪

2013/02/03 (Sun) 00:07 | REPLY |   

此花咲耶  

tukiyo さま

> 笑い転げてしまったーーーーー。

お読みいただきありがとうございます。笑っていただければ、大成功です。(〃▽〃)

> BLで(これはBLの新ジャンルですわね!)こんなに笑ったの初めてです~~。
> BL童話3部作を読んで静かな感動に浸り、次は何を読ませていただこうかとこれをポチっとしたら180度違う世界~~~ww
> また機会があったら続きが読みたいくらいです。

勿論、思いっきりBL作品だと思いながら書きました。
チューチュートレインを踊らなきゃいけませんね。大魔導師オメガと大魔導師エルの名前はここから取りました。お遊びです~(*⌒▽⌒*)♪

> BL童話も3作ともすごーーーーーくよかったです。

きゃあ~~、そういっていただくと、すごくうれしいです。ありがとうございました。

> またこれもシリーズ化して書いて欲しいです~~。

お友達、どうなったんでしょうね、放置しっぱなしでした。(*⌒▽⌒*)♪
いつか、頑張ります!(`・ω・´)

2011/06/22 (Wed) 22:59 | REPLY |   

tukiyo  

なんですか~~~このお話ぃ~~

笑い転げてしまったーーーーー。
BLで(これはBLの新ジャンルですわね!)こんなに笑ったの初めてです~~。
BL童話3部作を読んで静かな感動に浸り、次は何を読ませていただこうかとこれをポチっとしたら180度違う世界~~~ww
また機会があったら続きが読みたいくらいです。
BL童話も3作ともすごーーーーーくよかったです。
またこれもシリーズ化して書いて欲しいです~~。

2011/06/22 (Wed) 19:09 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

ねむりこひめさま

ねむりこひめさま

> こんにちわー。
> お話読ませていただきました。

わ~・・・一部では此花とキャラが被るといわれている、ねむりこひめさまっ(*^-^*)
お読みいただきありがとうございますっ!わ~、嬉しいですっ!

> この不思議なファンタジー感、優しくって、おかしくって、とっても素敵なお話でした~♪
>
素敵って言って下さってありがとうございます。

> チューチュートレインを踊る、オメガとエル君
> 想像しただけで可愛くって・・・もう、たまりませんでした。

可愛い・・・きゃあ。新メンバーも加入の大所帯です。
創造するとエライコトに。

> 素敵なお話を読ませていただき、ありがとうございました^^

こちらこそ、わざわざお越しいただきその上、こんな嬉しいお言葉まで・・・。
のちほどご挨拶に伺います。
コメントありがとうございました。嬉しかったです。きゅんきゅん♪

2011/01/11 (Tue) 20:19 | REPLY |   

此花咲耶  

塾長さまっ!

塾長さまっ!

> だめ~笑っちゃうから~!

(`・ω・´)真剣に、書きましたっ!

> 一生懸命遠流は頑張った、みくもツルツルの割には頑張った!
> でもドライでいったのはオメガエル~!

(*⌒▽⌒*)♪ ドライ教えていただいて、初めて使いました。
書いているうちに、脳内沸騰しそうになりました。
正直言うと、皆様がどうしてあんな風に濃厚に自然に、かつ流麗に書けるのかいまだに解明できないです。
書いてゆくうちに見えるものもあるかもしれません。←うっかり、本音(*ノェノ)きゃあ。

> 星が流れて元通りになったら、遠流くん、またみくちんに教えてあげてね!
> 男塾も最近はRなしの話もあるし(笑)

大好きです。清らかなお話。タイトルの中にスノードロップを入れて欲しいと思っていました。
楽しみです。
でも冬企画!時代物ですね。すごく好きな設定です。いつかは舞台に書きたいと思っています。
すごくわくわくしています。続きをひたすらお待ちします。

> 此花さんのほんわかRを参考にしますね~。
> ピンクの象さんくらいで!

レベルが低いです~、参考になりません。

> 大変よく頑張りました!
> 次回も期待しています!

(//▽//) きゃあ。塾長さまに褒められた~。これからも、うっすら頑張りますっ!←オーバーヒートでした~
コメントありがとうございました。嬉しかったです♪

2011/01/11 (Tue) 20:12 | REPLY |   

ねむりこひめ  

素敵でした~♡

こんにちわー。
お話読ませていただきました。
この不思議なファンタジー感、優しくって、おかしくって、とっても素敵なお話でした~♪

チューチュートレインを踊る、オメガとエル君
想像しただけで可愛くって・・・もう、たまりませんでした。
素敵なお話を読ませていただき、ありがとうございました^^

2011/01/11 (Tue) 20:08 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

アドさまっ!

アドさま

> やっぱり人が周りにいないことを確認して読まなくてはいけません。
> だって、パソコンを前にして「きゃぁあああっ」「ブハッ」「やあぁああん」「うそーっ」って大騒ぎ、傍から見たら怖いです(笑)

それは、此花が「テレビの国・・・」を初めて読んだ時の、リアクションです。きゃあああああっ!が1番多かったですけど最近はうっとりと静かな世界に絡めとられている気がします。
エチ場面が書けないから、ぞうさんはずしてしまいました~(*⌒▽⌒*)♪ ←こら~!
>
> 今回は、エチシーンって事でエロ顔になるだけかしらーって思ったら、そんなわけ無かった~~~~~。
>
相当本人は頑張ったのですが、拙くて泣きそうです。
書かなきゃ上達しないと言われましたので、お勉強頑張りますっ!(`・ω・´) 他にもやることあるだろぉ・・・

> 仲間が沢山集まって(14人?)踊ったらそりゃ…可愛いアヒャヒャヘ(゚∀゚*)ノヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ

14人もいたら、持ち主達だけでも大変なことになりそうです。
笑いに隠された裏側を読み解いてくださって、ありがとうございました。

> 表彰状をお渡ししたいです。
> 「楽しかったで賞」
> お見事でした~~(あ、でもちゃんとエロかった(-_-;))

「楽しかったで賞」貰いました~~~!!(*⌒▽⌒*)きゃあ♪嬉しいです~
ちゃんと、エロかったですか?わわ~・・(//▽//)
アドさまの所のヨシュアさまと比べたら、雲泥ですけどいつか流れるような会話と動きを描けるように頑張ります。コメントありがとうございました。嬉しかったです♪

2011/01/11 (Tue) 19:56 | REPLY |   

Rink  

エチ中に踊るオメガ、エグザたち~

だめ~笑っちゃうから~!
一生懸命遠流は頑張った、みくもツルツルの割には頑張った!
でもドライでいったのはオメガエル~!
星が流れて元通りになったら、遠流くん、またみくちんに教えてあげてね!
男塾も最近はRなしの話もあるし(笑)
此花さんのほんわかRを参考にしますね~。
ピンクの象さんくらいで!
大変よく頑張りました!
次回も期待しています!

2011/01/11 (Tue) 19:39 | REPLY |   

アド  

此花さま~~~~。

やっぱり人が周りにいないことを確認して読まなくてはいけません。
だって、パソコンを前にして「きゃぁあああっ」「ブハッ」「やあぁああん」「うそーっ」って大騒ぎ、傍から見たら怖いです(笑)

今回は、エチシーンって事でエロ顔になるだけかしらーって思ったら、そんなわけ無かった~~~~~。

仲間が沢山集まって(14人?)踊ったらそりゃ…可愛いアヒャヒャヘ(゚∀゚*)ノヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ
表彰状をお渡ししたいです。
「楽しかったで賞」
お見事でした~~(あ、でもちゃんとエロかった(-_-;))

2011/01/11 (Tue) 15:49 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

びびさま

びびさま

> 遠流~、今まで散々変態呼ばわりしてごめんなさいm(_ _)m。
> みくちんをまるごと愛してる事が伝わってくる、とっても良いエチでしたよ!

おお~!遠流、褒められてる~(*⌒▽⌒*)♪ 嬉しいです~
とっても良いエチ・・・(*ノェノ)キャーそう言われると、、恥ずかしい。
ぱんつ、脱ぎましたっ!

> オメガエルが独立して参戦してたので、ちょっぴり(?)変則的でしたが…(#^.^#)
>
流れ星には帰ってきて~とお願いしてしまったのです。今度こそ、元に戻ってとお祈りしなきゃね。

> 此花様の書かれるお話、やはり最後はしっとり甘く、オメガエルもあるべき所に納まってこのまま大団円か~!と
> 思ったら‼
> 最後に来ましたね、大爆笑が‼
> シュール過ぎるよ~~。どんなダンスなの~⁈

恥ずかしいので、そっちに逃げました~(//▽//)
思わず、一緒に踊ってしまいそうです。エ○ザイル見るたびに、思い出してねっ!(*⌒▽⌒*)♪ ←あほか~
>
> 最後まで楽しく読めました、笑いました。
> お疲れ様でした。\(^o^)/

長らく、お読みいただきありがとうございました。
コメントいただけて嬉しかったです。
次回はうんと真面目なお話になります♪テイストが違いますが、お読みいただけると嬉しいです。

2011/01/11 (Tue) 11:29 | REPLY |   

びび  

楽しみましたo(^▽^)o

遠流~、今まで散々変態呼ばわりしてごめんなさいm(_ _)m。
みくちんをまるごと愛してる事が伝わってくる、とっても良いエチでしたよ!
オメガエルが独立して参戦してたので、ちょっぴり(?)変則的でしたが…(#^.^#)

此花様の書かれるお話、やはり最後はしっとり甘く、オメガエルもあるべき所に納まってこのまま大団円か~!と
思ったら‼

最後に来ましたね、大爆笑が‼
シュール過ぎるよ~~。どんなダンスなの~⁈

最後まで楽しく読めました、笑いました。
お疲れ様でした。\(^o^)/

2011/01/11 (Tue) 10:02 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

小春さま

小春さま
> 此花ちんのエチはこうでないとねv-238
> 本当に綺麗な表現で良いわ~~~萌え~~~
>
大丈夫でしたか?
脳内沸騰するほど、がんばった割には濃厚にはならなくてまだまだ感が漂っています。
眦から溢れる滂沱の涙・・・これ、此花の姿です。ちょっと悔し涙。
でも、気に入ってもらえて良かったです。

> 流れ星~お願い叶えてね!
>
エチが上手に書けるようになりますように。←どさく

> 大笑い場面が沢山あって、コメ欄も盛り上がり楽しかったです。
> v-238ありがとうv-238

笑ってくださってありがとうございました。
こんなにコメもいただけて、舞い上がりました。
これからもがんばります。

2011/01/11 (Tue) 09:16 | REPLY |   

小春  

綺麗なエチシーン^^

此花ちんのエチはこうでないとねv-238

本当に綺麗な表現で良いわ~~~萌え~~~

流れ星~お願い叶えてね!

大笑い場面が沢山あって、コメ欄も盛り上がり楽しかったです。
v-238ありがとうv-238

2011/01/11 (Tue) 07:25 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

けいったんさま

けいったんさま

> 男塾塾長さまに、 階級アップの お免状を 頂かなくては なりませんねー。

ひよこ組からあひる組くらいに進級できたかな~(*^-^*)
死ぬほど時間がかかりました。書きなれないと駄目ですね、きっと。
>
> シリアスで ファンタジーで コメディでと 色々な面が 楽しめた作品でした!

楽しんでくださったら、嬉しいです。
まだまだですけど、これからも頑張ります。

> 此花さま、逃げずに よく 頑張った♪ (゚´Д`゚)ヾ(´∀`*)ヨシヨシ
> ...byebye☆
・゜゜・(/□\*)・゜、わ~ん、褒めてもらった~。
でも読み返したら思うほどエチじゃない気が~
>
> 「琥珀の君」、 即効 電源offって !┬|∀`)っ)) ウケルー

ままんが心配してるのにね~

コメントありがとうございました。嬉しかったです。(*⌒▽⌒*)♪

2011/01/11 (Tue) 01:35 | REPLY |   

此花咲耶  

サフランさま

サフランさま

> 此花様、捻り鉢巻きをして頑張られました!
> さぁ、塾長様。表彰状(努力賞)を差し上げて下さ~い!!!
>
頑張りました~(*⌒▽⌒*)♪ 推敲10回以上~、異常~←必死~
努力賞か~・・いつかは技能賞狙いたいっす!春場所ぐらいには。

> オメガエルの友人のエ○ザイル、其処にいたんか~い(笑)!興奮して大きくなってるし~(笑)。

何気に仲良しこよしみたいです。知らないところで何があったんでしょうね。

> そして、やっぱり踊ってますね~、チューチュー トレイン~(笑)。

躍らせたかったんですよ。可愛いです。生のぶつは可愛くないですけど、何しろファンタジーですから。

> ナヌッ!?仲間も来て、皆で踊るのか~(爆)!
> Help me!笑い殺される~。

だったら、楽しいかなって思いました。
>
> 息子、とうとう下宿へ戻りました。今年は用事があったので、帰省が長引きました。
> 普段は息子の存在すら忘れて平気でいるのに、帰省から戻る日は寂しくて…。だから、ここを読んで爆笑して、楽しかったです。オメガエル、ありがとう(笑)。
>
琥珀の君、ままんが寂しがってますよ~。架空のお○んちんに慰められてますよ~。

> 連絡し忘れた事があったので、夜に息子に電話したら、携帯電話の電源が切ってありました~。久しぶりだし、仕方ないけれど、誰に会ってるのか分かりませんねぇ(苦笑)。

分かりませんけど楽しい夜になりそうです。
コメントありがとうございました。嬉しかったです♪

2011/01/10 (Mon) 23:58 | REPLY |   

けいったん  

発表会は 成功!(*^‿・)

男塾塾長さまに、 階級アップの お免状を 頂かなくては なりませんねー。

シリアスで ファンタジーで コメディでと 色々な面が 楽しめた作品でした!
此花さま、逃げずに よく 頑張った♪ (゚´Д`゚)ヾ(´∀`*)ヨシヨシ
...byebye☆

「琥珀の君」、 即効 電源offって !┬|∀`)っ)) ウケルー

2011/01/10 (Mon) 23:15 | REPLY |   

サフラン  

(オメガエルは次にくっチューいたらもう)、チューチュー トレヘン(取れない)?

此花様、捻り鉢巻きをして頑張られました!
さぁ、塾長様。表彰状(努力賞)を差し上げて下さ~い!!!

オメガエルの友人のエ○ザイル、其処にいたんか~い(笑)!興奮して大きくなってるし~(笑)。
そして、やっぱり踊ってますね~、チューチュー トレイン~(笑)。
ナヌッ!?仲間も来て、皆で踊るのか~(爆)!
Help me!笑い殺される~。

息子、とうとう下宿へ戻りました。今年は用事があったので、帰省が長引きました。
普段は息子の存在すら忘れて平気でいるのに、帰省から戻る日は寂しくて…。だから、ここを読んで爆笑して、楽しかったです。オメガエル、ありがとう(笑)。

連絡し忘れた事があったので、夜に息子に電話したら、携帯電話の電源が切ってありました~。久しぶりだし、仕方ないけれど、誰に会ってるのか分かりませんねぇ(苦笑)。

2011/01/10 (Mon) 22:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment