FC2ブログ

真夜中に降る雪・番外編「はじめての春」 

自宅から離れた中高一貫校の試験を受けてみようと思ったのに、たいした理由など無い。
何もかもつまらなかった。
見た目だけで自分を判断する周囲や、少し熱を出しただけで大騒ぎする祖父母もいやだった。
寮に入るほどの距離ではないし、通学するという理由で受験を許してもらった。

中等部の入試は、学科と面接だったがほとんど推薦入試のようなもので、これといって難解なものではなかった。
だが試験時、名前と性別の一致に試験管がしばらく逡巡し、いいにくそうに口にした。

「里中・・・春美・・・はるみ・・・?」
「里中春美(さとなかはるよし)です!」

くすくすと、嘲笑めいたざわめきがさざ波のように寄せてくる。
おんなみてぇ・・・と、耳に入る小さな声がいたたまれなかった。
女みたいな名前も容姿も、珍しい生き物を見るような視線も、伸びてくる手もわずらわしかった。
ゲームのリセットボタンを押すような気持ちで、新しい学校を決めたのに結局どこもかも同じだ。

ペットショップのふわふわした子うさぎを愛でるように、周囲は春美を愛した。
意思も行動も束縛される、可愛いだけの愛玩動物。
いつしかそんなものに自分がなってしまうような気がする。
柔らかい真綿のような束縛が、いつも周囲にあった。

「あ~あ・・・やっぱり、どこも一緒かなぁ・・・」

ぼんやりと、校庭裏から帰宅しようとして足元に転がってきたボールを認めた。

「悪いな!投げてくれ!」

体育の時間に触ったソフトボールとは違う、一回りも小さな硬球に春美は戸惑っていた。
仕方なくボールを持って、声をかけてきたユニホームの少年に近づいた。

「あの・・・これ。」
「サンキュ。」

春と聡一、出会い



春先なのに、日に焼けた顔で人懐っこく笑う。
野球部らしく、一人壁に向かって投球練習をしているようだった。

「今日、入試日だっけ?球拾いがいなかったんだ。暇なら手伝ってくれ。」
「え?球拾い?」

春美の見守る中、そこだけは色の変わったコンクリートの壁にひたすら少年はボールを投げ込んで行く。
黙々と投げる姿に、春美は見惚れていた。
気持ち良く空気を切って、ボールが白い軌跡を描く。
小一時間投げ込んだあと、二人でボールを拾った。
少し離れた場所から少年が、そっと下手投げでボールをよこしてくる。

「ほら。投げてみろよ。」

キャッチボールなどしたことも無い春美の投げたボールは大きくそれて、外野方面にまで転がっていった。

「結構、飛んだなぁ。」
「ごめんなさい。」
「いいさ。」

にこにこと笑う少年が話しかけてくるのを、春美は緊張しながら聞いた。

「入学したら、野球やらないか?」
「・・・やったことないです。」
「誰でも始める前は、やったことないさ。俺は今度中三だけど、ここは部員少ないから野球は高等部も一緒なんだ。卒業するまで教えてやるよ。」
「ぼく、余り丈夫じゃなくて・・・。あの・・・たまに喘息とか出るし、運動部は・・・。」

少年の笑顔がふっと消えた。

「なあ。そうやって逃げていたら、やったこと無いものいっぱいあるだろ?」

思わず驚いて、じっと見返してしまった。
里中春美は、何気なく零れて来たその言葉に惹かれた。
まるで全てを見通しているような、澄んだ瞳。
春美が欲しくてたまらなかった、筋肉の乗ったしなやかな肢体を持った年上の人。

小さな頃からサッカーも少林寺も、お友達と一緒にやってみたいというものはことごとく却下された。
プールは喘息にいいといって始めたものの、風邪気味のある日、発作が起きてプールに沈み溺れかけて以来運動は何もしていない。

「喘息なんてさ、肉食って体力つけて走ってたら治るって。」
「まさか・・・そんな話、聞いたこと無いです。」
「そうだろ?今、初めて言ったんだから。」

労わるような目を向けるでもなく、誰もが賛辞を寄せる春美の華美な容姿には目もくれず、知り合った新入生を勧誘して笑っているに過ぎない。
この人といたら、これまでとは違う毎日になるかもしれない。
そう思うと思わず意思が口を付いて出た。

「先輩。ぼく、合格したら野球部に入りますから、教えてください。よろしくお願いします。」
「お~、そうか。じゃあさ、名前教えてくれるか?」
「里中春美です。はるみと書いて、はるよしです。あのっ、春生まれだから・・・」
「俺は、宮永聡一だ。よろしくな、春・・・でいいか?」

何で、笑顔でこんな話をしているんだろうと思う。
ただ、普通の会話が出来るのが嬉しかった。

野球部在籍の少年は、春美よりも学年は2つ上だった。
ボールを片付けながら、ゆうに頭一つ高い少年が野球漫画を知っているかと聞いてきた。

「メジャーとかバッテリーとかですか?聞いた事はありますけど。」
「もう少し古いやつだ。ドカベンという、漫画があるんだ。その中に里中という投手が出てくる。そいつもちびだけど、プロ野球選手になっていつか「小さな巨人」と呼ばれるようになるんだ。」

一瞬、笑いを消して春美の頬に手を伸ばした。
思わず、身構えたら両方の頬を引っ張られた。

「がんばれよ。里中。」
「野球やってればわかる。こうやって投げ込みすると、腰がぐらつかなくなるんだ。きっと体力だけは付く。」
「はい。」
「一緒に野球できたら、楽しいぞ。ここで、待ってるからな。」
「はいっ!」

本当のことを言うとメンバーが足りないから、入ってくれると助かるんだと笑った。
初めて会った先輩なのに、日々に苛立つ心を、深く見透かされたような気がした。

宮永聡一との出会いはそんな風だった。

里中春美が初めて会った日の気持ちが、恋だと気が付くのはもっと先の話だ。

****************************

合格発表当日。

前日に担任から、合格を教えられていた春美は別に掲示板を見に行く必要は無かった。
それでも、あえて一人で学校に向かった。
家族には反対されたが、野球部に入ると宣言してあった。

同じユニホームに袖を通しても、まるで女の子のような線の細い春美の事はみんな「女子マネ」と呼んだが、宮永聡一の一喝で皆、里中と苗字で呼ぶか春と一文字で呼ぶようになった。

くたくたになりながらも、充実の日々。
春美は何度か熱を出したりしながらも、誰よりも一生懸命だった。
入部してしばらく後、部室に新入生を集め、仁王立ちする聡一の姿があった。

「一番練習熱心なやつを、何でマネージャー呼ばわりして雑用やらせるんだ?お前らの中で、入部からこっち、一番上達したのはあいつだぞ。」
「だって、レベルが・・・」
「俺は、春がどれだけがんばったかの話をしているんだ!」

周囲は、聡一に気おされている。
確かに、まともにキャッチボールすら出来なかった春美が、日々の遠投の練習で取りこぼさなくなったのは誰もが知っている。
手のひらを向ければ、チームの中で一番小さな白い手に、いくつもの血豆がつぶれて硬くなっている。

「今後、春を女子マネって呼んだやつは丸坊主!いいな。」

一斉に分かりましたと、新入生は声をそろえ用具を片付けに走ったが、春美はその場にうずくまった。
宮永が認めてくれたのが嬉しかった。

「春。」
「す、すみません。せんぱ・・ぃ。何か・・・嬉しくて・・・。」
「俺は、まともなことしか言ってないぞ。お・・・おい、春。」
「・・・ああぁ・・・ん。」

いじらしい後輩に、思わず聡一の頬も緩む。
聡一も、出来ないながらも懸命に後を追ってくる、春美が愛おしかった。
まともにボールも投げられなかったくせに、今はぎこちないがスライディングさえ出来るようになった。

「春。小さな巨人になるんだろう?」

春美はその言葉に涙が止まらなくなり、宮永聡一の胸で泣きじゃくり、やがて聡一は無骨な手で春の顔をそっと挟んだ。

「春は、泣き虫だなぁ・・・」

そういう聡一の唇が、そっと春美の頬に触れ唇を掠めた。
見開いたままの、春美の双眸から驚くほどの涙が堰を切ったように溢れ出た。

「あ。馬鹿にしたんじゃないぞ、春。頑張ってるって褒めてるんだぞ。」
「・・・はい・・・。」
「困ったなぁ・・・春。可愛くてたまらない。」
「せんぱ・・・ぃ。」

ふわりと薄い影が重なった。

初めて、キスをした。
大好きで大嫌いな先輩、宮永聡一と里中春美の「はじめて」だった。

**********************************

連載が終わりました「真夜中に降る雪」番外編・【はじめての春】です。
里中春美と、宮永(芳賀)聡一が、出会った頃の話を書きました。
こんなに青春していたのねと、微笑んでいただけたら嬉しいです。

聡一がまだ、デビルじゃなく春くんは・・・あんまり変わらないかな。
(`・ω・´) 今は、大人です~

番外編に使用しておりますイラストは、Invisible Loveねねさまの作品です。
【真夜中に降る雪】はBL KANCHOROさま二次企画に参加させていただきました。版権は全てねねさまに属しますのでご注意ください。
出会いの頃の姿は、どこか恥ずかしそうな春くんが可愛いです。
(´・ω・`)ニックネーム、女子マネ~・・・

拍手もポチもありがとうございます。
ランキングに参加していますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ



関連記事

12 Comments

此花咲耶  

小春さま


小春ちんっ!(`・ω・´)

> (*´∇`)ノ こんばんは~
>
おお~、楽しそうです。

> あんぽんたんは感染しますか?
> 初Kissは中1でした・・・・・・・
> 此花ワールドでポワンポワンしていました^^
> でも小春より早いっ!

感染します。此花の周囲もうつった~って言ってます。

> 又想い出したんですが~私女子マネしたこと有りました。
> ホテルに勤めていた時に朝野球のサブマネ少ししていました。もしかして~此花さまって私のコト知っているんですか?
> リンク多すぎσ(*´∀`照)えへへ

不思議ですね~、お話一生懸命かいていたら、こうなったんです。
此花も驚いています。いっぱい被ってましたね。びっくりしました。(◎ω◎)はう~、何故に~?
春くんが幸せになったので、きっと小春さんも幸せになります。
>
> 聡一の爽やかでリーダーシップ全開の少年時代、
> 良いですね☆:*・゚(●´∀`●)ホェ:*・゚
>
> まさかその後に^(#`∀´)_Ψ・・・悪魔vs天使・・・†_(゚ー゚*)β
> 悪魔・・・聡一
> 天使・・・春
> なんて誰が想像できますか。。。
>
明るくて元気いっぱいで面倒見のいい少年。
それが本当の、聡一の姿だったと思います。
若い聡一にはどうしようもない事が、多すぎました。可哀想にね。←。・゜゜・(/□\*)・書いといて。

> 顔文字~http://kaomoji-cafe.jp/index.html
> 顔文字CAFEに可愛いのが沢山あります。
>
覗いてみます~ありがとうございます。

> 此花さまに質問~ssは何話かありますか?
>           もう少しお話は続きますか?
>     小春わかんない(*´;ェ;`*) うぅ・・・
>       あんぽんたん感染ったから(ヘヘッ)

ここで一応、お終いにしようと思います。
いつか、孝幸くんと春の未来を覗きたいです。
今日から、違うお話を書きます。

あんぽんたんでどうしようもない、お話です。
笑ってね。(*⌒▽⌒*)♪
コメントありがとうございました。新しいお話も、お読みいただければ嬉しいです。

2011/01/05 (Wed) 20:10 | REPLY |   

小春  

小春再び参上

(*´∇`)ノ こんばんは~

あんぽんたんは感染しますか?
初Kissは中1でした・・・・・・・
此花ワールドでポワンポワンしていました^^
でも小春より早いっ!

又想い出したんですが~私女子マネしたこと有りました。
ホテルに勤めていた時に朝野球のサブマネ少ししていました。もしかして~此花さまって私のコト知っているんですか?
リンク多すぎσ(*´∀`照)えへへ

聡一の爽やかでリーダーシップ全開の少年時代、
良いですね☆:*・゚(●´∀`●)ホェ:*・゚

まさかその後に^(#`∀´)_Ψ・・・悪魔vs天使・・・†_(゚ー゚*)β
悪魔・・・聡一
天使・・・春
なんて誰が想像できますか。。。

顔文字~http://kaomoji-cafe.jp/index.html
顔文字CAFEに可愛いのが沢山あります。

此花さまに質問~ssは何話かありますか?
          もう少しお話は続きますか?
    小春わかんない(*´;ェ;`*) うぅ・・・
      あんぽんたん感染ったから(ヘヘッ)

2011/01/05 (Wed) 19:09 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

小春さま

小春ちん

> 出逢いはこんなだったんですね^^
> 小6で初ちゅう・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:

中一だぞっ!(`・ω・´)
でもね、この出会い書いていたら、聡一がちょっと可愛そうになってしまって涙でそうになってしまいました。

> 小春より早いじゃん・・・・・
> じゃなくって、
> 野球頑張ってるんだねヾ(●`・ω・´●)ノ頑張るぞっ!!!

小春さんも、がんばってね。
暖かくなったら、きっと今より動くのが楽になると思うから。
>
> きっかけってどこにあるか判らないね、
> ここ野球部でさらに根性がつくんだ!

きっと、後ろをくっついてゆくのに精一杯です。

> 聡一が先にFall in Love゚.+:。(〃ω〃)゚.+:。 キャァ♪
> 仲良くキラキラな青春長く続いて欲しい・・・
> ^(#`∀´)_Ψ・・・悪魔vs天使・・・†_(゚ー゚*)β

この絵文字に、笑ってしまいました。天使の方、春くんですか?羽もついてる~(≧∇≦)ノ彡

> ~ねねさまのイラスト、ここでもピッタリで素敵です~

野球部のイラストがあるなんてっ!
すごく驚きましたし、すごく嬉しかったです。(〃∇〃) しかも、お話と合ってますねっていっぱい言っていただきました。嬉しいです♪

コメントありがとうございました。嬉しかったです(*^▽^)ノ

2011/01/05 (Wed) 13:26 | REPLY |   

小春  

☆はじめての春☆

此花さま

出逢いはこんなだったんですね^^
小6で初ちゅう・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:
小春より早いじゃん・・・・・
じゃなくって、
野球頑張ってるんだねヾ(●`・ω・´●)ノ頑張るぞっ!!!

きっかけってどこにあるか判らないね、
ここ野球部でさらに根性がつくんだ!

聡一が先にFall in Love゚.+:。(〃ω〃)゚.+:。 キャァ♪

仲良くキラキラな青春長く続いて欲しい・・・

^(#`∀´)_Ψ・・・悪魔vs天使・・・†_(゚ー゚*)β

~ねねさまのイラスト、ここでもピッタリで素敵です~

2011/01/05 (Wed) 09:11 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

ねねさま

ねねさま

> 聡一にも、こんな爽やか少年な時代があったのね…。
>
絵が爽やかなので、爽やかに見えるマジックです。(*⌒▽⌒*)♪

> なにものにも負けない強さを身に付けた春美。
> 一本筋の通った心の強さは春美が生れ持ったものだったんですね。
>
春くん、負けず嫌いの設定です。
でもへたれで、駄目っ子全開です。

> 自分も頑張らなくっちゃと思えた素敵なお話でした。
> このはなちん、イラストを使ってくれてありがとう。
> 心から感謝しています。

うれしいです。(//▽//) きゃあ。ありがとうございます。
こちらこそ、イラストお貸しくださってありがとうございます。
本当に嬉しかったです。ねねちん、ありがとうっ!(*⌒3⌒*)ノ♪ うちゅ~~~っ!
逃げて~!!

2011/01/05 (Wed) 02:25 | REPLY |   

ねね  

ありがとう!

聡一にも、こんな爽やか少年な時代があったのね…。

なにものにも負けない強さを身に付けた春美。
一本筋の通った心の強さは春美が生れ持ったものだったんですね。

自分も頑張らなくっちゃと思えた素敵なお話でした。
このはなちん、イラストを使ってくれてありがとう。
心から感謝しています。

2011/01/04 (Tue) 21:40 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

Rinkさま

Rinkさま

> 里中ちゃん、泣かせたよね~!
> 力投しすぎて肩を壊しちゃって。鍼灸院で治療して、復活!
> さとるボールだっけ?
> あったな~。
> 微笑み三太郎とか・・・
> 古いことはよく知ってる私(笑)

何でこんなにめっちゃ詳しいんだろう・・・(´・ω・`)不思議~。
・・・と言いながら、主題歌は歌える此花。どうしよう。

> ねねさまのイラストが優しくマッチしてますね!

思わず、きゃ~(*⌒▽⌒*)♪ でした。素敵絵、快くお貸しいただけてすごく嬉しいです。

> いい先輩だったのに、色々な背景から歪んでしまったんだね。
> それを思うと切ないです。

若いからこそ、余裕がなくて歪んでしまいました。
大人になった今では、きっと上手く対応できるのでしょうけど。

> でも、今が幸せならいいさ、過去は何事も経験だよね。

日常の全ての事は、無駄なく良い方へ流れてゆきます。
最後に笑っていられたら、全ての悲しいことも無駄ではなくなります。
コメントありがとうございました。嬉しかったです♪

愛のしるし・・・(//▽//)どきどき ・・・たぶん、入塾前なら密かに逃亡図っていたはずですが、今や塾生ですから当然拝見しました。・・・・・|ω・`)はう~紫の薔薇~
此花の鼻血で辺り一面、真っ赤に染まっています。・゜゜・(/▽\*)・゜書けないけど、かまとと~

2011/01/04 (Tue) 18:11 | REPLY |   

Rink  

きゃ~ドカベン!

里中ちゃん、泣かせたよね~!
力投しすぎて肩を壊しちゃって。鍼灸院で治療して、復活!
さとるボールだっけ?
あったな~。
微笑み三太郎とか・・・
古いことはよく知ってる私(笑)
ねねさまのイラストが優しくマッチしてますね!
いい先輩だったのに、色々な背景から歪んでしまったんだね。
それを思うと切ないです。
でも、今が幸せならいいさ、過去は何事も経験だよね。

2011/01/04 (Tue) 16:41 | REPLY |   

此花咲耶  

サフランさま

サフランさま

> 自宅からチョッと離れた中高一貫校生で茶髪の春美。
> 愚息に似ている気もしますが、やはり、似て非なるという印象を受けました。…春美は健気だもんねぇ!
>
似ている所ありますか?ねねさまの可愛い下級生と先輩の姿が、とてもきゅんきゅんのツボでした。
健気な子が好きです。・・・というか、子どもと武士しか書けなかったのですが、ちょっとだけ間口が広がりました。

> ウチの腹黒息子、どうもシモがだらしない印象が強いですが、本性はインテリでございます(笑)。そのあたりを1月4日の塾長様の『雪が降り出しそうな…20』に少し書きました。
> 小学校の卒業式の日。終了後に帰宅する為に歩道橋を渡っていたら、下の道路から息子の名前を呼ぶ1人の同級生。「さようなら」を言う訳でも、「元気でな!」という訳でもなく、ただ息子のあだ名だけを何度も叫んでいました。あんなに痛切な叫び声は聞いた事がない。きっと、彼は泣いていたと思います。(仮にK君と呼びますが、彼は息子と同じ塾で、やはり中学受験して京都の中高一貫男子校に進学しました。)それなのに、息子は無言でただチョッと手を挙げただけでした。

小学生じゃなくて、中学生だったら使えそうだなぁ・・・メモメモ・・・と。
琥珀の君の、小悪魔っぷりの炸裂はこの頃からでしょうか。(//▽//) ・・・シモがだらしないって。
ままん・・・(*ノェノ)キャー

> その後、時々K君のお母様にお会いしました。お母様の話では、彼は高校生になっても、息子がどうしているんだろう、元気にしているかなと家人に時々話しています。息子の方は、きれいサッパリ忘れているのに…。K君は4月生まれ。早生まれの息子より大分お兄さんで、しかも頭の良いお子さんだったので、既に思春期に入っていたんだと思います。
> 一方、息子は勉強は凄く出来ましたが、まだ幼稚なところがあり、K君と同じ気持ちを持っていなかったんでしょう。
> そして、K君は地元の某旧帝大へ現役合格しました。息子も現役合格しましたが、小さい時から大学は東京と決めていたので、結局2人の交流は無いままでした。

頭の良い子の思考回路は、此花にはよく分かりませんが、素人ながら物を書いていると設定は自由なので頭の良い子も書きます。大抵、どこかいびつに書いてしまいます。
ままんの、この観察力と洞察力は中々の物です。(*⌒▽⌒*)♪ 楽しかったです。
師匠のおうちにも行ってきます。
頭のいいお子さんがいっぱいいらっしゃいます。

> 卒業写真には少し寂しそうなK君とは対照的に、晴れやかな笑顔の息子が写っています。

よこしま発動・・・(*ノェノ)キャー

コメントありがとうございました。楽しいですね~(*⌒▽⌒*)♪

2011/01/04 (Tue) 16:08 | REPLY |   

此花咲耶  

アドさまっ!

アドさま

(〃∇〃) きゃあ。コメントありがとうございますっ!

ねねさんのイラスト、一緒にアップされていて心臓ばくばくになりました。
脳内に浮かんでいたお話の一場面でした。
無理やりお願いして、お借りすることにしました。

おなかの風邪はもう大丈夫ですか?
お大事になさってください。
張り忘れた場面は、14話に追加しました。情けなくて涙が出そうです。

>確かに大事なシーンでしたねー、合わせて読み返します。

申し訳ないです・・・|ω・`)

里中くんをここで使いました。
投手も良いかなと思ったのですが、さすがにやめました。(*⌒▽⌒*)年がばれます~♪
最初に既に・・・?(@▽@)アドさま、守備範囲広すぎです~

コメントありがとうございました。嬉しかったです(*^▽^)ノ

2011/01/04 (Tue) 12:09 | REPLY |   

サフラン  

卒業写真

自宅からチョッと離れた中高一貫校生で茶髪の春美。
愚息に似ている気もしますが、やはり、似て非なるという印象を受けました。…春美は健気だもんねぇ!

ウチの腹黒息子、どうもシモがだらしない印象が強いですが、本性はインテリでございます(笑)。そのあたりを1月4日の塾長様の『雪が降り出しそうな…20』に少し書きました。
小学校の卒業式の日。終了後に帰宅する為に歩道橋を渡っていたら、下の道路から息子の名前を呼ぶ1人の同級生。「さようなら」を言う訳でも、「元気でな!」という訳でもなく、ただ息子のあだ名だけを何度も叫んでいました。あんなに痛切な叫び声は聞いた事がない。きっと、彼は泣いていたと思います。(仮にK君と呼びますが、彼は息子と同じ塾で、やはり中学受験して京都の中高一貫男子校に進学しました。)それなのに、息子は無言でただチョッと手を挙げただけでした。
その後、時々K君のお母様にお会いしました。お母様の話では、彼は高校生になっても、息子がどうしているんだろう、元気にしているかなと家人に時々話しています。息子の方は、きれいサッパリ忘れているのに…。K君は4月生まれ。早生まれの息子より大分お兄さんで、しかも頭の良いお子さんだったので、既に思春期に入っていたんだと思います。
一方、息子は勉強は凄く出来ましたが、まだ幼稚なところがあり、K君と同じ気持ちを持っていなかったんでしょう。
そして、K君は地元の某旧帝大へ現役合格しました。息子も現役合格しましたが、小さい時から大学は東京と決めていたので、結局2人の交流は無いままでした。
卒業写真には少し寂しそうなK君とは対照的に、晴れやかな笑顔の息子が写っています。

2011/01/04 (Tue) 12:04 | EDIT | REPLY |   

アド  

総一さん(◎ω◎)

まともな事を言っただけ…その言葉に涙する春くん。
青春だなぁ~。
ねねさんのイラストが、実写の総一先輩と春くんに見えてドキッとしました。
こんな学生時代のあとに総一がデビル化…e-277
お話に歴史が加わりました。

昨日は、お腹の風邪で携帯から記事消失の事実を知りました~~ガビーン!
確かに大事なシーンでしたねー、合わせて読み返します。

里中くん、名字を見て連載スタートの時にあの美少年顔を思い出していたのですが、ココでその話題が出るとは!!
山田×里中? そんな二次ないかなぁ?

2011/01/04 (Tue) 11:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment