FC2ブログ

ありえない 

今日、初詣に行く車中で拙作の確認を携帯でしていたところ・・・゚・。(。/□\。)。あう~・・・

コピペしたはずが出来てないです~
おのれっ!このバカボンパソが~っ。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。←たぶん、自分のせいかと。

14話がすごく長くなったはずなのに、短くアップされていて呆然としました。
しかも堂々と、長くなりましたって書いてます。
話の流れは、何とか大丈夫だったのですが主人公の吹っ切れた様子が切れていました。
いっぱいコメントいただいて、上空でくるくるして降りてきたら、とんでもなかったです。

正月早々やらかして、この一年が楽しみです。|ω・`)

(´・ω;`) いきなりあんぽんたん~・・・

14話に追加しました。
お目汚しですが、先にお読みいただいた方のために、ここにも付記いたします。

ごめんなさい。



**********************

厚い雪雲の切れ間から、朝日が漏れて光の梯子を作っていた。

雪は一晩中降り積もり、街中が白く覆われて景色が変わって見える。
西洋の童話の中の風景のようだ。

「先輩、知っていますか。あれね、雲から射す光のことね、天使の梯子って言うんですよ。」
「へぇ・・・そんな名は初めて聞いたよ。物知りだな、春。」
「光芒とも言うんですけど、何か神さまに祝福されている感じで、ぼく、とても好きなんです。」

別れ際、春美は聡一に向けて、これまでみた事もない艶やかな微笑を浮かべた。
思わず息をのみ、春・・・と、声をかけた。
消え入りそうな後輩がいつも自分に見せていたのは、振り向いた悲しげな美しい笑顔だけだった。
聡一は、このまま春美を手放す自分に、これで良いのかと問うた。

「春。いいか?仕事はしばらく休暇をとれ。会社には通しておくから。」

春美が頷くことはなかった。
決意を決めて、退社の意思を告げた。
煌く強い瞳に、もう気持ちが変わることはないのだろうと聡一は思う。
見た目の線の細さを裏切って、いつも春美は懸命で強かった。

「今の仕事はとてもやり甲斐があって、好きですけど・・・これ以上は、会社の荷物にはなりたくないです。」
「荷物なぞにならんよ、春。仕事はいくらでもあるんだ。デスクワークなら負担にならないだろう?」
「そう言ってくださると思いました。でも、先輩の無償の好意をいつか、ぼくの方が重荷に思うかもしれません。そんなことになったら、きっとすごく辛いです。」
「何があっても、ぼくは自分の足で立っていたいですから。」
「春。」
「ぼくが頼りたくなった時、傍に居そうだから駄目です。」

やがて、滑るようにタクシーが止まった。

「ありがとう、先輩。」
「春。」
「じゃあ・・・」
「春――っ!」

閉じたタクシーのドアに向かって、悲痛に声をかけ呼び止めようとしたのは聡一の方だった。
タクシーのタイヤのチェーンがぎしと雪を踏みしめ、舞い降りたばかりの粉雪を散らせた。
どこか深い所に突き立っていた氷のとげが、今は溶解したのを感じる。

後部座席で振り向いた小さな春の顔が、遠くなってゆく。

笑っていた。
去ってゆく春は、ばいばいと聡一に向かって子どものように手を振り、幸せそうに笑っていた。


***********************************
BL・KANCHOROU冬企画参加作品です。
冬企画バナー

ここから、最終話へと続きます。
今度会ったときにどうするの・・・というコメントをいただいて思わず(´・ω・`) ??と思いました。
あう~・・・いっぱい褒めてもらったのに。
褒めて伸びる子ですけど、これはないわ~・・・
。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。くそぉ!バカボンパソ~!!←だから~、自分がコピペ失敗しただけだって・・・

拍手もポチもありがとうございます。
ランキングに参加していますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
関連記事

6 Comments

此花咲耶  

Rinkさま

塾長さま~・゜゜・(/□\*)・゜゜・わ~ん

> わ~!読みました。
> いいシーンだったのに!

気合入れて書いた場面だったのに、無いのに気が付いたときは呆然としました。あう~

> でも最終話にはきちんと繋がってたような。大丈夫!大丈夫!
> 私も携帯から修正かけようとしたら、記事がなくなったことあります、非常に焦った!

無くなった!Σ゚・。(。/□\。)。思わず、もらい泣きです。

> またパソコンから修正を開くと、続きが白紙の時あるの!
> 気づけばいいの、また最初から過去記事開き直すと入ってるから、
> 気付かないで慌てて修正かけて保存したら、通信文が全部消えたことがあります、バナーとか後記事に貼ってたから焦りました。

うわ~・・・此花も、記事がなくなって自分の過去記事に検索かけたら1970年に入っていて驚いたことがあります。何なんだろう・・・

> ランキングバナーをしつこく上下に貼ってるのはその時の痛手のせいでもあります(笑)

何も考えずにバナーとか張ってます。
よく考えたら、張り忘れた記事にランキングにお願いね・・・ってずうずうしかったかなぁ。

> 春ちゃん、今ごろ孝幸に抱き締められてるかな~?

うんと幸せになっているはずです。
優しい言葉ありがとうございました。
ぱお師匠のおうちの豊くん、心配です。幸せにしてあげてくださいね。

2011/01/03 (Mon) 15:38 | REPLY |   

Rink  

切れてたの?

わ~!読みました。
いいシーンだったのに!
でも最終話にはきちんと繋がってたような。大丈夫!大丈夫!
私も携帯から修正かけようとしたら、記事がなくなったことあります、非常に焦った!
またパソコンから修正を開くと、続きが白紙の時あるの!
気づけばいいの、また最初から過去記事開き直すと入ってるから、
気付かないで慌てて修正かけて保存したら、通信文が全部消えたことがあります、バナーとか後記事に貼ってたから焦りました。
ランキングバナーをしつこく上下に貼ってるのはその時の痛手のせいでもあります(笑)
春ちゃん、今ごろ孝幸に抱き締められてるかな~?

2011/01/03 (Mon) 13:08 | REPLY |   

此花咲耶  

びびさま

びびち~ん・・・(´・ω・`) ←こらこら、なれなれしい・・・

> あらあら、まあまあ(笑)
> 新年早々やっちゃってたんですね( T_T)\(^-^ )

わ~ん、この絵文字があたたかいです。
ありがとうっ、びびさまっ!
>
> 14話のコメントで、春くんがキチンと過去にケジメをつけて未来を向いた潔さを褒め称え、聡一には未練が見えてちょっと可哀相、的な感想を言ってたと思います。鍵コメ でしたが。
>
此花のあんぽんたんに、思わず公開コメントしてくださってありがとうございます。
でも、その場では気が付かなかったから、少しは伝わっていたのかな~と前向きです。|ω・`)あう~・・・

> うん、確かにこの部分あると、より一層春くんの吹っ切れた感が際立ってる‼聡一の未練も…。がんばれぇ~。
> 大事なとこだったですね。

大事だったです~
ううっ・・・
>
> でも、小春さんも仰っていますが、そんなドジでノロマな亀ぶり(え、ここまで言ってない?昔あった、某「ス○ュ○ー○ス物語」より適用)もかわいくて、此花さんが皆さんに愛されるんでしょうね(^_-)-☆

(`・ω・´) しっかりものと、うっかりものは、一字しか違わないので似たようなものですっ!(違っ!)
紙一重でがんばります。

> モチロン私も萌えましたよ~。

おお~、萌えてくださった。
・゜゜・(/▽\*)・゜゜・此花、体張って、あんぽんたん晒した甲斐がありました。!(だから、違っ!)

> 今度こそ本当にお疲れ様でした。

ありがとうございました。
この次、がんばりますっ!(`・ω・´)ゞ←海軍式敬礼!

2011/01/03 (Mon) 09:10 | REPLY |   

此花咲耶  

小春さま

小春ち~ん・・・

・゜゜・(/□\*)・゜゜・わ~ん

> オモオモ・・・・・・・(ハングルでおやおや・・・・・とかあれあれ・・・・・)
> これ大切なシーンだったね、
>
大切でした~、(´・ω・`)

> 気がついて良かった~冷や汗出たぁ?
> 天然の此花ちゃま(^~^)
> そんなところにも萌えますわよん^^
>
最初、読み返したとき気が付かないでもう一話さかのぼって、やっと気が付きました。
あう~・・・・

> うふふっ
> もういつ何処でばったり遇っても平気です!
> そういうふうになりましたから(微笑)
>
最後、綺麗な笑顔だったでしょう?
そこまで書いておくはずでした・・・・ごめんね。(´;д;`)

> でも・・・聡一は・・・もしかして・・・・・・・・かも?
> いいんです、時間がかかります。
>
そういう含みを持たせてもいいかと思いました。
でも、もう春くんは揺るぎません。

> あんぽんたんでも良い、感動させるテクニシャンだし(o^-')b
>今度こそ、本当におつかれさま!

ありがとうございます。
これもみんなうちの、バカボンパソがっ!!・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。←今年の目標。自分の失敗を何かのせいにしないこと。

優しいお言葉ありがとうございました。
以後、がんばりますっ。(`・ω・´)

2011/01/03 (Mon) 09:00 | REPLY |   

びび  

NoTitle

あらあら、まあまあ(笑)
新年早々やっちゃってたんですね( T_T)\(^-^ )

14話のコメントで、春くんがキチンと過去にケジメをつけて未来を向いた潔さを褒め称え、聡一には未練が見えて
ちょっと可哀相、的な感想を言ってたと思います。鍵コメ
でしたが。

うん、確かにこの部分あると、より一層春くんの吹っ切れ
た感が際立ってる‼聡一の未練も…。がんばれぇ~。

大事なとこだったですね。

でも、小春さんも仰っていますが、そんなドジでノロマな亀ぶり(え、ここまで言ってない?昔あった、某「ス○ュ○ー○ス物語」より適用)もかわいくて、此花さんが皆さんに愛されるんでしょうね(^_-)-☆

モチロン私も萌えましたよ~。

今度こそ本当にお疲れ様でした。

2011/01/03 (Mon) 07:34 | EDIT | REPLY |   

小春  

今度どこかで遇っても大丈夫よ^^

オモオモ・・・・・・・(ハングルでおやおや・・・・・とかあれあれ・・・・・)

これ大切なシーンだったね、

気がついて良かった~冷や汗出たぁ?

天然の此花ちゃま(^~^)

そんなところにも萌えますわよん^^


うふふっ


もういつ何処でばったり遇っても平気です!

そういうふうになりましたから(微笑)


でも・・・聡一は・・・もしかして・・・・・・・・かも?

いいんです、時間がかかります。


あんぽんたんでも良い、感動させるテクニシャンだし(o^-')b

今度こそ、本当におつかれさま!

2011/01/03 (Mon) 06:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment