FC2ブログ

真夜中に降る雪・13 

BL KANCHORO・冬企画参加作品 

【真夜中に降る雪・13】



この時を経ても愛おしい者を、自分は手に入れてはいけないのだと、自制しようと思った。

*********************************

今も春美は、部室に1人置いて行かれた過去の世界に住んでいるのだ。
慕う後輩を残酷に翻弄する、聡一の居る過去に。

高校を卒業し、大学に入学し、自分の後を追っていると気がついてから、いつか話をしようと思っていた。
大人になった今は過去の惨酷な遊びを、若気のいたりだったと謝って、子どもだったから・・・と今日こそ、一笑に伏してしまうつもりだった。

今となっては、滞った春美の時間を動かしてやるのが自分のすべき事だと思う。
聡一の頬にも、流れるものがあった。
7年分の深い悔恨が、胸に迫る・・・
誰かをこれほど長く傷つけているなどと、思いやることすらしなかった。

「聞いて、春。」
「・・・俺はずっと、忘れた事なんてなかったよ。」

聡一は春美の小さな顔を両手で挟むと、そっと優しく口付けた。
見開いた光る目に、自分が映る。

「好きだったよ、俺は。春のこと、いっぱい虐めたし、泣かせてしまったけど、本当に好きだったんだ・・・」
「うそ・・だぁ・・・」
「キスしたかった。触りたかった。抱き締めてずっと長いこと、一緒にいたかった。だけど、俺にはそれが許されなかった。」
「せんぱ・・・ぃ。」
「だから、酷いことをした。焼き鏝を押し付けるように、春が俺のこと忘れないように。いつも、俺のこと思い出すように。」

「昔の俺は大嘘つきだったんだ。好きな子を虐めるガキだったんだ。」

ほろほろと、春美は泣いた。

今、前にいる聡一は、下草もまばらな春美の幼い茎をなぶって吐精を笑った、酷薄な先輩ではなかった。
そう思うのに、涙ばかり込み上げてきて自分でも不思議に思う。

「春。うつむかないで、こっちを向いて。」
「せんぱ・・・ぃ。やです・・・や。」

いつかと同じように言われて春美は、自分のとまらない涙の理由が分かった気がした。

日の差す部室で、震える唇が聡一を呼ぶ。
信じられないような酷い扱いを受けても、先輩が好きだった。
白いボールを投げる姿に、胸が震えた・・・
だから、おいでといわれれば誘いを拒めなかった。
凍りつくような思いで、扉を開けた。

「側に・・・いて。」

行かないでと、過去の春美が嗚咽する。
側にいて。
キスして先輩・・・と、無音の唇が動いた。

「春・・・?どうした?大丈夫なのか?」

呆然とした聡一の腕の中の春は、顔を覆って泣き伏していた。

のろのろと下着を拾い、身に付け笑われながら零した自分の白い精を拭く・・・
心臓が悲しみで張り裂けそうだ。

かわいそうな、かわいそうな春美。
どんなに好きでも愛されなかった惨めな春美。

春美の緊張しきった身体から、ふっと力が抜け崩れ落ちた。

「春っ!?」

極限の緊張が、春美の張り詰めた糸をぷつりと切った。

***********************************
BL・KANCHOROU冬企画参加作品です。
冬企画バナー

緊張の糸がぷつりと切れて、春くんは倒れてしまいました。
初恋は叶わないもの・・・決して叶えてはいけないと強い倫理観に支配されている春くんです。
BLなのに、ファンタジーなのに・・・

【おまけ】

春美:|ω・`) 「いいとこだったのに~、此花のあんぽんたん~・・・」
聡一:(`・ω・´) 「がんばろう、春!時間はまだある!」
孝幸:゚・。(。/□\。)。「早く、帰って来い、春~!」

拍手もポチもありがとうございます。
ランキングに参加していますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
関連記事

8 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

けいったんさま

> 春美は、気をうしなったまま新年を 迎えるのね。
> 聡一の懺悔は 年越しかぁーー!

何か、年越しそばのこと思い出しました 。面倒だから、どんべぇでいいかな。

> これでも 主婦(腐)なんで ε=ε=ε=ヾ(*゚ェ゚)ノパタパタ の状況
> 今年は 大掃除しようと思ったら 体調は崩すは、 すっごく寒くなるはで 少しだけしか出来ず...

そういえば、よくお風邪ひいてましたね、けいったんさま。
お熱で寝正月なんて大変です。栄養ドリンクでも飲んでファイト一発です。(`・ω・´)
>
> 読み専門の私ですが、サフラン様と 小春さまと 読み専門(間違ってたら ごめんね)の お仲間が 増えて嬉しかったです♪
> 此花さまの作品を いっぱい堪能させて貰い 素敵な年でした。
> こんな私ですが、来年も 宜しくです<(_ _)>

こちらこそお知り合いになれて嬉しかったです。オープンコメで一番最初いただいたのは、けいったんさまじゃなかったかと思います。
すばらしい詩をいただいて、身が震える思いを何度もさせていただきました。
>
> 此花さま、年始は お忙しいと 察してますので  無理な時は 更新を お休みしてくださいね。
> では 皆様 良いお年を~♪(^^)ゞbyebye☆

はい。なるべく更新がんばりますが、力尽きたらごめんなさい。
年明けにはss書くつもりです。(`・ω・´) ←鬼が笑うのでまじめな顔っ!

お体気をつけてくださいね。
良いお年をお迎えください。

2010/12/31 (Fri) 15:52 | REPLY |   

けいったん  

今年も あと数時間・・・

春美は、気をうしなったまま新年を 迎えるのね。
聡一の懺悔は 年越しかぁーー!

これでも 主婦(腐)なんで ε=ε=ε=ヾ(*゚ェ゚)ノパタパタ の状況
今年は 大掃除しようと思ったら 体調は崩すは、 すっごく寒くなるはで 少しだけしか出来ず...

読み専門の私ですが、サフラン様と 小春さまと 読み専門(間違ってたら ごめんね)の お仲間が 増えて嬉しかったです♪
此花さまの作品を いっぱい堪能させて貰い 素敵な年でした。
こんな私ですが、来年も 宜しくです<(_ _)>

此花さま、年始は お忙しいと 察してますので  無理な時は 更新を お休みしてくださいね。
では 皆様 良いお年を~♪(^^)ゞbyebye☆

2010/12/31 (Fri) 15:42 | REPLY |   

此花咲耶  

サフランさま

サフランさま

> 今朝、起きたら雪が降っておりました。今、現在も降っていて、既に10センチ以上積もっています。京都市内でも北の方は、南よりも寒いからです。
> しかし、こんなに雪が降るのは、久しぶりです。この物語にぴったりです。静かに感動…。

わ~・・・素敵ですね。お話の方は今夜から雪が降るはずです。実は、コメ読んで嬉しかったです。
やった~、場面がイメージできます~・゜゜・(/▽\*)・゜゜・
>
> さて、昨晩、遂に息子が帰ってきました。
> 髪形があんまり可愛らしくなっているので、ビックリしました!
> 急に人に会うため、いつもの美容師さんの予約がとれなくて、違う店でカットして貰ったとの事でした。高校生に見えるどころか、中学生みたい(笑)。

おおっ!琥珀の君、ついにご帰還。(*⌒▽⌒*) お待ちしてました~♪
> あんまり驚いたので、誰に会ったのかききそびれました。

ままん、そこ重要です~|ω・`)

> 足元を見れば、真新しい黒色コンバースのスニーカーです!
>
誰の好みかな~、素敵ですね。

> 小春様もお元気そうで、本当に良かった!
> 息子様は、真っ直ぐスクスク育っていかれますよう、お祈りいたします。
>
> そして、此花様は本当にたくさんの引き出しをお持ちだから、お話が新鮮に感じられます。ところで、私、『モーリス』は映画を見てから、本を読みました。時節柄、お風邪などめされませぬように。良いお年をお迎えくださいませ。

お話が新鮮・・・・゜゜・(/▽\*)・゜゜・嬉しい~♪
いよいよ、年の瀬も迫ってまいりました。年内で終わらせるはずが、年をまたいでしまって読み手の皆さまには申し訳なく思っています。
サフランさまには感想と供に、小悪魔「琥珀の君」の素敵なお話をお聞かせくださって、とてもうれしかっ田です。正直、超・楽しみでした~~(/▽\)きゃー♪、脳内見せられないです~!
新しい年も、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントありがとうございました。嬉しかったです(*⌒▽⌒*) ♪

2010/12/31 (Fri) 15:41 | REPLY |   

此花咲耶  

小春さま

小春さま

> 極限状態の春はついに意識をなくしたんだ、
> 湯船で・・・さあ聡一どうする???
>
実は春くん以上に、緊張していたはずの聡一は、慌てふためいたと思います。
とりあえず、抱き上げて大切に身体を拭いて・・・(〃∇〃) ←脳内で、お召し上がりください。

> それほどに辛い記憶の中で、聡一を慕いながらその足跡を辿り続けてきていた、何かを求めていたかな?
> きっとその姿が遠くから見られるだけで良いと思っていただけなのに、今ここでこんな状態で聴かされた本心・・・・・・・。

そうです、そのとおりの展開です。BLだけど、まだ手馴れていない此花は、こういったシチュエーションで二人がああなってこうなってといっぱい考えたのですが・・・・う~ん・・・|ω・`)

> 辛い身体と極限のこころ、あ~っ、可哀想すぎる。
>
可哀想かもしれないけど、春くんと聡一には仕方のないことです。ちょっと、時間が必要でした。

> 此花さま~お休みなしに更新しますか?

更新したいと思っています。なるべく早く、春くんを幸せにしてあげたいから。

> 小春のリクに沢山のエネルギー使いましたね・・・・・
> 「真夜中に降る雪」大切に書いていただいています。
> ありがとう!良いお年越しと清らかな新年を!
>
こちらこそ心から、小春さんにありがとうと言いたいです。
ちょっぴり作品の幅が広がったと思いますし、小春さんや皆さまに思いがけずたくさんのコメントをいただきました。幸せだと思っていますし、ありがたいです。
書くのは楽しいです。煮詰まっても楽しいです。
あの手この手で、幸せにします。春くんが一番の幸せを早く見つけられますように。

> ☆サフランさま☆
> ありがとうございます^^
> 笑い上戸なんですよ~うちの王子(息子)との会話で毎日笑い転げています。
> 《琥珀の君》よりぜんぜん晩生ですが、先が楽しみです。
> サフランさまの息子さんは大切に見守られています。
> 親の心子知らずではありますが、幸せになってくれることで、帳消しになるかな?
> ここに報告があがると、なにかと想像が膨らみますがお許しを。
> サフランさまも、良いお年越しと清らかな新年を!
> 小春を気にかけていただいて、うれしいです!
> 来年もよろしくです^^
>
>        小春

2010/12/31 (Fri) 15:32 | REPLY |   

サフラン  

京都は大雪

今朝、起きたら雪が降っておりました。今、現在も降っていて、既に10センチ以上積もっています。京都市内でも北の方は、南よりも寒いからです。
しかし、こんなに雪が降るのは、久しぶりです。この物語にぴったりです。静かに感動…。

さて、昨晩、遂に息子が帰ってきました。
髪形があんまり可愛らしくなっているので、ビックリしました!
急に人に会うため、いつもの美容師さんの予約がとれなくて、違う店でカットして貰ったとの事でした。高校生に見えるどころか、中学生みたい(笑)。
あんまり驚いたので、誰に会ったのかききそびれました。
足元を見れば、真新しい黒色コンバースのスニーカーです!

小春様もお元気そうで、本当に良かった!
息子様は、真っ直ぐスクスク育っていかれますよう、お祈りいたします。

そして、此花様は本当にたくさんの引き出しをお持ちだから、お話が新鮮に感じられます。ところで、私、『モーリス』は映画を見てから、本を読みました。時節柄、お風邪などめされませぬように。良いお年をお迎えくださいませ。

2010/12/31 (Fri) 14:34 | EDIT | REPLY |   

小春  

小春も倒れそうです

極限状態の春はついに意識をなくしたんだ、
湯船で・・・さあ聡一どうする???

それほどに辛い記憶の中で、聡一を慕いながらその足跡を辿り続けてきていた、何かを求めていたかな?
きっとその姿が遠くから見られるだけで良いと思っていただけなのに、今ここでこんな状態で聴かされた本心・・・・・・・。

辛い身体と極限のこころ、あ~っ、可哀想すぎる。


此花さま~お休みなしに更新しますか?
小春のリクに沢山のエネルギー使いましたね・・・・・
「真夜中に降る雪」大切に書いていただいています。
ありがとう!良いお年越しと清らかな新年を!


☆サフランさま☆
ありがとうございます^^
笑い上戸なんですよ~うちの王子(息子)との会話で毎日笑い転げています。
《琥珀の君》よりぜんぜん晩生ですが、先が楽しみです。
サフランさまの息子さんは大切に見守られています。
親の心子知らずではありますが、幸せになってくれることで、帳消しになるかな?
ここに報告があがると、なにかと想像が膨らみますがお許しを。
サフランさまも、良いお年越しと清らかな新年を!
小春を気にかけていただいて、うれしいです!
来年もよろしくです^^

       小春

2010/12/31 (Fri) 13:52 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

鍵つきコメントさま

鍵つきコメントさま

そういえば源氏物語の世界では、気を失ったんですね。
でも、聡一はここに来て自分のしたことがどれだけ惨酷な事だったか、わかったみたいなので無理矢理は出来ないかな~・・と、此花逃亡準備。

BL作品だと、上手い事ながれに持ち込んで、そのままことに及ぶべきなのでしょうけど、困ったことに初心者マークが発動しそうです。赤ペン先生、ここで逃亡したらマイナスですか?(´・ω・`)

この次、がんばります!(`・ω・´) ←ほら~・・・

2010/12/31 (Fri) 08:40 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/12/31 (Fri) 00:56 | REPLY |   

Leave a comment