FC2ブログ

新しいパパができました・32(最終話)・・・と、あとがき 

慌しく母ちゃんの渡欧が決まり、数ヶ月はとても忙しかった。
意外にも母ちゃんの人形を待っている人は多く、これまでその人たちとの交流も欠かさなかった母ちゃんは、ホームページを立ち上げることにした。

めんどくさいことは、みんな詩鶴が引き受けあまりの万能さに、俺は見守るくらいしか出来なかった。
詩鶴の趣味が、パソコンいじりだなんて初めて知った。
母ちゃんのホームページのトップには、美しい平安絵巻が広がり美しい主従がその空間の中でだけ、安穏と暮らしていた。
桜の花弁の舞い散る中、寄り添って仲睦まじく佇む二人だった。

「学費と生活費だけは、父ちゃんの残してくれたものと、これまでの蓄えで何とかなるわ。あとは、自分で何とかしてね~。」

と、母ちゃんは手をふって機上の人になった。

小さくなった飛行機に背を向けると、俺たちはあの家に今日から二人きりだ。

「俺ら、新婚みたいだな。」

ん~?と、詩鶴がちょっと考え込んだ。

「ぼく達、家族になるんだよね。ぼく、養子縁組すると、亜由美さんの子どもになるのかなぁ・・・そうしたら、柾くんのお兄ちゃん?」

却下。
どう見たって、中学生にしか見えないちびの詩鶴が俺の兄貴だなんて、冗談にもならない。
大体、そこから勘違いが始まったのだ。
出会ってからしばらくは、俺は詩鶴にすごく冷たかった。

「じゃあ、柾くんがぼくの戸籍に入る?知ってる?日本じゃね、男同士って結婚が赦されていないから代わりに養子縁組するんだよ。」

知らないけど、知っている振りをして頷いた。

「年上の人の戸籍に入るのが、養子縁組なの。そうなると柾くん、やっぱりパパの子どもになるんだね。」

パパって言うな。
正確には、まだちゃんと恋人にもなれていないような気がする、俺と詩鶴。
先の事は分からないけど、今は二人でやってゆく。

*********************************

毎朝、詩鶴が俺を起こしに来る。

目の前に、桃が転がっている懐かしい風景だ。
何故だか男はみんな、裸エプロンが好きだと思い込んでる詩鶴は、俺が喜ぶと思っているらしい。
まあ・・・確かに詩鶴のこの格好は・・・すげぇ、可愛いけど。
・・・正直、大喜びだけど。

そっと指でなぞった淡い奥の窪みには、俺がつけた傷が盛り上がって痕になっていた。
とんでもない格好の癖に、恥らって頬を染めるのに笑ってしまう。
この傷が癒えるまで、俺は恐くて触れることも出来なかった。

見るたびに、胸の奥がつきんと痛むのは、ひどいことをしてしまった自覚が有るからだ。
肌の暖かさを確かめるようにして、くっつきたがる詩鶴は実は相当の寂しがりやだった。

「自分は自由登校だからって・・・もう、毎朝こんな格好でうろうろして。」

うふふ・・と、詩鶴が誘う目をする。

「朝食に、この桃喰っちまう。」

「きゃあ。」

弁当箱には腕を上げた、詩鶴の手料理が並ぶ。
もちろん、オオアリクイ・・・ぺんぎんのハンバーグも、時々入る。

詩鶴は父親のような医者になるのを諦めたわけではなかった。
きっと詩鶴は、布団でちゃんと寝る事もしないで、ひたすら勉強していた。
詩鶴の手を取らないで済むように、一応俺も殆どの家事をできるようになっていた。

そして、春。

元々頭の良かった詩鶴は、進学校を離れても見事に医学部に現役合格を果たした。
準備が遅かったから、普通だったら浪人覚悟だと思う。
家から通える大学は、かなりの難関だったらしく遅れた勉強を懸命に取り返した詩鶴に、教師も驚いていた。
本人は、「まぐれです~」と言っていたけど、そんな甘いものじゃないことくらい、俺だって知っている。

互いの肌を恋しいと思いながら、受験が終わるまで、まるで願をかけるように俺たちは一つにならなかった。
合格が決まるまでは、邪魔はしない。
そんな修行僧の苦行みたいな、一人寝の暴れん棒の我慢も、やっと終わる。

*********************************

静かに、季節はめぐってゆく。

冷たかった空気に若い息吹が少しずつ混じり、やがて爛漫の春が来た。

「柾くん、行くよ。」

満開の桜の花の頃、約束どおり詩鶴の祖母と両親と俺の父ちゃんの眠る公園墓地に赴いた。
詩鶴はお医者さまになりますと、ちょっぴり涙ぐんで決心をつげた。

「頑張りますから、どうぞ見守っていてください。」

俺も手を合わせた。

「俺が詩鶴を精一杯守りますから、安心してください。」

ほんの少し背は伸びたけど、相変わらずの睫毛のけぶるビスクドールのような悩ましい顔で、詩鶴は俺に向かって微笑む。

「お父さんのお酒、持ってきた?」

「ああ。」

一片の花弁が首筋に落ちる。
花弁ごと、詩鶴に印をつけた。

ここから全てが始まった。

一陣の風が起こす花吹雪。

俺と詩鶴を、全世界が祝福した。

詩鶴_・柾改3

                                  完
*********************************

【あとがき】

長らくお読みいただきありがとうございました。
一応の完結となります。

今回は「エチ場面を書く」と言う前提で設定したのですが、中々そこに到達できませんでした。
伯父と天音に陵辱される場面は、作者が意気地なしなので、かわいそうでとうとう書けなくなってしまいました。

かわいそうじゃないか~~!やめろよ~!と、ヘたれな主人公にも言われたような気がします。
結局、場面は没になりました。
主人公も作者と同じテク無しで暴走してしまい、結局虐めてしまったのは、男性同士の関係に知識の無いノーマルと考えたからです。それでもリアルでしたとおっしゃっていただいて、何とか胸をなでおろしました。
望外の喜びでした。(〃∇〃) ←ひとつ、乗り越えた感・・・

「詩鶴くん、苛めてごめんね~。」(´・ω・`)


【おまけ劇場】

天音:「詩鶴、あいつに物足りなかったらいつでも帰って来い。親父と二人で、可愛がってやるから。」

詩鶴:「|ω・`) ・・・やです~。」

伯父:「そういえば、おまえが詩鶴に酷く当たってたのって、俺がおまえの母親を省みなかったせいなのか?」

天音:「当たり前だろ。結婚して、子供もいるのに実の弟の許婚に懸想するなんて、最低だぞ。子供まで、作って恥知らず。」

伯父:「だって、どっちも欲しかったんだも~ん。本能の暴れん棒がさ、詩津のところへイキたいっていうんだも~ん。」

天音:「・・・も~んって・・・この、淫乱親父。」

伯父:「自分だって、詩鶴のこと散々虐めてたじゃないか。叩いたり縛ったり、楽しそうに。」

天音:「覗いてたのか。仕方ないだろう、可愛いんだから。愛せないなら虐めるしかないじゃないか。愛の裏腹だよ。」


柾:「・・・あんたらって、まじ最悪の親子だな。」

伯父:「28話と29話読ませてもらった。詩鶴にたいそうな真似をしておいて言うじゃないか。」

天音:「ちゃんと愛してやれないやつが、偉そうに大人に意見するんじゃない。」

伯父:「言っておくが、あれほどの傷をつけたことは無いぞ。」

天音:「まったくだ。縫合せずに済ませたらしいじゃないか。」


詩鶴:「柾くんっ!(*⌒―⌒*) にこっ♪ 」

柾:「詩鶴~~~、あいつらが~(´;ω;`) 」

詩鶴:「ぼくは大丈夫だよ、柾くん。人は成長するんだよ。がんばろうね。」

天音・伯父:「やっぱり、そのレベルなのか。その分だと詩鶴をドライで達かせたこともないな。テクなしめ。

(*´・ω・)(・ω・`*)ネー」

柾:「くそぉ~!ドライって何だよっ!ヾ(。`Д´。)ノ彡☆言ってる意味すらわかんないぞ~~!!作者~~!」

此花:「(´;ω;`)あう~・・・これから、勉強します~」


詩鶴:「あ、ドライって言うのはね~・・・はっ! (〃∇〃)・・・ぼくも、わかんな~い。」

伯父、天音、柾、此花:「・・・・ん?」

詩鶴:「(ΦωΦ)・・・うふっ♪」


拍手もポチもありがとうございます。
ランキングに参加していますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

関連記事

14 Comments

此花咲耶  

鍵付きコメントさま

鍵付きコメントさま

(〃∇〃) ・・・きゃあ 。すばらしいコメントをいただいてしまいました。

お褒めの言葉、ありがとうございます。
丁寧に書こうと心がけてはおりますが、時々伝えたいことを言葉を変えて回りくどくしているだけなんではないかと思うこともありました。
新パパの最終回、最後のお墓参りのシーンで記憶の中に文章の情景と重なって響く音楽があったとお書きくださいました。
一箇所だけ引用させてください。

> 桜吹雪と音の奔流で思考が一瞬桜色に染まりました。

嬉しくて音楽聴いて泣きそうでした。
教えてくださってありがとうございました。
嬉しくて、此花3000メートル上空でくるくるしています。浮かれポンチ、この上なし。
>
> http://www.didier-merah.jp/musicindex/00012/
>
探してくださったyoutubeの場所、後で記事をかいて入れたいです
此花びっくり(@▽@)、この曲のタイトル…!!す・・・すげぇえっ!←我を忘れて、かぶっているおしとやかな猫がずり落ちました。

コメントありがとうございました。
身に余るお言葉ありがとうございます。
BGM決定です。(*⌒3⌒*) うちゅう~~~~っ☆ ぷはっ!
>
> 来年も、此花さまご自身が書いて幸せになるような、大切にしたくなるようなお話の誕生をお待ちしていますね…

2010/12/30 (Thu) 11:19 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/12/30 (Thu) 06:44 | REPLY |   

此花咲耶  

千菊丸さま

千菊丸 さま

> 咲耶さま、完結おめでとうございます。

ありがとうございますっ!副題、前向き裸エプロン一応完結いたしました。(*^▽^)ノ書き残しもいっぱいありますが、その内ということにしてしまいます。

> 途中で詩鶴と征がどうなるのかハラハラしながら見守っておりましたが、2人が幸せになってよかったです。

ハッピーエンドが好きです。これから、甘い生活が始まるはずなのに、作者のテク不足が原因で甘いところが書けてないです。エチ場面って、本当に筆力を問われます。

> 最近寒くなり、インフルエンザが猛威をふるいそうですね。
> 余り無理なさらず、素敵な作品を書かれてくださいね。

千菊丸さまも、お気をつけくださいね。
此花は根性無しなので、風邪を引いたら微熱程度で即行倒れます。(≧∇≦)ノ←駄目っこ。

千菊丸さまも風邪引かないように気をつけてくださいね。
頑張って好きなお話を書いてゆこうと思います。どうやら、時代物が続くと読んでくださる方ががたっと減るみたいです。
(´・ω・`) 時代物が苦手でも読んでいただけるような作品を、いつか頑張って書きたいです。忍者もの~明治もの~・・・(*´・ω・)(・ω・`*)お互いにね~

コメントありがとうございました。嬉しかったです♪

2010/12/20 (Mon) 13:54 | REPLY |   

千菊丸  

完結おめでとうございます。

咲耶さま、完結おめでとうございます。
途中で詩鶴と征がどうなるのかハラハラしながら見守っておりましたが、2人が幸せになってよかったです。
最近寒くなり、インフルエンザが猛威をふるいそうですね。
余り無理なさらず、素敵な作品を書かれてくださいね。

では、この辺で。

2010/12/20 (Mon) 12:45 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

小春さま

小春さま

> 途中から参戦したので、きちんと全部続けて読みました^^

(*ノェノ)キャー、お読みいただきありがとうございます。嬉しいですっ!
>
> 奥が深い物語で、感動しました。

前向き裸エプロンです~(*⌒▽⌒*)♪ 感動してくださってありがとうございます。舞い上がり~っです。
>
> これから他のお話も少しづつ読んでいきますね。
> 此処に訪問した縁を大切にします^^

こちらこそ、宜しくお願いします。
此花もお近づきになれて嬉しいです。これから「真夜中に降る雪」がんばります。(`・ω・´)ゞ

2010/12/19 (Sun) 20:48 | REPLY |   

小春  

1話からゆっくり読みました(#^.^#)

途中から参戦したので、きちんと全部続けて読みました^^

奥が深い物語で、感動しました。

これから他のお話も少しづつ読んでいきますね。

此処に訪問した縁を大切にします^^

2010/12/19 (Sun) 20:30 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

サフランさま

サフランさま

> 一片の花弁が首筋に落ちる。
> 花弁ごと、詩鶴に印をつけた。
>
> 映像を見ているのかと思うほど、印象的です。要らぬ事は言いません。
> 強烈に、静かに。桜、儚くて強い花。

褒めていただきました。(/▽\)きゃー♪嬉しいです~
桜の花は、数多ある中で一番好きです。どこか武士道を感じさせるからかもしれません。
柾くん、あんぽんたんですけど、やることはやる(`・ω・´) みたいな。

> 京都の鴨川総合病院の跡取り息子の澤田詩鶴さん。
> この文を目にした時、親戚かと思いましたよ(笑)。

詩鶴の親戚ということは、天音さんとおじ様ともご親戚です。
(/▽\)きゃー♪サフランさま~ご無体はなりませぬ~♪
> 詩鶴さん、柾君と幸せに!

> 「あい。」←『雪うさぎ』風に…。

(*⌒▽⌒*) にこっ♪ 「あい。幸せになります~」←詩鶴
コメントありがとうございました。
これからも頑張ります♪嬉しかったです。

2010/12/19 (Sun) 19:10 | REPLY |   

サフラン  

わら天神

一片の花弁が首筋に落ちる。
花弁ごと、詩鶴に印をつけた。

映像を見ているのかと思うほど、印象的です。要らぬ事は言いません。
強烈に、静かに。桜、儚くて強い花。

京都の鴨川総合病院の跡取り息子の澤田詩鶴さん。
この文を目にした時、親戚かと思いましたよ(笑)。

詩鶴さん、柾君と幸せに!

「あい。」←『雪うさぎ』風に…。

2010/12/19 (Sun) 18:54 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

アドさま

アドさま
> 出遅れてしまったら、るかさんに先に「前向き裸エプロン」書かれてしまったわ(*`ε´*)ノ彡☆←

(〃∇〃) ふくれっつら、可愛いです~♪裸エプロンの絵、描きたかったです。

> 此花さんがかかれたエチシーン、ぐふっ好きです~~。
> 愛があるから、暴走してしまった感が(*ノェノ)キャー
> お尻の傷が癒えて、パパが大学生になったら。
> やさしーいエチ三昧の日が来ますね。

ありがとうございます。周囲にすばらしい先生がいっぱいなので、勉強させていただきます。
ぎこちないけど、登場人物と一緒に少しずつ成長します。
さりげなく始まって、いつしか濃厚になってゆく流れるような綺麗なエチ場面、ボルゾイで堪能しました。
本当に美しい大好きな作品でした。

> イラストもキレイです~~古くないです~~♪
わ~い、ありがとうございます。
若葉のころに、どなたか・・・と書かれているのを拝見して、思わずはいっ!っ手てを上げかけたのですが、やめといて良かった~(*ノェノ)はずかし~。 chobonさまの綺麗お子様にきゅんきゅんでした。パパによく似た可愛い子達です。
これからたくさんのお話が、派生してゆきそうです。
どんなお話になるのか、どきどきです。

> で、もうリーマンものが上がっていて読んじゃいました~~。
> 半分原稿が消えたなんて…・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
> でも、野球絡みなんてどうなるんでしょう?

もう、消えないうちにえいっ!とあげてしまいました。
炬燵で書きたくて、うんと古いノートパソを使ったら、下から画面が消えてゆきました。
(´;д;`)あう~・・・リーマン・・・無理~、助けて、赤ペン先生。

> 新連載も楽しみっ!
> お疲れさまでした~~。
コメントありがとうございました。嬉しかったです♪
頑張ります。

2010/12/19 (Sun) 18:25 | REPLY |   

アド  

お疲れさまでした~~。

出遅れてしまったら、るかさんに先に「前向き裸エプロン」書かれてしまったわ(*`ε´*)ノ彡☆←
此花さんがかかれたエチシーン、ぐふっ好きです~~。
愛があるから、暴走してしまった感が(*ノェノ)キャー
お尻の傷が癒えて、パパが大学生になったら。
やさしーいエチ三昧の日が来ますね。

イラストもキレイです~~古くないです~~♪
で、もうリーマンものが上がっていて読んじゃいました~~。
半分原稿が消えたなんて…・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
でも、野球絡みなんてどうなるんでしょう?

新連載も楽しみっ!
お疲れさまでした~~。

2010/12/19 (Sun) 17:13 | REPLY |   

此花咲耶  

るかさま

るかさま

> 詩鶴くん、ようやく幸せに・・・!!
> 健気に耐える儚いイメージの詩鶴くんも、
> きちんと自分の足で立って、歩いて行くんですね。

はい、幸せになりました。いつも前向きです。時々間違っていますけど、それでもどぶにのめるほど前向きです。

> それはそばに、柾くんがいてくれるから・・・
> たとえお尻の傷の張本人だとしてもっ!今度は優しくねっ。

優しくする方法を知らないと、こういう具合になるのね~と納得しながら書きました。柾のレベルが作者のレベルだと思います。
痛すぎです。

> それにしても、桃尻裸エプロン・・・。前向き過ぎます。

テクが無いので、詩鶴脱ぎましたっ!身体張るしかないのです。
(*ノェノ) るかさまのために、思い切って脱がせました~(大嘘です~)

>凌辱シーン!!天音さんサイドにて、期待してます~~~。

(/▽\)きゃー♪駄目です~!実はほんのちょっとだけ、頑張ってみようかな~とも思ったのですが、無理です。周囲にすばらしい先生が大勢いらっしゃるので、勉強しますっ!

> 此花さんなら書ける!!絶対書ける!!じつはドSだもの!!←失礼 ドライで!!

ドMなのに~、なぜか此花、ドS疑惑。
「(`・ω・´) 師匠っ!ドライってなんっすか?」←まじで。
未だ分からない単語が山済みで、チャットでも会話がまるで先生の集いです。

> 天音さん、好きでした・・・鬼畜だけど、
> ホントは情の深い優しい人って、スキです~~~!!

ありがとうございます。憎めないけど、愛せないなら虐めるしかない・・・屈折してます。
本当はこういう屈折した人を、深く書くのが人物描写の勉強になるんだろうなと思っています。
野生のマンモスのるかさまが、そうおっしゃってくださるから、いつか主人公に出来るように頑張ります。
(`・ω・´) ぱおっ!

> お疲れ様でした!
> きっと!

コメントありがとうございました。

2010/12/19 (Sun) 12:06 | REPLY |   

るか  

お疲れ様でした~!!

詩鶴くん、ようやく幸せに・・・!!
健気に耐える儚いイメージの詩鶴くんも、
きちんと自分の足で立って、歩いて行くんですね。
それはそばに、柾くんがいてくれるから・・・
たとえお尻の傷の張本人だとしてもっ!今度は優しくねっ。
それにしても、桃尻裸エプロン・・・。前向き過ぎます。
凌辱シーン!!天音さんサイドにて、期待してます~~~。
此花さんなら書ける!!絶対書ける!!じつはドSだもの!!←失礼 ドライで!!
天音さん、好きでした・・・鬼畜だけど、
ホントは情の深い優しい人って、スキです~~~!!
お疲れ様でした!
きっと!

2010/12/19 (Sun) 11:13 | REPLY |   

此花咲耶  

Rinkさま

Rinkさま

> この話を毎回楽しみにしてました。
> 終わってしまって残念です。

Rinkさまさまにはコメント何度もいただけて、すごくうれしかったです。
優しいお言葉、本当にありがとうございました。

> 凌辱シーンは私も結構自分では書ききれない(ほんとですよーーー)だから、
> わかります省きたくなるの・・・
> 私も結構ヤバイこれはちょっと載せられない・・・と
> 省いてるので・・・

え~!!(@▽@)は・・・省いてる~?Rinkさま~身体中から色んなもの噴きそうになりながら拝見していますのに、書ききれていないとおっしゃる・・・はう~・・・

> それよりも、やっぱり甘いエチが好き。
> まさしくんは、まだまだですが(エチは・・・)
> 大丈夫よ、伸びシロがあるから、詩鶴くんに対する愛がある。
> これからどんどん幸せになっていくと思います。
> エチがうまくなるとはいうけど、下手になるってあまり聞かないし、大丈夫だよ、まさしくん!!!

自分に叱咤激励を頂いている気がします。(*⌒▽⌒*)♪ がんばります~!此花はべたべたくっついているだけが好きなので、その先をがんばらなくては。
やっぱり、まだまだですけど足りない所が少しずつ見えてきたので、がんばります。
此花もぞうさんつけてがんばります。昨夜、チャットにお邪魔してぞうさんにお名前つけていただきました。
命名「さくじろう」です。ありがとう、く○くさま。(*⌒▽⌒*)←伏せ切れていません・・・

> この先、がんばって詩鶴くんをドライで行かせてあげてください!

「(`・ω・´) 師匠!ドライってなんっすか?」←柾

> 次回作はリーマンかな?

先ほど原稿が半分消えました。保存してないのに閉じた~~~~~・゜゜・(/□\*)・゜わ~ん!パソコンのばか~!←いや、むしろ自己責任。
これから、がんばります。
コメントありがとうございました。嬉しかったです♪

2010/12/19 (Sun) 09:14 | REPLY |   

Rink  

連載お疲れ様でした

この話を毎回楽しみにしてました。
終わってしまって残念です。
凌辱シーンは私も結構自分では書ききれない(ほんとですよーーー)だから、
わかります省きたくなるの・・・
私も結構ヤバイこれはちょっと載せられない・・・と
省いてるので・・・
それよりも、やっぱり甘いエチが好き。
まさしくんは、まだまだですが(エチは・・・)
大丈夫よ、伸びシロがあるから、詩鶴くんに対する愛がある。
これからどんどん幸せになっていくと思います。
エチがうまくなるとはいうけど、下手になるってあまり聞かないし、大丈夫だよ、まさしくん!!!
この先、がんばって詩鶴くんをドライで行かせてあげてください!
次回作はリーマンかな?
新たな此花ワールド楽しみにしています。

2010/12/19 (Sun) 08:50 | REPLY |   

Leave a comment