FC2ブログ

新しいパパができました・28(★) 

控えめですがR―18です。少し加虐場面がありますので、苦手な方は回避してください。

******************************

「ぼくね、伯父さんのところにいたら、きっと心が壊れていたと思う。もうね、限界だったんだよ。」

「亜由美さんに声をかけてもらって、柾くんに会えて本当に良かった。あのままだったら、きっとぼくは心の無い人形になってきっと生きながら死んでた。」

詩鶴は一生懸命話をしようとしていたが、俺は詩鶴に夢中でほとんど聞いていなかった。
首筋を舐め上げたとき、詩鶴は「や・・・めて」と緩く身を捩った。

「詩鶴・・・?こんな事するのは、いや?俺をきらいになる?キスはいや?俺じゃ、だめ?」

性急な雄の餓鬼が飢えて、喉元に喰らいつこうとしているのを、視線をそらして力なく頭を振った。

「違う。違うの。だって柾君は何も知らないでしょう?あのね、あっ・・・。」

俺は詩鶴に何も分からない自分をバカにされたような気がして、詩鶴の手を引くと無言で自室にとんと押し込んだ。

まずさりげなく、がっついていませんよと言うように、エアコンのスイッチを入れた。
すん・・・と鼻を鳴らした詩鶴は、きっと俺を見つめている。
カーテンを開ければ、青い月光が射して詩鶴の輪郭を艶かしく浮かび上がらせた。

勝負を挑むべく弁慶は清水寺の境内で、華奢な義経の眼前に堂々と体躯を晒した。
俺は忙しなく全てを脱ぎ捨てて、詩鶴の前に立った。
見上げる詩鶴の目が、滲んだ涙で潤む。
ふるふると頭を揺らして、不安そうな顔を向けていた。

「大丈夫だから。」

何の根拠もない「大丈夫」が、後で俺を打ちのめすことになる。

「俺、詩鶴の全部が見たい。」

俺の言葉に詩鶴は、小さく頷き息をつくとゆっくりとパーカーから袖を抜いた。
俺はと言えば闇雲に白い詩鶴を抱きしめ、すぽんと服を取り上げると、犬のように所構わず嘗め回した。
時折漏れる詩鶴の吐息に煽られて、そうするしかないように、ひたすら何の膨らみもない薄い胸に執着した。

「い・・・たっ。柾くん、そっと・・・そっとして。」

か細くあげた声に勝手に、愛撫が上手く行ってると思い込み、俺はしつこくそこをなぶっていた。
舌先で転がし、何度も指先できつく摘み上げて、歯を立てて吸い付いた。
乳の出ない乳房に執着する赤ん坊になった俺の頭を、詩鶴はずっと優しく撫でる。
だから俺は、無知で乱暴な自分の方法が正しいと思い込んでいた。

黙って俺に身を預けている詩鶴に安心しながら、一瞬さっと差し込んだ月明かりに照らされたのは、歯形がついてぷくりと赤く腫上がった両方の乳首。
完熟した野いちごのようになった、詩鶴の尖りを見て俺は慌てた。

「詩鶴・・これ・・・感じてこうなってる?俺、間違った?」

「う・・・うん、平気。大丈夫・・・。」

夜目に浮かぶ白い肌の詩鶴は、大丈夫と繰り返しながら、今や陶磁器で出来た俺の愛玩人形になっていた。
俺もたまにはアダルトビデオくらい見るし、友達からエッチ本の海外物とかも回ってきていたから、愛し合う方法くらい知っている。
まあ、たまに綺麗なお姐さんをおかずに抜くから、性欲は人並みって事なんだろう。
ゴールド・フィンガーを持つ男優が、うぶな小娘を演じる女優にするように、詩鶴の丸い膝を割ってぐいと身体を進めた。
閉じようとする邪魔な足を左右に開き、のしかかった。
不意に詩鶴が身体を固くして、急いで伸び上がろうとする。

「あ、あーーっ!柾く・・・ま、待って。」

「ごめん、無理!」

伸び上がる身体を真下に引き込んで、何度も詩鶴に挿入しようとした。
俺の知識ではそこは「感じると濡れる」はずなのに、詩鶴のそこはまるで弾力のある壁のようになって俺を跳ね返し拒絶する。

「くっそ・・・何で、はいらねぇんだよ。」

意地になった俺は、強引に身体をすすめた。
俺のささやかな分身は、抵抗にぽっきりと折れそうになりながら、ついに敵陣を突破した。
1度、ぷつりと突き入れてしまえば、温みを持って詩鶴の内部が俺を巻き込む。

「あ、あっ。だ、だめっ・・・!柾くん、ああーーーっ!」

「い、達きそ・・・詩鶴っ!」

丸い肩をベッドに押し付けて、俺は詩鶴の中に達した。
身体の力が抜けたように、足を開いて中央に俺を迎える無音の詩鶴。

俺は、それから何度も何度も腰を打ち付け、ひたすら詩鶴をえぐるように深く穿った。
まとわり附いたぬるみが、最初の痛みを一蹴していた。

自分の本能と快楽の求めるままに、俺は詩鶴を征服した。


**********************************
(´;д;`) だめじゃん、柾ってば・・・。最低。

柾は、本能のままに詩鶴くんを扱ってしまったみたいです。
目くるめくファンタジーの予定だったのに、このあんぽんたんがっ!ヾ(。`Д´。)ノ彡☆←自分で書いておいて。

詩鶴くん、大丈夫かなぁ・・・|ω・`)コソーリ・・・

どうしても、初めてで知識がないと、エチが上手くいくはずがないと思いました。
BLは奥が深いです。まるで、抜けられない深い森のようです。
この後、柾は動転します。      此花

ps:
下書きが上がってしまいました。( TДT)冒頭部分の手直しが必要でしたのに、すみません。
慌てまくってます。やっぱり慣れない場面書いたから舞い上がっているみたいです。


お読みいただきありがとうございます。
拍手もポチもありがとうございます。
ランキングに参加していますので、よろしくお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

関連記事

12 Comments

-  

鍵付きコメントさま

鍵付きコメントさま

(´・ω・`) あう~・・・慌てまくって、やらかしてしまいました。
いつも何かしらやらかしてしまいます。

BLエチ場面、これで良いのかなぁと色々考えましたが、ナットク感バッチリ!とおっしゃっていただいて、すごく嬉しいです。(´;д;`)感涙です~
ボルゾイ京都編の感想も書けていないのに、先に頂いてしまいました。(あ、名前ばれた~(*^▽^)ノ)
大好きって言ってくださって嬉しいです。
これからも頑張ります。とりあえず、下書き見直さなきゃ。
コメントありがとうございました。嬉しかったです♪うちゅ~(*^3^)ノ

2010/12/15 (Wed) 15:15 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/12/15 (Wed) 09:19 | REPLY |   

此花咲耶  

Rinkさま

> なにげにみなさん待ってた・・・
> あはは。

コメントいただいて、すごく嬉しいです。Rinkさまが入れてくださるのも、すごく嬉しいです。
此花は、中々気の利いたコメントを入れられなくて、さりげなく入れてあるのが羨ましいのですが、コメントにも回りくどい性格が反映されている気がします~(´・ω・`)

> もう強引にいっちゃいましたね若さゆえーーーですね。

乱暴でした。初心者マークなので、これから落ち込むと思います。
あんぽんたんです。

> 詩鶴くんも、ちらちらっとはアドバイスするものの
> もう、まさしくんに任すって感じが健気でした。

きっと、大好きだから自由にしてもらおうと思ったんです。
でも、きっと傷ついてます。いたそぉです・・・

> しかし次回まさしくん動転・・・驚愕・・・
> どうなるんだろーーー?

「赤ペン先生っ!(´・ω・`)この先、どうすればいいっすかっ!?」←柾。
今ひとつ、BLらしからぬエチ場面のような気がします。たぶん、謝るしかないです。
コメントありがとうございました。嬉しかったです!(*⌒▽⌒*)♪

2010/12/15 (Wed) 08:26 | REPLY |   

Rink  

コメが多いですね~

なにげにみなさん待ってた・・・
あはは。
もう強引にいっちゃいましたね若さゆえーーーですね。
詩鶴くんも、ちらちらっとはアドバイスするものの
もう、まさしくんに任すって感じが健気でした。
しかし次回まさしくん動転・・・驚愕・・・
どうなるんだろーーー?

2010/12/15 (Wed) 01:43 | REPLY |   

此花咲耶  

けいったんさま

> リアル感バッチリで いいのでは ?

よかった。そう言って貰えたらすごく安心します。(´・ω・`)ほっとしました~

> 柾の がっつく姿が 若いって事よねー。
> 周二が 隼に 今だ果たせなかった事を 柾は 易々と ヤッテのけて しまいましたね!

あ。そういえば周二くん、可哀相でした。いつか機会があったら何とかしてあげたいですけど、隼ちゃんは純愛はぱんつ脱がない物と思ってます。
きっと詩鶴のほうが、少しだけ大人なのだろうと思います。

> 此花さま、夜道の 一人歩きには 充分に ご注意を!
> きっと 周二からの 何らかの 報復が あるはず!!

(//▽//) ←この絵はちょっと違うかも。喜んでどうする。

> 「チェッ 此花の野郎、 俺の方が 先に登場してるのに どうして くれるんだよ(怒)!」by周二

(´・ω・`) 「え~ん・・・周二くん、怒っちゃやだ~」by―隼

慌てふためいて、下書き公開してしまうわ、加筆できてないわ、今回はちょっぴり大変でした。
幸せになってくれたら、いいなぁと思います。
コメントありがとうございました。嬉しかったです~(*⌒▽⌒*)♪

2010/12/15 (Wed) 01:17 | REPLY |   

けいったん  

詩鶴も 此花さまも 可愛い~♪

リアル感バッチリで いいのでは ?
柾の がっつく姿が 若いって事よねー。
周二が 隼に 今だ果たせなかった事を 柾は 易々と ヤッテのけて しまいましたね!

此花さま、夜道の 一人歩きには 充分に ご注意を!
きっと 周二からの 何らかの 報復が あるはず!!

「チェッ 此花の野郎、 俺の方が 先に登場してるのに どうして くれるんだよ(怒)!」by周二
(^^:)ゞbyebye☆

2010/12/15 (Wed) 00:46 | REPLY |   

此花咲耶  

くっくさま

> きゃー!!
> こういう方が、リアルですよね。
> リアルなのは好きです。

ファンタジーだと思いながら、無い脳みそを振り絞ったらこんな展開になりました。もう、柾と作者、何も分からないままなるようになれっ!←いや、これはどうかと・・・

> でも…柾くんっ!!
> あうぅ~仕方ないけど、詩鶴くん~オオオォォォ!!(ノ゚□゚)ノ・・・εミ(ο_ _)οドテッ…
> あああぁぁぁぁ。゜゜(´□`。)°゜。

(/▽\)きゃー♪、くっくさまが、可愛く動揺してます~、大喜びの此花です。
詩鶴くん、大丈夫かなぁ。
(´・ω・`)「たぶん~・・・、ぶっちゃけ、初めてじゃないし~。」

> 動揺しちゃって、ごめんなさい。
> 好きなんですけど、でも!なの(>_<)
> 此花さん、実はドSさんですね(*ノノ)キャ
>
動揺していただけて、すごく嬉しいです。ちゃんとエチ場面になっているかどうか心配でした。
はうっ・・・ドSさんですね・・・?(〃∇〃) 此花、ドMです。あれ~、おかしいです。
ちょっと、くっくさまをぐるぐる巻きにしてからどっちか考えて見ます。

> いつもこっそり読んでました。
> やっと、って思ったらこんな大変な展開になって、震えながらコメしてます(((゜Д゜;)))

お読みいただいていたんですね。ありがとうございます。
BL養成ギブスが間に合いません。おっかなびっくり頑張ってます。
コメントありがとうございました。嬉しかったです。

2010/12/14 (Tue) 22:36 | REPLY |   

くっく  

NoTitle

きゃー!!
こういう方が、リアルですよね。
リアルなのは好きです。

でも…柾くんっ!!
あうぅ~仕方ないけど、詩鶴くん~オオオォォォ!!(ノ゚□゚)ノ・・・εミ(ο_ _)οドテッ…
あああぁぁぁぁ。゜゜(´□`。)°゜。

動揺しちゃって、ごめんなさい。
好きなんですけど、でも!なの(>_<)
此花さん、実はドSさんですね(*ノノ)キャ

いつもこっそり読んでました。
やっと、って思ったらこんな大変な展開になって、震えながらコメしてます(((゜Д゜;)))

2010/12/14 (Tue) 22:12 | REPLY |   

此花咲耶  

Route M さま

Route M さま

きっと、うちのパソコンがあんぽんたんなせいだと思います。
すみません。今日は此花もパソコンも魂が抜けています。

>この後、柾は動転します。
次はこれですね。

(/▽\)きゃー♪ 
やっちまった柾は、慌てふためきます。
日にちをまたいでエチ場面、書けると思いませんでした。
あ・・・ちゃんとエチ場面になっているかどうかが、心配です。
連コメありがとうございました。うれしかったです♪

2010/12/14 (Tue) 22:04 | REPLY |   

此花咲耶  

Route M さま

Route M さま

(〃∇〃) きゃあ。此花こそ、日参していますっ!
要ちゃんが大好きと散々言っておきながら、どこか日常から画したような祐くんに、惹かれてしまいそうな浮気者です。

今日は本人がエチ場面で舞い上がっていて、下書きをそのまま上げてしまったりランキングにリンクしてしまったり、まったくどうかしています。
しかもパソコンまでおかしくなっているみたいです。大変です~。
リンクのご指摘ありがとうございました。
思わず、あわあわしてしまいました。

Route M さまのお書きになった作品のキャラクターが、いつも此花が作品を書くときには、脳みその片隅で観ているような気がします。不思議です。
詩鶴を可愛いといって下さってありがとうございます。
いっぱい辛い過去を背負って、二宮金次郎のようになっています。
どうして、昼ドラになってしまうんだろう・・・大問題発覚!
コメントありがとうございました。
舞い上がってます~。(*^▽^)ノ

2010/12/14 (Tue) 21:58 | REPLY |   

Route M  

NoTitle

あら、ごめん、下書きだったのね。違う??
しかも鍵コメのつもりだったのに、失礼しました。

>この後、柾は動転します。

次はこれですね。

2010/12/14 (Tue) 21:52 | EDIT | REPLY |   

Route M  

NoTitle

そうそう、確かに初めてで上手ってのはないですね。
リアルだ。
いつも読ませていただいています。ひっそりと。
シズルくんかわいい。此花さんの描くキャラは、かわいいのに、いろいろなものを背負っていて、考えさせられます。

ところで、あとがきが、ブログランキングにリンクしてます。
押してみたくなる、という点ではとっても有効ですが。←押してみた。
ではでは

2010/12/14 (Tue) 21:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment