FC2ブログ

青い海の底の浄土・10 

どこからが夢で、どこからが現実だったのかわからぬまま、じりじりと陽に照り付けられてやっと船底から頭を起こした弟は、ふらふらと全てを話そうと僧の下へと向かった。
古い庵で誰かが琵琶を奏でている。

「先帝御入水・・・去程に阿波の民部重能は、嫡子伝内左衛門教能を生け捕りにせられて叶はじとおもひけん・・・甲を脱ぎ弓の弦をはづいて降人こそ也にけれ・・・」

物悲しい楽曲の響きは、儚く散った幼い帝の魂を慰めるものだろうか。

「顕如さま。おいでになりますか?」

弟は僧の名を呼び、表を上げた僧の顔に別人と気がついた。

「申し。顕如様は、いずこにいらっしゃいますか?」

琵琶を弾く手を止めた盲目の法師が、この庵に来てかれこれ20年も経つが、その名の僧は三代も前の庵主ではないかと言う。

「まさか・・・。わたくしは、昨夜、顕如さまにありがたい書を書いていただいた者でございます。」

ひたと目をすえて懸命に語るが、庵の盲目の僧は首を傾げるばかりだった。

「さて・・・わたくしは目が見えませぬゆえ、読むことは叶いませぬが、顕如様の日記などが残っておりますからご覧になりますか?」

奥から、静々と何やら数冊の和綴じの日記を持って来た。

「これを、ご覧下さりませ。確かに・・・不思議な話を以前、聞いたことがございます。」

「近くの漁師の求めに応じて、海に向かって投げ入れる証文を書き与えたと昔語りをなさっていたと。龍神へ当てて書を書いたのは、初めてだと感慨深げにお話されたそうでございますよ。」

「しかし、それもかれこれ、20年前の話でございます。」

「に、20年?」

一瞬、弟の指先が冷たくなる。

「まさか・・・そのような・・・わしが、海の宮で過ごした数時間が、陸に上がれば20年もの時間とは・・・。」

「顕如様の語りが、今や安徳様をお慰めする歌になって居るのですか・・・。」

足元がふらついて、その場に膝がくず折れてしまう。
為すすべもなく呆然と、土間に座り込んだ弟の足元に、静かに入ってきた旅姿の女性の細い足が目に入った。

「申し。お尋ね致しまする。」

「この辺りに、先ごろ海から参った若い漁師の家はありませんか?」

目線だけをくゆらせて、弟は考えも叶わず女人を見やった。
長い黒髪を緩く流して、虫の垂衣(むしのたれぎぬ)をつけた市女笠と杖を持つ都人の雅な旅装束だった。

「弟君に、海の宮から這子(ほうこ)が、訪ねて参ったとお知らせしたいのです。」

海から、参りましたと微笑む姿は、どこか昨夜の女房達の姿に似ている。

「這子・・・?這子と申したか?そういう名前なら、おことの尋ね人は、おそらく我の事じゃ。去にがけに、兄者がおことの名を告げておった。」

「兄は、海の宮に天児と共に残っている。」

やれ、うれしや、やっとこのような堅苦しい壷装束(つぼしょうぞく)が解けますると、女人は市女笠を取り顔を見せた。
一瞬のうちに、這子と名乗る女性のその美しさに目を奪われた弟の顔が明るくなる。


*********************************

お読みいただきありがとうございます。
拍手もポチもありがとうございます。
ランキングに参加していますので、よろしくお願いします。此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ


二重カウントを止めています。
これからは、しばらくキリ番も来ないと思いますので、次の100000HPが年内最後だと思います。
もし踏んだ方がいらっしゃいましたら、リクエストにお応えしたいと思いますので、お知らせください。くるくる回って喜びます。 此花

後、二話で完結します。
関連記事

2 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

> 「うらしまはぁ~♪ 助けたカメに~♪...?...フンフンフン~♪」と、また うる覚えなのに 歌っちゃいましたよー

思わず、ご一緒に歌ってしまいそうです 。助けた亀に連れられて、浦島太郎がひどい目に遭ったお話でした。
実はそこのところ、引っ張ってきました。うふふ(*^▽^)ノさすがは、けいったんさまです。

> 20年経っても 容姿が変わらないのは いいわぁ(←食い付いた所は ソコです)
> 弟くんに お嫁さん登場! もう兄様が 居なくて淋しそうだったのにぃ~ 
> 男って 美人に弱いのよね...更に 若かったら 余計にねぇー

良いよね~、此花も、中身このままで年取らなきゃ良いのにと思います。←妖怪です~

> P.S. 此花さま、リアルが 忙しいのね! ナンダカンダと 言ってる間に もう年末!一年が はやーーい!
> これって 年齢に関係あり?(ii0ii)/ガーン

そうなんです。リアルが忙しくて、肩こりで首が回らなくなってます。
あっちもこっちも、あわあわしています。
コメントありがとうございました。けいったんさまもあわただしい年末、お風邪引かないようにね。

2010/12/10 (Fri) 16:41 | REPLY |   

けいったん  

むかし~♪ むかし~♪

「うらしまはぁ~♪ 助けたカメに~♪...?...フンフンフン~♪」と、また うる覚えなのに 歌っちゃいましたよー
20年経っても 容姿が変わらないのは いいわぁ(←食い付いた所は ソコです)
弟くんに お嫁さん登場! もう兄様が 居なくて淋しそうだったのにぃ~ 
男って 美人に弱いのよね...更に 若かったら 余計にねぇー
(ー3ー)...チッ...byebye☆
P.S. 此花さま、リアルが 忙しいのね! ナンダカンダと 言ってる間に もう年末!一年が はやーーい!
これって 年齢に関係あり?(ii0ii)/ガーン

2010/12/10 (Fri) 14:24 | REPLY |   

Leave a comment