FC2ブログ

青い海の底の浄土・4 

弟は、拾った貴人に乞われるまま、あれから何日も美童の側に付き添い、腑抜け同然になってしまった兄を憂いていた。
あの健康で働き者だった兄が、どうしたものか。
飲まず食わずの童子に夢中になり、褥に臥した童の面倒を見る兄は、目の下に濃い隈をつくり、どんどんやつれて行くばかりだった。
相変わらず、ぼんやりと「主上・・・」と口にしては、兄に縋るばかりの童子であった。

「兄者。この有様は何としたことだ。」

「ええい、こやつは、もうこの家から追い出したほうが良い。もしかすると、人の命を喰らう狐狸、もののけの類かも知れぬ。」

「何日も、飯を食わずにそのように平気で居れるはずが無い。」

兄の胸元にひしと掻き付いた美童の、豊かな黒髪を掴んで引き剥がし、表に引きずり出そうとしても、弟の手を捩りそうはさせまいと顔色を変えるのは兄の方だ。

「何をする!哀れな童子に、そのような無体をするでない!」

「赤くなってしまったな、可哀想に。痛うはなかったか?」

「主上・・・」

そっ・・・と、滑らかな細い腕を壊れ物でも触るように撫でる、兄の姿に弟は腹を立て表へと走り出た。

「兄者・・・魔物の手に落ちたか・・・情けない。」

かうなる上は「魔」を払うしかないと思い余って、弟は死者の弔いに忙しい僧侶の元へと悲痛な面持ちで、再び訪れた。

妙な者を海で拾い上げて以来、兄者は気がふれたようになってしまった、と、深い苦悩を浮かべて若い漁師は語る。
側にはべって、片時も離れようとしないのは、一体何の思惑有っての事だろうか・・・と。
あれは人間のような生きている気配がしない、命を持たぬ妖(あやかし)か何かだろうかと問う真剣な瞳に、徳の高い僧は何やら思うところがあるようだった。

「名を告げたのだな?」

「はい。確かに、わたしが漏れ聞いたのは「あまがつ」という名でございました。」

「天児(あまがつ)と、名乗ったか。よしよし、それで大体の見当はついた。」

「兄は元に戻りますでしょうか。」

大きく頷くと、僧は傍らの墨を取り、文書をしたためた。

「よいか?そなたは夜更けにこれをもって沖へ行き、お忘れ物でございます、と船のへさきから叫んで参れ。」

「お忘れ物でございますと、叫べばよいのですね?」

「沖に行けば、おそらく何かの予兆があるだろうよ。拙僧の考えが正しければ、きっと兄の命は助かるから、心配は要らぬ。」

「あの、天児(あまがつ)と名乗ったは、おそらく龍神の持ち物じゃ。」

「龍神の・・・?」

弟には今ひとつ理解しかねる風であったが、兄を救いたい一心で、今はわらをも縋る心持で、僧の書いたものをありがたく押し頂いた。

そして夜半、月が中空に上がったころを見計らい、僧の言いつけどおり小船に乗り込んだ。
高く上がった銀盆のような満月は、きらきらと水面で照り返し、金波、銀波の細かな銀杏の葉を散らしたような凪である。
船は紙の上を滑るように静かに進み、ふと明かりを近づけて海底を見ると細かな気泡が浮かんでくる。

微かに弾ける時に、あぶくの中から話し声がしたような気がしたが、まさか、さような事はあるまい・・・とごちた。


******************************

いつもお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチも、励みになっています。
しばらく続きますので、よろしくお願いします。
今日のお話は、兄ちゃんと天児がらぶらぶで弟、嫉妬めらめら~でした。(*^ー^)ノ  此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ


関連記事

6 Comments

此花咲耶  

美月さま

美月さま

大勢の方が書かれているからでしょうか?
書きたい気持ちが、いつか溢れ出せばいいなと、思います。まだ入れ物に余裕があって、此花の場合知識が無さ過ぎです。(>_<)
美月さまも、頑張って下さい。是非とも、読ませて頂きたいです。コメントありがとうございました。うれしかったです。きゅんきゅん♪

2010/12/05 (Sun) 17:14 | REPLY |   

美月  

NoTitle

私も、遮那王っていうか、義経、書きたいですが。
でも、なんか二の足、踏んでます。

2010/12/05 (Sun) 16:45 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

美月さま

美月さま

(//▽//)おお~、美月さま、時代物お好きですか?
嬉しいです、好きな時代が此花とご一緒みたいです。
好きなものは思い入れが強すぎて、中々書けません。
木曽義仲の息子と、源頼朝の娘の幼い恋人同士の悲恋とか、惹かれるものはあちこちに散らばっています。

阿修羅展、はるばる九州まで行きました。
思わず声かけました。
「やっと会えました。」って。←変~・・・
平家の話ですけど余り出てこなくて、いつかは遮那王とか思っているのですが、余りに既出なので二の足踏んでます。
楽しい・・ですか?(//▽//)此花も嬉しいです。書いてるほうも楽しいので、そう言ってもらえるとすごく嬉しいです。ランキング気にしないで、好きなこと書こうと思いつつ・・・やっぱり、現代物のコメディのほうが分かりやすくて良いみたいで、ちょっと気になったりもします。(´・ω・`) ・・・小心者・・・
コメントありがとうございました。嬉しかったです♪

2010/12/05 (Sun) 00:08 | REPLY |   

美月  

時代もの、好きです。

こんばんは。
時代物は、好きです。
あと神代とか、平安から鎌倉あたりと、
幕末とか。

神社、仏像とかも好きなんです。
今年は、仏像界のジャニーズと言われている阿修羅さまを
観に、奈良にいったり。
平家のお話を題材にとっているのってあまりみないので、
楽しいです。

2010/12/04 (Sat) 23:26 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

美月さま

美月さま

(//▽//)・・・きゃあ。はじめまして。

すごく好き・・・・゜゜・(/▽\*)・゜゜・わ~、どうしましょう。
お気に入って下さってありがとうございます。
時代物は余り読んでくださる方がいないと思っていましたら、コメントいただけてとても嬉しい限りです。
青い~は短編ですけど、拙作「ずっと君を待っていた」にも、オロチが出てきます。
もしよろしければ、お読みいただけたらと思います。

リンクしてくださったんですね。
ありがとうございました。
どうぞ、バナーもお持ちになってください。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。後で、お邪魔させていただきます。
コメントありがとうございました。嬉しかったですっ!

2010/12/04 (Sat) 17:00 | REPLY |   

美月  

はじめまして

はじめまして。
平家の終焉から、はじまるこの物語。
すごく好きです。

静かな中に、次にどうなるかしら?
って思わせていただきました。
天児と兄……。今後どうなるかしら?
楽しみです。

あと、いきなりですが、続きを読みたいために、
リンクフリーとありましたので、リンクさせていただいてしまいました。

2010/12/04 (Sat) 15:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment