FC2ブログ

新しいパパができました・17 

さてと・・・と、振り返った若い医者の言葉に、詩鶴は身をすくめた。

「君。津田くんと言ったっけ。聞きたいことがあるなら、聞いても良いよ。」

残念ながら回りくどい性分じゃない俺は、真っ直ぐに言葉をぶつけた。

「あいつは、何故詩鶴のことを違う名前で呼ぶんですか?」

「・・・あいつは・・・すみません、伯父さんって人は、詩鶴に何をしてたんですか?」

「後、あんた・・・あなたは、詩鶴の味方?それとも、敵ですか?」

「やれやれ、なんともストレートにぶつけてくる客人だね。」

床にへたり込んでいる詩鶴に手を貸して、ベッドの上に抱え上げたそいつは脈を取り、耳元に今日は大丈夫のようだねと、そっとささやいた。

「詩津さんというのは、詩鶴を生んだ母親の名だよ。そこに写真があるだろう。」

静かに眠り続ける、詩鶴の父親の枕辺に幸せな家族写真が置かれていた。

「子供を妊娠しているときに、胃がんになっていてね、手遅れだったんだよ。ずっと、胃が痛むのはつわりが酷いせいだと思っていたから。」

「家が総合病院なのに、手遅れ・・・?」

「そう、恥ずかしながら。しかも産婦人科は、妊娠成功率が高い病院として、不妊治療では国内ではトップクラスなんだ。」

「だから、問題のない妊婦として、きっと見落とされたんだね。妊婦に放射線はよほどのことがない限り、使用しないから。」

「何で詩鶴のことを詩津って、お母さんの名前で呼ぶんですか?似てるからわざと?」

詩鶴の従兄は、詩鶴に向かって話してもいいかと聞いたが、詩鶴はうんと頷かなかった。
左右に強く頭を振ったきり、再度ベッドに身体を投げ出して、身を震わせていた。
白衣の男は詩鶴の従兄で、澤田天音(あまね)と名乗った。
澤田天音は、小さくあごをしゃくって俺を外へと誘い、俺は横目で詩鶴が身じろぎもしないのを確かめて、付いていった。

「向こうで話そう。」と、言われるまま、付いていった人気のない特別室のあるフロアには明るく陽が差して、広い廊下はギャラリーのように洒落た絵画が飾られて、とても病院とは思えない。
まるで、都内の有名な画廊のような風情だった。

「詩鶴の母親も、あの部屋で亡くなったんだよ。」

「後、話しかけたうちの父の確執の話だけどね、本当は詩鶴の母親と父が結婚するはずだったんだ。」

思わず驚いて、初対面なのに、そんな大事な話を俺にしても良いんですか?と聞いたら、君は詩鶴の騎士だからねと口角を上げた。
今一つ、こいつが詩鶴にとって、どういうやつなのか掴めないまま、俺は話を聞いた。

「運命としか、言いようがないね。詩鶴の父親とぼくの父は兄弟で、詩津さんを争って勝ったのは詩鶴の父親だったんだ。」

「父は君も気づいているだろうけど、少しばかり神経が繊細すぎるというか物事が全て自分中心に回っていないと許せない性質(たち)なんだ。」

母ちゃん、俺は今ものすごく重要な話を、軽く世間話をするように聞いている気がする。
このまま、この脳天気な俺がこんな話を聞いていて良いのかと思うけど、話は続いたんだ。

「父はね、表向き祝福する振りをして、詩津さんを自分のものにしたんだ。・・・女の人は、そういうのって分かるんだろうね、結婚をやめたいと伯父に告げたそうだけど、伯父は父が一番ショックを受ける方法で・・・宿った詩鶴ごと丸々彼女を愛したんだ。きちんと籍も入れてね。」

すっげぇ、男前・・・のような気がするけど、実際はどうなんだろう。
それって彼女のおなかの中に、誰か他のやつの子供が宿っているってことだろ?
しかも、相手は自分の兄ちゃんで・・・?
あ。一つ疑問。

「あの。天音さんは、詩鶴よりずいぶん年が・・・」

「ああ、つまり父には既に本妻がいて、詩津さんを愛人にするつもりだったんだよ。両方欲しかったんだよ、父は。」

「円満な家庭を持ちながら、儚げでずっと聖少女のような詩津さんと、恋をしたいと本気で思っていたようだね。」

欲が深い男だね・・・と、天音さんは笑っていたが、俺の少ない脳みそを総動員しても、詩鶴の伯父というやつの思考回路は分からなかった。

詩鶴の母親が、一番大好きな人と結婚できたのは確かで、二人は幸せに暮らした。
だけど、そのお腹には実の兄の子供の詩鶴が宿り、しかも彼女は余命僅かだった・・・?
昼ドラだ~・・・

「あ。詩鶴。」

二人の会話を、悲しそうな顔で聞いている詩鶴と目があった。

「聞いちゃだめって言ったのに・・・。言うこと聞かないなんて、パパは悲しいよ、柾くん。」

「ごめん、詩鶴。」

この顛末・・・どうなるの。
俺は何もかもリセットして、詩鶴だけ連れて家に帰りたかった。

今すぐに。



******************************

いつもお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチも、励みになっています。  此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ



本日、やっと地デジ対応のテレビが届いた此花のおうちです。
日本列島は荒れ模様でした。
設定完了と同時に、アンテナがどこかへ飛んでゆきました。

(´;ω;`)・・・

ケーブルも届かない、インターネットの光も届かない。
ここは、日本なのか・・・?
関連記事

4 Comments

此花咲耶  

NoTitle

Rinkさま

(´・ω・`) ・・・え~ん、Rinkさま~
アンテナは、細いコードで屋根からまるで身投げをするように引っかかっていました。
擬人化できるんじゃないかと思いました。

テレビ:「ばかだね、ぼくから逃れようとするなんて。」
アンテナ:「は、離せっ、どうせ君はぼくがいなくなったら、ケーブルと仲良くする気なんだっ」
テレビ:「ばか、あいつはここへは来ないよ。」
アンテナ「・・・じゃあ、光は?」
テレビ:「だから、俺にはおまえだけなんだって。」

らぶらぶ~・・・

ケーブルも光も無い、アンテナ(おまえ)だけの不憫な土地で暮らしております。(*^▽^)ノ

詩鶴君、結構可哀想なお子さんかもしれません。
でも、作者はくじけない前向きな子が好きなので、健気にがんばります。コメントありがとうございました。嬉しかったです。
説明くさくならないように、エピソードで場面を展開するのって難しいです。エチ場面以上に、肉親の葛藤も表現するのにいっぱいいっぱいです。←あ、いつもだった・・・(´・ω・`)

2010/12/04 (Sat) 08:55 | REPLY |   

Rink  

うわ~ほんとは親子だったのか!

親子だったんですね。
それにしてももう少し優しくしてあげてくれパパなら!って感じですね。
従兄弟だけど、腹違いの兄さん。
この兄さんがきちんと詩鶴を守れれば、こんな詩鶴も過呼吸にならなくてもすみそうなのに。
地デシアンテナが飛んだんですか?
いずこえ~!
すごい雨の後は風が吹いてましたからね~。

2010/12/04 (Sat) 03:14 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

(//▽//)・・・きゃあ。お久しぶりです~♪
放浪の旅の、成果はいかがだったでしょうか。
アンテナは、テレビオンリーのアンテナなので、今テレビは砂嵐です。え~ん・・・(´;ω;`)
パパが、夕方帰ってきたのですが、日が暮れるのが早くて今日はもう暗いから明日ねということになりました。信じられない一日でした。地デジになったの、たぶん10分くらいでした。

作品に関して言うと、危ない関係一歩手前までですと言い張っておきます。案外、いい人に見える人が一番腹黒かったりして・・・。
詩鶴くん、大丈夫かなぁ。あんぽんたんな弁慶は、見た目に惑わされている状態です。
説明ばっかりで、ちゃんと伝わっているか不安です。
脳内では完成しているのですが、ストックがないので此花そのうち力尽きると思います。
お仕事が忙しくなったら、突然逃亡かも。
コメントありがとうございました。嬉しかったです♪

2010/12/03 (Fri) 21:45 | REPLY |   

けいったん  

今日は 此方も 凄かった!

此花さま、 おひさ~♪ ...で アンテナが 飛んで ネットは 繋がらないのに UPは どうやったの?
我が家は 二階は 地デジ対応なのに 皆が 集まる 一階は まだのよ。 これって どうなのか(yy)

詩鶴の父って 天音の父なのね!!
でも それなのに 危ない関係に 見えたけど それって
近親相○な関係って事なのーー(@@:)
此花さま、 淫靡ですわよ、この作品は! 大人の階段を 着実に 昇っていらっしゃるのねー。ねー。

弁慶・柾くんには 此処は 強引に 詩鶴パパを 連れ帰って貰わなくてわ
C=c=c=「(*´o)」「(*´o)」...二人で一緒に逃走よ~...byebye☆

2010/12/03 (Fri) 21:31 | REPLY |   

Leave a comment