FC2ブログ

青い海の底の浄土・3 

「お上とは、誰であろう?」

兄弟は顔を見交わし、密かに見守った。

「おそらくは、我らとは反目する、平氏の抱く天皇さま、もしくは上皇さまあたりであろうよ。」

「お側近くに仕えていた者に、間違いは有るまい。」

「寵童かもしれぬな。」

僧に報告し、検非違使所(役所、警察のようなもの)に知らせるべきかどうか、兄弟は思案に暮れた。

「ともかく早く、気が確かになると良いのだが・・・」

白い顔でとろとろと眠りについたまま、濡れた衣服を改める間も硬く目を瞑ったきり、ひたすらに眠るだけであった。
時折口走る「主上」と言ううわごとに、何度も夜中に眠りを妨げられて兄は蒲団を被り直した。

気が付くと、黒目がちの濡れた瞳が熱を持って、月明かりの中じっと自分に向けられていた。
意識を失っても絶えず名を呼び、焦がれる「主上」とは、いかなる姿をしているのだろう・・・
胸が騒ぐほどの、視線を向けられて兄は戸惑っていた。
熱い視線がとろけるように、兄の腕を求めていた。

明け方ようやく睡魔に捕らえられた兄の足元に、ころ・・・とどこからか糸手毬が転がってきた。
歌うように、幾つかの小さな声がする。

「やれ、うれしや。主上のお探しものが見つかった。」

「天児は、ここじゃ、ここじゃ。」

「見つけた印に、主上のお気に入りの手を一つ印に、もいでゆこうかの。」

眠気に負けて姿を見ることも叶わず、兄は睡魔の手に抱かれた。
ただ起きぬけの朝、身体だけがまるで泥のように重く、夢にしては妙に現実的だったと思い起こした。
糸手毬の金糸銀糸の煌めきが、月明かりを照り返して輝くのは、やはり現実であったように思う。

漁から帰ってくると、粗末な夜具に身体を半分に折るようにして、招かれざる客人は倒れていた。
何とか動こうとして、微塵も叶わなかったようだ。

「あっ。これ・・・大丈夫か?大事無いか?」

「粥も食わず、何日も意識もなかったのだ。しばらくは、横になって居なければ・・・。」

美童は、花弁のような薄い色の唇を震わせた。

「主上・・・わたくしの、手は・・・?」

ふと見ると腕に縋る貴人の、片方の手首が失われていた。
不思議なことに、刃物で切り取った血の形跡もないのだった。
元からなかったように、傷跡すらないのが不思議だった。

じっと見つめる瞳に、みるみる涙を湛えて直も問う。

「わたくしの手がありませぬ・・・ああ、お・・かみ・・・手がなくては、主上に触れることも叶いませぬ・・・」

貴人は身を捩り、声もなく静かに泣いた。
薄い肩を揺らして涙をこぼし、震えて耐える姿に哀れと思いながら、ふと胸がこみ上げるもので熱くなる。

物心ついてから、自分は過去にこれほどまでに、人を恋うた事などなかった。

その手が、自分を求めて縋る・・・

「名は?」

「お前の名は何と言うのだ?」

無骨な手で、精一杯の繊細さをもって抱きしめると、緩く背中を撫ぜてやった。
はらはらと、両の目から玉のように転がり落ちた涙が、次々に兄の着物に吸われてゆく。

「わたくしの名をお忘れか、天児(あまがつ)とお呼びなされて、お側で可愛がって下されたものを・・・」

「天児(あまがつ)・・・と言うのか。さて、余り聞かぬ名じゃな・・・」

「お呼びください。わたくしの、天児と・・・。」

「今は、横になって休め。あま・・がつ。」

そう名を呼ばれて、嬉しげに童は兄の胸に頬を寄せた。

誰かと間違うているのじゃなと、兄は、心の内でごちた。

慕う腕を、無下に払うわけにもいかず、兄はそっと美童を抱いた。
これほどまでに慕われる、主上と言うものがどこか妬ましいような気がしていた。


******************************

いつもお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチも、励みになっています。
しばらく続きますので、よろしくお願いします。
天児に関しては、もう少しだけ伏せておきます。(*^ー^)ノ 此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ


関連記事

4 Comments

此花咲耶  

小春さま

小春さま

> 同じ時期にアップしてたのね~
> 良い人に助けられて良かったね^^

いっぱいお読みいただきありがとうございます。
今は、書くのが楽しくて書き飛ばしているという感じです。
読むのが追い付かない・・・?

がんばります。(*⌒∇⌒*)♪

2011/01/27 (Thu) 22:09 | REPLY |   

小春  

新しいパパも読んじゃう^^

同じ時期にアップしてたのね~


良い人に助けられて良かったね^^

2011/01/27 (Thu) 21:06 | REPLY |   

此花咲耶  

きゃあ。かやさま!
(@□@)み、見惚れてっ・・・!?余りに素晴らしい褒め言葉に此花は上昇したまま、星になってしまいそうです。舞い上がり~っ!時代物は、敬遠されてるみたいです。どうしよう、好きなのに・・・。
先日、鍵付きコメントをいただいたのですが、かやさまの詩が良かった、文章にすごく、あってたと褒めて頂きました。嬉しかったです。O(≧∇≦)o
バナー、お持ち帰りありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。コメントありがとうございます。あれこれ嬉しかったです。チョーカー・・・ハードル高いですけど、惹かれてます。鬼畜なX’masいいですよね~

2010/12/03 (Fri) 13:33 | REPLY |   

かや  

NoTitle

ぽーと見惚れてしまいました。
小説に「見惚れて・・・」と言うのもおかしな表現ですが。
絵巻物でも、広げられているようです。
金糸銀糸の錦の裳裾がひるがえるのさえ見えるようですねえ。

此花さんの歴史小説は、お能を観賞している時の気分に似ているようです。
場面の転換とか、台詞の調子とか、そういう感じ。

それから。
バナーを頂いて帰りますね。二つ。
よろしくお願いしますm(_ _)m

2010/12/03 (Fri) 13:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment