FC2ブログ

ずっと君を待っていた【あとがき】 

【あとがき】

長くなったので、移しました。

物語は、連休に出雲大社に参拝に行き、期間限定で八雲の絵を拝観した所からいつか書こうと思っていました。
古代に描かれた雲の絵は、おそらく彩雲と言うべきもので、八雲立つ・・・の雲を描いたものだと思います。
ちょうど、境内では神楽も奉納されていて、小さな能舞台のような所で物語性のある神楽にすっかり魅了されました。
中身はおじさんが入っているお神楽を、それはもう嬉々として眺め入ったのです。
古事記や日本書紀の物語とは、ずいぶん違っていますし、一説によりますとオロチは出雲地方で氾濫する川の擬人化じゃないかと言う説もあります。
伝わってゆくうちに、色々変わって行くのかもしれません。
アシナヅチ、テナヅチも漢字で表記すると、足と手の神様だったりして書くことが増えてゆくので、そのあたりは詳しく触れるのをやめて思い切り削ってしまいました。

此花の書く主人公は、いつも年齢よりも少し幼い感じです。
作者の好みで、名前を呼ぶときに頭に「わたしの・・・(紅蓮の虹)」「我の・・・(輪廻の願い)」と付いています。
これは、ひとえに作者の趣味です。

クシナダヒメが櫛に姿を変えられて、スサノオの髪に挿されていたというのは、当時のベンガラ漆の赤い櫛の写真にわくわくして使うことに決めました。
古代の遺跡から発掘されたものが現存します。

クシナダのクシ


こういうのがあると、伝承や昔話にすごく真実味が加わりますし、妄想倍増です。

この題材ですと、ほかに調理の方法もあったかなと思うのですが、此花の方向性はもうこんな感じですのでべたべたとくっついて終わりました。
「人肌を感じるせつなさ」が成就しない恋にはいいかなと思いました。
長らく、お読みいただきどうもありがとうございました。

読み返してみたら、前半部分がかなり酷かったです。
説明不足を、かなり加筆しました。
後、BLを意識してキス場面も入れました。・゜゜・(/▽\*)・゜゜・←たいしたことないです。

書くの好きですけど、打つのが遅くて困ります。 ぱお~(´・ω・`)  
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
←どさくさ・・・


【あとがき】までお読みいただき、ありがとうございました。
次は、この物語から派生した海の浄土のお話です。
過去作品ですが、オロチが平家物語で海に身を投げた安徳天皇だったという伝承からヒントを得て書いたものがあります。
まだ、加筆校正ができていませんが、更新はなるべくがんばります。  此花←墓穴・・・

********************************************


鏡




関連記事

6 Comments

此花咲耶  

小春さま

> 良かったよ!
> キスしたもんねv-238
> 立派にBLですから^^
>
ぎりぎりセーフでおっけぇでしょうか。立派にBL・・・(つ∀`*)っ))⌒☆もう~・・・

> お話も綺麗で素敵よv-150
> よくできました~よしよし良い子^^

(*⌒∇⌒*)♪えへへ
これからも、頑張ります。
コメントありがとうございました。うれしかったです~(*⌒∇⌒*)♪

2011/01/27 (Thu) 20:34 | REPLY |   

小春  

一気に読み切りました^^

良かったよ!

キスしたもんねv-238

立派にBLですから^^

お話も綺麗で素敵よv-150

よくできました~よしよし良い子^^

2011/01/27 (Thu) 14:09 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

かやさま

(//▽//)・・・きゃあ。
せっかくですから、綺麗な人が大勢出てくるほうが嬉しいですよね。ファンタジーですもの。

おお~、ファンタジー設定の詩があるんですか。
是非是非、見せてください。
もちろん、楽しみに読ませていただきますっ!(≧∇≦)ノ彡
わ~いっ!お待ちしていますから、読ませてください。
物語に幅が出て、かやさまの、詩を使わせていただいて本当に良かったです。大好評です~~。

HNを決めたときに、周囲には文章を書く人がいなかったので、コノハナサクヤ媛って知っている?と、聞いたところ誰もいなくて安心して使いました。恐れ多くも女神の名前ですけど、まあいいか~と思って響きが好きで使用したのですが、さすがに物を書く人はご存知でチャットのときに「女神様ですよね~?」といわれて軽く気を失いそうでした。
そこらへんのおばちゃんなのに・・・顔が見えないからまあいいか~・・・・゜゜・(/□\*)・゜゜・わ~ん 、墓穴~

楽しみにお待ちしています。
コメントありがとうございました。嬉しかったですっ!

2010/11/26 (Fri) 12:43 | REPLY |   

かや  

完結おめでとうございます

素敵なお話でした~(≧∇≦)
きれいで、ロマンティックで、切なくて。
ちらりと美少女が出てくるのが、また、いい♪(美少年・美青年・美中年も好きですが、美少女・美女も大好き~)(☆☆)

コノハナサクヤ媛のくだりで、ふと連想して、詩のノートを手繰ってしまいました。
10代後半から書き溜めた詩のノートの中から、手直ししたり、一部のフレーズを使用したり、新しく書き起こしたりして、アップしているんですが。
現実とかけ離れたファンタジー設定のものも多くて、アップするのをためらっているものの中に、コノハナサクヤ媛と重なる詩があるんですよねー。
ちょっと、手直ししてアップしてみようかな・・・と考えてしまいました。
私の咲耶姫は、アップしたら読んで下さいますか?

2010/11/26 (Fri) 11:40 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

るかさま

(//▽//)・・・きゃあ。こんなところまでお読み頂き、ありがとうございました。
加筆前のタイトルは実は「金銀童話・輪廻の願い」というのです。
思いっきり、「輪廻」の物語でした。るかさまに良かったといっていただけて、すごく嬉しいです。
クシちゃんも奥手でどうしようもないです。作者のテクが追いつかないと、登場人物みんな、いつまでもどーてーのままかもしれません。ここはやっぱり作者が純情可憐なので仕方が・・・誰っ?

詩腐徒交遊記の かやさまの詩のおかげで、架空のちょい役の登場人物に血が通ったような気がしています。
古文風に変換すると、またちがった魅力でどきどきでした。
いろいろな試みもありで、観潮楼さまにご参加の皆さまの隅っこに混ぜていただいて、とても楽しくしています。
コメントありがとうございました。嬉しかったですっ!(//▽//)

2010/11/25 (Thu) 19:29 | REPLY |   

るか  

完結お疲れ様です~~!!

クシちゃん、可愛い~クシちゃん♪
古代のロマンに想いを馳せる、切ない輪廻の物語、
とっても良かったです~。
自分を想う2人に、自分が2人いればいいのに、と願う、
優しいクシナダ姫、思い続けるオロチ、
じーーんと来ました。
まだ淡い気持ちしか持っていないクシちゃんですが、
この先、ご当主と・・・なんて妄想してしまいます。
ぜひ、そうなって欲しい~~。
八雲立つ、のうた、私も大好きです。そして詩腐徒交遊記の
かやさんの詩も~~。
素敵でした!ありがとうございました~~~。

2010/11/25 (Thu) 18:14 | REPLY |   

Leave a comment