FC2ブログ

ずっと君を待っていた・35 

次の日早く、到着した日の服装で、俺は海鎚家御当主、緋色に頭を下げた。

「お世話になりました。」

「うん。」

頷いて、ほんの少し相好を崩した緋色に・・・

「何か、お日様の下にいるの、めっちゃ似あいませんね~。」と、言ってしまい、ぼくは親父と青ちゃんに同時に蹴りを入れられた。

「無礼者っ!」

胃を押さえてうずくまったぼくの姿に、青白い顔を向けた海鎚緋色は、意外なほど優しい笑みを浮かべていた。
表に車が着ましたよと、家人が呼びに来た隙に、ぼくは「ちょっと待ってて!」と、声をかけ、海鎚緋色を玄関先に引っ張り込んだ。

「ね。本当にこれでよかったの?」

いつ会えるかも分からないなら、聞いておかなければ。

「鏡が割れてしまったら、神楽も出来ないし、これから先はどうなるんだ?」

御当主はちょっと驚いていた。

「え?」

関わりがなくなって、ぼくが心底安堵して帰宅するんだと思っていたらしい。
・・・言っておくけど、そんな薄情者じゃないぞ。

「ここの神楽は、手っ取り早く言えば、約束の確認のために行っていた神事だったんだ。」

「そなたが・・・思いがけず割ってしまったが、案じなくとも、ちゃんと我とクシナダは再び永久(とわ)を誓い約束を交わした。」
それって、約束が果たせたってことなのか?とぼくは、問うた。

「クシナダが、こういう姿で現れるとは思いもよらなかったが、これまで待ったんだ。」

「後、千年でも待つさ。」
予想通りの答えに、思わずここに来てからずっと思っていたことを口にしてしまった。

「あのさ・・・ぼく、男に生まれてきて、ごめんね。」

海鎚緋色は、それを聞くなりくしゃと破顔した。

「いや・・・それはそれで、楽しめた。」

なんだよ、それ。
ついと、手が伸びて顎を引き寄せようとする。

「クシナダ・・・我はいっそ、何も知らぬ無垢な赤子のようなそなたを、我が物に・・・」

うわ~~っ!!
やっぱり・・・こうなる・・・?

玄関の内側で、何度目かの深いキスを交わし、何度目かの酸欠状態になり、ぼくはめまいを起こし酸素を求めて喘いだ。
こ、腰が砕けそう・・・

「だめっ・・・、これ以上は、だめっ!無理っ!」

玄関先から飛び出たぼくと、笑い転げる海鎚家御当主を始めて見た周囲は、信じられない風で、驚愕の眼差しを向けてきた。

オロチは・・・その時の海槌緋色はすごく楽しそうに笑っていて、それは何故だかぼくには涙がこぼれそうなくらい嬉しかったんだ。


********************************************



いつもお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチも、励みになっています。
後、一話になりました。
明日も、がんばります。   此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

関連記事

2 Comments

此花咲耶  

小春さま

> ギリギリセーフ^^

ほんと?良かった~
なかなか、進んでくれないので困っています。 (*⌒∇⌒*)♪

2011/01/27 (Thu) 20:29 | REPLY |   

小春  

やった~BLだ!

ギリギリセーフ^^

2011/01/27 (Thu) 13:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment