FC2ブログ

ずっと君を待っていた・31 

オロチはと言えば、その後、俺の向こうの存在に恋うるように話しかけていた。

「何があっても、我は未来永劫そなたのものだ。」

「それ以外、何も求めぬ。」

「聞きたいのは、そなたの名だけだ。」

ぼくの内側が歓喜に打ち震えるのがわかる。

『オロチ・・・わたくしの名は櫛名田比売。』

ぼくの喉が、恋しい龍神・・・人外の名を呼ぶ・・・

形ばかりの約束の妻問婚は、こうして再び果たされた。
完結したわけではなかったけど、それでも気持ちを確かめあうことはできたということなのだろうか。

篝火に照らされた二つの影が溶け合って、今一つになる。
海鎚緋色の胸で、今生の別れを嘆くのは、ぼくなのかクシナダヒメなのか、意識は混沌としていた。
ぼくの中に入り損ねたクシナダヒメの意識は、オロチの腕に抱かれたまま、やがてゆっくりと薄く大気に溶けて消失していった。
その魂の行方を、ぼくは知らないが消えてゆく影は、少し微笑んでいたような気がする。
いつか、又・・・そんな不確かな言葉を、クシナダヒメになりそこなったぼくが言うのは不謹慎だろうか。

空に両手を伸ばして、スサノオが歌うはずの歌を、オロチが朗々と歌った。

『八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を』

新居を探していたときに、まるで祝福するように、聖地に錦の雲が沸き立ち、その様子を見てスサノオが歌ったと伝承に今も残る有名な歌だ。
新婚の夫の歌を今は、婚姻を終えたものとしてオロチが歌っていた。
今度こそ一緒になれるはずだったのに、結婚の喜びの歌は、再び悠久の別離の歌になってしまった。

ぼくと交代するはずの魂は、これから又、長い転生のときを待たねばならないらしい。
そんな風に、誰かを愛せるのだと始めて知った気がする。
歌詠みの国の短い三十一文字に、気が遠くなるほどの深い思いを込めて、海鎚本家の神楽は終わりを告げたのだ。

だれも住んでいない鏡は、割れてくすんでしまってもう役に立たない。
オロチはこれから、新しい鏡を磨き始めるのだという。
再びまみえる愛しい人の面影を思い浮かべながら、おそらく万感の想いを込めて・・・

全てが終わり、化粧を落としに入った、風呂場の鏡に映る俺の顔は、涙と白粉と紅が混ざって、ぐちゃぐちゃになっていた。

「うわっ、ひでぇ・・・!」

「なんだ、これぇ。こりゃ、ふられるわ~」

湯気の向こうで、クシナダヒメが笑ったような気がした。
ううん、違う・・・あれは・・・

「あっ!比売香(ひめか)姉ちゃん・・・?」

『やっと、気が付いてくれた。』

「子どものとき以来だ。ぼく、すっかり忘れていてごめん・・・」

『そう。わたし、ずっとひぃくんと一緒に居たのよ。』

姉ちゃんは、うんと小さいときに病気でなくなった。
双子の不思議さで、幼稚園くらいまではよく誰もいない部屋の隅に向かって、姉ちゃんの霊とぼくは話をしていたらしい。

成長するにつれて、ぼくは実体のない姉ちゃんと共にいるよりも、友人と始めた剣道に夢中になってしまったのだ。
でも、普段からなんとなく一人じゃない気はしていたから、きっとずっと守っていてくれたんだと思う。
何だろう、よく分からないけど背後霊・・・みたいな?

『大きくなったね、ひぃくん・・・』

「ん。」

********************************************



いつもお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチも、励みになっています。
明日も、がんばります。   此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ



関連記事

7 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/01/27 (Thu) 13:42 | REPLY |   

此花咲耶  

Re: NoTitle

『鍵付きコメントkさま』

わ~いっ(*⌒▽⌒*) こめんとありがとうございます♪

お読みいただきありがとうございます。
不憫なオロチさま。ここに優しい人がいたよ。

ほとんど展開としてはこのまま流れてゆくのですが、もう少しクシちゃんと分かり合えるようになります。
パパのほうは、ねたばれしちゃうと実はちょっと色々理由があって、ここにやってきたという話になります。
仲良くならなくてもいいくらい、仲良くなるはずです。←ついにがんばるのか、此花未踏の濃厚エチ。←ハードル高し。
・゜゜・(/▽\*)・゜゜・きゃあ。ないです~
ご意見いただいて、とてもうれしかったです。
自分の方向性とか色とかは、続けてゆけばそのうち見えるものなのかもしれません。
心に残る切ない少年愛…すごく好きです。kさまの淡い恋心も、余韻がこれからと言う未来を想像させてとても素敵です。どこか現実味のある自然さがあります。・・・って、コメントに書きなさいって話です。ごめんね。

野望としては、読むほうがせつなくなるような愛おしいエチがかけるようになりたいです。
初心者の癖に、ちょっと急いてはことを仕損じそうでした。
少しずつ大人の階段上がります。
コメントありがとうございました。気持ちがすごく楽になりました。
明日もがんばります。(`・ω・´)

2010/11/21 (Sun) 01:01 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/11/20 (Sat) 23:38 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

わ~・・・コメント、ありがとうございます。嬉しいです。
何か、揺れていたのを見透かされたかのようなコメントで、どきどきしました。

一度、こてんぱんにKOされてしまいましたから、どこか意地になって、BL書く以上はいつかは絶対濃厚エチ場面書かなきゃいけないと思ってたみたいです。(書けるに越したことないですけど)
小心者なので、何かあると直ぐに足元すくわれて影響を受けてしまいます。

気にしないようにと思っていましたけど、ずっとどこかであのまま尾を引いていたのかもしれません。
影響されることなく、書きたいものを書いてゆけばそれでいいんですね。読み手さんには、選ぶ権利があるのですから。
自分を見失わないようにしようと思います。
心に残る切ない少年愛の世界を書いてゆきたいです・・・と、ここを作ったとき自分で決めていたのでした。
テクがないのは、仕方がないのでしばらくこのまま路線でがんばります。

文章は確かに、好き好きです。
隣の芝生は青いし、隣の畑も羨ましいですけど、自分の畑に雑草はやしていたんじゃいけませんね。
コメントありがとうございました。
タイトル下のトップに、自分で書いておいて忘れかかっていました。

ありがとうございました。
目からうろこが落ちたみたいです。ぺこり。(`・ω・´) がんばりますっ!

2010/11/20 (Sat) 21:21 | REPLY |   

けいったん  

BL要素って なんでしょうね...

書き手も それぞれの考えがある様に 受け取る立場の読み手側にも それぞれの考えが あると 思います。
此花さまが BL要素が 少ないと 考えているのなら そうかも しれませんが。。。

読み手でも もっと エロくて濃厚が 好みな方や 淡くて初々しいものが 好みの方も いらっしゃる筈です。
でも 読み手は 書き手を選べますからねー。

此花さまが 徐々に [大人の階段]を 昇るに従って 付いてくる人もいれば 離れて行く人もいるでしょうが、
現在 来訪してる読者には 今の此花さまの作品に不満は 無いのでは?
無理な背伸びをしないで 自然の流れで 此花さまが 変わって行かれる事を 私は 望みます。これは 私の主観ですが。

あっ それから 此花さまの個人的に思っている事に対して
わたしも 個人的に。。。
私は BLに関係なく何でも読む雑食家ですが、素敵な描写、文章の作品を書かれるテクを お持ちの BL以外の作家さまも 本当に多いですよー!
放浪しながら いつも そう感じてます。

2010/11/20 (Sat) 19:05 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

悲恋だとは 思いたくない 愛情物語・・・そう思っていただけたなら、大成功です。(*^ー^)ノわ~いっ!
書き手の思いを、深く汲んでくださってありがとうございます。
もう直ぐこの話は終わりますが、実は、ストックとして平家の時代に記憶を取り戻したオロチの話があります。
そのときは、恋の相手すらなく、ただの蛇から龍神に、力が戻ったと言うだけでした。書いた話の順番としては実は、逆になります。

ただ淡々と、書いた話なのですがこちらもいつかお読みいただきたいです。元々此花の書くものはすべて、薄く少年愛が滲んでいるはずなのですがBL的要素としてみてみると皆無に近いかな・・・と思います。
・・・なにげに大問題。・・・(´・ω・`)
普通の小説より、縛りがあってその中でBL書いてる人のほうが、心象風景の表現等、正直テクがある気がします。あくまで個人的に思っていることですけど。

2010/11/20 (Sat) 17:53 | REPLY |   

けいったん  

輪廻転生

いつか 後世において オロチと クシナダが 巡り逢う時まで
幾度の 輪廻転生を重ね 苦悩の時を過ごせばいいのでしょうか 
悲恋だとは 思いたくない 愛情物語ですね。

もし 久志ちゃんの姉が 今も生きていたのなら、と、
遣る瀬無いバカな考えが 頭を占めます。

2010/11/20 (Sat) 17:35 | REPLY |   

Leave a comment