FC2ブログ

SとMのほぐれぬ螺旋・20(最終話) 

愛しい男の骨ばった手が、蒼太の頬をいとおしむようにそっと包み込んで、軽く撫でた。
懐で見上げた蒼太のまぶたに唇を落として、背筋が震うような甘い低い声で木本が告げた。

「見てみな。」

「あ。」

「おまえが煽るから、こんなになっちまっただろうが。責任取れよ、蒼太。」

嬉し気に目元を薄紅く染めて、蒼太は木本の頭をもたげた分身に指を伸ばした。
細い指が、木本の持ち物に絡みそっと大切に扱く。
襖絵に描かれた絢爛の四季の花々に、二本を並べてゆっくりなぞる影が重なり、儚くゆらと揺れた。

「やばいな。俺はどうやら、おまえの泣き顔に欲情するみたいだ。だから、つい虐めたくなる。」

「・・・いじめっこ・・・。」

「そうだよ。俺は元々真性Sが売りだからな。Mのやつ等は俺の名前を聞いただけであそこが、びんとおっ勃つんだよ。」

「蒼太は優しくしても酷くしてもどのみち泣くんだから、もう甘やかすしかないよなあ・・・。」

木本のひざの間に蒼太は挟まれ、あやすようにやわやわとやわらかい器官を指でなぶられていた。
身をよじっても、甘い枷から抜け出すことはかなわない。
ほんの少し、色を濃くし蒼太の大人になりかかった容が、愛撫に応えた。
尻の下に当たるものは、とうに嵩(かさ)をあげて、熱くうねって行き場を求めている。
木本は、えぐる行為が、やっと元気になった蒼太の体力を消耗させると分かっていたから、今日はそれ以上の事はしないでおこうと決めていた。

ほんの少し、後ろ孔に自分の先端が当たっただけで、蒼太の体が身じろぎ硬直するのが伝わってくる。

「あ・・・」

「もう、俺の仕事も潮時だな~。」

「潮時って、廃業・・・?お仕事やめちゃうって、こと?」

「いや。事業じゃなくて、チイパッパだけ止めるんだよ。」

聞きなれない単語に、膝の上の蒼太が肩越しに、いぶかしげな顔を向けた。

「ち・・・?地位、ぱっぱ?それ何?」

「童謡にあるだろ。雀の学校の先生は、鞭をふりふり ちいぱっぱ・・・え?蒼太、しらねぇのか。」

「知りません。聞いたこと無いです。ぼく、高校入学まで米国でしたから。」

教えてやるよといって、蒼太を膝の上に抱えて揺すりながら木本は低い声で耳元で歌った。

「生徒の雀は輪になって、お口をそろえて ちいぱっぱ♪」

「まだまだイケない ちいぱっぱ。も一度いっしょに ちいぱっぱ♪ってんだ。」

蒼太はそんな童謡、嘘だ~、あるわけない~と言って泣きながら笑いころげ、終いには一緒に歌った。

そしていつしか木本の腕の中で安心しきって静かな寝息を立て、結局まるで方法の分からない幼い恋人同士のように中途半端に身体をつないだまま夜明けをむかえた。

自分自身を蒼太からそっと抜くと、風邪を引かないように黄膚色の着物をかけてやり、木本は信頼しきった無防備な寝顔に、自分がついに堕ちたと悟った。

木本の身体の上に、蒼太が螺旋(らせん)の溝を切った気がする。
外部からのどんな力にも、ずれてほぐれぬように、溝を外側に切った雄ねじに雌ねじを被せてはめ込み動かぬようにしてしまう。
きっと、自分は蒼太と二人で一つの、硬くほぐれぬ螺子になったのだ。

互いを締め付け合う一組の螺子(ねじ)のようになって、このまま一緒にいるのが当たり前になるのだろうか。

「ぼくは、あなたのものだよ。」

泣きながら縋り付き、必死ですべてを晒した少年に、とうに攫われているのは自覚していた。
起こさぬように細心の注意を払って、額にそっと優しく触れた。


「おれは、おまえのものだ。」



********************************************



【おまけ】

周二:「ええ~~~!?まじ!?散々今まで、乳繰り合っといて、おまえら一晩中何もなかったの~!?
 先っちょ挿れただけで朝までじっと抱いてたって!?木本、大丈夫か?熱とかあるんじゃねぇだろうな。」

木本:「まあ、多少は色っぽい事もあったんですけどね。これから先は、あいつとしたい放題なんで、今は弱った身体を労わってやろうかな~って思いましてね。」

周二:「てめぇ。どこが、真性サディストだよ。まるっきりあいつに手玉に取られて、尻に敷かれてんじゃね~か。この新婚気取り。」

木本:「なんとでもおっしゃってください。今はとにかく蒼太が可愛いくて、仕方ないんですから。」



隼:「樋渡会長も、ぼくたちみたいに、純愛路線に変更したの?」

蒼太:「正直、作者のテクに問題山積だけど、意外に充さん純情路線も大丈夫みたいなんだ。充さんね、歌もすごく上手いんだよ。一緒に歌ったんだ。(*⌒▽⌒*) ちいぱっぱって♪楽しかった~。 」

隼:「名前を呼べるようになったんだ・・・。幸せになってくださいっ。(´;ω;`)よ、良かった・・。ぼくも嬉しいです~。」

蒼太:「色々とありがとう、沢木。君には心配も迷惑もかけたけど、今はすごく幸せだよ。」



周二:「こっちは好きで、純愛やってんじゃないってのに!あっちこっちで盛り上がりやがって、下っ腹たまんねぇっ!くそおっ!腹立つっ!」

隼:「し、周二、くん・・すごく怒ってる。きっともう、ぼくのこと嫌いになったんだ。うっ・・・えっ、ぼ、ぼくが、ちびでぴんくのぞうさんだから・・・(´;ω;`)わ・・・」

周二:「あっ、違うっ!待てって、誤解だ、隼~!」

隼:「・゜゜・(/□\*)・゜゜・わ、わたくし、実家に帰らせていただきます~。」

沢木パパ:「お?どうした、隼。今日は遅くなるんじゃなかったのか?」

隼:「あぁ~ん 、ぱぱぁ~。周二くんが~。」

沢木パパ:膝の上に抱っこしなだめながら。
「ふっ。どうやら、警察車両による不慮の事故か、予期せぬ拳銃の暴発に遭遇したいみたいだな。」

周二:「す、すんません、まじ、すんません。俺ら、百恵ちゃん並に、清らかな純愛させてもらってます。」土下座。


松本:「うっ・・・うっ・・・俺だけ、誰もいない・・・」

らぶ:「ぼくが、いるじゃんっ!」

松本:「らぶ~っ。もう、俺にはおまえだけだっ!緊縛させてくれっ!幸せになろうっ!」

らぶ:「きゃあ。(//▽//)」


********************************************

【あとがき】

当初の予定の倍近くなってしまいました。あわあわ・・・(@□@)ノ
自ブログですとページに規制がないので、書きたい放題ですっかり楽しくなってしまったのが理由です。
ここまでお読みいただき、本当にありがとうございました。

雨降って地固まるのお話でした。
此花は予防接種もできないほど痛いのが嫌いなので、文章の中でも散々脅しただけで何もできない、本気で愛してしまったら手が出せないという、たぶん予想通りの甘い展開になりました。
くんずほぐれつは、テクがないので正直まだ無理みたいです。一回書けば大丈夫よ~と背中押していただいて崖から転がり落ちました。(´;ω;`)・・・まじ、難しいです。

仕方がないので、ここは本人が蒼太に代わってぱっくりを・・・(目がつぶれるっ、逃げてっ!)
次こそ、がんばります。
木本さんと蒼太くんの馴れ初めも、観潮楼さま夏企画からでした。大人の階段上りますで出会いお仕置きの夜と朝の間に・・・でお仕置きされて結ばれました。もし、興味がありましたら今より拙い文章ですが、お読みいただけたらと思います。此花、意識して書いた初めてのBL作品です。
こんなにこのシリーズが長く続くとは自分でも思いませんでした。
お読みいただいた皆様、本当にありがとうございました。拍手もポチもいただいて、とても励みになりました。

絵師様には、夏企画・秋企画と長い間たくさんの美麗絵をお貸しいただき、本当にありがとうございました。幸せでした。
初めてこういった企画に参加させていただき浮かれたせいで、色々、失礼なこともあったかと思います。優しく見守っていただき本当にありがとうございました。そして、知らずに失礼な事をやらかしていましたら、お許し戴きたいと思います。
お読みいただいたあなたに、お世話になった多くの方に、感謝を込めて「あとがき」にさせていただきます。   此花


********************************************



いつもお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチも、励みになっています。
明日も、がんばります。   
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
関連記事

6 Comments

此花咲耶  

くっくさま

くっくさま

きゃあ。(//▽//)ありがとうございます。
いっぱい褒めていただいて、嬉しくて鯛やひらめも舞い踊ってしまいそうです。
感想いただけて、すごくうれしいです。
一つの組み合わせが出来ると、お話が派生してゆく楽しさを初めて知りました。
あれこれ、初心者マークでしたけど、観潮楼さま企画に参加させていただいて、本当に良かったです。
こうして出会いもありました。

まだ分からない単語とかあって、あわあわしていますが「リバ」もわかりました。・゜゜・(/▽\*)・゜゜・←同人用語の基礎知識で調べました。
作者がへたれでチキンなので、基本登場人物もみんなだめっこです。
以前のチャットで、くっくさまがぴんくのぞうさん出してっておっしゃってくださった(記憶、曖昧です)ので、お話が膨らみました。いい狂言回しになったと思います。ありがとうございました。

おお~!「ずっと君をまっていた」を読んでくださいますか?うれしいです。
でも無理なさらないでくださいね。お忙しそうです。
BLの壁にぶち当たった此花が気の毒になること請け合いです。
カウンターはダブルカウントなので、ぶんぶん回っています。(´・ω・`) でも、だれも何も言ってくれないのは何故なんだろう・・・

コメントありがとうございました。嬉しかったです♪
わたしもお邪魔します。

2010/11/16 (Tue) 10:46 | REPLY |   

此花咲耶  

pioさま

pioさま

きゃあ。・゜゜・(/▽\*)・゜゜・←逃亡したので顔が見れない。
でも、どうやらおじさまも、純愛路線だったら大丈夫かもしれないです。
pioさまの超絶美麗絵に触発されて、たくさん「初めて」がありました。
お話がぶわっと溢れるようにでてくる楽しさを体感させていただきました。

観潮楼さま企画ssのはずがLLで暴走していたのに気が付いてあわあわしました。
分ければよかったです。ごめんね。←今頃(´・ω・`)
これからも萌えの泉に日参して、にまにましながら暮らしたいです。
女子の学校出身ですけど、次は高校生のお話を書こうと思います。
キス以上の「ぱっくり」もその子にやってもらえるようがんばります・・・(//▽//)
あんぽんたんなお話考えようと思います。地がばれないように、おしとやかな猫をかぶってがんばります。
変態同盟の本免許受かったみたいです。(*^ー^)ノ←うれしい。
コメントありがとうございました。

この作品はコラボ絵を描いて(書いて)くださったお三人さまに捧げます。
コメントありがとうございました。又、美麗絵にお話書かせていただけたら嬉しいです。これからもよろしくお願いします。

2010/11/16 (Tue) 10:31 | REPLY |   

くっく  

NoTitle

完結おめでとうございます!
昨日(あ、もう一昨日だ!)は私も。゜゜(´□`。)°゜。ワーン!! でした。

蒼太くんの持っていた冷たい寂しさが、やっと本当に癒され始めたんですね。
「これも、愛?」に、彼のこんな想いが詰まっていたなんて(ノω・。) ウゥ…
切なくて、ドキドキして、すごくおもしろかったです。

木本さんも、実はヘタレで(笑)
でも「それが、愛」だったからこそ身を引こうとして。
もどかしさに、切なさ倍増でした。

完結、寂しいです。
寂しいから、連載中の「ずっと君をまっていた」読んでやる!…まだ、読んでなかったので(;´∀`A``

あっ80000Hit過ぎてる!
重ねて、おめでとうございます!

2010/11/16 (Tue) 08:27 | REPLY |   

pio  

お疲れさまでした~

おじさんの純愛路線ステキ~(///o///)
読む方もイタイのは辛いし、沢山活躍してくれた蒼太君だから、自分の息子を見るようにかわいくてアマアマで嬉しい。それにうっとり~。かわいい二人のやりとりも沁みました。
本当にオモロ話やかっこいい君のお話ありがとうございました。泣けるエピソードなど、沢山のお話ありがとうございました。これからも……ナニナニ、パックリ頑張る?(*@o@*)/おおー!ワクワクして待ってます。

2010/11/16 (Tue) 07:10 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

くろねこさま

きゃあ。蒼太君に優しいコメントありがとうございます。面白いって言っていただけて嬉しいです。嬉しくて上空に舞い上がってくるくる回ってます。。
「ずっと君をまっていた」もお読みいただいているんですか。・゜゜・(/▽\*)・゜゜わ~嬉しいです。あちらもそろそろ、山場です。どれもこれも、BL場面がほぼ皆無なので汗だくです・・・
注射といえば・・・「ナースボーイそれいけ圭吾」読み始めました。
圭吾くんがすごくうぶで可愛いです。お尻ペンペンで涙目になって逃亡したところきゅんきゅんです。これから楽しみに拝読します。
コメントありがとうございました。うれしかったですっ!

2010/11/15 (Mon) 22:20 | REPLY |   

くろねこ  

NoTitle

完結おめでとうございます。
昨日は泣けました。蒼太の激白に木本さんと一緒に堕ちました。

やっぱり痛いのは嫌よね。
でも、私は注射は平気だよ~ん。

一対の螺子のように固く結ばれて、「これも愛?」と不安を抱えた心が、ようやく「これが愛!」と確信できるようになったんだ。

面白くて、楽しみに通わせていただいて、ありがとうございました。
何つって、「ずっと君をまっていた」も楽しみにしてますのでこれからも日参しますけど、よろしくお願いします。

2010/11/15 (Mon) 21:47 | REPLY |   

Leave a comment