FC2ブログ

紅蓮の虹・56 

「お兄さん、すっごい上手~!」


もっとほめて。


ほめられて育つタイプなんだ、俺。


リフティングは上手いよ。


仲間に入れてもらえなかった、ガキのころ、絵に描いたようにボールは友達だったんだ。


サッカー部に入ったら、今度は個人技に頼りすぎだって散々絞られたけど、結局周囲は点取り屋として認めてくれた。


「ほら。」


全然、仲間に入れない下手くそなその子に、俺は昔の自分を見た。


「ね、つま先でけるより、最初はここでけった方が思ったところに飛ぶだろ。」


「本当だ。」


上気した頬で、少年はボールをけった。


「ナイス、キック!」



その子も入れて、白熱したミニゲーム。


審判は、俺。


「すぐにシュートするんじゃなくてさ、相手が打ちやすいだろうなって思うところに送ってごらん。」


「一、二歩先を狙って。」


子供って、すごいよ。


感のいい奴は、すぐにできてしまうんだ。


考え込む子は、時間がかかるけど一度自分のものにしちまえば、もう大丈夫。


河川敷のグラウンドは、けっこう盛り上がった。


やっぱり体動かすのって、好きだ俺。


最近脳みそ使ってばかりだったから、やたら息が上がったけど。


体力落ちちゃってんじゃん、俺。

関連記事

0 Comments

Leave a comment