FC2ブログ

SとMのほぐれぬ螺旋・14 

木本は献身的に看病をし、病院でずっと寝泊りをした。

己を捨てた聖職者のように、甲斐甲斐しく蒼太の世話を焼いた。

看護師に身の回りの世話もさせず、汗をかくたびに、何度も身体を拭き着替えをさせた。
熱のせいと入院前の心労で、げっそりと肉の落ちた蒼太の細い身体はずいぶん頼りなかった。
くぼんだ目元に、青い影が落て痛々しい。

心を添わせる前に、強引に開発し身体をつなぐような酷い愛し方をしたのを思い出す。
熱いタオルでそっと鎖骨の上の癒えかけた傷痕をなぞると、小さくうめく。

「蒼太。まだ辛いか?」

薬で熱は大分抑えられたが、夕方と朝方になるとまだ熱が続いていた。
熱で潤んだ頼りない子猫の瞳で、蒼太は細くなった腕を伸ばした。

「うれしい・・・本物だ。」

汗ばんだ額に、口付けを優しく落としておでこををくっつけた。

「まだ、熱あるなぁ。蒼太、ちゃんと飯食わないと、直るの遅いぞ。」

この上なく冷たく自分に別れを告げたはずの年上の恋人に、不思議そうな顔を向けて、じっと見つめる。

「どう・・・して、ここにいるの?」

けじめをつける時期だと思い、愛おしい蒼太にとうとう木本は頭を下げた。

「俺が悪かった、蒼太。余りに大人気ない真似をした。」

「木本さん・・・?どうして、あやまるの。」

「それって、ぼく、そばに居ても、良いってこと・・・?」

「傍にいたいのは、俺のほうだ。」

「えっ・・・?」

蒼太の震える唇が、言葉を重ねた。

「ぼく・・・ね。本当はとてもこわいけど、木本さんが望むなら・・・いいよ。」

「なに・・?」

「ピアッシング・・・。いれたいんでしょう?」と、口にして見つめる瞳は、濡れて光っていた。

「木本さんがそうしたいなら、して。」

「蒼太・・・」

元々、木本の本心は、蒼太にそんなことをするつもりはなかった。
別れるつもりでいたから知り合いを呼び、わざと見せ付けて傷つけるような真似をしただけのことだ。

詫びの言葉の代わりにベッドの下からそっと手を伸ばして、力のない蒼太の細い茎をなぶってやった。
熱のせいで先端も熱を持ち、熱が指先から伝わってくるようだ。
細くなった太ももにもたれかかっているように、ひどく頼りない大人になりかけた少年の容(かたち)。
そっと触れるか触れないかの愛撫にも、弱った蒼太が頭をもたげて応えることはなかったが、声だけは甘くなる。

「・・・ぼくは、全部あなたのものだよ。」

「蒼太。」

何故、ここまで蒼太は無条件に自分を欲するのだろう。
ふと、素朴な疑問が浮かび、口にしてみた。

「おまえは若いし、いくらでも相手を見つけられるのに、何で俺が良いんだ?俺は、おまえにひどいことしかしてないだろう?」

ほろほろと目じりから静かにこぼれた涙が、枕に吸われてゆく。

「愛、してくれたから。」

考えがまとまらなくなって、木本は話の腰を折った。

「まあ、いい。直ったら、ちゃんと話をしような、蒼太。」

濡れた黒曜石のような瞳が、涙で潤んだままじっと木本を見つめていた。
隼の言った、百万回心で繰り返すよりも、大切な一言を告げねばと蒼太は思っていた。

他の誰でもない、あなたが好きなのだとどうしても告げたかった。


********************************************



いつもお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチも、励みになっています。
明日も、がんばります。   此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ


両思いです~、やった~~。
(´;ω;`) ←感情移入・・・

関連記事

2 Comments

此花咲耶  

NoTitle

「鍵つきコメントさま」

ほら、結局こんな風に甘~く、限りなくあんぽんたんな両思いになってゆきそう。
(`・ω・´) この後・・・もっと後ですけど、がんばってエチ場面チャレンジですっ!←大きく出てみました。

2010/11/09 (Tue) 22:08 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/11/09 (Tue) 21:06 | REPLY |   

Leave a comment