FC2ブログ

ずっと君を待っていた・19 

お姉さんは、嬉々として俄然、口が軽くなった。

「とうとう、クシナダヒメさまの血流、稲田家とヤマタノオロチの血流、海鎚家の御婚姻が叶うのですね。」

「まことに、おめでとうございます。」

「あ・・・、はい。」

もう、いいよ。

解ってしまった。
親父が頭を下げた、人身御供と言う意味。
ぼくがぼくでなくなるという、本当の意味。

孤立無援、と言う言葉くらいいくら物を知らないぼくでも知っている。
もう1つ、こんなときに使うのは、四面楚歌だっけ・・・?
妙に冷静になっている気がする。

・・・違う。
今のこの気持ちはたった一人何も知らなかった、単なる「疎外感」だ。
昨日みたいに、ぼくの身体を誰かに(クシナダヒメだか姉ちゃんだか)明け渡すために「神楽」が奉納されるってことなんだろ?
親父とお袋を前に、ぼくはずるずるの着物のまま、仁王立ちしていた。

「ぼくは、この世から綺麗さっぱり、いなくなっちゃうってことなんだね。」
「クシ、すまん。」

もうこれ以上、隠し切れなくなったと悟って、親父は饒舌に語った。

「こうなったら、知っている限り、何でも答えるから聞いてくれ。」

居直ったような父親と、黙って涙ぐむ母親と何だか、いつもと様子が違っていた。
二重にぼんやりと、白髪頭の老夫婦が見えるような気がする。

「姉さんか、妹か知らないけど、ぼくがちびのときに亡くなった人とぼくの魂が入れ替わるんだろ?どこにいるの?」

「もう、分かってしまったんだから、会えるのなら逢わせて。話をするくらいいいでしょ?」

断られるかと思ったけれど、おふくろがすっと立っていらっしゃいと言って、部屋を出た。
案外女の人のほうが、いざとなったら肝が据わっているのかもしれない。
古い屋敷の中を迷う事無くお袋は歩き、やがてクシナダヒメの絵をかけてある部屋に入った。
この家で、ぼくが最初に通された部屋だった。

「座って。」

焚き染められた香の匂いが、鼻をくすぐる。
この匂いを嗅ぐと、何だか気持ちがふわふわと浮遊しそうになる。
おふくろは、神楽の衣装の入った桐箱の中から古い鏡を取り出すと、絵のそばに立てかけた。

「覗いて、クシ。」

鏡に、写るのは当然ぼくのはず・・・
指を伸ばして鏡に触れれば写った俺も手を伸ばす。
指先が鏡面にふれると、とろりと鏡の表面に指先が溶けた。

「わ・・・」

誰かが指先を捕らえて、握った。

「懐かしい、ひぃくん・・・会いたかった。」

鏡の中のぼくが、ひらひらと手招きをして、ぼくを呼ぶ。

「何も知らなかったのに、一人でここまで来たのね。いらっしゃい。あなたの知りたいこと、全部見せてあげる。」

鏡の中のぼくの背後の景色が、田園風景なのに驚いて、ぼくは思わずお袋の腕を掴もうとしたけれど、その手は空をかいた。

「大丈夫。ここは過去を映しているだけだから、見ていらっしゃい、クシ。」

「見ていらっしゃいって、帰れるの?ちょっと待ってよ、まだ心の準備が・・・・わ~~~!」


助けて・・・ドラえも~ん!!(青ちゃ~ん)



********************************************



いつもお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチも、励みになっています。
明日も、がんばります。   此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

本日より、時代小説バナーは外すことにしました。
BLだけの参加になります。どうぞよろしくお願いします。

関連記事

2 Comments

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

クシちゃんは気の毒なクシナダの体験をそのまますることになります・・・ネタばれ。

クシちゃんよりも此花は、オロチの人間バージョンがお気に入りです。ぺろぺろしちゃうけど。
当初は、ゆっくり作品を上げてゆくつもりで、時間があれば自分で挿絵も・・・なんてできもしないことを思っていました。
無理~~(´・ω・`)
コメントありがとうございました。嬉しかったです♪

2010/11/08 (Mon) 21:35 | REPLY |   

けいったん  

どこでも~かがみ~♪...ドアですよね(^^:)

某有名アニメドラ○もんを あんま 詳しく 知らないので(珍しいでしょ)、<鏡アイテム>の名前が 浮かばなかったよ~

鏡の向こうの世界で 久志ちゃんは どんな過去を 見て 体験をするのかな?
過去を 知って その結果が、何だか 嫌な予感がする。(ー”ー)ゞ考え過ぎか...byebye☆

2010/11/08 (Mon) 21:14 | REPLY |   

Leave a comment