FC2ブログ

ずっと君を待っていた・18 

風呂上り、着せてもらった着物に焚き染めたお香の匂いをかいだ途端に、ぼくは一瞬、普段見えない双子の片割れを見たのを思い出したのだ。

「ねぇ、おねえさん。」

ぼくに着物を着せてくれた見知った顔を見つけて、滞在中貰った自室に引っ張り込んだ。

「ね。こっち来て、ちょっと教えてよ。」

「おねえさんは、ぼくのことどこまで知ってるの?」

一瞬、視線を迷わせたところを見ると、何と言うべきか言葉に躊躇したのだろう。
何かを知っていると直感した。

「緋色様の、お・・・お大切な方とお聞きいたしております。」

「ふ~・・・ん。でも、海鎚の家の人は、ぼくのこと余り気に染まないんでしょ?」

我ながら意地悪だと思う。

「だって、ぼくを風呂に放り込むとき、お姉さん達、みんな乱暴だったもん。」

覗き込むと、困ったように目が泳いでいた。

「そ、そのようなことは・・・ただ、お聞きしておりましたクシナダヒメさまと、余りにご様子が違いましたので、多少驚いたのは確かです・・・」

「おねえさんたち。ぼくがちびのころから、いつも遠くからじっと眺めていたでしょ?」

「・・・・」

返事がないと言うことは、当たらずとも遠からじと言うことだ。

----------------------------------------------------------------------------------------

「ちびのぼくを、みんなで怖がらせて喜んでいたんだ、・・・悪趣味だねぇ。」

「あの。それは、お元気でお過ごしかどうか、ご様子を伺いに参っただけでございますよ。」

ほら、やっぱりそうだったんだ。
意外な種明かしに、少しばかり驚いた。

気を良くして、もう少し話を振ってみた。

「姿は見えないけど、クシナダヒメっているんだよね?この屋敷の中に。」

おねえさんは、それには応えずその場に突っ伏して「お許しくださいませ。」と平身低頭だった。

「いやだなぁ・・・ぼく、先に一目会いたいと思っただけだよ。だって・・・」

「ぼく、「そのため」に呼ばれたんでしょ?」

カマをかけてみた。

「それにね、「関係」あるんだもの。会いたいと思っても不思議じゃないでしょ?」

「ご存知だったんですか?」

思いがけず、返答のその声は明るい。
何が何だか分からないけど、とりあえずぼくは知ったかぶりをして、深く頷いた。

「ああ。左様でございましたか。では、神楽の席であなたさまがクシナダヒメ様と魂を交代なさるのも、御承諾なさったのですね。」

「ご決断されるかどうか、みなで気を揉みました。ああ、良かった。」

魂の交代・・・?ざっと血の気が引くのが自分で分かった。
そうか・・・そういうことか。

「やれ、嬉しや。」

「緋色様の、積年の思いが成就する、めでたき日が今度こそ来ようとは。」

喜色満面の華やいだ笑顔が、ぼくの人生の終わりを告げていた。
どくんと、痛むほど高く、心臓の鼓動が響いた。





いつもお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチも、励みになっています。
明日も、がんばります。   此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

関連記事

4 Comments

此花咲耶  

NoTitle

ねねさま

きゃあ。クシちゃん、味方が二人も、できましたっ!
このまま哀しく記憶のないまま、クシちゃんは出雲の山奥に消えてゆくのでしょうか・・・・。

出雲大社でお神楽を眺めながら、観客がこんな話を考えながら涙ぐんでいたなんて知ったら、神楽の舞手のおじさんたち怒ったりして。
お話が転がってきたものは仕方がないです。
本人のこと・・・おお~、こちらも読みが深いです。
どきどき・・・(//▽//)この先の展開、ばれてる・・・?きゃあ。

コメントありがとうございました。嬉しかったです♪

2010/11/07 (Sun) 22:04 | REPLY |   

ねね  

こんばんわv

此花咲耶さま、こんばんわv
おぉっ…。
自分が久志くんだったら、その場から逃げ出すことを考えるかも…。
緋色さま、お願いだから「クシナダヒメ」だけを見るんじゃなくて、
「久志」くん本人のことも見てあげて…。(懇願)

2010/11/07 (Sun) 21:53 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

Re: CHANGE!

けいったんさま

クシちゃん、喜べ!
どうやら、けいったんさまは君の味方だぞ~!
<体は 小学生、でも 心は 高校生>・・・だったら良かったんだけど、クシちゃん、脳みそ残念だからもしかすると<体は大人、心は小学生>かも・・・
すごく、不憫な展開。・゜゜・(/□\*)・゜゜・「うわ~ん、けいったん~」 ←クシちゃん

意外に、いい人だったりして。うふふ♪

2010/11/07 (Sun) 18:58 | REPLY |   

けいったん  

CHANGE!

神楽の席で 久志ちゃんの 魂を 葬り去ろうと してたなんて、
ひどいッ! あんまりだよッ!

久志探偵、謎は 解き明かされたけど この難題を どう 解決するの!?
<体は 小学生、でも 心は 高校生>の コ○ンにでも 助けてもらっては。
だって どんな難事件でも 30分~1時間で 解決するんだよ、彼は 名探偵!!
(^0^)/ラン姉ちゃん~♪...byebye☆

2010/11/07 (Sun) 18:46 | REPLY |   

Leave a comment