FC2ブログ

ずっと君を待っていた・17 

アシナヅチ、テナヅチと言う老夫婦が居て、ヤマタノオロチと言う恐ろしい大蛇が娘をよこせと言うのが悲しいとしくしく泣いている。
8人の娘を全て、毎年生贄に捧げ、もう最後の娘になってしまったと、老いた両親は嘆いていた。

そこを通りかかったスサノオは、その最後の綺麗な娘を嫁にくれるのなら、自分が大蛇を退治してやろうと名乗りを上げる。
自分は、神々の一人だから大丈夫だ、まかせておけというスサノオに、娘の命が助かるならばと両親は許可を与え、ヤマタノオロチ退治の物語は始まった。

スサノオは、酒をなみなみと入れた八つのカメを用意し、ヤマタノオロチに飲ませた。
酒を飲んで酔っ払ったオロチは、あっさりとスサノオに退治されたんだ。

「・・・そんな話だっけ?」

「クシちゃん、いくら何でもはしょりすぎだろう。」

大体は合っていると思うけどなぁ・・・と言うと、俺はね・・・と、青ちゃんが、遠い目をした。

「・・・というか、俺の記憶の中のいる大昔の俺はね、親とも折り合いが悪くて乱暴者でね・・」

「なんか、すごい自暴自棄で、ひどく荒れていたんだ。」

「国を創った神さまの末息子だったけど、思い通りになることは少ないし、遠くに居る母親には会えないし、姉ちゃん・・・って天照大神(アマテラスオオミカミ)っていうんだけど、そいつの出来は半端なく良かったし。」

あ、そういえばとぼくは思い出した。

「青ちゃん、俺のところの居候になったのも・・・」

似たようなことが原因だった。
さすがに途中で気が付いて、口ごもった。
あの頃、青ちゃんは荒れていて、2,3年前の事だけど、素行不良とかで警察のご厄介になったことさえあった。

--------------------------------------------------------------------------------------------------


青ちゃんの父親は、ワンマンな会社の社長で、息子の進路もさっさと決めてしまうし、母親は気が弱くて何も言わなかった。

確か、お姉ちゃんは相当の美人でスカウトが来てたとか言ってたし、県内でも有数の進学校で、生徒会長まで務めるほどの才媛だったはず・・・
そんな所まで、見事にデジャブなのか・・・?

「警察に世話になった方は、若気の至りってヤツだな。」

引退したヤクザじゃあるまいし。
それにしてもね。
物心付く前から、いつも周囲に居てぼくを怖がらせた、あの怖くてたまらない「長いもの」。

怖かった原因が、やっとわかった。
ずっと、ぼくを見つめていたものの正体。
言われてみても納得は出来ないけど、積年の「想い」は確かにあったのだ。

長い長い時間を待って、やっと転生したと思ったら、ぼくは男で記憶を持った双子の片割れは、現世での姿を失くしていた。
長い間転生を待っていた「長いもの」にしてみたら、ぼくの方が残っているなんて最悪の状況なのだと思う。
ぼくを見て、さぞかし御当主ががっかりしたんだろうと思うと、何だか気の毒になってしまう。
だって、股間には自分と同じものがぶら下がっているんだよ・・・あんなの眺めたら(ご当主のなんてどんなのか知らないけど)千年の恋もきっと冷めちゃうよ、きっと。

本家にオロチとぼくをつなぐ鍵は確かにあった。

最後の秘密の扉が開くのも、きっともうすぐだ。

何とか、過去の詳細を知る人と、会って話をする工面はないのかと、ぼくはない知恵を絞った。
青ちゃんには、疲れたから詳しい話は後で話してねと伝え、思いついたことを試してみようと思った。
このまま、うじうじ考え込んでいたって仕方がない。

廊下の片隅で、花瓶の水を足している家人を見つけた。
おあつらえ向きに、一人だった。

小さく気合を入れた。

「よしっ!」




いつもお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチも、励みになっています。
明日も、がんばります。   此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

関連記事

2 Comments

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

きゃあ。(//▽//)き、緊縛マフラ~・・・はだかんぼさんの、らぶちゃんに似合いそうです。
いけない違う話が降ってきそうです。
何か、首に巻いたら冷たくて風邪引いてしまいそう。

らぶちゃんが、おねだり。
「此花ちゃん。けいったんとおそろいがいいの。次は縞模様にしてね。」
「おっけぇっ!じゃ、らぶ、これから南の島にマフラー捕獲にいってくるねっ!」
「わ~いっ!おそろだ~。喜ぶかなあ・・・けいったん。」

もちろん、喜ぶよね~?(*⌒▽⌒*) ね~♪
コメントありがとうございました。新しい展開楽しかったです。

2010/11/07 (Sun) 01:08 | REPLY |   

けいったん  

久志ちゃん 探偵活動開始!

久志ちゃんの 真相究明は 人身御供の問題も 解決できるのかなぁ~
オロチって 長い年月を 待っていたんだもんね、無理だろッ!

「ねぇ けいったん。見て、見てぇ~このマフラー 素敵でしょ♪ 」
「...えぇっと らぶ... そ・その 緊縛マフラー どうしたのッ!」
「此花ちゃんが、首が寒そうだからって くれたんだぁ~♪」
「あッ 欲しいって言ってもあげないからねッ。」
「いやぁ...わ・私は 全然 !そ・そうだ!私は 急用があって それじゃ バイバイ♪」
「変な けいったん。緊縛マフラーって 言うんだね、このマフラー。 でも これって 勝手に巻きつくし あんま 暖かくないんだよね。まぁ いいかッ♪」

此花さま、らぶ に 【緊縛マフラー】を 贈るなんて ...
しかも 蛇製ですかーー!!
ヒドーーイ c=c=c=「(ii To)」bye~bye~☆~

2010/11/06 (Sat) 23:44 | REPLY |   

Leave a comment