FC2ブログ

ずっと君を待っていた・16 

御当主が部屋を出て行ったのを、しっかりと確かめて、ぼくは青ちゃんに詰め寄った。

「わけ、わかんない~っ!!!!」

「日本語が、わかんない~っ!!!!」

地団太を踏む俺を、青ちゃんは、すっかり困り果てたという態で、横を向いて小さくため息をついた。

「ごめんね、クシちゃん。」

「でも、これはうんと昔から・・・この世界が出来て間もない頃からの決め事だから、仕方のないことなんだよ。」

「魂が二つに別れてしまったから、クシちゃんには何の記憶もないんだねぇ・・・」

思いがけず、青ちゃんは手の甲でぐいと涙を拭った。

「俺が・・・元々は俺の前世のスサノオノミコトが、元凶なんだよ。」

「俺が、オロチを騙し討ちにして、クシナダヒメを奪ったことが全ての始まりだったんだ。だから・・・オロチはすごく辛くて、今も昔の記憶に捕らわれてるんだ。」

それは、青ちゃんが生まれたときから持っているという記憶の話だった。

青ちゃんは、神々の中でも荒ぶる神として、神々からも人々からも畏れられていたらしい。

「青ちゃん・・・話を聞く前に、一つだけ教えて。」

「いいよ、何?」

御当主の言った単語の意味を、聞きたかった。

「あのね・・・。口を吸うってどういう意味?」

「俺、ゆうべ食われそうになって、めっちゃ怖かった。」

「ああ、そうだったんだ・・・クシちゃん、小さくても蛇嫌いだもんねぇ。」

と、青ちゃんはぽんぽんと、いつかのように俺の頭を軽く叩いた。
そして静かな声で、青ちゃんはこともなげに、答えをくれた。

「御当主は、クシちゃんとキスしたかったって、言ったんだよ。」

「でも、クシちゃんはオロチの恋人だった昔の記憶を持ってないし、いやでも仕方ないよねぇ。」

ぼくはきっと泣きそうな顔をしていたに違いない。
・・・いっそ、食われた方が、まだマシかもしれない・・・

「だってぼく、男だよ。男同士でキスなんてして、どうするんだよ。不毛だよっ!」

「こればっかりは、仕様がないんだよ、クシちゃん。」

悲しそうに涙をためて青ちゃんは、呟いた。

「だって、うんと昔、オロチとクシナダは仲のいい恋人同士だったんだよ。」

「それこそ、人も羨むね・・・だから、嫌われ者だったスサノオは邪魔したくなっちゃったんだよ。スサノオは、家族に追放されて一人ぼっちだったから、余計に羨ましかったんだろうね。」

つきんと、その単語に胸が痛む。

「討たれたオロチは、好きな女に結婚の申し込みに来ただけだったのに、酒と毒を飲ませて、騙し討ちにしたんだ。」

ふうん・・・

「日本昔話とか古事記とかで、ヤマタノオロチの話は結構有名だよね。」

と、青ちゃんは話し始めた。
日本書紀と古事記では名前の表記が違ったりしているけど、内容は殆ど変わらないそうだ。
でもね、青ちゃんの話は俺の知っている「ヤマタノオロチ」の昔話とは、ずいぶん違っていたんだ。
たぶん、一般的な神話はこうだよね。

ぼくが知っている話は、こうだ。

神々の住む高天原(たかまがはら)を追放された、スサノオノミコトは、出雲の国、斐伊川(ひいがわ)上流にあらわれて、そこから話は始まる・・・・




いつもお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチも、励みになっています。
明日も、がんばります。   此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

関連記事

2 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

伝承って、きっとおっしゃるとおり少しずつ変わって来ているんだと思います。
此花も、小心者なので登場人物は幸せにしてあげたいし、救いが有って欲しいと思っています。
都合よくつじつま合わせます。

どこがBL~・・・・?

うっ・・・・これから何とかなるだろうか・・・・(´・ω・`)遠い目・・・

けいったんさまの、ペロペロレロレロ がリアルでこわい~です。・゜゜・(/□\*)・゜゜きゃあ。

2010/11/05 (Fri) 23:35 | REPLY |   

けいったん  

今も 昔も

今も あるように 人から人へと 話している間に 面白おかしく、自分勝手な いい加減な解釈も付いて 変わって 伝わってきてる昔話しも 多かったりして、と 妄想...

昔は 暴れ者だった 青ちゃんは 今は 見る影も無いですが、
本当は 奥底に 今も 潜んでたりして。
久志ちゃんは 誰も 助けてくれないのかな?

やっぱり ペロペロレロレロなのーー(T0T)ゞbyebye☆

2010/11/05 (Fri) 22:49 | REPLY |   

Leave a comment