FC2ブログ

ずっと君を待っていた・15 

小さく耳元で、青ちゃんが俺の名を呼ぶのが聞こえる。
今度こそ、現実世界なんだろうか?

「・・・クシちゃん・・・クシちゃん、大丈夫?」

「だいじょうぶじゃないっ。」

「どこもかしこも、大丈夫じゃない。」

目を開ける勇気がなかった。
もう、青ちゃんも誰も信じられない。
ここへぼくを連れて来た、親父もお袋も信じない。
あの、巨大な燃える目を見てしまった恐怖は大きかった。

「みんなのばかっ。知らないっ!」

「もう、誰も信用しないっ!」

固く閉じたぼくの目尻から、つっと涙が零れる。

「さあ。気が付いているなら、眼(まなこ)を開けよ。」

声のする方向に、天井から低く下がった梁がある。
大蛇の姿の、海鎚家当主がいるのだと思う。
怖くて目なんか開けられない。
ますます固く両の瞼に力を込めて、俺は薄い蒲団を引き上げて顔を覆った。
ぼくを食おうとしたやつの、話なんて絶対に聞かない。

ぼくは泣きながら枕に顔を埋め、わめいた。

「絶対に、やだ~~っ。ご当主の顔なんて、絶対見ないっ!神楽も知らないっ!も、帰るっ!」

「これではまるで・・・駄々っ子のようだ。では、昨日のような人の姿なら良いのか?」

「湯屋であった姿なら、目を開けられるか?」

少し悲しげな声で機嫌をとるように、御当主の声が問う。
全身が耳になったような気がする。
衣擦れの音がしたから、きっと風呂で会ったような涼しげな目元の、見目良い男の形になったのだろう。

「ねえ。青ちゃん・・・そこにいるの?」

「うん、居るよ。」

これまで隠された真実が、俺に向けて、ほんの少しほころんだ対面だった。

------------------------------------------------------------------------------

ぼくは青ちゃんの背後にぴったりと張り付いて、海鎚家当主と距離を置き、思い切り苦笑いされた。
青ちゃんの肩越しに、距離をとってご当主が低い声で話しかけてくる。

「・・・言っておくが、我は、人など食わぬぞ。」

「嘘だっ、真夜中にぼくを食おうとしたじゃないか。口の所、なめたっ!」

「・・・あれは、口を吸おうとしただけだろう・・・そなたは、物を知らぬ、まるで羽二重で包まれた無垢な赤子のようだな。」

心底、困ったような、悲しげな海鎚家当主の言葉だった。
まるで、ぼくの方が悪いことをしたみたいじゃないか
海鎚緋色は青ちゃんに声をかけた。

「スサノオ。これは到底、クシナダと一つ魂を別った者とは思えぬ。」

やっぱり、クシナダと言うのはもう1つのぼくの名前みたいだった。
青ちゃんはいつもの様子と、違っていた。
ぺたりと平伏し、言葉を選び返事をした。

「申し訳ございません。」

「この幼さゆえに、まだ時期尚早と思い、両親も伝えられぬまま今日を迎えてしまったのです。」

幼さ・・・?なんだよ、それぼくのことっ?しかも何で、謝るんだよっ!
赤子だの、なんだの。
食われそうになったのは、こっちだぞ。
う~っ、ちょっと、その古臭い態度がむかつく。

「アシナヅチとテナヅチも、そこを一番心配されておいででした。」

「いっそ、神楽の依り代(ヨリシロ)としてあげてしまえば、全てを理解できるのではないかと思い、無垢のまま連れて参ったのです。神器の鏡もこちらにありましたし。」

ちらと、御当主が青ちゃんの背後のぼくに、一瞥をくれた。

「さすれば、これは容器だけと言うことだな。狼藉者のスサノオが、現世ではずいぶん殊勝な物言いをする。」

「スサノオ、今度こそ、そなたの真実を尽くし、我の積年の思い遂げさせてみよ。」

「はい。古の約定どおり。」





BLどころか、かけらも無いじゃないかと首をかしげている皆さま。
夜の部は大丈夫です。←あ、ハードルがあがった・・・すみません、あっちもこっちもまだまだの展開です。

いつもお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチも、励みになっています。
明日も、がんばります。   此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

関連記事

4 Comments

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

ね~、たった一人で、これから不安そうです。
信用できないクシちゃんは何も分からなくて、パニックになっていますがこの先「古の約定」を知ることになります。

先割れ舌って、なんか怖いです。実は普通に体温調整しているだけらしいです。
「長いもの」嫌いなけいったんさまが、どこまで我慢できるかな。(⌒▽⌒) にこっ♪
コメントありがとうございました。嬉しかったです。
私信:優しい言葉をありがとうございました。ほんとに、ごめんね。

2010/11/05 (Fri) 00:44 | REPLY |   

けいったん  

こういうのを 四面楚歌って 言うのよね~

クシちゃん、クシちゃん、青ちゃんの背後に隠れても
青ちゃんは 味方じゃなさそうよ?

ほんと 誰も 信用出来ない状況(T0T)

あの赤い先割れ舌で 全身を ペロペロレロレロされるよーー!
\(ii0ii)/...ヒェーー...byebye☆

2010/11/04 (Thu) 23:50 | REPLY |   

此花咲耶  

「鍵付きコメント」Rさま

お忙しいのにわざわざ、お運びいただいてありがとうございました。

古代もの、お好きですか?
こういうものは、一応はずせないものがありますけど、何しろファンタジーなのできっと大丈夫ですっ!
(⌒▽⌒) にこっ♪
上手く結ばれるかどうかは、此花の腕にかかっているのですがテクが付いて来ないので、怪しいです。
夜の部で、がんばります・・・と、ハードルをあげてみる・・・・

コメントありがとうございました。うれしかったです。
お体に気をつけて、お仕事がんばってくださいね。

2010/11/04 (Thu) 21:09 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/11/04 (Thu) 19:04 | REPLY |   

Leave a comment