FC2ブログ

SとMのほぐれぬ螺旋・1 

BL観潮楼秋企画【SとMのほぐれぬ螺旋・1】


昼下がりの明るいファミリーレストランで、チーズハンバーグ定食を待っているのは、一分の隙もないと言われている稀代の生徒会長「樋渡蒼太(ひわたりそうた)」とその年上の恋人、本名「木本充(きもとみつる)」だった。(ちなみに木本の源氏名は、真人(まこと)です。)
蒼太はともかくとして、どうみても堅気ではない木本にはこの場所はどこか不釣合いで、気の毒になるほどだった。
贔屓目に見ても、昼の世界には似合わない男は、まだ少し早いが誕生日プレゼントを手渡すからという理由で蒼太を呼び出した。

「木本さん。イメージとは少し違うけど、こんなところにもたまには来るの?」

小首をかしげて質問する蒼太に、どのタイミングで別れを切り出したものかと思いながら、木本は「いや・・・」と軽く首を振った。

「こうして外で会うの、初めてですね。ぼく、ちょっと嬉しいです。」

「あの、なんだか新鮮な気がします・・・。」

頬を染めて蒼太は普段よりも饒舌に語り、その分はしゃいでいるのだろうと木本にはわかる。
顔には出さないが、どこか人に馴れない子猫を思い起こさせる一回りも年下の恋人が、本当は可愛くてどうしようもない木本だった。

癖のない黒い髪は、細い猫っ毛で柔らかく小さな顔を包んでいた。
自分が守役を務める、木庭組4代目周二の恋人、沢木隼のような少女の面差しではないが落ち着き払った生徒会長の顔とは別に、木本の前ではくるくると可愛らしく年相応に表情を変えた。

その顔は本人も気づいていないが、木本にだけ向けられる幼さの残る顔だった。

「この前ね。文化祭のとき、大勢の人が並んでいたのに、沢木がどこかに行っちゃって大騒ぎになったことあったでしょう?

あの時、木本さんの一言でみんな黙っちゃって、すごく助かりました。ありがとうございました。」

蒼太の言っているのは、文化祭での話だった。

お姫さまの格好をした沢木隼とツーショットの写真を撮り、朗読CDを販売する長蛇の列ができていたとき、なぜか休憩時間から隼が行方不明になってしまった。

最後尾はすでに二時間待ちという、信じられない盛況ぶりだったが待たされるほうは堪らない。
直ぐに他の女の子が大勢お姫さまの格好をして現れるように手配をしたが、何しろ女の子は支度に時間がかかった。

群集が大騒ぎし始めたとき、木本はあっさりとまさに鶴の一声でその場を鎮めてしまったのだ。

「あの時ね、かっこよかったです。ぼく、やっぱり木本さんってすごいって思いました。」

「そうか、すごいのはそこだけか。」

食事を運んできたウエイトレスがそばに来たときを見計らって、わざと話を向けてやった。

「あの・・・あの・・・木本さんは、あっちもすごいけど・・・あっ!・・・。」

その横にすっとトレイを置かれて、やっと直ぐそばに人目があるのに気づき、蒼太は紅潮し固まった。
そんな蒼太を見ると、やっぱり潮時だなと木本は息をついた。

今日、木本は蒼太と別れるために、ここへ来たのだ。


---------------------------------------------------------------------------------------------

いつも拍手とポチをありがとうございます。
今回のお話は、嬉し恥ずかしキリ番リクエストです。わ~いっ!!(≧∇≦)ノ彡←かなり、嬉しいらしい。
生徒会長とサディスト木本さんの不器用な恋の行方を書いてゆきます。
どうぞよろしくお願いします。    
ストックないけど始めます。くじけちゃったら、ののしってください。
「この、ばかちんがっ!」       (*⌒―⌒*) にこっ♪←所詮、属性M

そういえば、お知らせするのが遅すぎて、キリ番です~と騒ぐ前に過ぎてしまいました。
「ぱお~・・・(´・ω・`)」訳:次は早めにお知らせします。 
その前に、無いテクを磨きましょう。 がんばります・・・。              此花

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

観潮楼さま秋企画
こちらで使用させていただいている美麗挿絵(イラスト)は、BL観潮楼さま・秋企画参加のみのフリー絵です、それ以外の持ち出しは厳禁となっております。著作権は各絵師様に所属します。
木本さん⇔木本さんのイメージは、カロリーハーフchobonさんの素敵おじさまからお借りしました。連載間、お借りいたします。しっとりと物憂げな男性の表情が、色っぽくて素敵です。きゅんきゅん。
早く使い(まくり)たいですっ!
関連記事

4 Comments

此花咲耶  

NoTitle

chobonさま

素敵おじ様の母上さまっ。
二本拘束機構・・・この素敵な命名はpioさまです。
純情可憐な此花は、日本広告機構って書いてたのに・・・
(´;ω;`)・・・嬉しくて泣きました。いつかどこかで使いたいです。

こちらこそ、お二人のコラボ絵に油注がれてしまって、脳内妄想で大変なことになっています。
ボンレスにしてしまいたい・・・その前に、泣かせてしまいたい。背後から泣きながら縋る年下の子猫の瞳を持つ恋人、素敵です。あのおじ様の目隠しの下は、慈愛に満ち溢れているんだろうなぁと思っています。
実はタイトルも意味深です。うふふ。
でも、テクが無いのでぴんくのぞうさんに逃亡しそうな気もします。コメントありがとうございました。純情可憐ですけどがんばります。(だから、誰っ!?)

2010/10/28 (Thu) 15:53 | REPLY |   

chobon  

NoTitle

二本拘束機構………(爆

っていうか螺旋はほぐれてはいかんぜよ!
捩じれて縺れて組んず解れつしちゃってくださいっ!

あっ!pioさんがっ!
このごろpioさんの名前見ると、妙にムラムラするのはなぜですか??    変態だからです……。

しかもそこに此花さんが油を注ぐんです。

2010/10/28 (Thu) 13:57 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

pioさま

きゃあっ。お久しぶりです~。(≧∇≦)ノ☆
pioさまのお宅の素敵なchobonさんとのコラボ絵を眺めながら、脳内であんなことしたり、こんなことしたりしています。
妄想に・・・鼻血ぷぷっ・・・。
萌えの泉を眺めながら、脳内ではほぼ作品が出来上がりました。蒼太くんは、虐められて泣いてしまいますけど、大丈夫です。
子猫のような蒼太くんと、一回りも年上の木本さんの恋。
二本拘束機構に触れないようにがんばりますっ!危険な資料は即行削除!
コメントありがとうございました。嬉しかったです。

2010/10/28 (Thu) 00:25 | REPLY |   

pio  

ありがとうございますー!

わ~いリクエストありがとうございます!
きゃーかわいい~蒼太くーん!でも蒼太くんの涙の日は近づいてるのですね……
ああー切ない予感~!でもほぐれぬ……てことは…??

儚い大人の恋が似合うchobonさんのおじさま木本さんが渋いです~♬
ステキです~♬うっとり。。。

2010/10/28 (Thu) 00:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment