FC2ブログ

ずっと君を待っていた・12 

それから、とぷんともう一度薬湯の湯船に戻って、ぼくはあったまっていた。

「もう一度、肩までちゃんと入りなさい。。」

御当主が優しい声でそういうから。

思わぬ、いい人みたいじゃん・・・?
散々心配して、どこか損した気分だった。

「後で、飯でも食いながら、ゆっくり話をしよう。」

薄く微笑んで、若いご当主は風呂場から立ち去った。
水も滴るいい男ですね・・・なんて、冗談は言いません、さすがにね。
外で、何やらさっきの女の人たちが、御当主の濡れた姿に驚いているのが聞こえる。

「緋色さま。・・あれ、お召し物がぐっしょりと。」

「一体、湯殿で何をなさったのです。」

「まあ、大変。お早くお召し替えせねば、お風邪を召します。」

ふ~ん・・・ヒイロって言う名前なんだ。

海鎚緋色(みづちひいろ)・・・かな?

何故だか、頭の中でふわりとそんな漢字が揺らめいた。
聞いたわけでもないのに、変なの。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

風呂上りに、渋々ずるずるの着物を着せてもらって、ぼくは恥ずかしながら青ちゃんと親父達と対面した。
お袋がまじまじと眺めて、言った。

「あら・・・意外に似合うじゃない。」

まじ、適当な発言に脱力した。
似合うわけないだろ・・・こんな短髪に。
子どもがぐれるときって、こういう時なんだと思う。
仮装行列じゃあるまいし、こんなの本気で嫌なんだからなっ!

何でも着せてくれた人たちが「神楽の格好に慣れて居ないと、形にならないから、ご不自由でしょうけど我慢してね。」とか

言ってたけど・・・
着せ方が上手いのかな、ずいぶんと楽だよ。
思ったよりね。

晩飯は山海の珍味と言うのかな。
盛りだくさんの料理が並んでいたけど、ぼくは肉が食いたい・・・って思ったけど、まさか口にはしない。
どうせ、一日で終わるはずだから辛抱することにした。

ぼくの我慢で、あちこち円満ならそれでいいよ。
何て、殊勝な息子だろう。
文句も言わないで、おいしく食事もいただきます。。
思わぬ地味な食事は、野菜も魚も驚くほど美味かった。

ただ、この着物・・・香のせいだろうか。

時折、立ち昇る匂いに、頭がぼうっとする・・・

ぼ・・・くの指、こんなに長くて白かったっけ・・・?

里芋の煮っ転がしだか、田楽が、箸から落ちてころころと畳の上を転がった。
足の付いた、膳が霞む。

「青ちゃん・・・。おかしいよ、物が二重に見える・・・」

「クシちゃん。」

「ぼ・・く・・・」

・・・なんか、変。
なんか・・・なんか、違う声がすぐ側で聞こえる・・・

「誰?」

その問いに「ぼく」が、きっぱりと答えた。

「父上さま、母上さま。お久しゅうございます。」

「・・・・は、ずっとお会いしとうございました。」

深々と頭を下げるぼくに、両親がかきついた。

今、誰って言った・・・?

何だ、これ?

そして信じられないことに、ぼくは流れる涙を長い袖口でそっと優雅にたおやかに拭った。

「こうしてお会いできるなんて、夢のようでございます・・・」

うわぁーー、こ、小指が立ってるーー!!・・・最悪。

目が、霞む・・・ぼくの目の前に居るのは、白髪を束ねて箒(ほうき)を持つ、雛人形の高砂という夫婦みたいだ。
二重写しになっているような、妙な感じ・・・がする。
どこか見覚えのある感じ。

「昔は話もできたけど、いつしかひぃくんとも疎遠になってしまって・・・。」

「この子は、本当に呑気な質でね。」

「それが、生きるということなのでしょうけど。ひぃくんが何も知らないのが不憫でもどかしくて、何とかして早く教えてあげたかったのだけれど。」

自分で聞いて、自分で答える、新しいボケツッコミみたいな・・・?

その場が気になって、手放したくはないのに、意識が遠のいてゆく。

・・・と言うか、誰かと交代して、元のぼくの人格の方が、意識の底へと沈んでいくようだった。

落ちる・・・・

落ちるよ・・・

誰か、助けて・・・

-------------------------------------------------------------------------------------------------

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
拍手もポチもありがとうございます。日々の、励みになってます。

昨日の記事から、少し長めに作品を上げています。
短いほうが読みやすくていいかな~と思ったり、少しは進む方がいいかな~と思ったり、試行錯誤しております。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村



関連記事

5 Comments

此花咲耶  

鍵付きコメントさま

ありえないお話が展開します。(*⌒∇⌒*)♪

2011/01/27 (Thu) 20:26 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/01/27 (Thu) 12:25 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

「拍手コメント」hさま

ご訪問、ありがとうございます。
うれしいです~(*⌒▽⌒*) わ~いっ♪
「やっぱ三人でしょ同盟(Alliance 3Pease) 」いいよね~・・・と思いながら、まだ素敵な話が浮かびません。
変態同盟さまは、まだ(仮)免許中なので、早く本試験を合格できるような作品を書きたいです。

・・・二人でも書けてないのに、三人・・・(´・ω・`) むり~

コメントありがとうございました。うれしかったですっ♪

2010/11/03 (Wed) 16:07 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

きゃあ。緊縛されないうちに、逃亡せねばっ!
あちらこちらで、作品の長さなど眺めていると2000文字で一区切りとか、それを二つとかいろいろみたいです。
書き飛ばすもの良いけど、ワードとかきちんと使えるといいなぁと思います。
後先考えずに、続き気になってくれるかな~というところでぶった切り中です。
ボンボン、バカボン、バカボンボン~♪です。←好きです。

コメントありがとうございます。(´;ω;`)うれしいです~・・・

2010/11/01 (Mon) 23:39 | REPLY |   

けいったん  

久志の中から~

久志では無い 別の人格が 現われた!

何だか 摩訶不思議な流れとなって来ておりますね~?

でも 青ちゃんは 既に 知ってる様子で・・・
知らないのは 久志本人だけなのねー、フムフム...

此花さま、短くても長くても 作者様自身が 区切りがいいと
思われた所で どうぞ ぶっちぎって下さいましー♪

(・m・)/それで いいのだッ~♪ ボン♪ボン♪ボン♪ボン♪ バカボンボン~♪(これで 合ってるのか、不安だッ!?)...byebye☆

2010/11/01 (Mon) 23:29 | REPLY |   

Leave a comment