FC2ブログ

ずっと君を待っていた・11 

「海鎚本家当主に向かって、分家のせがれが大そうな挨拶だな。」

「・・・すみません・・・」

ぐっしょりとびしょぬれにしてしまった手前、そう言うしかなく神妙に頭を下げた。

「え・・・と。はじめまして・・・?」

そういいながら、ぼくは御当主の観察をした。
大蛇に見えたので、思わず叫びましたなんて、言えるわけもなく・・・
どうすんの、俺~(・・・ふるっ!)

「湯船に半分沈んでいたから、溺れたのかと思ったが大丈夫そうだな。」

頷くしかなかった。

「まあ、慌ててすくい上げようとしたから、どの道濡れただろう。」

そう言いながら、滴の垂れた袖口を固く絞った。

「あの。迷惑かけて、すみませんでした。」

ぼくは頭を下げ、夕べ一睡も出来なかったと、正直に話した。

「お父さんが・・・父が、何だか要領の得ない話をするので、何だかずっと気になって。」

意外な事に、年若い御当主は声を上げて、楽しげに笑った。

「そうであったか。大方、父御(ててご)が人身御供だなんだと脅したのであろ?」

「違うんですか?」

どこか前時代的な物言いをするご当主に、おそるおそる聞いてみた。
ぼくはそのことで、寝られないほど悩んだのだ。

「今時、人を神への供物にするなど、そんな話を聞いたことがあるか?」

意外と気さくで明るく、話やすそうなのでぼくはすっかり気を良くしていた。

「良かったぁ・・・ちょっとほっとしました。」

「安心しなさい。そなたの嫌がるようなことは何もしないから。」

・・・嫌がらなかったら・・・?と、頭を掠めたけど、そこは考えないようにしないと。

ご当主の雰囲気は柔らかだったけど、「俺、巫女さんになるのはイヤです!」・・・そう言える雰囲気は、その場に皆無だっ

た。

誘われるまま、窓の外を眺めた。

「ここから見えるんだが。ほら、そこに舞台があるだろう。」

指を指す方向に、先ほどの能舞台が見えた。

「海鎚の家では先祖供養に、あそこで神事として、神楽を奉納するんだ。」

「おまえは、古代神楽と言うのを知っているか?」

ぼくは、頷いた。
神楽の名前くらいは、知っている。
近所の神社で、田舎神楽の奉納を見たことがあった。

「面をつけて踊るんですよね?昔話とか、古い伝承の舞いを、奉納しているのを見たことがあります。」

「そうだ。その奉納神楽の舞い手が、一人ずつ稲田家と須田家と本家から選ばれる。」

出雲大社を知っているかと、若い御当主は俺に聞いた。

ひたと据えられたその目は、切れ長の一重か奥二重で典型的な和風の男前だ。
白皙の額が形良くて、太すぎない眉がとても凛々しかった。
ほら、時代劇とか似あいそうだよ、お殿様のちょんまげとかさ。
殿中でござる・・・。

「出雲大社では、古い奉納神楽の形が、今も伝わっている。」

「こことは又、少し違うものだがな。」

ふうん・・・そうなんだ。

親父は訳のわからないことを言っていたが、御当主の話を聞く限り、ぼくが巫女さんの格好をして神楽を舞えばいいだけの話

らしかった。
観光客に見せるわけじゃなし、そんなに深く考えなくてもいいのかな?

ちょっと、気が軽くなった。





いつもお読みいただき、ありがとうございます。
拍手もポチもありがとうございます。日々の、励みになってます。

BLブログなのに、なかなか愛が深まりません。秋なのにね~・・・深まるのは食欲ばかりよ。  此花←そこがだめ。」
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村



関連記事

4 Comments

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

きゃあ。(≧∇≦)←ほら、所詮属性Mだから~。

ではなく。
どうも、知能で勝負すると属性sに負けそうなので・・・暗くて冷たい納屋で寂しく執筆活動に励むとします。
以下、悔し紛れの捨て台詞。

「らぶ。これみんな食べたら、がっつりとコレステロール値あがっちゃうよ~。」
「うっ・・・」
「下っ腹だけ、脂肪付いてるみたいだけどいいのかなぁ」
「こ、これは元々だもん・・・」
「洋梨体型だな。」
「うっ・・・」
「どうせ、用無しだ。」

「うわ~~~~ん・゜゜・(/□\*)・゜゜・北海道のばか~~!」

(*⌒▽⌒*) あはは・・・♪

2010/10/31 (Sun) 15:50 | REPLY |   

けいったん  

オォーー北海道物産展ーーー!!

蟹、いくら、ホタテetc... 大好きな物が いっぱ~い♪
あそこは 誘惑の魔界で 御座いますぅ~(//q//)

「らぶ!ちょっと 待って!!(@o@:)」
「ダメだよッ、けいったん!! 上手いこと言って 逃げようとしてもーー!(ー3ー)」
「そうじゃないって!」
「だったら 聞いてあげても いいけど~」
「あのねー、今 此花ちゃんを  私に代わって 簀巻きにして 納屋に ポイっと すれば・・・ 」
「すれば、何・・・?」
「此花ちゃんが 買ってきた 北海道の数々の品が 独り占めGET出来るんだよ~」
「・・・ウッ、ウウ~ン...」
「蟹、いくら、ホタテ、白い恋人、とうもろこし...」
「ジュル、ズ・ズ・ズッーー。その話し、ほんと?」
「ウンウン、ニコッ♪」
「「ニヤッ。ねー♪ ねー♪」」

それでは 此花様、暗くて冷たい納屋で 反省してね(・-^)ゞ

2010/10/31 (Sun) 15:04 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

深まってはだめなところが、深まってゆきます。此花も悲しいです。・゜゜・(/□\*)・゜゜・いろいろ、数字が深まってます~・・・しかもね、北海道展があったからいっぱい買ってきてしまいました。どうしよう~~此花、増量キャンペーン中です。

久志ちゃんは、脳みそが年齢の割りに残念なので疑うことを知りません。
ご当主さまのお話を鵜呑みにしちゃいけない・・・やばいっす・・・何か、ばれつつある気がします。

「らぶ。けいったんさまをぐるぐる巻きにして、納屋にしまってきて。」by-此花

「らじゃっ!(`・ω・´) 」by-らぶ


2010/10/31 (Sun) 13:53 | REPLY |   

けいったん  

深まるのは・・・

私の場合、食欲と 目尻の 皺でしょうか...悲しいわッ...

御当主さまの 話しを 鵜呑みにしては いけません!

素直にも 程があるよ~(TT)ゞbyebye☆

2010/10/31 (Sun) 13:10 | REPLY |   

Leave a comment