FC2ブログ

ずっと 君を待っていた・8 

緋袴の女性が何人か出てきて、まるで老舗旅館の仲居さんのように、案内をしてくれた。

「お荷物は、これだけですか?」

一日だけの滞在に、何がいるんだ・・・?

「・・・そうですけど?」

思惑ありげにぼくを見て、含み笑いをした女性の微笑が何だか怖い。
青ざめたその頬に、きっとこの人達は体温低いんだろうな・・・と、ふと思った。

胸に確信が沸いた。
絶対、初対面じゃない気がする・・・どこで、会ったんだった?

「このお部屋で、しばらくお待ちくださいね。」

「お衣装は整えて、こちらにお持ちしますから。」

部屋に誘う女性に、他の家族は違う部屋ですかと聞いたが、返事はもらえなかった。

「衣装ってなんだよ・・・」

小声で一人ごちたら、こちらに顔だけ向けてにっと裂けたように口角が上がった。
割けた舌がのぞくような気がして、思わず視線を外した。

「・・・わ・・・っ。」

・・・あれは、俺の嫌いな、虹彩の細い「長いもの」の目だ。

よく分からないけど、何か、恐ろしい場所に来てしまった気がする。
心拍数が一気にあがり、心臓の音を聞かれたような気がした。
笑顔を見て、全身の産毛が、ぶわとそそけ立つなんて経験は初めてだった・・・。
ぼくは思わず、泡だった二の腕を強くこすった。

青ちゃんと、親父達はどこにいってしまったんだろう。
初めて来た場所で迷子になった子供のように、ぼくは心細さに、ほんの少し強張っていた。
うんと昔に、一度来たことがあるはずだけど何も覚えていなかった。

見渡すと、通された部屋は古めかしいが、十分な広さがある。
昔の人は、みんな小柄だったせいだろうか、思いのほか天井は低い。
172センチのぼく(まだ伸びる予定)が、軽く飛び上がれば、手が届くくらいだ。

天井よりも低く、張り巡らされた太い木の枝が、気になった。

梁にしては太すぎる柱に縦横に、細い梁が格子に組んであって、まるでくもの巣のように見えた。






いつも拍手、ポチありがとうございます。ランキングに参加しておりますので、よろしくお願いします。
明日もがんばります。   此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村



関連記事

4 Comments

此花咲耶  

鍵付きコメントさま

天井が低いのはね、昔の人ってみんな小さかったんですね~

(*⌒∇⌒*)♪

2011/01/27 (Thu) 20:24 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/01/27 (Thu) 12:13 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさま

きゃあ。けいったんさま。本人もすっかり忘れていたのにありがとうございます。
今日だった~!しかも、来てくれる人長いこといない不憫な場所でした。
でも、今はこうしてお声をかけてくださる方もいて、日々幸せです。(*⌒▽⌒*) にこっ♪ ←綺麗さっぱり・・・・

このお話は、「長いもの」に対する畏敬の念が、幼い時から潜在意識の中にあったという・・・えっと、BLなので古代ファンタジーですっ!
怖い話じゃないですから、指の間から眺めなくても大丈夫です。
雑誌の付録についてた怖い少女マンガは、本当に怖かったです。正直、怖いのは苦手です。

これも好きよって言ってもらえるように、加筆してます。
これからもどうぞよろしくお願いします。
コメントありがとうございました。がんばりますっ!

2010/10/28 (Thu) 21:04 | REPLY |   

けいったん  

何か 怖い お話しですか?

蛇は 嫌いじゃない(特に 好きでもない)けど 某有名まんが家に ウメ○さんの 蛇女や 蜘蛛女は 怖くて 嫌いですぅ(T3T)

早々に ブログ 一周年の御祝いを してしまいましたが、
今日こそ 正真正銘の 開設日ですね!
これからも 素敵な作品を お願いしますねー♪

10月28日 PM6:53・・・ちょうどに コメを 書きたかったので
遅くなって すみません。

2010/10/28 (Thu) 18:54 | REPLY |   

Leave a comment