FC2ブログ

青になれ・8 【最終話】 

BL観潮楼秋企画【青になれ・8】


飛行機雲1



いつかと同じように仙道が淳也の顔を覗き込むと、頬にある涙の滴を指でぴっと払った。
ふっとやわらかい笑みが近づき、まぶたの上にそっと触れるように唇が落ちた。
何の言葉も、出てこなかった。

「淳也は自分のためには泣かないくせに、人のために泣くんだな。」

「これで何度目かな。しょっちゅう、俺のために泣いてる。」

決して泣き虫ではないはずなのに、この人と一緒に居ると、どうしてこんなに涙もろいんだろう。
子供の頃から、親元を離れて暮らしていても、寂しくて泣いたことなどなかったのに。

「なぁ・・・この先も、ちゃんと俺を見てろよ、淳也。俺の行くのは世界なんだ。」

           kokose2.jpg

「ほら、見てみろよ。あの軌跡の向こうに、俺は行くんだ。」

涙の向こうに、どこまでも青い空があり、その中心に白い飛行機雲がまっすぐに伸びていた。

「飛行機雲・・・。」

「お前の夢は、何?」

少し考えて、素直に答えた。

「仙道さんの行く先・・・。」

くしゃくしゃの笑顔を向けて、仙道がばかだなぁ・・・とくすぐったそうに笑った。

「よし。俺がチャンプになったら、淳也に一番にサインしてやるからもう泣くな。」

「・・・はい。」

「淳也は良いなぁ。素直で真っ直ぐで、熱い正義感の塊だ。おまわりさんとか、向いてそうだなぁ・・・」

「おまわり、さん・・・?」

子供みたいだと言われているようで、少しむっとした顔を向けたら「褒めてるんだ」と言われた。

「今のそのままで、大人になれよ。淳也。正しいものをちゃんと正しいと言える大人になれ。」

「はい。」


kokose1.jpg



仙道は泣き虫の後輩を、宥めただけなのかもしれない。
淳也は長い間、仙道直人の胸に抱き寄せられていた。



高く澄み切った空に飛行機雲を見つけたとき、沢木淳也は今でも仙道の姿を見るたびに、とんと跳ねた高校時代の胸の鼓動を思い出す。



「沢木さん。」

呼ばれて、はっと我に返った。
空に滲んでゆく飛行機雲を見つけて、ついぼんやりと眺めていたようだ.

「おう。ヤサを、やっと見つけたんだ。死んでも逃がすなよ。」

「俺、脚に自信ないんで当てにしてますから。」

「馬鹿野郎、おじさんをこき使うな。」

「今でも俺らより、はるかに足速いじゃないですか。」

沢木は、ふっと笑った。

正しいものを正しいと言える大人になるために、沢木淳也は警察官への道を選んだ。
仙道直人は、今はタイにいる。

世界チャンプにはなれなかったが、日本ではタイトルを取った。

「磨けば光りそうな、いい選手を見つけたんだ。」

もう鼓動がはねることもないが、たまに電話で聞く声は、昔と全然変わらない。



とんと跳ねた「鼓動」・・・

あれは、きっと恋だった。





いつもお読みいただきありがとうございます。沢木パパの初恋話完了です。
ほんのりでも良いといってくださったので、これもニアピンキリ番リクエストです。
どうぞ貰ってください。
プラトニックにもほどがあるほど、超奥手で物足りないけど、これもありと思っていただければ嬉しいです。
仙道直人が超へたれということで、沢木淳也に手を出せませんでした。

【おまけ】

「大事にしたかっただけなんだよっ!くそ!手、出しとけばよかった。」 by-仙道直人
「ぼく、仙道さんになら、み~んなあげてもかまわなかったのに・・・」 by-沢木淳也(当時)
「え~~~!?うそぉ~(@▽@)ノノ俺の我慢はいったい・・・」 by-仙道直人


「結構、純情可憐じゃねぇか、くそ親父。」 by-周二
「うるせぇ、野獣と一緒にするな!俺は今でも、十分純情可憐だ。」 by-沢木淳也(現在)

「パパの高校生のとき、かわいい~。ぼくに似てる~~」 by-隼
「いや、パパは隼のほうが、百倍かわいいと思うぞ。」 by-沢木淳也(現在)
「や~ん、パパ。」 by-隼


いや、隼ちゃん。
そこは、ぼくに似てる~じゃなくて、隼がパパに似てるんです・・・by-世間


拍手もポチもありがとうございます。次は、キリ番リクエストです。わ~いっ!!(≧∇≦)ノ彡
生徒会長とサディスト木本さんの不器用な恋を書いてゆきます。
どうぞよろしくお願いします。    此花
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

観潮楼さま秋企画
こちらで使用させていただいている美麗挿絵(イラスト)は、BL観潮楼さま・秋企画参加のみのフリー絵です、それ以外の持ち出しは厳禁となっております。著作権は各絵師様に所属します。
pioさま超絶美麗イラストお借りいたしました。ありがとうございました。パパってば超奥手みたいです。イメージと違ったら申し訳ありません。絵が美しいのでだんだん愛おしいキャラになってしまいました。きゅんきゅん。
関連記事

5 Comments

此花咲耶  

nichika さま

ちょぴり甘いパパの高校生のころのお話しでした。
もうひと押ししていれば、どうなったかわかりませんでした。
一気読みありがとうございます。うれしかったです~(*/∇\*) キャ~、いっぱい読んでもらいました~♡

2013/02/01 (Fri) 23:55 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

けいったんさまと、噂ーズ♪の皆さま

きゃあ。大勢でありがとうございます。(*⌒▽⌒*) にこっ♪
そうです、きっとひろみごーのように、ダンディなおじさまのはずです。
でも、きっと二人ともメタボではないはずなので、安心してください。
BLのかけらもないような淡い話で、すみません。でも、お気に入ってくださったのならうれしいです。わ~いっ!(≧∇≦)ノ彡

真性サディストの木本さんのお話を書くので、お勉強中です。
知らないことが山ほどあって、目からうろこがぽろぽろしてます。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
在庫ないくせに、バーゲンしてしまう勢いです。
次は年の差カップルで、がんばります。
コメントありがとうございました。嬉しかったです。

2010/10/27 (Wed) 00:53 | REPLY |   

けいったん  

再び登場!噂ーズ♪

「ねぇ ほんとに 登場しても いいのかしら」
「いいんじゃない。」
「あなたって お気楽主婦ねぇ...」

「でも 知らなかったわ。沢木パパの過去の恋 !」
「憧れの先輩にだなんて」
「どんな人なのかしら~ 見てみたいわ~」

「バカねぇ 今頃は 中年のおっさんよ!」
「そうよねッ きっと 禿げて お腹なんか メタボったりして」

「同窓会で 久し振りに会う 初恋の彼も そうだったし...」
「あぁ~ あの彼ね。ほんと 幻滅だったわ」
「そういう こっちも 中年おばさんだけど。ねぇー」
「アハハハ 確かに!!」

「「・・・グッ」」

此花さま、淳也の 淡い恋の お話しを ありがとう御座います。
日参出来なかったけど 楽しく読ませて頂きました!!
次は pioさまの リク作品ですね。pioさまの お気に入り 生徒会長の お話し 楽しみにしてます♪ (^0^)ゞbyebye☆

2010/10/27 (Wed) 00:09 | REPLY |   

此花咲耶  

NoTitle

Route M さま

きっと奥手すぎて、どうすれば相手に思いがきちんと伝えることができるかどうかすら、わかっていないパパです。
ノンケのパパは、この後恋をしますがBLじゃないので書けません。コメントありがとうございました。嬉しかったです。
(*⌒―⌒*) にこっ♪

『愛は語らない』の感想コメを書こうと思ったら、すでに書かれた方と内容が重複しそうだったのです。読者様も深いです。
自分がどうすべきか、どうあるべきか、本当は分かっているような要ちゃん。
このままでは誰も幸せにはなれないと、真っ直ぐに指摘されると、そこはあまりに辛いです。
泣いてしまった要ちゃんを慰めてあげられるのは、本当は相方の彼のはずだったのにね。・・・って、ここに書いてしまいました。(´・ω・`) ぱお~・・・ごめんなさい。

2010/10/26 (Tue) 22:16 | REPLY |   

Route M  

NoTitle

沢村パパ、もったないことを、と思いつつ、もし仙道さんと結ばれていたら、隼くんは生まれなかったんだよね。
でも青春してたんですよね。
おまけも面白かったです。
ぱお~~~ん(お疲れさま)

2010/10/26 (Tue) 22:03 | REPLY |   

Leave a comment